今話題のあのアーティストを直撃! フェリー・コーステン | Cheers インタビュー
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • 娯楽記事
  • 18+
  • Cheers インタビュー

    トランス界の貴公子が来豪

    レゲエを世界に広めた功労者がボブマーリーで、ポップ界の頂点に立った男がマイケル・ジャクソンとあるように、それぞれの音楽ジャンルにはきっかけを作った人物やスーパースター的存在のアーティストがいる。ダッチ産トランスとプログレッシブ・ハウスを世に広め、トランスをメインストリーム化した本シーンの代表的アーティスト、フェリー・コーステン。日本では浜崎あゆみをはじめとするアーティストのリミックスを手掛け、ダンスパーティーイベント「サイバートランス」をエイベックスとのタグで始めるなど、日本で第一次トランスブームを巻き起こした人物でもある。DJとして、プロデューサーとして、そしてリミックサーとして世界を飛び回るフェリーが1月に来豪。それに先駆けインタビューを快く受け入れてくれた。

    Q. Firstly thank you for this rare and great opportunity. It really is a great honor. Where are you speaking from?
    Q. まず、このめったにない、素晴らしい機会をありがとうございます。今はどこに滞在されているのですか?

    A. I am actually in the Philippines at the moment.。
    A. 今はフィリピンにいます。

    Q. As a part of your tour?
    Q. ツアーの一環ですか?

    A. No, I'm actually on vacation with my family.
    A. いや、家族とのバケーションです。

    Q. Thank you for putting aside your precious time today.
    Q. そんな貴重なお時間をいただきありがとうございます。

    A. My pleasure.
    A. どういたしまして。

    Q. It was your birthday yesterday (4th Dec), Happy Birthday! How did you celebrate this special day?
    Q. 昨日(12月4日)はお誕生日でしたね、おめでとうございます!この特別な日をどう祝われましたか?

    A. Thank you. I had few drinks and spent the time with my family. Most of all, relaxed!
    A. ありがとう。少しばかり飲んで、家族と過ごしたよ。そして何よりもリラックスした!

    Q. You will be touring Australia from the 1st to 4th January, so I suppose you will be spending NYE in Australia?
    Q. 1月1日から4日までオーストラリアをツアーされるのですが、ということはオーストラリアでNYEを過ごされるんですよね?

    A. Yes that's right! Actually it's the first NYE where I will be free! And I'm in Australia, one of my favorite countries, so really looking forward for it!
    A. そうなんだ! 実はNYEに仕事が入ってないのは初めてなんだ。しかも僕が好きな国のひとつ、オーストラリアで。だからとても楽しみにしている。

    Q. You regularly come downunder for tours. What keeps bringing you back to this country?
    Q. ツアーのため、ダウンアンダー(オーストラリア)によく来られますが、この国のどんなところがお気に入りですか?

    A. I absolutely love the vibe of Australia! The people are relaxed and friendly, the weather is great, the food is great, and most of all, the parties are fantastic! It really is my favorite destination.
    A. オーストラリアのバイブが大好きなんだ!人はフレンドリーでリラックスしているし、天気は最高、料理もグレイト。そして何よりもパーティが素晴らしいんだ!本当にお気に入りのデスティネーションなんだ。

    Q. Your long awaited album "Twice in a blue moon" will be released in Australia on the 13th of December. How did you come about this particular naming? We know that "Once in a blue moon" means seldom happening, so twice in a blue moon must be very special to you?
    Q. 待望のアルバム『Twice in a blue moon』がオーストラリアで12月13日にリリースされます。どういう経緯でこのアルバムタイトルにたどり着いたのですか? 物事がめったに起きないことを‘Once in a blue moon’と表現しますが、では‘ Twice in a blue moon’は特別なことを意味するのではないでしょうか?

    A. Yes, it is special both personally and musically. Personally, my wife fell pregnant and gave birth during the production of this album. It's once in a blue moon that you find real love, yet I was blessed with a daughter too. Twice in a blue moon is also a name of a beautiful rose, so it summarizes this lovely story nicely. And musically, the album signifies my return to Trance. You may know from my last album "L.E.F", but I have been experimenting with bit of electrical music recently.
    A. そうなんだ、個人的にもそして音楽的にもスペシャルなんだ。個人的にいうと、このアルバムの制作中に妻が妊娠し、そして出産したんだ。自分を真に愛してくれる人を見つけられるのはめったにないのに、娘まで授かった。『Twice in a blue moon』は美しいバラの種類でもあるんだ、まるでこの素敵なストーリーをまとめるかのようにね。音楽面でいうと、このアルバムは僕がトランスに戻ってきたことを意味するものでもあるんだ。前回のアルバム『L.E.F』からも分かるように、最近ではエレクトリック・ミュージックに挑戦してたんだ。

    Q. Why did you venture into the electric genre?
    Q. なぜエレクトリックのジャンルに挑んだんですか?

    A. I've always been a trance guy, but it was starting to get formulated. I was getting sick and tired of trance, there was no adventure. So I ventured into the electric field which I always had interest for. The experience gave a new injection into my music. And now, I'm back into Trance. Trance is going through some amazing phase at the moment, with so many variations, ranging from minimal to techno. So it's great to be back.
    A. 僕は昔から‘トランスガイ’だけど、だんだんと定式化されてきたんだ。飽きてきたし、アドベンチャーを感じなくなった。だから前から興味を抱いていたエレクトリック音楽に挑戦したんだ。この経験により僕の音楽に新たなものが加わった。そして今はまたトランスに戻ってきたよ。トランスは今、驚くべき過渡期にあると思うよ、バリエーションもミニマルからテクノまでと幅広いし。だから戻ってきて良かった。

    Q. Has fatherhood influenced your music?
    Q. 父親になったことでフェリーさんの音楽に影響はありましたか?

    A. I would say that the process of becoming a father, the emotional rollercoaster did influence my music, rather than being a father. There is a track called "Gabriella Sky" in the album, this is a name of my daughter. So yes, she definitely left her mark.
    A. 父親になったことよりも、父親になる過程、感情の激しい変化が僕の音楽に影響を与えたと思う。アルバムに『Gabriella Sky』という曲が入っているんだけど、これは娘の名前なんだ。だから彼女はたしかに跡を残したよ。

    Q. To coincide with the release, you have just performed in front of a massive 12,000 hometown crowd at the event "Full on Ferry". What is this event all about?
    Q. アルバムのリリースに合わせ、イベント‘Full on Ferry’で1万2000人のホームタウン・クラウドを前にパフォームされましたが、このイベントはどういったものですか?

    A. I would describe "Full on Ferry" as "As Ferry like to see it". Basically I invite DJs from various genres to play back to back with me. This is a challenge for me, as I will have to adjust to their styles, but at the same time, it's extra fun!
    A. ‘Full on Ferry’は「フェリーが観たいように」と説明したらいいのかな? 簡単に言ってしまえば、様々なジャンルのDJを招待して、バック・トゥ・バックでプレーするんだ。彼らのスタイルに順応しないといけないから僕にとってはチャレンジであると同時に、さらなる喜びもあるんだ。

    Q. I’ve been told that you played an 8hr set? How do you prepare for such a long set, and most of all, get through with it?
    Q. 8時間のセットをプレーしたと伺ったのですが、そのような長時間のセットはどう準備されるのですか? またどうやり遂げるのですか?

    A. Lots and lots of preparation. And most importantly, I have to behave! i.e. don’t drink too much!
    A. たくさんの準備が必要。でも重要なのは行儀よくすること(お酒をあまり飲まないこと!)。

    Q. You are also known by the name System F. How do you differentiate between the two?
    Q. フェリーさんはシステムFの名前でもご活躍されていますが、ふたりをどう区別されるんですか?

    A. At the beginning, there was some kind of boundary. I was a producer when System F, and a DJ and a Remixer when Ferry Corsten. But having said that, I’ve crossed these boundaries and put myself in a strange situation…I am mostly Ferry Corsten now. But who knows, System F may be back with the 10 year anniversary of my track “Out of the blue” coming up.
    A. 初めは境界線のようなものはたしかにあった。プロデューサーのときはシステムFで、DJやリミックサーのときはフェリー・コーステンだった。とはいうものの、この境界線を越えてしまい奇妙な立場になったこともあるよ…。今は主にフェリー・コーステン。でももうすぐトラック『Out of the blue』の10周年記念がやってくるから、システム Fが復活するかもしれないね!

    Q. You have a close tie with Japan, collaborating with Japanese artists such as, Ami Suzuki, Every Little Things, and Ayumi Hamasaki in particular. What was the experience like?
    Q. フェリーさんは日本ととても深い関係があるのですよね。鈴木あみやEvery Little Things、そして特に浜崎あゆみとのコラボを手掛けてきました。これはどういった経験でした?

    A. It was amazing! I like to be musically challenged, and the project was just that. Firstly, J-pop is very melodic, and secondly, the language is so different from English and my native language. I never worked on anything like it. One memorable thing about doing remixes with Japanese artists was that the record company would send me lots of printed materials on top of the original tapes. It contained the lyrics in Japanese, as well as the translation, pronunciation and even the syllables, so that I don’t accidently cut a word into two!
    A. 素晴らしい経験だったよ。僕は音楽でチャレンジすることが好きなんだけど、日本のアーティストとのコラボはまさにそうだった。まずJ-POPはメロディー重視だし、次に言語が英語と、そして僕の母国語とまったく違う。そういったものにこれまで取り組んだことがなかった。日本のアーティストとのコラボで特に思い出深いのが、レコード会社からオリジナルテープに加え、たくさんの印刷物が送られてきたことだった。日本語の歌詞やその翻訳、発音、音節までが書かれていたんだ。僕が誤って言葉をふたつにしないようにね!

    Q. You also produced Ayumi Hamasaki's single "Connected", which became a massive hit, selling 4 million copies worldwide. Was this something you expected?
    Q. フェリーさんがプロデュースした浜崎あゆみのシングル『Connected』は大ヒットとなり、世界中で400万枚のセールスを記録しましたが、これは予想されていましたか?

    A. No, definitely not. I never thought I would be asked to produce a single for a Japanese artist. But avex gave me the wonderful opportunity.
    A. いや、全くなかった。まさか日本のアーティストのシングルをプロデュースするとは思ってもいなかったから。でもavexが素晴らしいチャンスをくれたんだ。

    Q. Are you working with or have the plan to collaborate with Japanese artists?
    Q. 今現在、または今後日本のアーティストとコラボする予定はありますか?

    A. I was working on few projects but was put on hold, due to my own tight schedule. But I would love to do it again!
    A. 実はいくつかのプロジェクトに取り掛かっていたんだけど、僕自身のスケジュールが詰まってしまい、中断しているんだ。でもまた是非やってみたい!

    Q. In the recent album “WAR” by U2 (released July ’08), there is a remix of “New Year’s Day” by you. This was actually remixed back in 1999, and circulated in the club scene, but never officially released. Why almost 10 years later?
    Q. U2がリリースした最新アルバム『WAR』(2008年7月発売)にはフェリーさんが手がけた『New Year’s Day』のリミックスが収録されています。これはたしか1999年にリミックスされ、クラブシーンでは回されていたものの、公式にはリリースされなかったんですよね? なぜ約10年後に?

    A. They loved the remix back in the days such that Bono personally rang me to tell me how much he loved it. But the whole project was cancelled 2 months later for political reasons. Bono was politically outspoken back then, and this reflected in the music. They thought that the remix could send a wrong signal. 10years later, they thought that the remix would be a valuable addition to the re-release of their original album “WAR” which is quite honorable.
    A. 当時U2はリミックスをとても気に入ってくれ、ボノ自身が電話をくれ、気にいったと言ってくれるほどだった。でもその2ヶ月後、政治的な理由でキャンセルされたんだ。当時のボノは政治に関する発言が多く、これは彼らの音楽にも反映されていた。この歌をリミックスとしてリリースすることで誤った信号を送るかと思ったらしい。でもその10年後、再リリースされる『WAR』にはリミックスを入れるべきだと思ってくれたんだ、とても光栄だよ。

    Q. I feel that you are someone who keeps himself busy and challenged, but what do you do on your days off?
    Q. フェリーさんはとても忙しく、常にチャレンジされている印象を受けますが、オフの日は何をされますか?

    A. Lay in front of the TV! I like to work in the kitchen a fair bit too.
    A. テレビの前でゴロゴロする! キッチンで過ごすことも好きだな。

    Q. Lastly, what does music mean to you?
    Q. 最後に、フェリーさんにとって音楽とはなんですか?

    A. Everything. It's my life. I wouldn't know what to do without it!
    A. 僕の全て、僕の人生だ。音楽なしではどうしていいか分からない!

    FERRY CORSTEN

    オランダ・ロッテルダム出身。1973年12月4日生まれ。幼い頃から音楽に興味を持ち、父親のレコードプレーヤーでリミックステープを作成、近所の子供たちに売りとばし、キーボードを購入する資金を集める。わずか16歳でレコードをリリース。シングル『Out of the Blue』(99年)をきっかけにそれまでアンダーグラウンドであったトランスをメインストリーム化、世界のトランスブームを巻き起こす。以降、無数のシングルやリミックスを手掛け、DJ誌では過去5年間で世界のトップ 10 DJとしてランクイン。日本では浜崎あゆみのシングル『Connected』をプロデュース、また『WHATEVER』や『kanariya』、『A Song for ×××』のリミックスをはじめ、鈴木あみやEvery Little Thingのリミックスも手掛けるなど、日本との交流も深い。System Fの名義でも幅広く活躍。2008年12月、2年ぶりのアルバム『Twice In A Blue Moon』をリリース。 


    CHEERS 2009年1月号掲載

    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ