AFLのスーパールーキー ショーン・ヨシウラ | Cheers インタビュー
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • 娯楽記事
  • 18+
  • Cheers インタビュー

    サッカーのようにフィールドを走り回り、ラグビー同様にタックルをし、バレーボール選手のように宙を舞い、バスケットボールのようにドリブル――― スピードやスキルはさることながら、持久力を要するスポーツ、オーストラリアンフットボール。AFL(プロリーグ)の決勝戦には10万人もの観衆が集まるという、国内で最も人気のあるスポーツで、今ひとりの日本人選手が注目を集めている。彼の名はショーン・ヨシウラ。若干18歳にしてAFL、ブリスベン・ライオンズのドラフト入りを果たした期待の新星だ。甘いマスクからはうかがえない、“フッティー”に対する真剣なまなざしを持つ彼に心境を聞いた。

    Firstly, congratulations for making the Brisbane Lions rookie draft. What was your initial reaction?
    ブリスベン・ライオンズのルーキードラフト入り、おめでとうございます。まずは報告を受けたときのお気持ちから教えていただけますか?

    Thank you very much. I was really excited and very relieved! However, I had a Biochemistry exam that evening for University, so I had to try and settle down. It was my hardest one for the semester, but I managed to focus on the exam, knowing that I could concentrate on my footy after all of my commitments with Uni were completed.
    ありがとうございます。とても興奮したと同時に、ホッとしました。でもその夜には大学で生化学の試験があったので、気持ちを落ち着かせないといけませんでした。そのセミスターで最も難しい試験だったのですが、大学の試験が終わればフッティーに専念できると考え、なんとか集中することができました。

    You've been a long fan of the Brisbane Lions. Did you always dream to play in this team?
    昔からブリスベン・ライオンズのファンだったとうかがいましたが、ライオンズでプレーすることは以前からの夢でしたか?

    I've been a Lions fan since I was 9. To be fortunate enough to get into a team I dreamt of playing in, was quite unbelievable. It really was dreams come true. To this day, I still pinch myself when I'm training alongside teammates who I looked up to as heroes - and still do.
    9歳の頃からライオンズのファンでした。プレーすることを夢見ていたチームに幸運にも入れたことは今でも信じられません。まるで夢のようです。僕にとって'ヒーロー'であるチームメイトと肩を並べて練習していると、今でも夢じゃないかって自分のことをつねってしまうくらいです(笑)。

    9歳のヨシウラ選手。フットボールキャンプにて、当時のライオンズ選手、マイケル・ボス(左)、ジャスティン・レピッチ(現ライオンズコーチ)と。

    How is training with the Lions so far? Have you settled into the team?
    ライオンズのトレーニングはどうですか? チームには慣れましたか?

    Training has been very tough. We've been heavily involved with weights, skills, conditioning and pilates. Having said that, I believe I've settled into the team. Everyone at the club is fantastic and always there for support and advice, especially the senior players like Jonathon Brown, Luke Power and Simon Black. This makes it so much easier to settle into a new environment.

     

    トレーニングは主にウェイトトレーニングやスキル、コンディショニング運動、そしてピラティスですが、かなりきついです。一方でチームには慣れたと思います。クラブの皆、特にジョナサン・ブラウンやルーク・パワー、サイモン・ブラックなどのシニア選手はとても素晴らしく、常にサポート、そしてアドバイスをしてくれます。ですので新しい環境にも簡単に慣れることができました。

    What number will you be wearing?
    背番号は何番ですか?

    I will be wearing 45. Although I didn't get to choose it , I hope it will be a lucky number for me this year!
    45番です。自分で決めた番号ではありませんが、45番がラッキーナンバーであることを願っています。

    What is your ambition for the season?
    今シーズンの抱負を教えてください。

    This year I want to be able to play every reserves game and become stronger, fitter and more skilled, so that I can get another contract for next year and beyond, and eventually be able to play senior games.
    今年の目標はすべてのリザーブゲームに出場し、体力と技術を強化し、来年、そしてそれ以降も契約を継続することです。最終的にはシニアゲーム(一軍)でプレーできるようになりたいです。

    How will you be juggling study, AFL and social/private life?
    学問、AFL、そして私生活をどうやりくりしていく予定でしょうか?

    One very important thing I've learnt from my experience at school is to find a balance between my sporting, academic and social life. That means good time management skills and also prioritizing my commitments to get the best out of every aspect in my life.
    これまでの学生生活から、スポーツ、学問、そして私生活の最適なバランスを取ることが最も重要であるということを学びました。人生のあらゆる面で、最高の自分を引き出すためには、時間管理や物事に優先順位を付けて管理する能力が必要だと思います。

    Your goals in life were to complete a master's degree in university and to be the first Japanese player to take on the competition in AFL. Now that your dream is almost complete at 18, what is your next set of goals in life?
    大学で修士号を取得すること、そして初の日本人としてAFLに出場することがショーンさんの夢とうかがいました。若干18歳にして夢はほぼ叶ってしまいましたが、今後の目標を教えていただけますか?

    Initially I want to be able to play in the AFL, as well as finishing my bachelor of sports science and masters in high performance. Hopefully, with these achievements, I can be a role model and encourage more kids to play AFL or any sport. And one day, I hope to promote AFL in Japan!
    まずはAFLに出場し、スポーツサイエンス学士、そしてハイパフォーマンス修士号を取得することです。これらを成し遂げることで、多くの子供にとって良きお手本となり、AFLやその他スポーツをすることを奨励できたらいいですね。そしていつの日か、日本でAFLを振興することができたらと思っています。

    It's not easy to excel at both academic and sports. Have you always been a focused, goal-oriented person? Is this something your parents taught you as a child?
    学問とスポーツの両方で秀でるのは容易ではないと思います。ショーンさんが集中的で明確な目的をお持ちでいられるのはご両親の教えですか?

    The reason we came to Australia was so that we could have opportunities to pursue anything we wanted in life. I was told from a young age to make the most of opportunities whether it is in an exam or out on the footy field. This was what made me determined to be focused and have the drive to be my best. My mother always told me that regardless of whether I do excel in sports, I needed something to fall back on, so academics were always important.
    僕たちがオーストラリアに来た理由、それは、ここには人生において様々なチャンスがあり、好きなことを追求できるからです。両親からは幼いころから、試験であれ、フットボールフィールド上であれ、チャンスを最大限に生かすよう教わりました。また母からはスポーツの道に進むのだとしても、学問を身につけておくのは大切だと常に言われていました。

    You're quite an athlete, finishing 33rd in the 2008 world schoolboy cross-country championships. What other sports did you do as a child?
    ショーンさんは高校生の世界クロスカントリー大会において33位になるなど、アスリートとして多才なように思えますが、子供の頃はその他にどのようなスポーツをされていましたか?

    I did kendo in Japan and for a short while in Brisbane. Since moving to Brisbane I've been involved in competitive Swimming and Athletics, along with Tennis, Basketball, Cricket and Soccer for primary and secondary school competitions.
    日本で、そして短期間ブリスベンでも剣道をやっていました。ブリスベンに移住後は競泳や陸上をする傍ら、小中学校のコンペでテニス、バスケットボール、クリケット、サッカーなどもしていました。

    ヨシウラ選手(当時10歳)。弟ケイン君(左)、妹カイリーちゃん(右)

    Did you ever think of going for
    long distance running, rather than AFL?

    AFLではなく、長距離走の世界へ行くことを考えたことはありますか?

     

    Yes I did. In 2007, there was a time I focused on running a lot more, due to a broken collarbone whilst playing football. That year was very successful for me in terms of long distance running. However, when I started playing footy again, I realized how much I missed it and remembering that 9 year old child wanting to play footy made me get back into AFL. This doesn't mean I'll stop running though. I'll always be involved in it some way whether it be coaching, which I did last year with my old school, or pursuing to be the fittest and fastest player in the AFL.
    はい。2007年、フットボールの試合中に鎖骨を骨折し、走ることに集中した時期があったのですが、その年は長距離走でとても成功した年でした。しかし、フットボールに復帰したとき、初めてその恋しさに気付き、フッティーに憧れた9歳の頃の自分を思い出すとすぐAFLに戻ることができました。でもだからといって走ることをやめたのではありません。AFLで最も速く、体力のある選手を目指すためのトレーニングであれ、去年やっていた母校の長距離走のコーチであれ、なんらかの形でかかわっていくつもりでいます。

    Which footy player (or other athletes) do you look up to / are you influenced by?
    ショーンさんが影響を受けた、または尊敬するフッティー選手・その他スポーツ選手を教えてください。

    I have always looked up to Simon Black, Jonathan Brown, James Hird and Nigel Lappin. They have a great work ethic and are always humble and very team orientated. I also strongly admire athletes like Roger Federer, Lance Armstrong, Michael Phelps, Hicham El Guerrouj and Ichiro Suzuki - all top athletes in their selected sporting fields.
    サイモン・ブラック、ジョナサン・ブラン(いずれもチームメイト)、ナイジェル・ラッピン(引退したブリスベン・ライオンズ選手)、ジェームス・ハード(引退したAFL選手、現役時代はエッセンドンのキャプテン)は常に尊敬の的です。彼らは皆、トレーニングやプレイに真剣であると同時に、とても謙虚でチームを大事にするんです。その他にもロジャー・フェデラー(男子プロテニス)、ランス・アームストロング(自転車プロ・ロードレース)、マイケル・フェルプス(男子競泳)、ヒシャム・エルゲルージ(陸上・中距離走)、鈴木イチロー(プロ野球)などの各界のトップアスリートには憧れますね。

    How do you keep fit? Do you also train in your own time?
    体力はどう維持していますか? 自主トレなどもされているのですか?

    The training program we have is quite heavy. We train 6 times a week, consisting of skills, aerobic and anaerobic conditioning, weights and pilates. So it's very hard to train in my own time, which is mainly used to rest and recover from training sessions. With regards to food, I eat a lot of rice. There's always rice in the rice-cooker at home! My other secret is having lots of Japanese massages! My father is a trained shiatsu and acupuncture therapist and our family runs Temomin in Australia. So I've been lucky enough to get massages whenever I need them.
    トレーンングのプログラムは週6日で、スキルトレーニング、有酸素性、および無酸素性トレーニング、ウェイトトレーニング、そしてピラティスと、かなり厳しい内容なので、自主トレよりも、疲労回復やリラックスに時間を使っています。食生活のことを挙げれば、大量の米を食べます。自宅の炊飯器には常に暖かいごはんが入っているんです! あともうひとつの秘密は日本式のマッサージ。父は指圧と鍼治療の資格を持っていて、オーストラリアで「Temomin」というマッサージ/ナチュラルセラピー店を営んでいます。必要なときにマッサージを受けられるというとても恵まれた環境です。

    Were there any language barriers for you, when you first moved to Australia?
    オーストラリアに初めて移住されたころは言葉の壁などありましたか?

    I actually couldn't speak a single word of English when I first moved to Australia half way through my first year of Japanese primary school! I did external English courses along side with schoolwork to improve my English. I was very fortunate to have my mum who could speak and understand both Japanese and English.
    小学校1年生の途中で来豪したのですが、実は当時は英語を一言も話すことができなかったんです! 英語を上達させるため、学校の勉強と並行して課外授業で英語のクラスにも通っていました。母が日本語も英語も話せたのがラッキーでしたね。

    Moving from a soccer-mad country, what was it that attracted you to AFL in the first place?
    サッカーが人気である日本からやってきて、なぜAFLに惹かれることに?

    I was flicking around the channels on TV and saw a sport I'd never seen before. A few days later, I came across an AFL oval and I decided I wanted to try AFL and see what it was like. I did a bit of AFL auskick at school and enjoyed that along with playing club footy.
    テレビのチャンネルを切り替えていたときに、今まで見たことのないスポーツを目にしたんです。その数日後、AFL場を通りかかり、このスポーツをやってみたいと思ったのが始まりです。クラブ・フッティーと並行して学校ではAFLオズキックにも参加していました。

    What language do you speak mainly at home?
    ご自宅では主にどの言語で話されますか?

    We speak predominantly English at home, however, we speak Japanese when we talk to my dad. Fortunately mum is a translator, so we can all speak Japanese as well. My mum strongly emphasized the need for us to maintain our Japanese so we can continue to speak with relatives back in Japan. However, as we live in Australia, unfortunately my English is much better than my Japanese now.
    主に英語ですが、父と話すときは日本語です。幸いにも母は翻訳家なので、皆日本語も話せます。日本の親戚との会話に不自由しないためにも、日本語を維持する重要性を母から強調されてきました。しかし、オーストラリアに住んでいる今は、残念なことに日本語よりも英語の方が得意ですね。

    Finally, there are many Japanese who dream to make it to a pro-league in Australia. A message to those athletes and our general readers please?
    最後に、オーストラリアのプロリーグを夢見るスポーツマンを含む、読者の方にメッセージをお願いします。

    If you have a dream, believe in it regardless of what anyone tells you. If you want to pursue that dream, courage, perseverance, determination and the willingness to improve will help you get close to that dream. There may be setbacks and many challenges along the way, but if you can keep on persisting and never give up, dreams are never impossible and can come true. Most of all, enjoy whatever sport you are in to because, after all, that's why we play. There's a good quote from a movie called Peaceful Warrior, "The Journey is what brings us happiness, not the destination."
    夢があるならば、誰が何を言おうとも、まずは自分を信じてください。勇気、忍耐、決意、そして上達しようという思いがあればその夢に近づくことはできます。途中、様々な挫折やチャレンジがあるかもしれませんが、貫き通し、ギブアップしない限り夢は実現します。そして一番大切なのは、どのスポーツをするにせよ、楽しむことです。そのために僕たちはプレーするのですから。映画『ピースフル・ウォリヤー』に素晴らしいフレーズがあります。「目的地ではなく、そこにたどり着く旅が幸せをもたらす」と。

    ショーン・ヨシウラ(吉浦 翔)
    1991年8月6日生まれ(18歳)。188センチ、76キロ。東京生まれ。日本人の父、オーストラリア人の母のもと長男として生まれる。7歳でオーストラリア・ブリスベンに移住。9歳からAFLを始め、14歳より様々な代表チームで活躍する傍ら、長距離走でも才能を発揮。2008年、高校生の世界クロスカントリー大会において33位になる。高校時代はスポーツに加え、勉強でも優秀な成績を収め、イプスウィッチ・グラマー・スクールのスクールキャプテンも務める。2009年、ボンド大学・スポーツ科学の奨学金を取得。同年AFLブリスベン・ライオンズのルーキードラフトに初の日本人として指名される。ポジションはウィングマン(ウィングの選手)&ミッドフィルダー(タッガー)。


     

    CHEERS 2010年03月号掲載

    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ