南米初の夏季五輪8月5日から開幕! リオデジャネイロ オリンピック & パラリンピック2016 | feature

南米初の夏季五輪8月5日から開幕! リオデジャネイロ オリンピック & パラリンピック2016 | feature

 

日本オリンピック委員会公式サイト www.joc.or.jp

 

リオデジャネイロオリンピック2016公式サイト www.rio2016.com

 

 

開会式

マラカナンスタジアム

2016年08月05日(金)

18:00~23:00

(AUS時間6日(土)7:00~12:00)

閉会式

 

2016年08月21日(日)

18:00~23:00

(AUS時間22日(月)7:00~12:00)

 

 

参考:RIO 2016 OLYMPIC GAMES TICKETING GUIDE

 

2016年8月5日から8月21日の17日間、ブラジルのリオデジャネイロでリオデジャネイロ・オリンピック&パラリンピック2016が開催される。1896年にギリシャで第1回が行われてから今回で31回を迎える夏季オリンピックとなる。ゴルフと7人制ラグビーが正式種目に追加されたことで話題を呼び、ついに大会まで秒読み段階に入った。日本にとっては、4年後の東京オリンピックに向けて終わり方が重要なリオ五輪で、メダルに手が届きそうな日本人選手を中心に紹介してみたい。

 

南半球での開催は、1956年のメルボルン五輪、2000年のシドニー五輪に続き、16年ぶりの3回目を数える。開会式は現地時間8月5日18時(オーストラリア時間6日7時)を予定。そこで披露されるブラジル音楽の原典ともされる『サンバ』の音楽とダンスは、シルク・ドゥ・ソレイユなどを手がけた国際的な振付家、デボラ・コルカー氏が担当するので期待が高まる。

28競技306種目で構成される同五輪において特に注目を集めているのは、1904年の第3回セントルイス五輪以来、実に112年ぶりに復活したゴルフ。そして五輪で初の正式種目(15人制は過去に4度開催ずみ)で期待が高まっている7人制ラグビーだ。日本代表選手団の主将には吉田沙保里選手(レスリング)、旗手に右代啓祐選手選手(陸上競技)が選ばれている。

ゴルフ代表・松山英樹の突然のリオ五輪出場辞退の懸念材料としても上げられたジカ熱。IOC(国際オリンピック委員会)からは「南半球の冬に当たるオリンピック期間中はウイルスを媒介する蚊が減少することから感染のおそれは極めて低い」と発表されているが、ジカ熱の脅威を理由に出場辞退している選手は松山以外にもいる。そのほか、グアナバラ湾や人気観光地のイパネマ海岸の細菌やウィルスによる水質問題やファベーラなど貧民街付近の治安の問題、会場建設工期の遅れなど懸念される要素もあるが、目前に迫ったオリンピックを前にできることは、無事に開催されることを祈りつつ出場選手を応援するほかない。

 

 

公式マスコット
ヴィニシウスとトム

 

2016年リオデジャネイロ・オリンピック&パラリンピックの公式マスコット『ヴィニシウス 』と『トム』は、一般公募から誕生したマスコットキャラクターだ。名前の由来はブラジル伝統のダンス『ボサノヴァ』の創設者とされる人物。詩人のヴィニシウス・ヂ・モライスと、作曲家のアントニオ・カルロス・ジョビンから由来している。猫と猿、鳥をミックスしたイメージの『ヴィニシウス』と植物をイメージしたとパラリンピックのマスコット『トム』。

 

 

 

競技種目 7人制ラグビー&ゴルフ

 

スピーディーな試合展開に魅了
7人制ラグビー

 

 


オリンピックで初の正式種目として期待が高まっている7人制ラグビーは、デオドロ・アレーナで開催される。15人制ラグビーは過去に4度種目に入っていたが7人制は初めての実施となる。7人制ラグビーはオーストラリアでも人気のある種目。15人制ワールドカップでの日本男子の快進撃の勢いに乗るように、2015年11月に男女両代表がそれぞれアジア予選で優勝し、出場権を獲得。ワールドラグビーセブンズシリーズからフィジー、南アフリカ共和国、ニュージーランド、イギリスの4各国に加え、各地域で予選を勝ち抜いたアルゼンチン、アメリカ合衆国、フランス、日本、ケニア、オーストラリア、スペインと開催国のブラジルの男女各12カ国ずつでメダルを目指す。
男子セブンズジャパンの見どころはラグビー日本代表での経験もある日本が誇るミスター・セブンズ桑水流裕策選手。キックオフボールの獲得技術は芸術品と称される。女子のサクラセブンズは美女揃いと評判が高いが、リオ五輪アジア予選でも優勝を果たすほど実力も兼ね揃えている。セブンズの試合では15人制以上に判断力やコミュニケーションの速さが選手に求められる。スピーディーな試合展開が期待できるだろう。

 

 

112年ぶりの復活
ゴルフ

 

 


松山英樹選手の突然のリオ五輪出場辞退で波紋を呼んだゴルフは、112年ぶりの復活となる。松山選手以外にも世界ランク1位でオーストラリア出身のジェイソン・デイ選手やローリー・マキロイ選手などトップ選手が相次いでジカ熱を理由に出場しないことを発表している。女子は野村敏京選手と大山志保選手に決定している。女子ゴルフで世界最強といえば、韓国のチョン・インジ選手。初出場した昨年の全米女子オープンで初優勝し、日本女子オープンも最年少優勝を挙げた。112年ぶりに復活するゴルフで女王の座を狙う。

 

 

芸4種目

 

 

世界大会16連覇吉田沙保里選手
4大会連続五輪金メダルなるか?
レスリング

 

 


まずは何といっても女子レスリング55キロ級の吉田沙保里選手が4大会連続で五輪金メダルを取れるかどうかに注目したい。世界大会16連覇の彼女の対抗馬としてはスウェーデンのソフィア・マットソン選手が上げられる。レスリング世界選手権において、吉田選手はマットソン選手に2013年から3連勝を挙げているが、2015年の選手権では1点の僅差での勝利だったため、打倒吉田に燃えるマットソン選手との対決は見ものだ。そして吉田選手とともに「不敗神話」で知られていた伊調馨選手も4連覇を目指す。リオ出場選手の集まる壮行会で伊調選手は「プレッシャーは感じない。意識せずに自分のレスリングに集中して戦えば、4連覇は手に入ると思う」と語っている。48キロ級で世界大会3連覇の登坂絵莉選手も忘れてはならない。大好きなチョコレートを我慢して調整中だ。最後に前回ロンドン大会では9階級に出場していたが、リオでは4階級と半減してしまった男子レスリング。4枠で最年少のフリースタイル57キロ級の樋口黎選手に注目したい。若干20歳の大学生でオリンピックは初めての舞台。1952年以降メダルを絶やしていないレスリング男子の歴史をどうにか更新してほしい。

 

 

内村、平井に死角なし
体操

 

 


27歳で、今回が最後の五輪となる可能性を示唆している内村航平選手は、総合や鉄棒での金メダルが期待される。見どころとしては急成長を遂げているウクライナ出身の21歳、オレグ・ベルニャエフ選手の存在だろう。常に難度が高い技で構成され、高得点を出すベルニャエフ選手がどこまで精度をあげてくるのかによって内村選手を脅かす存在となる。そして19歳の床の白井健三選手、あん馬の萱和磨選手の存在も無視できない。スイスのローザンヌで行われた男子技術委員会男子において、白井選手が2015年12月の豊田国際競技会で成功させた「後方伸身2回宙返り3回ひねり」を、最高のH難度の新技として認定し、「シライ3」と命名したことは記憶に新しい。床で「シライ/ニュエン(後方伸身宙返り4回ひねり)」と「シライ2(前方伸身宙返り3回ひねり)」、跳馬で「シライ/キムヒフン(伸身ユルチェンコ3回ひねり)」を2013年世界選手権で成功させており、自身の名が付く技を4つ保持している。世界からはミスターツイストと評価され、内村選手からは「ひねりすぎて気持ち悪い」といじられる19歳の活躍に期待が高まる。

 

 

コラムニストRYOさんのテッパン予想
競泳

 

 


役者が豊富な水泳では、「200メートル、400メートル個人メドレーは金メダル、200メートル自由形と800メートルリレーはメダルを狙う」と宣言した萩野公介選手、そして最年少16歳の池江璃花子選手が出場予定の7種目でどこまで実力が出せるのかが楽しみだ。2016年世界ランクトップで、もっとも世界記録に近いブレスト女子の金藤理絵選手は今回キャプテンとして大会に臨む。ロンドン五輪に出場できなかった思いを200メートルにぶつけてほしい。五輪では金メダルを取ったことがない入江陵介選手にも金メダルを期待したい。最後に世界選手権2連覇を果たした瀬戸大也選手。プレッシャーに強い瀬戸選手は、競泳初日で専門の400メートル個人メドレーで金メダルを目指す。瀬戸選手が金を取ることでチームに勢いが出るはずなので、そういう意味ではもっとも注目するべき選手かもしれない。海外の選手に目を向けると、アメリカのマイケル・フェルプス選手の100メートルバタフライと200メートル個人メドレーの4連覇に期待できる。そしてオーストラリアからは男子100メートル自由形のキャメロン・マックエボイ選手と女子のケイト・キャンベル選手がそれぞれ世界記録で優勝できるかが見どころと言える。50メートル、100メートルのバタフライでワールドレコードを保持しているスウェーデンのサラ・ショーストレム選手も無視できない存在だ。

 

 

男子柔道に待ったなし!
柔道

 

 


男子柔道はロンドン五輪で金メダルを取れなかったという辛酸をなめてきただけに、リオ五輪では何としてもその雪辱を果たしたい。73キロ級の大野将平選手は初五輪。代表合宿では「最低でも金メダル」と宣言している。得意技は大外刈りと内股。ロンドン五輪の66キロ級銅メダリスト、世界選手権3連覇の海老沼匡選手は、「五輪の借りは五輪でしか返せない。4年間が無駄でなかったことを証明したい」「どんな形でも勝ちは勝ち。とにかく勝ちにこだわりたい」と気合十分だ。得意技は背負い投げ。100キロ級代表の羽賀龍之介選手は、2月の稽古中、右膝内側側副靱帯(じんたい)を損傷しているが、回復具合は順調で、「70パーセントくらいまで上がってきた。これからペースを上げていきたい」とコメント。出身道場の朝飛道場で行われた壮行会では「もちろん金メダル」と気合十分。世界選手権の男子柔道においてもっともし烈な争いが繰り広げられる81キロ級で金メダルを獲得した期待の新星永瀬貴規選手は見逃せない。得意の内またで相手を崩して金メダルを手にしてほしい。100キロ超級でオリンピックの切符を掴んだ原沢久喜選手に立ちはだかるのがフランス出身で柔道世界選手権100キロ超級において史上初の7連覇を達成したテディ・リネール選手。ロンドン五輪でも金メダルに輝いている。総合格闘技界からのオファーも蹴り、柔道に邁進するリネール選手と原沢選手との対戦は見てみたい。イケメン柔道家としても知られるアメリカ人と日本人のハーフ、ベイカー茉秋選手は若干21歳にして強靭な体格を手に入れている、気になる存在だ。
女子柔道に目を向けてみよう。まず天才柔道少女として注目され、19歳にして世界選手権で世界王者に輝いている近藤亜美選手。得意技は払い腰と内また。そして谷亮子の後継者として期待され、現在は52キロ級で活躍する中村美里選手は、19歳で北京オリンピックに出場し、見事銅メダルを掴む。しかし期待されたロンドン五輪では前回北京でも敗れている北朝鮮の安琴愛選手に負けて2回戦で姿を消している。経験を豊富に積んだ3度目のチャンスをものにできるかどうか期待が高まる。ロンドン五輪経験者で、柔道日本男女で唯一の金メダリスト松本薫選手は世界選手権、ワールドマスターズ、グランドスラム、オリンピックなどの大会を制覇した無二の存在。2連覇が期待される。

 

 

 

 

実力者揃いで期待大
陸上

 

 


100メートルではケンブリッジ飛鳥選手、桐生祥秀選手、山縣亮太選手の3人が五輪大会中に10秒台の壁を超えるのではないかと期待されている。リオ五輪で日本選手団の旗手を務める陸上男子十種競技の右代啓祐選手は、日本選手権6連覇で日本記録保持者。前回のロンドン五輪で十種競技に出場しているが、日本が十種競技で五輪に出場したのは1964年開催の東京五輪以来の出来事だったため話題となったことが記憶に新しい。自身で自己記録をたびたび塗り替えて進化する右代選手から目が離せない。リオ五輪の200メートルではロンドン五輪代表の飯塚翔太選手が再び出場権を掴んだ。ボルトとの対戦を熱望していた17歳、サニブラウン・アブデル・ハキーム選手は、負傷で日本選手権を欠場したため事実上リオ五輪を断念した。日本で最速の短距離女性ランナーである福島千里選手は、女子100メートル、200メートルの日本記録保持者で、日本人女子で唯一世界選手権において一回戦を突破した選手だ。北京、ロンドンで五輪をすでに経験済み。ロンドン五輪ではインフルエンザなどのアクシデントの影響で本領発揮できなかったために、リオ五輪での走りに注目が集まる。北京、ロンドン五輪において女子100メートルを連覇中のジャマイカン、シェリーアン・フレーザープライス選手のニックネームは「ポケットロケット」。彼女の3連覇も見どころのひとつ。

 

 

あのダブルスが再び見れる?
卓球

 

 


世界ランキング4位の石川佳純選手と同ランキング7位の福原愛選手がシングルスでの出場を決め、不仲説が噂されているものの、4年ぶりに団体種目においてダブルスペアも組む可能性が出てきた。福永選手は4度目、石川選手は2度目の五輪となる。15歳でシングルス初出場の伊藤美誠選手は、リオ五輪アジア予選に出場し、世界ランク2位で中国出身の丁寧選手にも勝利するほど急成長を遂げている。ポーランド出身のナタリア・パルティカ選手は、生まれつき右ひじから先がなかったものの、北京五輪、ロンドン五輪においてオリンピックとパラリンピックのダブル出場を果たした実力派。彼女のフォアは強烈と評判で見どころ。リオパラリンピックでは4連覇を目指す。

 

 

日本バドミントン界最高潮
バトミントン

 

 


旧友同士の高橋礼華選手と松友美佐紀選手は、学生時代からペアを組み、世界の舞台で数々の実績を積み重ねてきた、通称『タカマツペア』。2014年10月に日本選手として初めて世界ランク1位に上り詰め、2016年3月の全英オープンでは初優勝を果たした。そしてBWF世界ランキング最高位は3位、日本人選手で初のBWFスーパーシリーズファイナルズ女子シングルスで優勝を果たした奥原希望選手。リオではダブルス、シングルそれぞれに日本バドミントン界初の金メダルに期待がかかる。男子金メダル候補である桃田選手が不祥事で消えてしまった今、バドミントン界の期待を彼女たちが背負っていると言っても過言ではない。

 

 

木村沙織選手 4度目の五輪へ
バレーボール

 

 


男子バレーがリオへの道を絶たれた一方で、安定して出場権を得た女子バレーボール。メンバーには五輪4大会連続出場となる主将の木村沙織選手、チーム最年長で32歳の山口舞選手など、ロンドン五輪の銅メダルメンバーが4人揃った。

 

 

フェアリージャパンPOLAが世界の舞台で舞う
新体操

 


個人種目の一枠で出場する皆川夏穂選手。五輪の新体操個人競技に日本が出場するのは2004年アテネ五輪以来となるが、特別強化選手としてロシアで技術を磨いた皆川選手に注目したい。ロンドン五輪で好成績を収めた団体種目には、皆川選手も所属している日本ナショナル選抜団体チーム『フェアリージャパンPOLA』から5人が選出された。

 

 

残すは金メダルのみ
フェンシング

 

 


日本人で初めて国際フェンシング連盟ランキングの1位となり、北京五輪のフルーレ個人日本史上初となる銀メダル、続くロンドン五輪では団体銀メダル獲得の立役者として一躍有名になった太田雄貴選手。太田選手に残されているものは、五輪での金メダルだ。

 

 

今季こそメダルを掴んでほしい
サッカー

 

 


ロンドン五輪では4位という好成績だったがものの、メダルには手が届かず、リオ五輪でリベンジを狙う日本代表。B組の日本はナイジェリア、コロンビア、スウェーデンと対戦する。手倉森監督が招集したメンバーは下記。シュート精度の高い久保裕也選手や、得点力の高い南野拓実選手の海外勢、ジャガーの愛称で親しまれ、A代表でも得点経験のある浅野拓磨選手に注目してほしい。マラカナンスタジアムでジャガーポーズに期待したい。

 

リーグ戦Bブロック 日本試合日程
8月4日(木) 21:00 ナイジェリア VS 日本 会場:マナウススタジアム
(AUS時間 5日(金)10:00)
8月7日(日) 21:00 日本 VS コロンビア 会場:マナウススタジアム
(AUS時間 8日(月)10:00)
8月10日(水) 19:00 日本 VS スウェーデン 会場:サルバドールスタジアム
(AUS時間 11日(木)8:00)

 

 

 

 

ラリンピックの注目選手

 

車いすテニス

 


プロ車いすテニス選手と言えば、国枝慎吾選手があまりにも有名。2006年に車いす部門で世界ランキング1位になり、10年間頂点に君臨し続けている。パラリンピックではシングルスで2個・ダブルスで1個の金メダルを獲得している。ロジャー・フェデラー選手も称賛している絶対王者だ。

 

 

ボッチャ

 


ボッチャとは、重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のためにヨーロッパで誕生したスポーツ。ジャックボールと呼ばれる白いボールに、赤、青のそれぞれ6球ずつのボールを転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競うパラリンピックの正式種目。日本のボッチャ界を牽引する廣瀬隆喜選手、そしてロンドン大会で主将を務めた杉村英孝選手はに注目が集まる。

 

 

車いすマラソン

 


土田和歌子選手は夏季は車いすマラソン、冬季はアイススレッジというスピードスケート競技でパラリンピックに出場している。夏季では5大会連続出場を決め、冬季と合わせると8回目の日本代表入りを果たす。日本人初の夏冬パラリンピックでの金メダリストとして有名だ。

 

 

陸上競技

 


走り幅跳びやリレーで活躍している山本篤選手も忘れてはならない。義足をつけたアスリートとして北京五輪とロンドン五輪に出場し、メダルを量産している。北京パラリンピックにて走り幅跳びで銀メダルを獲得した日本の義足陸上競技選手初のパラリンピック・メダリスト。

 

 

女子マラソン

 


リオ五輪から正式種目となったマラソン。五輪において初代女王を目指す道下美里選手は、一度樹立した世界記録を2015年のロンドンマラソン兼世界選手権で塗り替えられてしまったので、再び記録更新を目指す。自己ベストは世界歴代2位とメダル獲得がかなり有力な選手。実力ともに美人ランナーとしても名高くファンが多い。

 

 

 

 

 技日程

 

すべての競技種目の試合時間帯については『RIO 2016 OLYMPIC GAMES TICKETING GUIDE』をチェック! 
日程は変更される場合があるので、必ず事前にスケジュールを確認をお忘れなく! 
www.rio2016.com/sites/default/files/users/rio2016_files/ticketing_guide_rio2016.pdf

 

 

 


ページトップへ