オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


存在感とテクニック

23/02/2011


「シドニーなんて田舎でつまらない」と日頃思われている方、ジ・エンドです。在豪している日本人の方にもっとシドニーのローカルシーンを肌で感じてほしいというお節介な思いで始まったこのコーナー。メジャーどころからアンダーグラウンドまで活気あふれたローカルミュージックシーンをご紹介します。今回はステージに立つと1人とは思えないくらいの存在感とテクニックを持つLyall Moloneyさんにお会いしてきました。自身のアルバムをエチオピアで制作したり、合唱団でヨーロッパを回ったりと、あまりお目にかかれないようなエピソードの数々、そして巷で最近よく見るようになった彼のバンド「Black Paintings」のお話を聞いてきました。

お会い出来て嬉しいです。前回のソロライブで一度お会いする機会を得てから、またゆっくりとお話ができたらと思っていました。ライエルさんの音楽経験を教えてください。

ライエル:こちらこそ。9歳ぐらいから既にギターで遊んでいたんだけど、13歳ぐらいから真剣にギターを弾き始めたかな。13歳の時に田舎の方に引っ越して、他にやることもなかったし毎日熱中してギターばかり弾いていたよ。ヴィクトリアとニュー・サウス・ウェールズの境にあるオーバリーという大きい街なんだけど、周りには牧場しかなかったからね(泣)。16歳頃から曲作りを初めて、周りの高校生も趣味でやっていて、途中で止めたりしていたけれど、僕は止めなかったね。

合唱団にも入っていたと聞きましたが?

ライエル:そうそう。2007年から2009年までは大学の合唱団に入っていて、そのお陰でヨーロッパを2回もツアーで回ることができたんだ。大学ではジャズとギターを専攻していて、ウィーンで開かれた国際合唱団大会では優勝もした。でも、一番の経験は、やっぱり歴史に残る教会で歌えたこと。ウィーンのセント・マークス教会、ローマのサンタマリア教会、そしてチェコのプラハ城まで…僕の音楽経験上一番輝かしい思い出だね。今まで勉強したものの中でも、合唱団に入って学んだことが今でも僕の音楽人生に一番大きく影響してると思う。

すごい経験をされましたね。そしてエチオピアにも滞在していたと聞きますが…。

ライエル:2010年の2月から5月の4ヵ月間、姉と一緒にエチオピアに住んでいたんだ。そこでは地元の美しい景色や人々の関わり合いに浸って30曲ぐらい書いたかな。でも、長身の白人なんて地元では僕1人だし、注目を浴びない日はなかったね。若干疲れることもあったけど、そのお陰ですごく特別な経験をさせてもらったよ。ある日ギターを持って街中を歩いていたら見知らぬ人に「君はミュージシャンか?」と話しかけられて、面白いものを見せてくれると言うので好奇心でついて行ったんだ。実は彼は地元のラジオ番組のディレクターで、最終的にはエチオピアでは有名なミュージシャン、カサフン・テヤ(Kassahun Teya)と番組でライブジャムをすることになったんだ。

す、すごいですね。偶然と言うか運がいいと言うか…。

ライエル:自分でも信じられないよ。ローカルの音楽は僕らの知っているような音楽とは大分違っていて。ファンクとレゲエのミックス、10人編成のビッグバンド、それにみんな「肩」で踊るんだよ! そこで書いた30曲を絞ってその場でレコーディングして、今はシドニー出身で1980年代に活躍した「The Church」のティム・ポウルズがミクシングを手伝ってくれているんだ。それとは別に僕のもう一つのバンド「Black Paintings」(以下BP)のミニアルバムは2年ほど前、曲をひたすら書いていた頃にレコーディングされたもので、その時のメンバーを初期メンバーとしてバンドが始まったんだ。

ではあなたがソロとバンド両方の楽曲を書いているということですね。その2つのプロジェクトの境目はどこなんでしょう?

ライエル:曲それぞれの「荒さ」と「雰囲気」かな。BPはもっと本能剥き出しで鋭いという感じだね。バンドの楽曲はあまりジャンルに捕われないようなものを選んでいて、世界的に有名なアメリカのミュージシャン「Tom Waits」を思い出させるようなオーガニックなサンプルを使ったビートから、典型的なレゲエまでこなせるような姿勢を忘れないでいたいんだ。僕のソロとなると、やっぱり使える楽器が限られて音の分厚さは減るけど、その分柔らかい雰囲気を持ち味にしているよ。

ソロライブでのセット・アップを教えてもらえますか?

ライエル:もちろん。使っているマイクふたつの内ひとつが普通のマイク。そしてもうひとつのマイクでは僕が歌うメロディーを繰り返してリプレイするようにディレイペダルを通して、更にそれをその場で録音して何度でも再起動できるようにループペダルに繋いでいるよ。ナイロン弦のアコースティックギターもマイクと一緒にループペダルに繋いであるから同じような効果を得ることができるんだ。マイク2つにギター1本、何も高価なものは使ってないよね(笑)。

使い方次第で十分な効果が出るものなんですね。

ライエル:そうなんだよね。アコースティックギターにも色んな使い方があって、弦を奏でる音色だけじゃなくて、ギターのボディを叩いたりして打楽器としても使える。さらにその場でそれを録音してリプレイすると、フルバンドがいるような錯覚も造り出せるんだ。音楽の深みや、雰囲気作りの選択肢を多いに増やしてくれる。それから、合唱団のボイストレーニングでは通常の歌い方では使わない声の使い方まで習ったから、これを駆使して雰囲気作りにも励んでいるよ。

それはアルバムにどのように反映してますか?

ライエル:アルバムのレコーディングはギター、マイクとエイブルトンを使って僕がエチオピアで滞在していた部屋で収録したものなんだ。大きい部屋で、自然なエコーがたっぷりあるところで。ボーカルのメロディーをたくさん録音したよ。録音しすぎて、少し削らなきゃいけないところもあったけど、すごく生々しくて人間味のあるものができたと思うよ。アルバムはライブを始める前に仕上げたものだから、逆にライブに反映されていると思うよ。

どんな音楽を聴かれるんですか? 憧れの人と言えば?

ライエル:間違いなく「Tom Waits」だね。でも最近「Leonard Cohen」のライブを見てきて、彼は詩において天才だと思った。もちろん「Tom Waits」もだけれど。他にも「Bob Dylan」や「Nick Cave」も尊敬しているよ。1人だけは選べないや(爆)。

今年はどんな年になりそうですか?

ライエル:1月にソロアルバムの微調整が終わって今はミクシングしているから、その発表のための資金を集めているのがまずひとつ。そのアルバムのツアーも4月から予定していて、ブリスベンとメルボルンをできるだけ回るつもりなんだ。フルのバンドじゃないし、器材も少ないから1人旅の感覚でできそう。BPの方でもアルバム分の曲はもう作成したから、4月のツアーの前にそれをレコーディングできたらいいな。ライブは同じ楽曲でもいつも違うように演奏しているつもりだから、みなさんも是非見に来てください。

Lyall Moloney(ライエル・モロニー)
2010年活動開始。音楽大学在籍中は合唱団の一環として、国際ツアーに参加、ウィーンの合唱団国際大会では優勝を飾る。その後、2010年にはギターとともにエチオピアで4ヵ月を過ごし現地でアルバム制作に至る。ソロ活動の他にも、シドニーで注目を高める自身のバンド「Black Paintings」の楽曲も手がけている。現在はエチオピアで制作されたアルバムをシドニー出身バンド「The Church」のドラマー、ティム・ポウルズとともに発表に向けて進めている。


 

CHEERS 2011年3月号掲載


関連記事

今回弊紙は、オーストラリアでの公開を記念して、西村義明プロデューサー、『借りぐらしのアリエッティ』や『思い出のマーニー』で知られる米林宏昌監督、そしてスタジオの国際部責任者を務めるジェフリー•ウェクスラーさんの名様のインタビューを行った。この物語に秘められた彼らの熱い思いをお届けしたい。

この記事を詳しく見る

旅行雑誌『TRUNK』でスタートした「SASARU PROJECT」の連載を皮切りに、Google AndroidのCM「一生分の写真」篇や、日本テレビ『採用!フリップNEWS』に出演を果たし、「世界一地球に刺さった男」として、ギネス世界記録申請予定のkozeeさん。昨年10月には「SASARU〜地球の刺さり方〜」の出版を終え、現在多忙を極めるkozeeさんにインタビュー!

この記事を詳しく見る

インスタグラムのフォロワーが27万5000人。FIG&VIPERのクリエイティブ・ディレクターであり、DJとしても世界各地で活動しているインフルエンサーの植野有砂さんは「ネオギャル」のパイオニア的存在だ。そんな有砂さんが8月30日にシドニーのジャパンファンデーションにて開催されたイベント『Tokyo FRUiTS』に招かれトークイベントを行った。今回弊紙では大盛況のうちに幕を閉じたトークイベントを終えたばかりの有砂さんにお話を伺った。

この記事を詳しく見る

2001年に日本テレビで放送されたリアリティ番組『マネーの虎』で〝冷徹の虎〟との異名を持っていた南原竜樹氏。彼が出資するレストランのひとつ『Tokyo Laundry(以下:東京ランドリー)』が、サーキュラキーに登場したことはすでにご存じであろうか。今回弊誌では新たなビジネス展開を見据えて来豪した南原氏にインタビューを敢行。波乱万丈な生きざまを振り返りながら、南原氏のビジネス感覚を学ぶ。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者
Content afclogo
AFCチャンピオンズリーグ2018開催!

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase