オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


世界ランキング No.1のDJが来豪!

24/12/2009


世界ランキング No.1のDJが来豪! interview with Armin Van Buuren

Armin Van Buuren

イギリスのクラブマガジン『DJ Mag誌』が毎年発表している人気投票ランキングで、2007年、2008年と2年連続でNo.1の座に輝いた、アーミン・バン・ブーレン。クラバーだったらもちろん、そうでない人も彼の名前を聞いたことがあるはず。世界中のビックイベントでヘッドライナーを務め、近年では超アリーナ級ソロイベント「Armin Only」ツアーを成功させるなど、快進撃を続けているアーミンだが、日本ではツアーはもとより、アーティスト浜崎あゆみなどにもリミックスを提供するなど、日本との繋がりも深い。そんな今もっとも熱いDJのひとり、アーミンが6月、最新アルバム『A State of Trance 2009』をひっさげて来豪する。それに先駆け、チアーズ編集部は遥かオランダへとインタビューを依頼した。

Q. Thank you for taking the time to take on this interview during your tour. Where are you at the moment? インタビューのお時間をいただきましてありがとうございます。今はどこからですか?

A. At this moment I am actually home! I played in Glasgow and Blackpool last weekend, and right now I am home working on my new mix compilation "A State of Trance 2009"due to be released in Australia on the 6th June. 今現在は自宅だよ!先週末はグラスゴー(スコットランド)とブラックプール(イギリス)でプレーしてきたんだけど、今は自宅に戻り、新しいミックス・コンピレーション『A State of Trance 2009』(オーストラリアでは6月6日にリリース)に取りかかっているよ。

Q. You have been voted No.1 DJ in 2007 & 2008 by DJ Mag. Congratulations! What is it like to be voted number one by over 35,000 fans across the globe? Are there any pressures to maintain the same position this year? アーミンさんは『DJ Mag誌』により、2007年、2008年とNo.1に選ばれました。おめでとうございます!3万5000人を超える世界中のファンからNo.1の投票を得たことをどう思われますか?今年もこのポジションをキープすることにプレッシャーなどを感られていますか?

A. Thank you! To be honest, it was quite a surprise to me to obtain the first spot in the DJ Mag TOP 100! I think it is a big honor to be chosen number one on this poll, because the fans decide who takes the crown. There really is no pressure in maintaining this position, I just keep on doing what I am doing, loving the music and sharing my passion with everyone that likes to share it with me. ありがとう!正直に言うと、DJ Mag TOP 100のNo.1に選ばれるなんて、思ってもいなかったんだ!トップに選ばれるなんてとても光栄だよ、だってファンによる投票だからね。プレッシャーは特にないよ。僕はこれまでやってきたことをただ続けるだけ。音楽を愛し、この情熱を分かち合ってくれる仲間に伝えていきたい。

Q. How has your career and lifestyle change after been hailed as No.1 DJ? No.1の支持を得てから、キャリアやライフスタイルはどう変化しましたか?

A. To be honest it hasn't changed that much! I had quite a busy life before I was voted number one! Though I must admit, there is a broader crowd coming to my gigs now, because they would like to see "The number one DJ of the World" instead of just going out to party. 正直、あまり変わってないんだ。だってその前から多忙な生活を送っていたから。でも、もっと幅広い層のクラウドが僕のギグに来てくれるようになったよ。ただパーティへ行くのではなく、“No.1 DJ"を観に行くという意味でね(笑)。

Q. It's hard to imagine what an internationally acclaimed DJ's lifestyle is like! What is your daily routine like? 世界で高い評価を得ているDJのライフスタイルを想像するのは難しいのですが、アーミンさんの日課はどういったものですか?

A. If I'm not touring I wake up around 8 in the morning, grab a cup of coffee and go through my email, listen to new tracks and then start with either my radio show (A State of Trance) or working on a track. My daily routine has been disturbed quite a bit lately because my girlfriend and I are getting married. I didn't know that a wedding takes so much time! ツアー中でなければ、朝8時に起きて、コーヒーを淹れ、メールをチェックし、最新のトラックを聴き、僕のラジオ番組(A State of Trance)またはトラックに取り掛かる。でもガールフレンドと婚約してからは、このルーチンが狂ってしまったよ。結婚式の準備がここまで時間を要するとは知らなかった(笑)!

Q. You began your own label, Armada back in 2003 as a result of your desire to showcase more of the great talents you hear. Do you hand pick the artist you wish to work with for your label? 2003年には才能あるアーティストをもっと世に送りたいという思いから、自身のレーベルArmadaを立ち上げられましたが、Armadaでリリースされるアーティストは皆アーミンさんによって選ばれるのですか?

A. I do work really close with the A&R department of Armada, since I get in a lot of tracks by myself. It is great to help out talented guys and to see now that they feel at home at Armada Music. ArmadaのA&R(新人スカウト部)とは密接にやりとりをしているよ。僕自身のところにもたくさんのテープが送られてくるからね。才能あるアーティストのお手伝いをできること、彼らがArmadaを居心地良く感じてくれることに喜びを感じるよ。

Q. Anyone in particular that has taken your attention, that we should look out for? アーミンさんの目を止めた、これから注目すべきアーティストはいますか?

A. There are many young guys making big tracks at the moment! I love the work of guys like Gareth Emery, Arnej, Orjan Nilsen and Robert Nickson. 今多くのアーティストがビッグヒットになりえるトラックを創っているよ。Gareth EmeryやArnej、Orjan Nilsen、Robert Nicksonが創る音は特に好きだね!

Q. You graduated from a law degree just in case DJ-ing didn't work out. Will you ever leave your DJ-ing career to be a lawyer? DJとしての道が切り開けなかったときのため、法律学位を卒業されていますが、将来、DJ業を辞めて、弁護士として働くことはありますか?

A. One thing is for sure, I will never stop DJ-ing! I just love it too much. I might be stepping down a bit in the future, but leaving that all behind, no way! I think, in the future, I would like to be more involved in the A&R way of music, helping out talents, giving them that extra push that they need. ひとつ確信して言えるのが、DJ業は絶対に辞めないってこと!この仕事を心から愛しているからね!将来スローダウンすることはあるかもしれないけど、この業界を去ることは絶対にないし、考えられないよ!将来は音楽界のA&Rにもっと関わり、多くの才能あるアーティストを後押ししてあげられるような存在になりたいと思っている。

Q. Why Law? It must be one of the most difficult and time-consuming degree of all! And most of all, Law and DJ-ing is such a contrasting career? なぜ法律学なんですか? 最も難しく、時間を要する学位だと思うのですが…?それに、DJと法律学ってあまりにも対照的なキャリアのようにも思えます。

A. You would be surprised how much law is actually integrated in music. Especially the copyrights part. Every time you hear music on the radio there is copyright involved, so it is quite interesting to know the bits and bops on that! 音楽と法律が実は深く結合していることを知ったら、きっと驚くと思うよ。特に著作権に関してはね。ラジオで音楽が流れる度に著作権は関わってくるから、その知識があるととても興味深いよ。

Q. There are many people out there who dream to earn their living out of DJ-ing. Is having a backup plan like you recommended? 多くのDJがDJを本業としてやっていくことを夢見ていますが、アーミンさんのようにバックアッププランを持っておくべきだと思いますか?

A. Absolutely! it is very hard to earn a life out of music when you start out. I finished my school before I really focused on music. My manager actually forced me to finish everything before putting me on several events haha. もちろんさ!音楽だけで食べて行くのは、初めはとても難しい。僕も音楽に集中する前に大学を卒業したよ。っていうか、マネージャーに全ての勉強を終えるようにと強制されたんだけどね…。終えるまでイベントのブッキングを入れてくれないなんてこともあったんだ(笑)!

Q. Your brother Eller is a well known guitarist. What was it like growing up with him? 弟さんであるエラーさんは、著名なギターリストですが、子供の頃はどういった感じでしたか?

A. We collided sometimes when we were younger, because he was more into rock while I was listening to club and trance music. But now that we're a bit older, he helps out a lot in the studio, playing in riffs and bass lines with his guitar. 僕がクラブミュージックやトランスを聴く中、エラーはロックにはまっていたから、若いころはよくぶつかりあっていたよ。でも大人になってから、彼はスタジオでもよく手伝ってくれる。リフやベースをギターでプレーしてくれるんだ。

Q. Please tell me about your weekly 2hr radio show 'A State of Trance '. 自身のウィークリーラジオ番組、'A State of Trance'について教えてください。

A. 'A State of Trance' is all about the latest in trance and progressive. Most of the first plays are on my radio show. The playlists of my show and the club is quite different, because some tracks are perfect for in a radio show, but they might not work so well in the club. 'A State of Trance'はトランスやプログレシブの最新の音を配信しているんだ。多くはこの番組で初めて流される。僕がラジオで流す音とクラブで流すものはかなり違うんだ。ラジオ向けの音がクラブでは受け入れられないこともあるからね。(オフィシャルHPよりASOTポッドキャスト配信中!)

Q. You have remixed Japanese pop artist, ayumi hamasaki's single 'appears'. How was remixing Japanese pop song? 過去に日本のポップアーティスト、浜崎あゆみのシングル『appears』をリミックスされていますが、Jポップのリミックスの経験はいかがでしたか?

A. It was great! The funny thing about this track was that I had no idea what the vocals meant, so you can not cut in to the vocals too much, otherwise it might sound really weird to Japanese people! 楽しかったよ!ただ、歌詞に関しては見当がつかなかったから、あまりボーカルをカットできなかった…。日本人には奇妙に聴こえるかもしれないからね!

Q. You have headlined few times at a Japanese club house ageHa, how is playing in Japan as opposed to Europe? 日本のクラブハウス、ageHaでも何度かヘッドライナーを務められていますが、日本でプレーするのはヨーロッパと比べてどうですか?

A. It is a world apart! The whole clubbing experience is different in Asia. But in the end everybody comes to one of my gigs because they love trance music! 世界がまったく違うよ!これはアジア全体のクラブシーンで言えるかな。でも最終的には皆、トランスの音楽が好きだからギグに来てくれるんだよね!

Q. You have travelled downunder on numerous occasions. How do you like Australia? And what can we expect in your tour in June? アーミンさんは何度も来豪されていますが、オーストラリアはどうですか?また6月のオーストラリア公演では何が期待できますか?

A. I love Australia a lot, and it wouldn't surprise me if I end up living there one day! Trance is really growing downunder, and every time I'm over, there are more trance lovers and the people are really enjoying the music. What to expect from my sets? I will be testing out quite a few tracks that I am using for my forthcoming CD compilation A State of Trance 2009! オーストラリアは将来住んでみてもいいと思うくらい大好きさ!トランスのシーンはオーストラリアでどんどん浸透していっていると思うよ。来豪する度に思うんだけど、トランスフリークやトランスの音を楽しんでくれる人は増えたと思う。僕のツアーで何が期待できるかって?この度新しくリリースされるCDコンピレーション『A State of Trance 2009』の中からいくつかのトラックを試してみようと思っているよ!

Q. What do you think is your secret to success? アーミンさんの成功の秘訣を教えてください。

A. Passion! As long as you do what you love to do, and do it for the right reasons, people will notice that. パッション、情熱だね! 自分が心からやりたいことを、本気でやっていれば、きっと周囲が気づいてくれると思うよ!

Q. Finally, what does music mean to you? 最後に、アーミンさんにとって音楽とはなんですか?

A. Everything! My whole life is basically built around music! 全てだよ!僕の人生そのものが音楽を中心に築かれているからね!

Armin Van Buuren
オランダ・ライデン出身。1976年12月25日生まれ。10歳のときに母親が賞品であるコンピュータを家に持ち帰ったことをきっかけに、プログラミングや音楽制作に興味を持つ。高校卒業後はDJとしてアルバイトをする傍ら大学で法律学位を取得。19歳でリリースした初のレコード「Blue Fear」は、90年代大ブレークしたユーロトランスのブループリントとなる大ヒットとなり、UKのチャートインを果たす。その後も「Communication」や「Touch Me」など数々のヒットを生み出し、ティエストやフェリー・コーステン、ポール・ヴァン・ダイクに並ぶトップDJとして評価を得る。2000年、自身のラジオ番組「A State of Trance」をスタート。2003年、レーベルArmada Musicを立ち上げる。『DJ Mag誌』の人気投票ランキングにて2007年、2008年と2年連続でNo.1に選ばれる。
オフィシャルHP:www.arminvanbuuren.com
  • Armin Van Buuren
  • Armin Van Buuren
  • A State of Trance 2009 - Mixed by Armin Van Buuren (405 Recordings)
  • 2009年6月6日発売

CHEERS 2009年6月号掲載


関連記事

今回弊紙は、オーストラリアでの公開を記念して、西村義明プロデューサー、『借りぐらしのアリエッティ』や『思い出のマーニー』で知られる米林宏昌監督、そしてスタジオの国際部責任者を務めるジェフリー•ウェクスラーさんの名様のインタビューを行った。この物語に秘められた彼らの熱い思いをお届けしたい。

この記事を詳しく見る

旅行雑誌『TRUNK』でスタートした「SASARU PROJECT」の連載を皮切りに、Google AndroidのCM「一生分の写真」篇や、日本テレビ『採用!フリップNEWS』に出演を果たし、「世界一地球に刺さった男」として、ギネス世界記録申請予定のkozeeさん。昨年10月には「SASARU〜地球の刺さり方〜」の出版を終え、現在多忙を極めるkozeeさんにインタビュー!

この記事を詳しく見る

インスタグラムのフォロワーが27万5000人。FIG&VIPERのクリエイティブ・ディレクターであり、DJとしても世界各地で活動しているインフルエンサーの植野有砂さんは「ネオギャル」のパイオニア的存在だ。そんな有砂さんが8月30日にシドニーのジャパンファンデーションにて開催されたイベント『Tokyo FRUiTS』に招かれトークイベントを行った。今回弊紙では大盛況のうちに幕を閉じたトークイベントを終えたばかりの有砂さんにお話を伺った。

この記事を詳しく見る

2001年に日本テレビで放送されたリアリティ番組『マネーの虎』で〝冷徹の虎〟との異名を持っていた南原竜樹氏。彼が出資するレストランのひとつ『Tokyo Laundry(以下:東京ランドリー)』が、サーキュラキーに登場したことはすでにご存じであろうか。今回弊誌では新たなビジネス展開を見据えて来豪した南原氏にインタビューを敢行。波乱万丈な生きざまを振り返りながら、南原氏のビジネス感覚を学ぶ。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者
Content afclogo
AFCチャンピオンズリーグ2018開催!

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase