1泊2日でゴージャズに楽しむ Canberra | feature
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • クーポン
  • 18+
  •  

    シドニーから南西280キロメートルにあるキャンベラ。世界でも稀に見る、卓越した都市計画のもと誕生した都市故に、美しく整備された街並は、モダンなデザインと多くの自然が共存し、まるで異国の地にいるかのように錯覚する。今月は1泊2日で楽しめるキャンベラの少し変わったオススメスポットを紹介したい。

     

     

     

    黒トリュフ収穫体験

     

    The Truffle Farm

     ザ・トリュフ・ファーム

     

    シドニーから3時間、キャンベラのCBDから15分の場所にある『The Truffle Farm』の入口に訪れると、2016年に新しいオーナーとしてマウント・マジュラにファームを構えたジェイソン・メスマンさんがトリュフドッグとともに出迎えてくれる。トリュフハント体験に向かう前に、まずはシェッドで、オーストラリアのトリュフの歴史や、トリュフドッグの生い立ち、トリュフの見つけ方などを学ぶ。話によれば、キャンベラの厳冬に発生する国内で最も冷たい霜が、Black Truffle(黒トリュフ)を熟成させ、芳醇な香りを作り上げることに適しているとのことで、ここ近年キャンベラではトリュフの産業が活発になっているそうだ。オーストラリア全体においても、ウェスタンオーストラリアで最初にトリュフの収穫が始まったのが1999年からということで、これから成長する産業と言ってもいいだろう。


    今日、収穫のお手伝いをするのは7歳のトリュフドックであるラブラドールのウィロー君。ファーム内にある4000本のオークやヘーゼルナッツの木の根元から嗅覚を使って、年間250キロ以上ものトリュフを見つけ出す名犬の一頭だ。焦げ跡のような現象“トリュフバーン”が木の根元に発生するのがトリュフ収穫時期の目印となる。地中15センチ前後に埋まっているトリュフの周りの土を、試しにシャベルですくい匂いを嗅いでみると、トリュフの強烈な香りが漂う。この日に収穫されたトリュフは小さいもので10g程度(相場$25ほど)、大きいものは40gぐらい(相場$100ほど)。収穫したてのトリュフの強烈な香りに参加者の心が高鳴る。


    収穫を終えて再びシェッドへと戻ると、トリュフハニーやトリュフチーズを堪能しながらリラックス。時間に余裕のある方は、トリュフをふんだんに使用したランチを土曜日に、ブランチを日曜日に提供しているので、ぜひ試してみてほしい。また、収穫したトリュフはサイズに応じて買い取ることができる。なるべく新鮮なうちに、最長でも10日から14日以内に食べることをオススメする。そのほか、トリュフハニーやトリュフチーズ、トリュフソルトなどのプロダクトも購入可能だ。なお、トリュフのシーズンは毎年5月末から9月初頭まで。今年は9月3日が最終日となっているので、興味のある方は早めにウェブサイトから予約をしてみてほしい。運が良ければトリュフドッグより嗅覚が優れた食いしん坊のトリュフピッグのオリヴィアにも会えるかもしれない。

     

     

    The Truffle Farm Canberra

    Mount Majura Rd., Canberra ACT
    Tel:+61 400 483 082
    Email:hello@thetrufflefarm.com.au
    Web:www.thetrufflefarm.com.au
    期間:5月末から9月初頭まで
    料金:65ドル~
    ※料金にトリュフ代は含まれません


     

     

     

    動物たちに囲まれて一夜を過ごす

     

    JamalaWildlife Lodge

    ジャマラ・ワイルドライフ・ロッジ

     

    キャンベラの『National Zoo & Aquarium』に隣接しているラグジュアリーロッジ『Jamala Wildlife Lodge』。1998年に登場した同ロッジの名物と言えば、園内の動物たちとガラス一枚隔てただけの宿泊施設で一夜を過ごすことができることだろう。GIRAFFE TREEHOUSESでは、部屋のバルコニーからキリンのフィーディングが楽しめ、JUNGLE BUNGALOWSではトラ、熊、チーターなど迫力満点の動物たちがラウンジエリアのガラス越しにリラックスしている。USHAKA LODGEではベッドサイドから、アクアリウムの魚たちを堪能することができる。宿泊者のみが入園可能なエリアでは、アルパカやシカなどと触れ合うこともできる。ディナーを楽しむダイニングエリアはレインフォレスト・ケーブをテーマにしたインテリアに囲まれており、ここでもライオンが出迎えてくれる。ミーアキャットやフクロテナガザルなどのベイビーも登場して活気づいている園内をゆっくり散歩してみてほしい。宿泊のブッキングで人気なのはJUNGLE BUNGALOWS。興味のある方は確実に希望の部屋を選ぶためにも早めにブッキングを入れることをオススメする。

      

    Jamala Wildlife Lodge

    National Zoo & Aquarium
    999 Lady Denman Drv., Canberra ACT
    Tel: +61 2 6287 8444
    Web: www.jamalawildlifelodge.com.au
    Email:info@jamalawildlifelodge.com.au
    チェックイン 1.30pm~
    チェックアウト11am

     

     

     

    国内最大級の花の祭典

     

    Floriade Flower Festival

    フロリアード・フラワー・フェスティバル

     

    キャンベラが世界に誇る、オーストラリアで最大規模のフラワーフェスティバル、『Floriade』が今年も9月16日から、4週間に渡り開催される。30周年を迎える今年は、チューリップやアイリス、スイセン、ヒヤシンスなど、何千何万という花がクリエイティブに表現される。見渡す限りに咲き誇る花壇をバックに記念撮影はもちろん、会場ではライブエンターテイメントやガーデニングのデモンストレーション、クッキングショー、ワインやビールのテイスティング、キッズアクティビティなど、老若男女が楽しめる内容がライナップされる。エンターテイメントやアクティビティは、毎週のテーマに沿って変更されるので、ウェブを要チェックだ。また9月22日から24日には、LEDでライティングされた花壇やオブジェがきらびやかで幻想的な夜の空間を創り上げる『Night Festival』が開催される。有料となるイベントだが、サーカスやミュージカル、マイムなどのエンターテイメントは一見の価値あり。毎年国内外から40万人以上が訪れるフェスで、春の到来をお祝いしよう!

     

     

    Floriade Flower Festival

    日時 : 9月16日(土)~10月15日(木)
    平日9am~5pm、週末 10am~7pm
    Floriade Night Fest:
    9月22日(金)~9月24日(日) 8pm〜11pm
    会場 : Commonwealth Park, Canberra
    入場料 : 無料 ※Night Festは有料
    大人(17歳+)$31.70、コンセッション$16.40、子供$16.40、
    ファミリー(大人2、子供2)$83.65、
    ファミリー(大人1、子供2)$58.20
    WEB : www.floriadeaustralia.com

     

    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • スーツケース、ダンボールお預かりします。1日1ドル+GST~
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ