オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


Interview with Graphic Artist

02/08/2015


 

若きクラフトマンとグラフィック・アーティストの

コラボレーション・アートショー『Undulation』開催!


Interview with Graphic Artist

KENTARO YOSHIDA


オーストラリアとアメリカでシェイプの経験を重ねた若きクラフトマン、マックス・スチュワート氏によって登場したサーフボードブランド『Eye Symmetry』。サーフボード製作に使用されるハンドメイドの樹脂やリーシュループなどのマテリアルにこだわり抜き、また、その斬新なビジュアルから、いまオーストラリアのサーフシーンで注目を集めている。そんなEye Symmetryからローンチされるニューモデルのサーフボード「WAKIZASHI」に、日本人グラフィック・アーティストのデザインが採用され、7月17日にWAKIZASHIのローンチイベントを兼ねたケンタロウ・ヨシダさんのアートショー『UNDULATION』が開催される。今回弊紙では、グラフィック・アーティストのケンタロウ・ヨシダさんの軌跡に迫った。

 

 

7月17日のアートショー『UNDULATION』はどのようなイベントなのでしょうか?

 

Eye Symmetry主催のアートショーUNDULATIONのオープニングナイトは、ローカルサーファーやアーティスト、サーフボード・インダストリーの方々が遊びに来てくれるイベントになると思います。当日は、最近サーフテイストのキャンペーンを頻繁に行っているメキシカンビールの『コロナ・エクストラ』が、メインスポンサーとしてドリンクを提供してくれる予定です。 同イベントはもともとEye Symmetryが昨年日本へサーフトリップへ行ったさい、日本での経験からインスパイアされたニューモデルのサーフボードWAKIZASHIのローンチパーティのサイドショーとして誘いを頂いたのですが、ミーティングを重ねていき、アートエキシビジョンの方をメインにやっていこうという方向に移行していきました。

 

サーフボードブランドEye Symmetryとの出会いは? また、どういう経緯で今回、ニューモデルWAKIZASHIにイラストを入れることになったのですか?

 

Eye Symmetry代表のマックスとはもともとはよく海で会う友達の友達から仲良くなり、彼が独立するさいに、ロゴのデザインを助けたり、ウェブサイトのデザイン、アートディレクションをさせてもらいました。お互い若手のブランドと無名のアーティストという立ち位置だったので、助け合い、何か一緒にできたらいいなぁという流れから、今回のコラボレーション企画UNDULATIONが始まりました。Eye Symmetryがファクトリー内にアートスペースを設け、僕のようなグラフィック・アーティストや若いフォトグラファーたちとのコラボレーションのために使ってもらいたいという思いがあったことも、実現する流れを強めたと思います。

 

WAKIZASHIのアートコンセプトを教えてください。

 

日本のテイストを少しだけ入れたいけど、ストックイメージやデザイン素材によくありがちな、あからさまな日本は絶対に出したくないと思いました。見ていて薄っすらと気づくくらいの日本のテイストを僕自身が描くスタイルから感じとれるか、ほんと微々たる日本を出すこと、そして彼の個性的でカラフルなボードのアート性を壊さないように、白のラインだけで描くことを心がけました。WAKIZASHIのすべてのシリーズに脇差と蛇を入れることにしました。蛇は神道の中での神様なので、コンセプトと結びつくかなと思いました。蛇はアメリカントラッドのタトゥーのモチーフでもよく使われるし、僕自身、蛇をよく自分の作品のモチーフで全然違った意味ですが描いていたので、描きやすいかなとも思いました。WAKIZASHIの一本目がいきなり元ワールドチャンピオンのトム・キャロル先生への板だったので、とても緊張しました。

 

ご自身のイラストがオーストラリアで販売される商品になったことに対して、いまの気持ちを聞かせてください。

 

自分の絵や作るものがお金に変わるということは、単純に人がそれらになんらかの価値を感じているということだと思うので、とても光栄でうれしいです。特に絵の場合は、デザインと違い機能性も何もなく、ビジュアル一本勝負なので、それに価値を感じてもらえるということはなかなか難しいことだと思うので。

 

そもそもデザインを始めたきっかけは?

 

子供の頃から図工とか絵を描くことは好きでした。母がガラス作家という職業で、ものを作る人がそばにずっといたこと、そして母が集めていたほかの作家さんの絵や版画、ガラスの作品などに触れる機会が小さい頃からありました。シドニーに18歳のときに留学して、大学を選ぶさい、迷わずUTSのビジュアルコミュニケーション学科を専攻しました。そこからの流れで今に来てる気がします。

 

どのようなときに、インスピレーションを覚えるのでしょうか?

 

インターネットや、SNSで常に自分的にやばいと思うアーティストやイラストレーターを随時オタクみたいにチェックして、イメージをコレクションしています。さまざまなスタイルのあるアーティストたちのイメージの中に共通した自分の好きな何かがあって、それが、線の使い方や色の選び方だったりと日々模索しながら、自分の思うかっこいいグラフィックをコレクトして、そのライブラリーからインスピレーションを探しています。あとはお酒が好きでお酒の失敗を絵にしたりなど、自分の経験もメッセージやインスピレーションになっているのは間違いないです。ちなみに今回の個展UNDULATIONの意味を簡潔に説明すると、UNDULATIONは波や感情の上下運動という意味で、自分個人のお酒でのハイな瞬間と、翌日に二日酔いで後悔して落ちている瞬間のUP&DOWNが根本のテーマとなっています。

 

最も影響を受けたデザイナーは?

 

たくさんいますが、自分のホームブレイクであるマンリーでは、ベン・ブラウンさんに影響受けました。初めてロックバンドの『ニルヴァーナ』が来豪したときにライブポスターを描いたレジェンドで、マンリーローカルということもあり、最初は憧れでした。それが今ではアドバイスを頂けたりショーに来てもらったりできるほどの、アーティストの先輩という関係になれたことはとても光栄です。あとは『I LOVE DUST』というイギリスが拠点のデザインスタジオも、デザイン業界に入った頃からのファンでした。彼らのクルーメガ・ミュンデンさんとはインスタグラムを通して、去年一緒に仕事させてもらったことが、いまでも強烈な思い出になっています。

 

ケンタロウさんのハンドライティングにはスカルのコンセプトが多い印象ですが、どのようなデザインコンセプトをお持ちでしょうか?

 

よく聞かれて、いつもちゃんと答えを返せないのですが、ただ単にかっこいいと思って描きだしたのが始まりでした。そこからベンの描くスカルを見て、ディテールと質感に圧倒されて、自分ももっとかっこいいスカルを描けたらという気持ちが高まりました。スカルはアートでもタトゥーとかでもかなりメインストリームなモチーフで、いろんな人が描いてるからこそ、自分のスカルは特徴があって自分流であれたらよいなと常々思っています。あとは3年前からHANGOVER SKULLを自身の二日酔いの経験から描いていて、あれは死ぬほど辛いというメッセージから、スカルをより描くようになりました(笑)。

 

ケンタロウさんにとって「アート」とは?

 

作るということ自体が単純に楽しいですし、人に見てもらい、かっこいいと思ってもらったり、楽しんでもらったり、なんらかの形で、人と直接話をしたりとは別の方法でイントラクトできる手段だと思います。自分が思ってるものを描けたり、空間を作れたときは最高に嬉しくて、生きてるって改めて実感させてもらえるものだと思います。 現在のお仕事内容をお聞かせください。

現在はローカルの広告代理店でデジタル・デザイナーをしています。デザインチームはそれぞれのメンバーが得意なスキルを持っていて、僕はそこでもやはりイラストやロゴデザインなどの戦力なので、最近は主にクライアントのロゴやアイコン、そしてイラストやアニメーションをチームのメンバーと共に作っています。

 

他にはどのような活動をされましたか?

 

基本的には今まで表立ったところに出る機会はなく、ずっとインスタグラムやタンブラーなどのSNSに自分の作品を投稿していました。それが去年くらいからSNSで知り合ったり、見つけたりしたシドニーベースのアーティストやデザイナーの人たちと直接会う機会があり、徐々にグループ展などに声をかけてもらえるようになってきました。今年は、『Hurley Australian Open of Surfing 2015』というサーフィンの大会でのライブペイントや、『Stupid Krap』というアートを販売している会社に声をかけてもらったり、廃材のボーリングのピンを、著名アーティストから僕のような無名アーティストまでがアートに変えるエキシビジョンに呼んでもらえたりと、特に印象に残る活動ができました。

 

今後はどのような展開をされる予定ですか?

 

アートショーの後、7月末にボンダイのサーフィンの大会でライブペイントしたり、8月はニュータウンのバーの壁にライブペイントをするイベントが決まっています。そして、ボンダイ発の『Authority clothing』というクロージングブランド/コミュニティに参加することも決まっています。サーフボードやキャンバスだけでなく、色々なサーフェスにサイズ関係なく描けるようになるのが今年の残りの予定というか課題です。

 

これからオーストラリアでローカルに混ざって頑張りたいと思っている若者に、アドバイスをお願いします。

 

あまり英語だけにとらわれず自分のキャラクターを出していけば、きっと相手との距離をぐっと縮めることができると思います。言葉以外の、たとえば音楽でも、スポーツでも、相手に伝えれるスキルや能力があればそれが武器になると思います。あとはお酒が好きなら、特にウェスタンの人と仲良くなれ、コミュニティーにも入りやすくなると思います。これは自分の経験です(笑)。

 

最後に。

 

アートショーは7月26日(日)までやっているので、ノーザンビーチに遊びに来た方や、サーファーの方にもぜひ立ち寄って、僕のペインティングと、Eye Symmetryの作るカラフルで綺麗なサーフボードを見てもらえたらと思います。

 

 

 

Eye Symmetry Presents 『UNDULATION』

場所: Eye Symmetry Art Space
162 Harbord Rd., Brookvale
Web: www.eyesymmetry.com
オープニングナイト
日時: 7月17日(金) 18:00-Till Late
アートショーは7月26日(日)まで開催




 

KENTARO YOSHIDA

UTSビジュアル・コミュニケーション学部を卒業後、本格的にグラフィック・アーティストとして活動を開始する。広告代理店で勤務する傍ら、国内最大級サーフイベント「Hurley Australian Open of Surfing 2015」でのライブペイントやボンダイで行われた国内唯一のボールスケートボードの大会「Vans Bowl-a-Rama」、シドニーの若手気鋭アーティスト/クリエイターの集まる「THE TATE GALLERY(現GOODSPACE)」、QLD発のアートキュレーションカンパニー「Stupid Krup」などへ自身の作品を出展。作品はTumblrでも閲覧でき、MONDAY MO COウェブストアで購入することができる。


Web:www.kentaroyoshida.tumblr.com
Instagram: kentaro_yoshida

 

 

 


関連記事

今回弊紙は、オーストラリアでの公開を記念して、西村義明プロデューサー、『借りぐらしのアリエッティ』や『思い出のマーニー』で知られる米林宏昌監督、そしてスタジオの国際部責任者を務めるジェフリー•ウェクスラーさんの名様のインタビューを行った。この物語に秘められた彼らの熱い思いをお届けしたい。

この記事を詳しく見る

旅行雑誌『TRUNK』でスタートした「SASARU PROJECT」の連載を皮切りに、Google AndroidのCM「一生分の写真」篇や、日本テレビ『採用!フリップNEWS』に出演を果たし、「世界一地球に刺さった男」として、ギネス世界記録申請予定のkozeeさん。昨年10月には「SASARU〜地球の刺さり方〜」の出版を終え、現在多忙を極めるkozeeさんにインタビュー!

この記事を詳しく見る

インスタグラムのフォロワーが27万5000人。FIG&VIPERのクリエイティブ・ディレクターであり、DJとしても世界各地で活動しているインフルエンサーの植野有砂さんは「ネオギャル」のパイオニア的存在だ。そんな有砂さんが8月30日にシドニーのジャパンファンデーションにて開催されたイベント『Tokyo FRUiTS』に招かれトークイベントを行った。今回弊紙では大盛況のうちに幕を閉じたトークイベントを終えたばかりの有砂さんにお話を伺った。

この記事を詳しく見る

2001年に日本テレビで放送されたリアリティ番組『マネーの虎』で〝冷徹の虎〟との異名を持っていた南原竜樹氏。彼が出資するレストランのひとつ『Tokyo Laundry(以下:東京ランドリー)』が、サーキュラキーに登場したことはすでにご存じであろうか。今回弊誌では新たなビジネス展開を見据えて来豪した南原氏にインタビューを敢行。波乱万丈な生きざまを振り返りながら、南原氏のビジネス感覚を学ぶ。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者
Content afclogo
AFCチャンピオンズリーグ2018開催!

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase