オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheersエンタメ倶楽部


チアーズエンタメ倶楽部 2011年9月

22/08/2011


(チアーズ2011年9月号掲載ダイジェスト版)

何を読もうかなと思ったらコレ!話題の本、見逃せない名作マンガ、幅広いジャンルのCDなど、ハッピーな毎日に欠かせないサブカルチッ クなアイテムを一挙に公開してしまうこのコーナー。 心の栄養をたっぷりと摂って、感性を心地よく刺激し ちゃいましょう!

 

今月のテーマ 「飲む・食べる」

『すべては一杯のコーヒーから』

松田公太

日本ではあまり飲まなかったけど、海外に来てからコーヒーに目覚めた、という人は意外と多い。この本の著者であり起業家、そして現在は国家議員である松田公太氏もそのひとりである。アメリカで一口飲んだスペシャルティコーヒーに感動し、今や全国300店舗以上展開する日本タリーズコーヒーを立ち上げるにいたったその経緯と、一杯のコーヒーをサーブすることに懸ける熱い想いが詰まった起業物語。コーヒー好きだけでなく、バリスタとして働く人やフードビジネスに携わる人たちに是非読んでもらいたい一冊。

『世界ぐるっと朝食紀行』

西川治

1日3食のうちで最も大切なのは朝食だと言われている。そして朝食は文化を強く反映するので、旅先で現地の人と同じ朝ごはんを食べることは、その国をよく知るための近道でもある。本書はパリのグラチネ、フィジーのタロ芋ブレックファスト、タイの僧侶食など世界26ヵ国の珍しい朝食を巡る旅行記。もちろんオーストラリアからも3種類が紹介されている(うちひとつはステーキ。これは本当か…?)。でもやっぱりどこの国よりも、二日酔いの胃にやさしい日本のお粥が一番魅力的だと感じたあなたは真の日本人です。

 

『おうち飲みワイン100本勝負』

山本昭彦

ワインに関する本は山ほど出版されているけれど、「どんな場面に合うか」に重点をおいて簡単に解説している本は本書くらいしか見たことがない。ほとんどの人にとって味の解説やその歴史を細かく知ることも大切だけど、もっと大雑把に「平日の夜に」、「週末にちょっと贅沢」、「アウトドアで」、「特別な日に」、「贈り物に」という形で紹介してもらったほうが初心者には分かりやすい。グラスや保存方法など、ワインにまつわるコラムも充実。読んで楽しく、飲んでおいしい、これからワインに詳しくなりたい人が重宝する1冊。

『世界屠畜紀行』

内澤旬子

「屠畜」という言葉自体を聞きなれないと感じる人もいるだろう。つまりは食用やその他の目的のために動物を殺して加工することを指す言葉である。あまり普段気にしないし、あえて知りたくもないという人もいるかもしれないが、私たちがほとんど毎日肉を食べていることを考えれば、人類が生きていくために実はとても重要な作業のひとつである。その屠畜は世界中でどのように行われ、文化の中でどのように位置付けられているのだろうという疑問に迫った名ルポルタージュ。

 

今月のコミック紹介

DEATH NOTE

原作:大場 つぐみ  作画:小畑 健
「週刊少年ジャンプ」連載 全12巻

日本のみならずオーストラリアでも大人気の本作。暇を持て余した死神・リュークが人間界に落とした、名前を書いた人間を死に至らしめることができる「デスノート」。自らを正義と信じて疑わない天才少年・夜神月は、それを使い「キラ」となって悪人を裁き始める。そんなキラの正体を暴くべく、謎の探偵「L」が動き出した。新世界の神になろうとするキラと、世界一の探偵Lとの至高の頭脳バトル。果たしてキラは正義か悪か?!

大奥

よしなが ふみ
「MELODY」連載中 

連載されるやいなや、世間の話題をさらった大注目作品。時は江戸時代、男子のみがかかる謎の疫病により男子の人口が急速に減少、そのため男女の立場が入れ替わった世界。当然将軍職も、代々女子へと引き継がれていく。そこで作られたのが、美男3000人を囲った「男女逆転大奥」。おなじみの歴史上人物の性別がそっくり逆転するという斬新な設定ながら、違和感を与えないストーリーのうまさは圧巻。男女問わず楽しめる内容です。

 

チアーズスタッフのつぼ第7回

まりのツボ

KALI

アロマフェスティバルで購入した、コーヒー豆をチョコでコーティングした「KALI」。カリカリ感が魅力で、ダークチョコとコーヒー豆が口の中に広がるちょっと大人な味♪コーヒー好きの私には、カバンに常備しておきたいお菓子のひとつ。チョコだけど、この煎ったコーヒー豆の苦さとカカオたっぷりダークチョコで食べても罪悪感が少ないのがグー‼普段どこで売っているのか調べてみよーっと♪

USKのツボ

Samsungからの刺客 Galaxy S2

スマフォ特集を組んでからと言うもの、「iPhone 5」を忘れさせるほど、気になっていた「GalaxyS2」をゲットしました。「Dual-CoreCPU」のおかげで処理速度がメチャクチャ速くスクロールがとても気持ちいい。特に今ハマッているのが音声認識モード。「メール」、「タソ」、「ハロー」と喋るだけで、パネルに触らなくてもSMSが送れてしまう素晴らしさ。あとは自分の発音の問題だけだ。

 

たそのつぼ

Zombieland (2009)

「怪しい時は出口確保、相手は2度撃て、車に乗るときはまず後部座席を調べろ…」。ホラー映画のベタな展開を完全に回避する32のルールを守ってゾンビ病が蔓延した世界で生き残ろう! ゾンビのメイクや血糊量はガチですが、主人公が冴えない大学生だし、脇役もお菓子大好きなゾンビハンター、ワケありな美人姉妹とキャラクターが濃くて完全にコメディー映画。ゾンビ最高!

ともかのツボ Bread Avenue

全てが謎の〝コスレス ビスケット〟

某中国系スーパーにてお買い物中、日本人らしき2人組が入り口で何やら盛り上がっていたので覗いてみると…。これは…!日本国民の定番おやつ、「コ●ラのマーチ♪」じゃ…ない(笑)! その名も「コスレス ビスケット」。ツッコミ疲れする程ネタ満載なパッケージには、「子供の楽園に接吻する」(衝撃)と可愛らしいフォントで書いてありました。更に、ビスケットには明らかにコアラではない何かが…。久しぶりに爆笑でした。ありがとう。

 


関連記事

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheersエンタメ倶楽部

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content gogyo top2
五行がサリーヒルズに登場!
Content interview kozee easter island
kozee インタビュー
Content inner banner 2018 02 present win
メアリと魔女の花 - 読者プレゼント当選者発表

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase