オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


板野友美 in Sydney

17/06/2015


板野友美 in Sydney

シドニー滞在4日間密着レポート


アジア各地でのファンミーティングや、上海、タイ、サンフランシスコでのライブイベントなど、積極的な海外活動を行ってきた板野友美さんが、ビビッド・シドニー・ナイト・クルージング・イベントを含んだオーストラリアツアーで、今回3度目となる来豪を果たした。弊紙では彼女が活躍したシドニーでの4日間に密着。彼女の軌跡を追い、その言葉を拾い集めた。

 


 



UGG Since 1974にて オリジナルUGGをカスタマイズ

6月4日(木)
 

オーストラリア発祥のUGGブーツの老舗「UGG Since 1974」に訪れた板野友美さん。この日は同店の新しいインターナショナルブランド「Burlee」のローンチを兼ねて、そのお客第1号に板野さんを招き、オリジナルUGGをカスタマイズした。当店のUGGは100パーセント国内生産で知られており、1974年よりゴールドコーストで製造販売している、正真正銘オーストラリアの職人によるUGG。外国製のUGGとは違い、履き心地と長く型が崩れないことが特徴で、カスタムメイドブーツのワールドリーダーとして名高い。密な関係を保ってきたスワロフスキーのクリスタルを使用した「Luxe」シリーズや、「ハローキティ」シリーズ、ビンテージデニムを再利用した「デニム」シリーズなど、ファッション性が高い商品が並び、板野さんもひとつに選びきれない様子。現在60パーセントのレンジがデザインにスワロフスキーを取り組んでいる。


Ugg Since 1974
140 George St., The Rocks (The Musuem Of Contemporary Artの隣)
TEL: (02) 9241 6711 オフィシャル
オフィシャルHP:http://uggsince1974.com.au/

 

 

 


SBS音楽番組「PopAsia」に初の日本人アーティストとしてゲスト出演!
新曲『Gimme Gimme Luv』のMVを披露!!

6月4日(木)

 

オーストラリアで人気を誇るSBS音楽番組「PopAsia」に、日本人のアーティストとして初のゲスト出演を果たした板野さん。7月1日にリリースされる新曲のMVも特別に披露。詰め掛けたファンからの質問にも笑顔で丁寧に答えていたのが印象的だった。

 

 

 

 

 

ジャパン・ファウンデーションにて シドニー・ファン・ミーティング開催!!

6月7日(日)

 

板野さんファンとの交流会が6月7日、セントラルパーク内のジャパン・ファウンデーションにて行われ、多くのファンが会場を埋め尽くした。売り始めてまもなく即完した同イベントには、日本人のみならず、日本文化が好きな多くの外国人ファンが集まった。会場ではファンとのQ&Aが行われ、大いに盛り上がった。また、ゴールドコーストからUGG Since 1974の代表、リチャード氏が訪れ、板野さんが6月4日にカスタマイズしたUGGをプレゼント。握手会およびファンとの撮影会のさいに手渡されたCDには、板野さん直筆のサインとファンの名前が目の前で綴られた。

 

 

 

 


 

ビビッド・シドニー・ ナイト・クルージングに 500人を超すファンが乗船!

6月6日(土)

 

6月6日に板野さん来豪のメインイベントとも言える『VIVID SYDNEY Night Crusing』が開催された。当日は500人以上のファンが殺到し、乗船前の桟橋から異様なまでの盛り上がりを見せていた。7月1日発売となる7枚目のニューシングル『Gimme Gimme Luv』と、昨年末に発売したパーティチューン『COME PARTY!』の2曲を熱唱。『Gimme Gimme Luv』を歌ったさい、ミュージック・ビデオやCDジャケットに登場するGGL Pistol(水鉄砲)を使ったパフォーマンスを披露し、会場のファンを大いに盛り上げた。

 

 

 

 

 

オーストラリアのクラブ・クイーン ハヴァナブラウンと出会う

6月7日(日)

 

板野さん帰国の前夜、密に進められていたあるプロジェクトが実現した。それは日本において、これからEDMの分野で展開していく板野さんと、同じジャンルで活躍しているハヴァナ・ブラウンさんとの顔合わせだった。シドニーのカジノ『ザ・スター』内にある、マーキーナイトクラブVIPルームにて初顔合わせをしたふたり。ハヴァナさんはこの日、同クラブでのセットのためにニューヨークから、板野さんは、ビビッドクルーズイベントを含んだオーストラリアツアーで日本からと、関係者いわく「ふたりの来豪が神がかったタイミングで重なった」とのことだった。顔合わせが終わると、そのままハヴァナさんのセットへと移動。詰め掛けた熱狂的なハヴァナファンをさらに盛り上げるように、パフォーマンスをすると絶叫にも近い声が上がり、会場は一気にヒートアップした。それだけではない。運命的な巡り合わせを果たしたEDMを愛するふたりが、7月1日の同日に、それぞれ日本で音源を発表する。もはや単なる偶然ではないふたりの今後の展開に期待したい。
 

 

 


久々に訪れたオーストラリアの印象はどうですか?


初めての海外旅行がオーストラリアだったのですが、ここには自然がたくさんあって、海が綺麗で、私の好きな素敵な夜景があって、空気も澄んでいて、本当に素敵な国だなという印象を改めて受けました。2回目の来豪が18歳のときの写真撮影、そしてまたこうしてお仕事でオーストラリアに来られたことが本当に嬉しいです。

オーストラリアのご飯はどうでした?

ゴールドコーストのビーチフロントでご飯を食べました。捕れたてのシーフードが新鮮で、特にサーモンが美味しかったです。

ちなみにベジマイトは食べました?

ベジマイト食べたんですけど、私、結構全然大丈夫でした。日本のみそ汁の味がして美味しかったです。

今回クルーズイベントで歌った新曲『Gimme Gimme Luv』は、EDM(Electric Dance Music)スタイルに力を入れている印象を受けました。今後はほかのスタイルにもチャレンジしていく予定ですか?

EDMはプライベートでもよく聴いていて、すごくテンションが上がるから大好きなんです。あと、小さい頃からヒップホップダンスを習っていて、その頃からヒップホップもたくさん聴いていたので、いまでもヒップホップとかEDMの縦ノリの曲を聴くとテンションが上がります。日本では1年前くらいからEDMが流行りだしましたが、まだメインストリームではないので、私の好きなEDMを自分らしく表現できるようになったら、新たなスタイルにも挑戦をしたいと思っています。

『Gimme Gimme Luv』のMV(Music Video)は、とてもクールに仕上がっている印象を受けたのですが、特にここを観てほしい!というポイントはありますか?

今回のMVはダンスナンバーにしたいという思いがありました。いままで自分がたくさん練習を積んできたダンスを見てほしいです。1番は、男らしくかっこいいダンスで、衣装もクールなものを。2番は対照的に女性らしく衣装もスカートでセクシーなダンスになっているので、そこに注目して観ていただけたらと思います。

世界がグローバル化していく中で、英語の重要性についてどのように考えますか?

海外に出れば、英語で取材の受け答えをしたり、アジア圏でも英語を使うことがたくさんあるので、私も1年半くらい前から英会話を習っています。もっと日常的に英語を使っていかないといけないのですが、日本にいるとスラスラ話したりできる環境をなかなか作れないので…。これからもどんどん海外に露出していけるようになりたいので、英語をもっと勉強しないといけないなと思っています。

オーストラリアで日本語を勉強しているオーストラリア人がたくさんいます。ダンスや音楽を通じて、何かを習得することにおいてアドバイスをお願いします。

私も日本語が100パーセント完璧なわけではないのですが、私が英語を勉強して思うのが、日常的に毎日英語に触れたり、英語圏の友達を作ったり。恥ずかしがらずにトライして話すことが大事だと思います。

何かオーストラリアン・スラングは知ってますか?

G'DAY MATE!

今回のクルーズイベントでは、ダーリングハーバーやオペラハウスなど、オーストラリアで人気のデートスポットを回りましたが、日本でお勧めするデートスポットはどこでしょう?

私は横浜生まれなので、『横浜みなとみらい21』はお勧めスポットです。海も夜景も綺麗で、遊園地もあるし映画も見れるからすごくいいですよ。日本のディズニーランドは世界の中でもパフォーマンス力が高いと思いますので、日本に来たらぜひ行ってみてほしいです。

板野さんのいままでの人生を振り返ってハイライトはいつでした?

AKB48にいたんですけど、結成当初に掲げていた目標が、東京ドームのライブだったんです。8年間頑張ってその目標をみんなで叶えることができたので、そのときは自分自身によく頑張ったって思えました。現在こうしてソロになって、ソロとしての新しい目標があるので、それをいつか叶えられるようにいま頑張っています。

日本を代表するポップスターになるために大変な道のりを歩まれたと思うのですが、辛い時期を乗り越えるために、何をモチベーションにしてきましたか?

どんな辛いことがあっても、いつもポジティブシンキングできるように心掛けていました。嫌なことがあったら、そのまま落ち込むのか。それともそれを練習して改善していこうと思うのか。どんな状況でもなにかしらポジティブなところはあるので、そこを拾うようにしています。

第一線にいるアーティストという立場で、次の世代にどのような影響を与えていると思いますか?

あたしもソロになって走り出したばっかりなので、私自身もまだまだと思っているのですが…AKB48には後輩がたくさんいので、彼女たちのお手本になれるように、これからももっと認めてもらえるように頑張りたいと思います。

今年の夏はどのような予定ですか?

7月1日にニューシングル『Gimme Gimme Luv』が発売されます。夏を感じさせる曲調なので、海や野外のライブやイベントがたくさんできればいいなと思います。

先月北京で行われた第3回音楽Vチャートアワードで、日本地域突破賞を受賞されてますよね。

日本での授賞式は何度か経験させていただいていますが、母国じゃない国の方にも、私の曲を聴いてもらえていることが嬉しかったです。今回のニューシングルも、日本の方だけじゃなく、他国の方にも聴いてほしいなという思いで作りました。EDMなパーティチューンなので、言葉を越えて音楽を楽しんでもらえたら嬉しいです。

死ぬ直前、最後に食べたいものは?

お米と納豆とから揚げかな。あときゅうりの漬物!

友美さんの得意料理はなんでしょうか?

得意料理はハンバーグとやきそばです。そのふたつが自分の大好物なので、自分好みの味付けでよく作っていますよ。

最近のファッションの傾向は?

以前はモノトーンとかのクール系が多かったんですが、最近では、ピンクが好きで、サーモンピンクとか薄いピンクとかを好んで着ています。あとは紺も好きですし、大人っぽいファッションにも興味があります。

ビビッド・シドニーはもうご覧になりましたか?

シドニーに到着した初日に観ました。夜景の中に光や音楽も流れてすごいロマンティック。あまり日本ではこういったフェスティバルはないので、日本でもしてほしいって思うくらい感動しました。

最後にファンの方へのコメントを

イべントに来ていただいた皆さん、本当にありがとうございました。まさか大好きなオーストラリアでこうしてお仕事ができるなんて思っていなかったので。ファン・ミーティングでファンの方と触れ合えたり、クルージングパーティができたり、本当に楽しい4日間を過ごすことができました。また皆さんに会えるように、オーストラリアに来ることができるよう頑張ります。
 

 


関連記事

今回弊紙は、オーストラリアでの公開を記念して、西村義明プロデューサー、『借りぐらしのアリエッティ』や『思い出のマーニー』で知られる米林宏昌監督、そしてスタジオの国際部責任者を務めるジェフリー•ウェクスラーさんの名様のインタビューを行った。この物語に秘められた彼らの熱い思いをお届けしたい。

この記事を詳しく見る

旅行雑誌『TRUNK』でスタートした「SASARU PROJECT」の連載を皮切りに、Google AndroidのCM「一生分の写真」篇や、日本テレビ『採用!フリップNEWS』に出演を果たし、「世界一地球に刺さった男」として、ギネス世界記録申請予定のkozeeさん。昨年10月には「SASARU〜地球の刺さり方〜」の出版を終え、現在多忙を極めるkozeeさんにインタビュー!

この記事を詳しく見る

インスタグラムのフォロワーが27万5000人。FIG&VIPERのクリエイティブ・ディレクターであり、DJとしても世界各地で活動しているインフルエンサーの植野有砂さんは「ネオギャル」のパイオニア的存在だ。そんな有砂さんが8月30日にシドニーのジャパンファンデーションにて開催されたイベント『Tokyo FRUiTS』に招かれトークイベントを行った。今回弊紙では大盛況のうちに幕を閉じたトークイベントを終えたばかりの有砂さんにお話を伺った。

この記事を詳しく見る

2001年に日本テレビで放送されたリアリティ番組『マネーの虎』で〝冷徹の虎〟との異名を持っていた南原竜樹氏。彼が出資するレストランのひとつ『Tokyo Laundry(以下:東京ランドリー)』が、サーキュラキーに登場したことはすでにご存じであろうか。今回弊誌では新たなビジネス展開を見据えて来豪した南原氏にインタビューを敢行。波乱万丈な生きざまを振り返りながら、南原氏のビジネス感覚を学ぶ。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者
Content afclogo
AFCチャンピオンズリーグ2018開催!

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase