ひろっぺのテニス 教室体験編 | Cheers的 チャレンジのススメ!
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • クーポン
  • 18+
  • Cheers的 チャレンジのススメ!

    第22回目は“ひろっぺのテニス教室”。弊紙コラムでご存知、熱血テニスコーチ・ひろっぺさんの人気レッスンに参加するべく、シティ中心地に位置するコートへと向かった。秋の夜風が忍び寄るのを感じる今日この頃。今こそテニスで爽やかな汗をかきましょう!

    所要時間

    90分

    英語力 先生が日本人なので心配無用。細かいことも聞けちゃいます。
    費用 5回で$110/ $90(メンバー)
    ビジター1回参加につき$24
    難易度 ★★★☆☆

    ※この体験記は2009年03月現在のものです。レッスン料金等は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

     

    まずはウォームアップ

    テニスは初体験なこともあり、少し緊張しながらの参加となった。初顔見せのメンバーはまず皆に軽く自己紹介。名前を覚えてもらったところで早速、皆でのウォーミングアップを開始した。普段、運動する機会の少ない私、チャレンジ隊員はすぐに息を切らし、柔軟体操には唸り声を上げてしまった。さて、これから90分。どうなることやら・・・?

    まずは一般の参加者に混ざってジョギングをし、体をほぐす。

    ケガをしないためにも準備運動は重要。運動不足の方は特に入念に。

    テニス基礎講座

    合同練習が始まったのも束の間、テニスに対して全くの無知である私はしばし皆と離れ、個人レクチャーを受けることに。全員での練習に参加するには、最低限の基本くらいは知っておかないと。練習は基本的にその日の参加者のレベルに合わせて、ひろっぺさんが臨機応変に調整してくれる。また参加者に初心者がいる場合も、しっかりとひろっぺさんがケアしてくれるので、心配はいらない。まずはテニス歴20年以上というカナさんに見本となってもらい、基礎を勉強させてもらった。

    基本中の基本。ファオハンドの打ち方

    フライパン・グリップでラケットを両手で持ち、足を揃えて、正面を向いて立つ。

    ハーバーブリッジを描くようにラケットを後方に持っていきながら、左足を前に出して、半身になる。

    肘が顔の前に来るくらいラケットをしっかりと振り抜く。

     

    基本の実践。フォアハンドで打ってみよう

    教わった手順を思い出しながら、トスに合わせて。

    もらったー!けど体はグラグラ・・・。

    なんとか持ちこたえて、ボールを捕らえた。

    ひろっぺとボレーに挑戦

    フォアハンドストロークをマスターした(?)私は見事、次のステップへと進むことに。次に習得するテクニックは、相手の打った球をバウンドする前に打ち返す“ボレー"。ネット際での攻防を制すためには是非とも覚えておきたい技だ。ひろっぺさんの指導は真剣かつ、親切なもので、生徒の気持ちを乗せながら、テニスのいろはを吸収させようとするスタイルに思えた。趣味レベルで参加している生徒に対して、鬼コーチのごとき厳しさで接するということは絶対にないので安心していただきたい。元気のよいひろっぺさんのかけ声に盛り立てられながら、皆でプレイしていると、どこか学生時代の部活動を思い出すようで妙に心地よかった。

    ハンマー・グリップでラケットを持ち、足を揃え、正面を向いて立つ。

    腕をまっすぐ伸ばしたままラケットを引き、同時に右足を前に出して、半身になる。

    ボールを体の前で捕らえるように、ラケットを振り下ろす。

    ポイントゲーム

    適度な運動量を保ちながら、楽しい時間はあっという間に進み、最後はミニゲームで締められた。「技術的なものも大事だが、何よりもテニスの楽しさを知ってほしい」というひろっぺさんの気持ちがこういうところにも表れている。ルールは“1人(キング)VS残り全員"という3ポイント先取方式の勝ち抜き戦。勝ち続ければ永遠にキング、またそれを打ち負かしたものはキングに取って代わることができる。私は最初のダブルスでは、自信がなく消極的であったが、シングルスを始める頃には固さもとれ、なんと先輩のキングを普通に打ち負かすという場面まで作ってしまった。もしかしたら秘められたすごい才能があるのだろうか…?

    まずはダブルスのゲーム。ひろっぺさんからの「ボールのお見合いを防ぐために、『お願いします』というかけ声を忘れないように」というアドバイスを忠実に守った隊員は、完全に及び腰状態でラリーを傍観。

    しかしシングルスになると水を得た魚のようになり、見事にフォアハンドで返し、ボレーを決める!この日習ったことを出し切る隊員。

    KYぶりを発揮し、初心者ながらキングの座に就いてしまった隊員。あまりの嬉しさにエキサイトし、吼えまくる。

    体験を終えて

    運動不足解消になり、何よりも爽快で楽しい。これは本当に、はまってしまいます。日本流のきちんとした教え方に、オーストラリア・スタイルの楽しさを加えたひろっぺさんのクラスは経験者にも、初心者にもテニスの魅力を存分に伝えてくれるはず。シドニーに来て、何かスポーツを始めたいと思っていた方々、私は断然テニスをお勧めします!

     

    Message From ひろっぺ

    チャレンジ隊の皆様、とても熱心にレッスンを受けて頂きありがとうございました。最後のポイントゲームでは初心者のはずが、先輩たちにちゃっかり勝っちゃったりするところが面白かったです(笑)。私はテニスを始めたことによって得たことが山ほどあります。皆さんにも、私たちのテニスワールドを通じてテニスのテクニックを習得すると同時に、ここをダイエットや、ストレス解消、また友達の輪を作る場所にしてもらえたらなと思います。また、その先で試合ができるほど熱中できるスポーツになってもらえたら本望だと思っています。

     

    取材協力


    白男川寛子(ひろっぺ)

    Mobile:0411 408 139
    Web:www.hiroppe.com
    tennishiroppe@hotmail.com
    活動場所はセントラル駅から徒歩5分。
    Prince Alfred Park内

     

    このコンテンツ内で掲載されている記事は記事が投稿された日、現在の情報となります。詳細は変更となる可能性がございますので予めご了承ください。 なお、Cheersでは記事に関するお問合せは受け付けておりません。詳細は、各機関にお問合せいただけますようお願いいたします。

    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • スーツケース、ダンボールお預かりします。1日1ドル+GST~
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ