グリーブマーケット出店編 | Cheers的 チャレンジのススメ!

Cheers的 チャレンジのススメ!

Cheers的チャレンジのススメ!第24弾グリーブマーケット出店編

第24回目は少し趣向を変え、グリーブマーケットの出店に挑戦。事の経緯はチアーズウェブ内クラシファイドにて〝グリーブマーケット参加者募集〟の書き込みを見つけ、弊社からオーガナイザーのチハルさんへコンタクトを取り、同行取材をさせてもらうこととなった。チハル店長(※以下店長)ご協力ありがとう。

所要時間 7時間 費用 場所代一区画 $65
テーブルレンタル $10
難易度 ★★★★☆ 英語力 商品をお勧めするための接客英語を知っていた方が良いが気持ちでカバーできる。

グリーブマーケットって?

グリーブマーケット

若手アーティストや学生が多く住むグリーブ。そんな街の風潮を反映するように、マーケットの品揃えもアート風な雑貨やアクセサリー、アンティーク、古着、リサイクル品を使用したインテリア雑貨などが多く、訪れるたびに目新しい商品を発見できる。マーケット内の芝生の広場ではミュージックライブが行われ、フードストールで購入した食べ物片手にくつろぐ人々で賑わう。シドニーを代表するマーケットの中では最もローカル色が強く、どことなく自由でボヘミアンな空気が漂う。

毎週土曜10am~4pm開催 www.glebemarket.com.au
Cnr.Derby Pl. & Glebe Pt. Rd. Glebe (Glebe Public School 敷地内)
アクセス
Town Hall駅前またはCentral駅前のバス停から431~434番に乗ってGlebe Public School前で下車。約10~15分。

必要なアイテム

  • ・イス/人数分
  • ・お釣り用小銭
  • ・ガムテープ
  • ・サングラス
  • ・シーツ
  • ・売上帳簿
  • ・値札
  • ・飲み物
  • ・日焼け止め
  • ・袋(商品販売用)
  • ・帽子
  • ・レシート帳
  • ・上着コートなど羽織るもの
  • ・ウェストポーチ(ダサいけど売上が守れます)
  • ・日よけのカサ・パラソル、上級者はテントなど
出店許可について前週の土曜日までに、マーケット車両入り口に来て登録。2ヶ月先までの予約が可能。当日登録したい方は、朝6:30までに同所に来て、スペースが空いていれば登録できるが、可能性は低い。右写真は登録の様子。ステータス順に場所が決まる。皆さん希望の場所取りで必死です。
準備開始! 7:00am
約2mx3mの1区画を今回は5人で2面使用。
レンタルしたテーブルを設置中のサトコさん。とてもテキパキしています。

パラソルも広げ、大きなテーブルに黒いシーツを…。あ、ちょっと長さ足りない…。
大切に作ってきた作品に、売れますようにと願いを込め、綺麗にディスプレイ。

準備が整ったらいよいよ販売開始! 9:00am
少し緊張した面持ちの女性陣の後姿。
早速お客さんが
準備も整い定位置についた参加者の前に早速お客さんが。〝メメメ、メ、メイアイヘルプユ?〟緊張している面々を横目に店長はお菓子をあーん。さすが店長、余裕ですね。
次々とお客さんは来てくれるものの、なかなか買ってもらえない。どうしてかな?和風ポーチに食いつくマダムたち。

ついに販売に成功!!
ポーチを綺麗に立てて展示した直後の出来事、谷川さん&デービットさんペアが遂にポーチを売ることに成功。ポイントはディスプレイの仕方でしょうか。谷川さんはここから順調に売り続けます。すごい。
和風Tシャツを作ってきたケイさんにもついにお客さんが。首元からチラッと見える、裏地に縫いこまれた模様がカッコよくて印象的。

お客の目線を考え、きれいにディスプレイをしている店長。ピアス、レターセット、お箸などバリエーションも豊富。さすがです。販売する側の服装も重要ポイントかも。
Turkish Gozleme。おすすめはべジ。レモンをかけて食べたらめちゃウマシ。

ついにマーケットも終了!4:00

店長(右)
前回より売上もよく、人も多くて楽しかったです。ピアスは結構売れました。今回は場所があまり良くなかったので次は角地で挑戦してみたいです。
副店長マチコさん(左)
ボンボンが売れました。不況だから必要性のあるものは出ますね。

谷川さん今日は初めてだったのでまず楽しむことを意識していました。並べ方で売れ方も変わるんですね。
ケイさんマーケットは難しいですね。ターゲット層を女性に設定し直して来月またがんばります。売れるものを探します。
サトコさん&トモコさん面白かったです。でももう少し売れれば…。オージーのテイストを勉強します。
チアーズからの刺客2品目、ヘンプマッシュは皆イジルだけでポイっと投げ捨てて行きました。結果、身内に強引に売りつけるゼニゲバCEO 。

店長からのお知らせ

店長からのお知らせ

私がマーケットで販売していた商品は、ニュータウンのビーハイブギャラリーでも販売をしています。興味がある方は是非お立ち寄りください。

Beehive Gallery
Shop1, 441-443 King St
Newtown 2042 NSW
TEL: (02)9550 2515

まとめ

まず心から楽しむことが大前提!!
  • ディスプレイにこだわるべし!!
  • ここでは7割女性ターゲットと心得るべし!!
  • 不景気なので必要性のある物を販売するべし!!
  • オージーテイストを理解するべし!!
  • 販売は受身ではなく攻め。客が来たら近寄るべし!!
  • 角地を確保するべし!!


ページトップへ