オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


謎の覆面ダンサー、豪州上陸

31/07/2010


2000年代、ストリートダンスを武器に社会現象と呼べるほどの熱を生み出した張本人、"ひとりでできるもん"。クラブミュージックの流れるフロアを笑いでいっぱいにしてしまう奇異な習性。それは感情を表さないこの覆面ダンサーの溢れる個性だ。その摩訶不思議なキャラクターはどのようにして生まれ得たのか? 無機質な仮面の奥には何よりも人の笑顔を欲する、生身の人間の表情があった。

 

来豪講演は2007年にも行われていますが、オーストラリアにはどのような印象を持たれていますか?

僕は英語がまったく喋れないのでオーストラリアの人たちとはあまり話していないのですが、傍から見ていてすごいパワフルだなという気がしますね。街を歩いていても日本では考えられないようなことが起きていたりしますし。英語が喋れたらもっと楽しいんだろうなぁと感じます。

これまでオーストラリア以外でも海外での公演をされていますが、海外でショーをする場合の難しさはどういったところですか?

 単純に日本語が通じないのが大変ですね。僕の場合、普通に踊るっていうよりはネタで楽しませるタイプなので、例えばアントニオ猪木の「なんだ、このやろう!」みたいなセリフが全然通じなかったり、あとは〝リングの貞子〟自体を知らなかったり、そうなってくるとかなりきついですね(苦笑)。

海外の方からすると〝ポカーン〟ですよね?

そうそう、まさにポカーン状態です(笑)。2009年にロシアのモスクワでイベントをやったときは、できるだけ日本語を使わなくてもよい内容にしてステージを行いました。

海外仕様のネタで挑んだと?

海外仕様というか、単にネタのない変なマスクを被った人がクネクネしてるだけというか(苦笑)。

現在〝ルミネtheよしもと〟に定期的に出演されているとのことですが、どういったショーをやられているのですか?

芸人とダンサーが組んだ〝ダンサブルコント〟というものをやっています。〝ダンスを使って笑わそう〟というコンセプトで、吉本芸人のチーモンチョーチュウやデッカチャンと一緒にステージを行っています。普段コントをやる機会はないのでとても勉強になります。

NHKの某子供向け料理番組を連想させる、〝ひとりでできるもん〟というお名前ですが、ネーミングの由来を教えていただけますか?

そこは完全にパクリました(笑)。2002年に僕の所属していた3人組のダンスチームがなくなってしまい、それと同時に僕もダンスをやめようと思ったんですけど、あるオーガナイザーが僕に「(イベントに)ひとりで出なよ」と言ってきたんです。一度は断ったんですけど、「ダンスをやめてもいいから、最後に俺のイベントでひとりで踊ってくれ」と説得され、押しに負けて、じゃあ最後に一度だけひとりでやろうということになったんです。その後、フライヤーに載せる名前はどうする?ってなったときに、本名は恥ずかしいから、「『ひとりでできるもん』でいいよ」ってその場の思いつきで何となく答えて。そしたらひとりでやったショーに予想以上の反響があって、ダンスもやめられなくなったんです。

やめられなくなったというのは?

ステージが終わってから5人くらいのオーガナイザーが僕のところに来て、「よかったよ」「うちにも出てよ」と言ってくれたんですよ。やめるつもりだったけど、それがすごく嬉しくて、とりあえず呼ばれるところにポンポン出演しているうちにひとりでやるステージが楽しくて癖になっていったというわけです。

ダンスを始めることになったきっかけを教えていただけますか?

中学3年のころにある友達が「ヒップホップやろうよ!」って言い出して、〝ヒップホップってなんだ?〟って調べてみたら、ラップ、DJ、グラフィティ・アート、そしてダンスという4つの要素からできていることがわかったんです。それでひとり一人に担当を振り分けていったら、たまたま僕がダンス担当ということになって。それが始まりですね。

どうしてもダンスがやりたくて始めたということではなかったと?

いや、もう全然。たまたま分担がそうなっただけのことです。それから週1回のレッスンに通うようになって、その後ストリートダンスとの出会いなどがあってのめり込んでいきました。

〝シャイで人見知り〟という印象があるのですが、何が〝ひとりでできるもん〟さんをパフォーマーという職業に向かわせたのでしょうか?

もともと人を喜ばせるのが好きで、人を笑顔にするのが好きなんです。指摘されたように本当にシャイで人見知りでもう全然だめなんですけど、仮面をつけてパフォーマンスをするようになってからスイッチが入るようになったんです。自分がテレビに出演してパフォーマンスしているのを見たときに「誰だ、この人?」って思うくらい違う人格の自分がそこにいたんですよね。〝仮面のスイッチ〟のおかげですね。

〝ひとりでできるもん〟さんには、〝りょへクルー面会〟という名のファンクラブが存在し、1500名以上の会員数を誇っています。ファンの方々が与えてくれるものとはどういったものですか?

〝勇気〟ですね。僕は性格的に落ち込むことも多くて、これまで何度ダンスをやめようと思ったかわからないんですけど、そんなときにブログとかに書き込みをするとファンの方が励ましてくれて。それによって「こんなに好きでいてくれるんなら、僕と知り合いだってことを周囲に自慢できるくらい僕が大きくならないといけない」という風に感じて、また前向きに頑張れるんです。

全国ネットで放送されていたストリートダンス番組「少年チャンプル」で2004年に華々しいデビューを飾られていますが、出演までの経緯はどういったものだったのでしょうか?

僕より先にチャンプルからオファーをもらっていたダンサーと都内のイベントで共演したときにテレビクルーが撮影に来ていて、その人たちが「君、面白いね。テレビに出てみない?」と声をかけてくれたんですよ。それでもう「出ます! 出ます!」と即答させてもらいました。

人気テレビ番組での露出は、当時の〝ひとりでできるもん〟さんが置かれていた状況を変えることになりましたか?

はい。サラリーマンを辞めて、ダンス一本で生活するようになったりと状況は大きく変わりました。

サラリーマンというのはどのようなお仕事をされていたのですか?

インターネット契約会社の切り替えをお勧めする電話営業です。チャンプルに出演することになって辞めるまで1年くらい務めていました。

サラリーマンを辞めてプロのダンサーになろうと決めたときの心境は今でも覚えていらっしゃいますか?

僕の場合は成り行きでテレビに出るようになったんですけど、番組を観た視聴者から「感動した」とか「ダンスがこんなに楽しいものだと思わなかった」といった声が届くようになって、軽い気持ちでやっていたのが申し訳なく感じるようになったんです。ダンサーでは食べられるわけがないと考えてサラリーマンをやっていたんですが、そういった応援してくれる方の声を聞くようになって、こんな僕でも必要としてくれるのならそこに行って踊ろうと、そして人気がなくなって呼ばれなくなったらまたサラリーマンに戻ろうと決めました。それが今でも続いているという状況です。

「少年チャンプル」、またそれに続いた「スーパーチャンプル」によって、日本のストリートダンス・シーンに変化が起きたと思いますか?

すごくあったと思います。昔は高校生だったり、〝不良の遊び〟というイメージだったのが、あの番組によってキッズの間でダンスが盛んになりました。大人よりも子供のほうが夢中になるほどダンスを浸透させたという意味では、社会現象だったと思います。

少年チャンプルでのデビュー当時から約5年の歳月が過ぎていますが、ご自身の変化した部分、成長した部分はどういったところでしょうか?

色んな方に会う機会が多いですし、また、様々な経験をさせてもらえているのは自分にとって大きいと思います。それによって考え方が変わることもあります。今回のように海外でショーをさせて頂けるのもそうですし、貴重な体験を積むことで色々と勉強させてもらっています。

現在26歳ということで、20代後半になっている〝ひとりでできるもん〟さんの目標や夢はどういったものでしょうか?

夢とかではないんですけど、ただひたすらもうやれるだけやり続けて、どうなるかっていう部分を大事にしています。やれるところまでやろうっていう気持ちでいます。

現在、オーストラリアに滞在されている若い日本人の方には、今後の人生というものがしっかりとは見えていないケースも少なくないと思います。不安定な時期をくぐり抜けるために大事なこと、また、夢を掴み取るために大事なことは何だと思いますか?

不安定な身という意味では僕も同じです。保障とかがあるわけじゃないですし。僕の場合はやりたいことをやっていて運良く拾われたわけですけど、同じことを継続してやっているとそれなりにチャンスも回ってきたり、それがまた大きな夢に繋がったりということもあると思うので、まず何かひとつ続けてみることが大事じゃないかなと思います。辛いときにこらえるっていう部分では、やはり〝仲間〟が一番大切なんじゃないでしょうか。仲間に自分の気持ちを話すこと、そして励まされたりしながら頑張っていってほしいと思います。

ひとりでできるもん
1983年9月生まれ、沖縄県出身。3人組ダンスユニット、ソロでの活動を経て、2004年に日本テレビ系のストリートダンス番組「少年チャンプル」でテレビデビュー。同番組で13週連続1位となり、全国区の知名度を誇るダンサーとなる。現在、イベントや映像作品でのダンサー、ダンス講師、振付師、舞台など、多分野で活躍している。公式ブログ:http://ameblo.jp/ryoheing http://ameblo.jp/ryoheing


 

CHEERS 2010年08月号掲載


関連記事

今回弊紙は、オーストラリアでの公開を記念して、西村義明プロデューサー、『借りぐらしのアリエッティ』や『思い出のマーニー』で知られる米林宏昌監督、そしてスタジオの国際部責任者を務めるジェフリー•ウェクスラーさんの名様のインタビューを行った。この物語に秘められた彼らの熱い思いをお届けしたい。

この記事を詳しく見る

旅行雑誌『TRUNK』でスタートした「SASARU PROJECT」の連載を皮切りに、Google AndroidのCM「一生分の写真」篇や、日本テレビ『採用!フリップNEWS』に出演を果たし、「世界一地球に刺さった男」として、ギネス世界記録申請予定のkozeeさん。昨年10月には「SASARU〜地球の刺さり方〜」の出版を終え、現在多忙を極めるkozeeさんにインタビュー!

この記事を詳しく見る

インスタグラムのフォロワーが27万5000人。FIG&VIPERのクリエイティブ・ディレクターであり、DJとしても世界各地で活動しているインフルエンサーの植野有砂さんは「ネオギャル」のパイオニア的存在だ。そんな有砂さんが8月30日にシドニーのジャパンファンデーションにて開催されたイベント『Tokyo FRUiTS』に招かれトークイベントを行った。今回弊紙では大盛況のうちに幕を閉じたトークイベントを終えたばかりの有砂さんにお話を伺った。

この記事を詳しく見る

2001年に日本テレビで放送されたリアリティ番組『マネーの虎』で〝冷徹の虎〟との異名を持っていた南原竜樹氏。彼が出資するレストランのひとつ『Tokyo Laundry(以下:東京ランドリー)』が、サーキュラキーに登場したことはすでにご存じであろうか。今回弊誌では新たなビジネス展開を見据えて来豪した南原氏にインタビューを敢行。波乱万丈な生きざまを振り返りながら、南原氏のビジネス感覚を学ぶ。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者
Content afclogo
AFCチャンピオンズリーグ2018開催!

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase