オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

feature


Water Park

31/01/2018


この夏、海で散々遊び倒した方は、少し気分を変えて、ウォーター・アミューズメント・パークに行ってみるのはいかがでしょうか? 今回弊誌では絶叫系のウォータースライドからキッズまで楽しめるウォーターパークを5つご紹介!

 

サーフボードで波乗りができる地域密着型ウォーターパーク
Aquatopia at Prairiewood Leisure Centre

シドニー西部フェアフィールドにあるプレイリーウッドレジャーセンター内の地域密着型ウォーターパーク。高さ10メートルにも及ぶジャイアントスライダーを始め、ウォーターガンやチューブトンネルなど79種類のアミューズメントが楽しめるアクアタワーが人気。また昨年から、サーフボードで波乗りが楽しめるスティングレイも新たに登場。乳児用のプールも併設されている。テント付きのベンチやBBQコーナー、ピクニックができる芝生エリアにアクセスできるプールサイドのカバナは、事前予約が必要なので要注意。利用制限人数は最大40人までとなっているので、バースデーパーティにも最適。一般のウォーターパークに比べると規模は小さめだが、その分アクセスもしやすくゆったりできるので、小さな子供連れの家族にピッタリ。フェアフィールド在住者は、入場料のディスカントが受けられる。

 

住所:44 Vine St., Fairfield
Web:www.fairfieldcityleisurecentres.com.au/aquatopia-waterpark-at-prairiewood/  
お問い合せ:(02)9754 2078
入場料:$20(ファミリーパック$60)、フェアフィールド在住者$15(ファミリーパック$50)
営業日時:1月(28日まで毎日)、2月、3月(土、日)、4月(土、日、但しイースターホリデー中は25日と30日を除く毎日)/10時30分~17時

 

のどかな田舎の大自然で楽しむ巨大アトラクション
Jamberoo Action Park

シドニー中心部から車で約2時間南下したカイアマ近くにある広大な農地に作られた巨大ウォーターパーク。大自然に囲まれたのどかな田舎の雰囲気を思う存分味わいながら、スリル満点なウォータースライドとアトラクションを楽しむことができる。目玉は何といっても世界一の長さとスピードを誇る4人乗りのパーフェクトストーム。強烈なストームに見立てた全長290メートルの暗いチューブの中を、時速40キロのスピードで猛回転しながら滑り落ちていくスリリングなスライダーとして有名だ。また、スライダーやブリッジ、ジェット噴射、数分ごとに1200リットルの水がまき散らされる巨大バケツなど、198のアトラクションが楽しめるファミリーフレンドリーなバンジョオズ・ビリボングにも注目。2月25日まで99.99ドルで何度でも入場可能なサマーファンパスが購入可能。BBQやシーフード、ハンバーガーなどフードショップも充実している。

 

住所:1215 Jamberoo Rd., Jamberoo
お問い合せ:(02) 4236 0114
サイト:www.jamberoo.net
入場料:3歳以下:無料 4~12歳:$59.99 13歳以上:$69.99 シニア:$59.99
シーズンパス:オンライン $129.99 当日券$139.99
営業日時:1月、2月(金、土、日)、3月(土、日、12日、30日)、4月(月、土、日、但し9日は除く)/10時~17時

 

子供も大人も夢中! 話題の水上アスレチック
Aqua Splash

セントラルコーストにある巨大な水上アスレチックのアクア・スプラッシュ。まずは受付で遊び方の説明と安全に関する注意を受けてからスタート。ライフジャケットを着て、水の上に浮かぶスライダー、トランポリン、ブリッジ、シーソー、高さ5メートルのアクションタワーなど、全部で20種類以上のアトラクションが用意されている。浮遊具は動かないように固定されているが、足元がゆらゆら揺れて不安定。そのため、気を抜くとすぐに海に落ちてしまうというスリリングが味わえる。地上のアスレチックとは異なり、飛んだり跳ねたり飛び込んだりが自由自在。参加年齢は5歳からで、1セッションは50分。14歳以上なら1日中遊び放題のフリーパスも99ドルで購入可能。大人も童心に帰って思いっきり楽しめること間違いなしのアトラクションだ。ウェブサイトから事前に予約が必要となる。

 

住所:Adjacent to Gosford Olympic Swimming Pool, Brisbane Water 42 Masons Pde., Gosford
お問い合せ: (02)8325 1705
Web:https://aquasplash.com.au 
入場料:5歳~9歳:$15、10歳以上/大人:$20 
営業日時:週7日 9時~17時

 

乳幼児も安心して楽しめる室内プール
Splasher's Water Playground
(Sydney Olympic Park Aquatic Centre)

シドニーオリンピックパークに作られた、キッズ向けの室内ウォーターアミューズメントパーク。水温は常に26度に設定されている。屋内のため、天気に左右されずいつでも気軽にアクセスできるので安心だ。噴水やヤシの木、ヒトデ、カニなどが飾られたカラフルなバブルビーチは、公園のプレイグランドそのまま。水がたまるとひっくり返るバケツや、子供向けのスライダーの他、ジェット噴射付きの大きな円形プールのレイピッド・リバーなど、小さな子供が喜ぶ楽しい仕掛けがたくさん。ビーチの浜辺をイメージした、水深が浅いプールもあるので、ウォーターパークに行くにはまだ早い乳幼児のいるファミリーに最適。一般のウォーターパークに比べ入場料がかなり格安なのも嬉しい。4時間無料でパーキングエリアが利用できる。室内には広々とした個別の更衣室や温水シャワー、サウナの他、カフェも併設されている。

 

住所:Sydney Olympic Park Aquatic Centre, Sydney Olympic Park
お問い合せ:(02)9752 3666
サイト:www.aquaticcentre.com.au/Things-to-Do/Splashers-Water-Playground
料金:大人: $8、子供(4-15 years): $6、コンセッション :$6、ファミリーパス:$27.50、入場のみ(付き添い): $4
営業日時: 週7日オープン 平日:5時~21時/土日&祝日:6時~20時

 

NSW州最大規模の絶叫スライド
Wet'n'Wild Sydney

シドニーから西へ30キロほどの場所にあるプロスペクトに作られた、ゴールドコーストでもお馴染みのウェット・アンド・ワイルド。NSW州最大規模のこのウォーターパークは、2013年にオープンしたばかり。振り落とされそうになるほどのハイスピードで回転しながら滑り落ちていくボムブラや、カプセルに立ったまま入って滑るアクア・チューブ、360度のループスライダーで隣同士競争しながらスライドする360ラッシュなど、迫力満点のアトラクションが勢ぞろいしている。絶叫スライダーに疲れたら、砂浜のある波のプールでリラックスしながら海にいる気分を味わうことも可能。スポンジボブやドーラ・ザ・エクスプローラーなどお馴染みのキャラクターたちが出迎えてくれるニコロディアンビーチなど、キッズエリアも充実。あらゆる年齢と身長に合わせて作られたさまざまなアトラクションで、子供から大人まで1日中楽しめること間違いなしだ。

 

住所:427 Reservoir Rd., Prospect
お問い合せ:133386
サイト:wetnwildsydney.com.au
入場料:身長110センチ以下: $59、大人:$79、シニア:$59
営業日時:1月28日まで毎日、2月(金、土、日)、3月(土、日)、4月(土、日、但しイースターホリデー中は25日を除いて毎日オープン)/10時~17時(1月2月中は8時まで)


関連記事

この夏、海で散々遊び倒した方は、少し気分を変えて、ウォーター・アミューズメント・パークに行ってみるのはいかがでしょうか? 今回弊誌では絶叫系のウォータースライドからキッズまで楽しめるウォーターパークを5つご紹介!

この記事を詳しく見る

サマータイムも始まり、徐々に気温が上がってきたシドニーでは、ビーチに繰り出す人々も増えてきたのではないだろうか? オーストラリアといえば、青く澄んだ海と真っ白な砂浜のビーチを想像する人も多いと思うが、今回はこの美しいビーチも、時には人を死に招く、恐ろしい牙を向けることに、スポットを当ててみたい。ビーチに出かけるさい、「リップに気をつけて!」と声をかけられたことはないだろうか? オーストラリアの水難事故(洪水、サイクロン、サメによる事故を含む)の中で、一番多くの命を奪っているリップ。リップの知識、そしてその

この記事を詳しく見る

8月10日は、枯れ葉剤の撒布が自然環境と人間の健康に与えた壊滅的な影響を忘れないために定められた「枯れ葉剤被害の日」。今なお苦しんでいる枯れ葉剤の被害者の痛みを和らげるため、共同の努力を呼びかける日として、世界的に広く認知されるべき1日だ。

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

CATEGORY

feature

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content feature 2018 feb top
Water Park
Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase