スーパー・タレント NICK HARDCASTLE | Cheers インタビュー
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • クーポン
  • 18+
  • Cheers インタビュー

    Success is not numbers, but it’s about satisfaction.

    Tシャツ、ジーンズ&ビーチサンダルというラフな格好で迎えてくれたNick Hardcastle(ニック・ハードカースル)。3月20日に発売されるデビューシングルのジャケットデザインに取り組んでいるところであった。ソロデビューが間近となったNickだが、そのうれしさオーラが体全体からあふれ出ていた。それもそのはず、今回発売されるデビューシングルとアルバムはNickが作詞、作曲、プロデュースし、約3年かかったプロジェクトなのである。

    実は彼、今まで幅広い活動をしてきたスーパー・タレントで、見覚えがある顔だな・・・と思った人も少なくはないと思う。20歳で人気ドラマHome And AwayやAll Saintsなどに出演し、一気に脚光を浴びたNick。最近ではABCチャンネルの人気子供番組Creature FeaturesやRoller coastersの司会も務め、子供やティ-ンエイジャーにも大人気。

    Nickは8 歳の頃から音楽に携ってきたらしい。「とにかく歌うのが好きだったよ」と笑顔で語る。

    音楽の道に進もうと初めから思わなかったの??

    「そうだね。10代の頃はやっぱり俳優を目指していたかな・・・。歌うことはもちろん好きで趣味としてやってきたけど、当時はそれほど自信がなかったかな」 俳優としての道が軌道にのるまで、実は有りとあらゆるカラオケ大会に出場して資金を集めていたとか。「懐かしいな・・・$3000、$5000・・・結構な額だったよ!」と昔を振り返るNick。その笑顔の裏には彼の苦労と夢を実現させたいという野望を感じた。

    歌を始めるきっかけとなったのは??

    「きっかけは 2003 年ロンドンであったライブ。出演するはずだったミュージシャンが急用で来られなくなって、たまたま居た僕が歌うことになったんだ ( 笑 ) 」

    そのライブは現地の人々に大きな反響を呼び、 Nick にも新たな夢を与えることになった。「夢はただ漠然と待っていても叶わない」と帰国後すぐに行動。
    シングル&アルバムが形になるまでの過程は容易でなかったらしい。すべて自費だったアルバム製作は完成まで資金が 2 回ほど底をついたとか・・・。
    「僕の人生はジェットコースターのようだよ」と苦笑する。「ハリウッドスターと肩を並べて遊んでいたと思ったら、バスに乗る小銭すらない日もあって・・・でも、自分のやりたいことをやっているわけだから幸せだよ」

    常に自分の夢に向かってコツコツと前進している Nick はとてもイキイキしていて、話を聞く私もすっかり魅了され、ふっと自分の夢は・・・と考えてしまった。

    「僕にとって成功とは目標を成し遂げたときの達成感で決して形や数字で表せるものではないな・・・」 と語る。
    Nick は今回の CHEERS のインタビューを楽しみに待っていてくれた。英語圏以外のメディアにピックアップされるのは初めてらしく、先月号の CHEERS を見ながら子供の様にはしゃいでくれた。
    「僕の Emotion Quotient (感性指数)は 12 歳並だからな」とユーモアに富み、リアクションが豊富で笑顔が輝く彼が子供達に大人気な理由が分かったような気がした。「昔はもっとまじめだったんだよ。歳をとるたびにEQが下がっていくのは僕だけなのかな?」とジョーク満載の愉快な回答を連発。

    でもこれだけ子供から人気があると常に子供達のお手本でなければいけないプレッシャーって感じますか?

    「プレッシャーは無いよ。だって子供達が画面を通して見ている Nick Hardcastle はそっくりそのままの自分だからね。 Its All About Fun. それでお給料がもらえるのだから僕は本当に幸せだ!」

    今回のソロデビュー、子供にも人気があるということはやはり製作過程になんらかの影響を及ぼしましたか?

    「うんそうだね。アルバムに入れる曲を選択するのに気をつかったかな。子供番組の司会をやってキャラクターができてしまったのは確か。でも彼らがいたから今の自分がいるのであって、子供達はこれからも大切にしたい」と語るその真剣なまなざしは彼の子供達に対する愛情を物語っていた。彼はプライベートでもたくさんのチャリティーイベントに参加し、 Life Eduation や Variety などの大使でもある。 Nick はそのトレードマークの笑顔と活動を通してたくさんの子供達に勇気や希望をあたえているのだ。

    「大スターではないから寄付金にもリミットがある。でも僕自身がこういう立場でチャリティー活動を広め、人々の関心を集めることができることは本当に光栄なことだと思っている。時間が許す限りこれからも活動を続けたいよ」

    今後はどのような音楽を作っていきたいですか?

    「そうだね、年齢、性別、文化等の全ての壁を乗り越えられるような音楽が書きたいかな」

    では、日本でのデビューは?

    「もちろん!今すぐにでも叶えたい夢だよ。音楽でもテレビでも!もし CHEERS のこの記事が何かのきっかけになってくれれば!!」と瞳を大きくしてうなずく Nick 。また新たな目標ができたようだ。

    ところで日本語は?

    「うーん、こんにちは、さようなら・・・うどん、とんが(か)つ ( 笑 ) 。 CHEERS のみなさん、僕に日本語を教えて下さい」

    最後に、今までたくさんの試練を乗り越えてきたと思いますが、現在同じような立場にいる人達やちょっと行き詰まりを感じている方達にメッセ-ジをお願いします。

    「人生を歩む中、誰でも一回は壁にぶち当たると思う。そんな時に一番大切なのは自分の目標を明確にしてポジティブ思考にリセットすることだと思う。そして自分を信じ愛すること。そしてもちろんスマイル!」

    そんなスマイルがとても印象的なNick Hardcastle。これからの活動が期待できます。みなさんも彼に暖かい声援を送ってあげて下さいね。

    official website

    http://www.nickhardcastle.com/

    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • スーツケース、ダンボールお預かりします。1日1ドル+GST~
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ