オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

ジャパレスの定義

ジャパレス道

02/07/08








第1回 ジャパレスの定義




                                                                                                                         



アカネです。



アジア人のお客さんに



「この店はSUSHIをおいていないのか??

それでもジャパニーズレストランなわけ!?www」




と鼻で笑われた時の気持ち…忘れません…。



こっちはスタッフ全員日本人です!

スシ置いてたってニセモノのジャパレス山程あります!!!



ナメンなよ!!

------------------------------------------------------------


 



ジャパレスといえば



アゲダシトウフ、ギョウザ、

ウナ丼、サーモン刺身、

テリヤキチキン、ロールスシ、



抹茶アイス。



カルピス?



?????



こういう日本食と言うのはどうやって発展したのでしょうか??


オーストラリアでウケがいい料理が必然的に残ってこの形で定着したのでしょうか。



日本にはないチョイスですよね。



カレー専門店や、うどん屋さん、おすし屋さん、小料理屋さん。

日本には色々あるのに…。



日本人が喜ぶ日本のような料理屋、

オージー、アジア人にウケるジャパレス。



客の人口を比較したら、「ジャパレス」のほうが断然商売になるのでしょう。

ほとんどのレストランが、日本人をメインターゲットにしていないのが実状です。



例えば自分がタイ料理を食べに行って、

「パッタイありません」

「グリーンカレーありません」

と言われたら、



えぇ~…、ってなるかも…。



外国の料理は、

珍しいものがあっても、

失敗したらとおもうと、王道を選んでしまいがち。



だから結局定番料理が人気を独占し、

メニューに残っていくのでしょう。



せめてメニューが写真付きで、

何が入ってるとか書いてあったら!ちょっと冒険してみようって思えるかも。

写真入りのメニューはわかりやすい!!

大手繁盛店(特に値段が中くらい(?)でアジア人がメインターゲットの店)は

結構な確率で全品写真付きのメニューを置いてる。

→写真と違う!なんてクレームが多いのもアジア人ですが…。



でも、何食わぬ顔で「イラッシャッセ~」とヘンなハッピ着て

テリヤキチキンスシロールを売ってる日本人じゃない人たち…。



どうおもいます??



いつか話題だった「スシポリス」はシドニーには現れないのでしょうか??





 


                                                                                                                         

    User comments
    yoko Re:ジャパレスの定義
    同感です、日本本番の味はもうどこにもないです。

    商売のためお金のため職人の心を捨てたか?日本に行ったことないお客に「日本料理こんなもんか」と思わせるんじゃないか!

    こんな油っぽいの照り焼き、焼うどんいらんねー もう全然外食に行きたくない、おいしいところどこにもない。
      コメントを書く
    まともなレストラン 語るほどのことじゃない
    給料は法定賃金以下、タックス・スーパーは払わない。ジャパレスの定義ってこれで

    十分。料理がどうこう言う前に、まともな経営してほしいものです。立派なことなんてしなくていいからせめて人並みのことしましょう。

    何か反論ある?
      コメントを書く
    yoji 照り焼き
    照り焼きあれば問題なし。
      コメントを書く
    ふくちゃん ケケケ
     美味いジャパレスも有りまっせ、ヒラメのえんがわとか、自家製のカラスミとか、他にも、ダシのきいたうどんとか、明太子パスタも美味いよね。
    でも、全然高くないよ。まぁ、そういう所はちょっと贅沢したい時なんかに行くお店だね。貧乏ワーホリですから。

    以前友達の誕生会なんかもやった事有りますもん。

    でも、教えな〜い。


    自分で探してね。cityでも3件は、美味いとこ有りますよ。

    ちなみに、僕、来て約一年ですが、そんなに探すの難しくないと思いますよ。


      コメントを書く
    ジャパ そうかな?

    ここはオーストラリアですもん。sushiが日本のイメージなんです。
    喜ばしいことじゃないですか♪
    日本に行ったときに、本場はこんなに美味しいんだ!!って思ってくれれば
    うれしいですね!!

    でも、ちゃんとこだわってって、美味しいジャパレスもあるけどなー??
     

      コメントを書く
    ラララ 日本食
    まぁここはオーストラリアですから、ターゲットはこちらの方でいいんだと
    私は思いますよ。こちらの人が好むような料理。
    それが定番になっているのではないかと思います。
    寿司がうけたのが、私自身、少し驚きですが・・・

    確かにChineseやKorean経営のジャパレスはおいしくないですよね。
    でもやっぱりそういうところは、あまりはやってないですよ。

    一番許せないのは、鉄板焼き。
    食べ物をお客さんにむかって投げて、お皿で受けてもらうなんて、ありえない!!
    ずいぶん前にこっちの新聞に、日本の鉄板焼きはこうだ!なんて
    大きく紹介されていたのを覚えています。
    モノを手渡し以外で渡すなんて、ましてや
    食べ物を投げたりだなんて・・・日本ではありえないのに、
    日本はこんな馬鹿馬鹿しいことをするんだ!って思われるのが、私はイヤです。
      コメントを書く
    gop 自由の国
    一応、オーストラリアは自由主義の国ですから
    なんちゃって日本食でも、批判はできるが
    法律に反するという事はないので
    OKでしょうね。

    ただし、明らかに日本人のふりをして、さも日本を演じている朝鮮人や中国人には
    あきれるばかり。
    ”OZは糞でも食う”という隠語があるくらいだから
    そんなものでも、喜んで食べるのだろう。

    本当の日本人は、そんな、なんちゃってには行かないし、
    不愉快の思うのは、当然でしょうね。

    食材を投げたりパフォーマンスする鉄板焼き方式は
    かつて、ある日本人が、アメリカで日本食をアピールするために編み出したものと聞きました。
    日本では、そのような方式の店は、見たことがないし、
    おそらく流行らないでしょうね
      コメントを書く
    本人 あります
    純和食だったら

    Cammerayの T

    SurryHillsの E

    Kiribilliの I

    Crows Nestの F

    Crows Nest の J

    Crows Nestの S

    Crow Nestの M

    Potts Pointの B

    Cityの A

    Cityの S

    が好きですね。

    SurryHillsの Uや

    Centralの J

    Fivewaysの Wも好きです。



      コメントを書く
    参考程度に 参考程度に
    ああっ、もうダメッ!!はうあああーーーーっっっ!!!
    ブリイッ!ブボッ!ブリブリブリィィィィッッッッ!!!!
    いやぁぁっ!あたし、こんなにいっぱいウンチ出してるゥゥッ!
    ぶびびびびびびびぃぃぃぃぃぃぃっっっっ!!!!ボトボトボトォォッッ!!!
    ぁあ…ウンチ出るっ、ウンチ出ますうっ!!
    ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!
    いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
    ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!
    ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!
    んはああーーーーっっっ!!!ウッ、ウンッ、ウンコォォォッッ!!!
    ムリムリイッッ!!ブチュブチュッッ、ミチミチミチィィッッ!!!
    おおっ!ウンコッ!!ウッ、ウンッ、ウンコッッ!!!ウンコ見てぇっ!!!
      コメントを書く
    ごろ ジャパレスっていってもピンきり。

    好きなのはNっていうロックスにある小さなジャパレス。お店がアットホームな感じ。味もよい。あと、チャイナタウンにあるK 。ここも小さなお店だけど、接客も丁寧だし、メニューもドリンクもお客が喜ぶようにすごい工夫されてる。反対に二度と行くかって思ったのがKのご近所のR。ここがひどい。味以前の問題。1年前に、カウンターからあるお寿司を注文したら、間違ったものがでてきた。『すみません、折角なのでこれもいただきますが、頼んだネタは○○なので、○○ください』って頼んだら、そこの店長(?)らしき親父に、『○○頼むような人は味とかわかってないような人ばっかりなんだよね。だからあえてこっちのほう出してあげたんだけど』とか急に本気でキレられて、なぜ??って感じでした。しかも計2回注文したはずの○○、メニューにあるクセにずっと無視で結局だしてももらえなかった。他の客もただただ唖然。あとで聞いたらこのオヤジ、客とこの手のトラブル結構多かったみたい(当時迷物だったらしい)。シドニーのジャパレスだろうと日本の料亭だろうと大事なのはもてなしの心。メニューこだわるのもいいけど日本食扱って商売するならもっと学んで!

      コメントを書く
    じょん 寿司
    ハッピ着て寿司を握る朝鮮人や中国人も微妙だけど、コックの格好をしてイタリアンを作る日本人も同じじゃないっすか?
    確かにメニューに写真があるとすごく助かる。
      コメントを書く
    Comment1    ※10文字以下
    Comment4    ※8文字以下
    Comment2    ※30文字以下
    ・コメントは全角で500文字まで。
    ・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
    ・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。

    関連記事

    日本人とカレー論

    第4回 カレー論 ご無沙汰しています。すごい反響に驚いています。 チップが、「無い」...

    食べる・飲む

    日本人お断り!?後編

    第3回 日本人お断り!? 後編 思ったより反応があってビックリしています。...

    食べる・飲む
    Side 1
    Side 2

    RANKING

    今週の人気記事トップ3

    Content feature 2018 feb top
    Water Park
    Content interview mary ant the witchs flower top
    西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
    Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
    2018年1月号読者プレゼント当選者

    FOLLOW US

    SNSで最新情報をゲット!

    NEWSLETTER

    メールで最新情報をゲット!

    メールを登録する

    COUPON

    オトクなクーポンをゲット!

    全てのクーポンを表示
    Suitecase