コーヒースクールでバリスタ編 | Cheers的 チャレンジのススメ!
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • クーポン
  • 18+
  • Cheers的 チャレンジのススメ!

    第21回目は、シティのど真ん中にあるThe Sydney Coffee Schoolのご協力のもと、1時間30分でコーヒーの知識について学べる新設コース「Coffee Appreciation」と人気の「BaristaSkills+LatteArtコース」に参加してきました。カフェで働くために必要な技術や心構えはもちろん、趣味でラテアートを極めたいあなたもこれは必見!!です。

    英語力

    基礎ができていればどうにかなりますが、 時々ジョークについていけないかもしれません。

    難易度 ★★★★☆

    ※この体験記は2009年02月現在のものです。レッスン料金等は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

    バリスタコーヒーを教えてくれる先生

    コースの初めに、コーヒーの歴史や、オーストラリアにどのようにカフェ文化が広まっていったのかをまず簡単に勉強します。
    コーヒーの知識を学んだ後は、いよいよ実践!コーヒーマシーンの扱い方から始まり、コーヒーの入れ方・作り方、スチームミルクを使ってのコーヒーアートまでをエミリー先生のお手本を交えて、順番に学んでいきます。先生がお手本で見せてくれるラテアートも、実際にやってみると結構難しい!でも回数を重ねてやってみるうちに、だんだん楽しくなってくるから不思議。ナショナリティー溢れる仲間たちと、楽しくラテアートについて学べました♪

    コーヒーの知識を深めよう!

    新しく新設されたCoffee Appreciationのコースでは、コーヒーについて知識が豊富なエミリー先生が、1時間半にわたってじっくり、時々笑いを交えながら和やかな雰囲気の中で進んでいきます。通常のこのコースでは、コーヒーについて興味のあるさまざまなナショナリティーの人がコースに参加するそうで、一回あたりの人数はだいたい6人~8人位だそうです。

    Coffee Beans あれこれ・・・

    私たちが普段飲んでいるコーヒーは、コーヒーの元となる豆を挽いて細かくし、抽出するという工程を経てやっと美味しいコーヒーとして飲めるんですね。それにしてもコーヒーって本当に奥が深いです!

    エスプレッソにチャレンジ!基本をマスター 初級編

    豆を抽出する前に、ホルダーをしっかり拭いてから、挽いた豆をセットします。

    さらに、タンパーで圧力をかけて均一にならします。あまり押さえつけないのがポイント。

    ホルダーをマシンにしっかりセットします。この時左手でホルダーをセットするのが基本です。

    カップをセットしたら、速やかにボタンを押して抽出開始。ドキドキの瞬間です。

    抽出完了!ホルダーをマシンにセットするのにまごつくも、何とか一通り無事に出来て、ホッ♪

    記念すべき一杯目。初めて自分で炒れたコーヒーのお味は・・・??束の間のコーヒーブレイク。

    抽出が終わったら、カスを捨てます。ホルダーに残ってしまったらタオルでキレイに拭き取りましょう。

       

     

    スチームミルクを作ってカプチーノを入れよう!レベルUP中級編

    ラテやカプチーノなどはミルクが命です。ピッチャーの出っ張り部分下あたりまでひと思いに注ぎます。

    最初はノズルを浅めに差し込んで、空気を十分に含ませます。ブクブクブク…! 勢いが大事です。

    スチームを止めたら、大きい泡を消すためにピッチャーを上下にトントンさせ、大きくかき回します。

    きめの細かい泡が出来たら、いよいよエスプレッソとスチームミルクを入れて、カプチーノを完成させます。

    初めて作るカプチーノ。スチームミルクをゆっくり丁寧に注いでいきます。

    泡の状態が決め手のカプチーノは、泡をドームのようにふんわりカップに注ぎましょう。

    先生に底の厚さを確認してもらい、全体的に均一になるようにします。

     

    LatteArt エミリー先生のお手本編 ドキドキ上級編

    まず最初にフォームミルクを中央にのせます。

    カップの端から周りのコーヒーの泡をすくい取り中央にのせます。

    フォームミルクで顔のパーツをつくります。

    コーヒーの泡をさらにフォームミルクの上にのせます。

    フォームミルクの中央から端に向かって、竹串で切り込みを入れます。

    Let's Try!

    基本をマスターしたら、いよいよラテアートに挑戦!エミリー先生のお手本を思い出しながら、早速チャレンジです。ここからが腕の見せ所!

    体験を終えて

    エミリー先生からの一言
    My goal is to make sure that everyone learns "the basics of good coffee making" to get the confidence to apply your skills for job hunting. I'm happy if my students make good coffee. And have fun!!

    一日目・コーヒー知識について、2日目・バリスタ・コーヒーアート実践編と2日間に渡りコーヒーについてたくさんのことを学ぶことができました。特にラテアートでは実際に自分で体験し、集中している分、時間が過ぎるのもあっという間で本当にコーヒーを満喫した気分に浸れました。自分でアートしたカプチーノを飲むのは最高! 皆さんもぜひぜひアートにチャレンジしてみてね☆

     

     

    取材協力


    Sydney Coffee School

    (02)9743 5566
    250 Pitt Street, Sydney CBD
    info@thesydneycoffeeschool.com.au

     

    このコンテンツ内で掲載されている記事は記事が投稿された日、現在の情報となります。詳細は変更となる可能性がございますので予めご了承ください。 なお、Cheersでは記事に関するお問合せは受け付けておりません。詳細は、各機関にお問合せいただけますようお願いいたします。

    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • スーツケース、ダンボールお預かりします。1日1ドル+GST~
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ