フラメンコ編 | Cheers的 チャレンジのススメ!
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • クーポン
  • 18+
  • Cheers的 チャレンジのススメ!

    Cheers的チャレンジのススメ!第25弾フラメンコ編※この体験記は2009年06月現在のものです。レッスン料金等は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。
    (チアーズ2009年7月号掲載ダイジェスト版)

    第25回目はフラメンコ。長いドレスをまとい、情熱的に手を打ち鳴らしてステップを踏むフラメンコは、眺めているだけでも十分楽しいですが、実際に踊ったらさらにめくるめく楽しい世界が開けそうです。そんな風に長年憧れを抱いていたフラメンコ道についに足を踏み入れることを決意。意外と日本人率が高いというニュートラルベイのフラメンコ教室、『Flamencology Dance Studio』の門を叩きました。

    所要時間 60分 費用 料金は10週間分の前払い:1週間に1回で$180、1週間に2回で$300、1週間に3回で$370、回数制限なしで$420
    難易度 ★★★★☆ 英語力 動きは見て真似できますが、先生の話す極意を理解できるとさらにベター。

    今回お世話になったのは…

    カジア先生過去30年に渡ってフラメンコの先生として活躍し、自身のスクールを設立して15年になるカジア先生。プロとして、オーストラリアの主要都市で開催されるビッグイベントでパフォーマンスに参加したり、フラメンコ舞台のプロデュースも手がけたりしています。フラメンコを踊るにあたって何が一番大切かをしっかりと伝えながら教えてくれる、笑顔が優しい先生です。

    フラメンコって?

    フラメンコって?スペイン南部のアンダルシア地方で生まれた民俗芸能で、歌、ギター、踊りの3つの要素で成り立ったものです。ジプシーの音楽とスペイン民謡、アラブ系音楽がミックスされたのがフラメンコの原型といわれています。踊りながら、足音や手拍子、指鳴らしなどで音を出すことも特徴で、見ている側も手拍子や掛け声でフラメンコの輪に入ることができるのです。


    必要なアイテム

    ヒール靴
    ヒール靴フラメンコ専用の靴をスクールで購入することができますが、初心者の場合は自身の靴を用意してきてもOK。ただし、ステップに耐えられるように、ヒールは高すぎず、太くて丈夫なものを選びましょう。
    スカート
    スカートこちらもレベルが上がるにつれて、専用のスカートの購入が必要になります。初心者は自前のロングスカートを持参するか、持ち合わせていなくても運動ができる格好であればレッスンに参加できます。

    レッスンスタート
    初心者コースに参加させてもらうことに。とはいっても皆さんはすでに5週間ほどのレッスンを重ねてきているのでついていけるかドキドキです。クラスは人数制で、生徒さんたちはとってもフレンドリー。
    1. ストレッチ
    踊る前には必須のストレッチ。時々フラメンコっぽい動きも入りつつ、音楽に合わせて徐々に体をほぐしていきます。

    2. ステップと手の動き
    いよいよ本格的なフラメンコの動きに突入。ゆっくり足でステップを踏み出しながら手の動きを加えます。先生の優雅な手の動きをひたすら凝視して挑戦! 気をつけなくてはならないのは姿勢。背筋を伸ばして頭はまっすぐに保ち、常に強い表情を作ることも大事だそうです。
    3. ターン
    ゆっくりと順を追ってターンの練習をしていきます。大切なのは、上半身を水平に保ち、体の軸をまっすぐにすること。軸がぶれているとキレイなターンにならないのです。ステップを踏んで回りながら、それぞれ手の動きも変わるので少々難易度高し。

    4. 棒エクササイズ
    続いては各自が棒を持ち、ストレッチと姿勢をキレイに保つ練習を行います。棒を水平に持って腕を伸ばした状態で頭の上から後ろに回し、下まで降ろすエクササイズでは、先生から「初めてなんだから無理しないでね」のお声が。筋を痛めるのでやりすぎは禁物です。
    5. ステップ
    靴を床に打ち付けるようにして、ステップを鳴らします。ステップを踏む際にはやや膝を曲げて重心を落とした状態ですが、上半身はまっすぐのままです。ギターの生演奏に合わせて教室中に「カッカッ」と響き渡る音が爽快!

    6. ステップと手拍子
    先ほどのステップに合わせて手拍子を鳴らしていきます。いよいよフラメンコらしくなってきました! しかし、リズムが複雑になるにつれ、ちょいと遅れをとってしまいました。
    7. ステップと手の動き
    再度ゆっくりとしたステップと手の動きの練習です。腕を前方に動かす時には肩から前に出すことで、フラメンコっぽい情熱的な動きになります。しかし何よりもカジア先生が一番皆に大事にしてほしいのは、パッションとその人の持つ個性だそうです。

    8. 締めのストレッチ
    最後にクールダウンのストレッチ。腕や足、背中の筋肉を伸ばして筋肉痛を防ぎます。ここまでくるとリラックスの表情。
    8. レッスン終了

    体験を終えて

    体験を終えて
    踊りのタイプが激しいだけに怒涛のレッスンになると思いきや、想像していたよりも和やかな雰囲気で、少人数で楽しく体験することができました。印象に残ったのはレッスン中に熱心に語っていたカジア先生の言葉。「フラメンコを踊るにあたって一番大事なのはパッションとその人の個性よ。技術だけを重視して無個性で踊るのはフラメンコじゃないわ」とのコメントに、フラメンコの極意を知った気がしました。さらに嬉しいことに、「日本人のデリケートな感覚はフラメンコに向いていると思うわ」と今までの経験から日本人ダンサーに対してかなり高い評価をしてくれているようです。胸に秘めた情熱を発散できるフラメンコ、老若男女におすすめです!

    Flamencology Dance Studio

    Flamencology Dance Studio
    9-17 Young Street, Neutral Bay
    TEL:(02) 9953 0603
    http://flamenco.customer.netspace.net.au

    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • スーツケース、ダンボールお預かりします。1日1ドル+GST~
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ