オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

feature


ワンランク上のラグジュアリー感を提供

27/02/2017


 

 

ワンランク上のラグジュアリー感を提供

 

ViViD Nail Salonが新装オープン!

 

 

ウィンヤードで人気のViViDネイルサロンが、グレイスホテル向かいの新店舗に移転した。長年サロンのあったウィンヤードのメンジーズ・アーケードが、シドニー市内の大規模都市開発に伴い、コンストラクションの対象となりサロンの移動を余儀なくされたためだ。「当初、ウィンヤード近辺で探していましたが ジョージ・ストリートの大々的な工事もあり、空室率の非常に低いシドニーで、サロンとスクールの2つの場所としてスペースを見つけるのは困難を極めました」と代表の武田真寿美さん。新スタジオサロンはQVBから近く市内の中心地なので、以前からの常連客にとってもたいした負担にならず、足を運ぶことができる距離と言えるのではないだろうか。

 

建築デザイン会社『シドニーリフォーム』が尽力し、洗練された大人のためのラグジュアリーなネイルサロンに仕上がった新店舗。スカンジナビアンスタイルのデザインで、白とパステルグレイの落ち着いた空間となっている。ネイリストは接客マナーを重視し、お客に合わせたおもてなしの精神で、ひとり一人にあったパーソナルタッチのサービスを提供している。中でも人気の高いカルジェルは安全で、自爪を補強しながら長持ちするオーガニックジェルと評判が高い。自爪が薄くてデリケートな爪の方の保護はもちろん、スワロフスキーなどを使用したアートやグラデーションアートは人気のメニューとなっている。

 

新メニューとして登場したラグジュアリーマニキュア&ペディキュアも見逃せない。シャネルのゴマージュで肌のくすみを優しく取り除き、主成分のEGF、ビタミンE、コラーゲン配合の画期的なトリートメントパックセットが、「保湿」や「肌再生」の効果をその場ですぐ実感させてくれる。パーティや結婚式前のお手入れや年齢と共に少したるみやしわ乾燥等のお手入れを考えている方には、ぜひお勧めだ。

 

また、1998年に開校以来、シドニーで最も歴史と実績のあるViViDネイルアカデミーは、毎年多数のプロフェッショナル・ネイリストを輩出している。少人数制を採用し、モデルを使ったより実践的な内容のカリキュラムとなっていると評価が高い。受講前にしっかりとコンサルティングをしながらレッスン内容と時間表を作成するので、無理のないペースでの受講が可能だ。現在は日本人の生徒を中心にタイ人、韓国人、中国人と国際色豊か。卒業生の中には、実際にシドニー市内やチャッツウッド、ピアモントに独立してネイルサロンを経営している方や、市内でスタッフを5名を雇用して大規模なネイルサロンを経営している方もいるので、説得力がある。

  

丁寧なサービスと洗練された技術を求める方、将来自身のネイルサロンを起業されたい方は、当店にぜひ一度足を運んでみてほしい。

 

 

 

 

①豊富な種類のポリッシュ
DiorやChannelなどから選べ、カラーバリエーションがより充実に。

②ViViD Nail Academy
カルジェルコース、プロ養成コース、セルフケアコース、ネイルアートコース、まつ毛パーマ、サティフィケートコース、ブラッシュアップコースなど、目的と自身のレベルに合わせて多数のコースを選択できる。

③カキハラ スミさん/サロンマネージャー、ViViD Nail Academy講師、オーストラリアカルジェル公認エデュケーター、JNA1級保持者。
オーストラリアで教育を受けたということもあり、日本人をはじめ、オーストラリア人の顧客も多く対応。それぞれのお客様にあった施術を心掛け、自爪を強くしたい方にはシンプルなカラーコーティング、またカルジェルのデザインアートもお客様の想い通りに仕上げると定評がある。

 

 

 

TEL: (02) 9279 1116
Suite 805 Level 8, 32 York St., Sydney
QVBから徒歩5分
Web:vividnailsalon.com.au
営業時間:
月火水金 10am-7pm
木 10am-8pm、土 10am-6pm

 


関連記事

この夏、海で散々遊び倒した方は、少し気分を変えて、ウォーター・アミューズメント・パークに行ってみるのはいかがでしょうか? 今回弊誌では絶叫系のウォータースライドからキッズまで楽しめるウォーターパークを5つご紹介!

この記事を詳しく見る

サマータイムも始まり、徐々に気温が上がってきたシドニーでは、ビーチに繰り出す人々も増えてきたのではないだろうか? オーストラリアといえば、青く澄んだ海と真っ白な砂浜のビーチを想像する人も多いと思うが、今回はこの美しいビーチも、時には人を死に招く、恐ろしい牙を向けることに、スポットを当ててみたい。ビーチに出かけるさい、「リップに気をつけて!」と声をかけられたことはないだろうか? オーストラリアの水難事故(洪水、サイクロン、サメによる事故を含む)の中で、一番多くの命を奪っているリップ。リップの知識、そしてその

この記事を詳しく見る

8月10日は、枯れ葉剤の撒布が自然環境と人間の健康に与えた壊滅的な影響を忘れないために定められた「枯れ葉剤被害の日」。今なお苦しんでいる枯れ葉剤の被害者の痛みを和らげるため、共同の努力を呼びかける日として、世界的に広く認知されるべき1日だ。

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

CATEGORY

feature

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content feature 2018 feb top
Water Park
Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase