オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド いこち | Cheers インタビュー
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • クーポン
  • 18+
  • Cheers インタビュー

    ここが自分の居場所だから

    昨年に続き、2度目となるオーストラリア・ツアーを行った日本のインディーズ・バンド、「いこち」。タスマニアでのライブを皮切りにアデレード、シドニー、メルボルンという主要都市を順に回るものであった。ニューハーフであるボーカルのチカコを中心にしたバンドの音楽は、そのオリジナリティと高い演奏力により、海外でも通用する魅力を持っている。全編、日本語詞でありながらオージーのオーディエンスを熱狂させるステージは、同じ日本人として見ていて誇らしくもあった。メンバー3人にツアーの模様といこち自身について語っていただいた。

    2度目となるオーストラリア・ツアーはいかがでしたか?

    チカコ(Vo&G):オーディエンスの反応がとても良いのが嬉しかったですね。各地で大きな反響や賞賛の言葉をいただきました。日本のテイストを持ったこのバンドがオージーにとっては目新しく、ミステリアスなんだと思います。
    コータ(Ba) :アデレードなんかでは街を歩いていたら「いこちのメンバーでしょ?」とか声をかけられたりしましたし。そりゃ悪い気しないですよ。日本ではあんまそんなことはないですから(笑)。

    バンドにとって、1回目のツアーと違う部分というのは感じましたか?

    チカコ:今回は勝手を知っているぶん、全体がスムーズに進みましたね。機材とか音響のトラブルも減りましたし。ライブ専門の〝ライブハウス〟というものがある日本とバーやパブで演奏するのが一般的なオーストラリアではライブ用の設備がかなり違うんですよね。音を拾うのが大変だったりして、最初は戸惑いましたね。でもそれも今回は心構えがあるぶん「ま、しょうがないか」って。あと変わったことといえば、私が英語のMCを完全にあきらめたことかな(笑)。日本語でもなんとなく伝わるだろうって今は思っています。

    2度のオーストラリア・ツアーで一番印象深かったエピソードを教えていただけますか?

    コータ :目をつけるかわいいオージーの女性が、なぜか毎度レズビアンだったことですかね。またかよって感じで(苦笑)。
    ダイスケ(Dr) :僕はなぜかこっちでゲイにモテちゃうんですよね。ゲイの方にしつこく誘われることも何度かありました。そのせいか、今じゃ握手をするだけでその人がゲイかどうか見分けがつくようになりました(笑)。
    チカコ:去年の話ですけど、長いツアーに出たのは初めてだったんで、メンバー同士お互い見えてなかった部分まで見えたのは収穫でしたね。些細なことの連続から、皆のイライラが限界に達してとうとう爆発しちゃって(笑)。ミーティングを開いて、話し合って解決したんですけど、その後を考えるとあれはいいきっかけでした。

    オーストラリア・ツアーを敢行することになったきっかけを教えていただけますか?

    コータ :2004年の夏に僕がジョーというオージーとストリートで知り合って、僕らのライブに誘ったんですよ。そしたら彼はすごく気に入ってくれて、「君らのバンドは海外でも通用すると思うよ。僕が帰ったらオーストラリアで一緒にツアーをしよう!」って言ってくれたんです。サンキューくらいにしか思っていなかったんですけど、彼はずっとそのことを忘れないでいてくれたみたいで、2007年に彼から「さぁ、いこちオーストラリア・ツアーに出よう! 準備はできてるかい?」って連絡が来たんですよ。感激すると同時にすごいおもしろそうだと思ったので、ぜひ行こうってなって。ジョーが今回のツアーもオーガナイズからマネージメントまでやってくれているんです。

    〝いこち〟というネームにはどのような意味が込められているのですか?

    チカコ:私がつけたんですけど、実は全く意味はないんです。由来さえわからないくらいに思いつきで命名して。逆に皆さんに色々と想像してもらえるのが楽しいかなって。あと日本のバンド名って英語のものが多いので、ひらがな3文字だと目立つしいいかなと。

    バンド結成の経緯を教えていただけますか?

    チカコ: 私とコータは高校の同級生だったんです。その時は私もまだ普通に男として生活してて。ちなみにコータなんかはあれで当時はテニス部のキャプテンで、バリバリの爽やか少年だったんです(笑)。お互いバンドをやりながら一緒に組むことはなかったんですけど、卒業して数年経ってから再会したら、今度はお互いに新しいバンドを探していて一緒にやってみようかって。それで2年くらいしてからダイスケが加入して今の形になりました。

    チカコさんの音楽の原点は何ですか?

    チカコ:中学の頃にバンドに誘われて、なんとなくやってみたんですけど、ステージに立って歌ったときに「ここが自分の居場所だ」って感じたんですよね。音楽的には初期パンクが好きになって、Oiパンクやハードコアが好きになってって感じで。日本のバンドだとブルーハーツとか好きでしたね。他にも日本のも海外のも色々聴きますよ。

    独特の歌詞が印象的ですが、インスピレーションはどこから得ているのでしょうか?

    チカコ:特に何かを意識してというのはないんですけど、日本の純文学とかは好きですね。明治、大正、昭和初期のものには何か惹かれるものがあるんです。そういった自分の好きなものが自然に出ているんだと思います。

    誌面には出せないような放送禁止用語も歌詞の中には含まれていますが、商業的にそういった部分が障害となることはありませんか?

    チカコ:う~ん、ありますね(笑)。実際、ケーブルテレビの音楽番組に出させていただいたときに、〝気違いの王様〟という曲のタイトルを紹介してもらえないなんていうこともありました。〝気違い〟はピーだからって(笑)。でも基本的に生まれた音楽を純粋なカタチで残したいんですよね。できたものはあまり変えたくないんです。

    チカコさんにとって〝性〟とは何か聞かせていただけますか?

    チカコ:私の場合は小さいころからニューハーフに憧れていたんですよね。女性に憧れるというより、ニューハーフに憧れていた。男性なのに綺麗だっていうのがすごいなって。子供の頃は親に内緒で化粧をしてみたり、女性の服を着てみたりしていました。ただすごく悪いことをしている気がしていたんで、私の場合はずっと隠していましたね。今でも、〝男性〟とか〝女性〟といったものがうらやましい気持ちもあるんです。私はどっちにもなれないし、それゆえの大変さもありますから。でも戻れないし、戻らない。ここが自分の居場所だと思っていますから。

    いこちは「昭和歌謡パンクバンド」と呼ばれることが多いようですが、音楽をカテゴライズされることについてどのようにお考えですか?

    チカコ:はっきり言って好きじゃないですね。変に先入観を持ってほしくないという気持ちがあるんですよね。〝昭和歌謡パンク〟というのも自分らでつけたわけではなくて、レーベルか何かがつけたんだと思います。便宜上必要なことなんで、しょうがないかなとは思いますし、べつに否定はしてないですけど・・・。送り手がいて、また聴き手それぞれの解釈があって完結することだと思っていますので、それぞれの感性、感覚で決めてほしいというのが本音ですね。

    バンドとしてこれまで最も大切にしてきたものは何ですか?

    チカコ:純粋でいることですかね。私が〝純粋〟っていうのも変な話ですけど(笑)。でも自分の好きなものには純粋でいたいですね。意識して奇をてらうことをしているわけではないですし。ものが溢れている中、純粋で素敵な音楽を残し、それがどれだけ多くの人の耳と心に届いてくれるか。やっぱりそこに尽きると思います。

    未来が決まっていない中で、〝夢を追う、自分を貫く〟ために大事なものとは何だとお考えですか?

    チカコ:私の場合、〝夢を追う〟って言うとまたちょっと違うんですよね。例えば何かで1位になろうって設定したとして、じゃあ、1位になったとしてその後はどうするの?っていうのもあるし。先がわからない中で、色々と変化を楽しみながら進んでいくことが私には面白いんです。それと下がりたくないって気持ちは持っていますね。人生は一度きりですし、後退したくないなって。
    コータ:こういう生き方をしているからこそ経験できるものがあるんで。面白いことをして、楽しんでいけたらいいですね。今まではどっかで、いつでも引き返せるという気持ちがあったと思うんです。でももう引き返しませんから。〝やれるとこまでやってやる!〟って決意しています。オーストラリアは住んでみたいってくらいに好きなんで、また戻ってきたいですね。
    ダイスケ:いこちに入る前は営業マンをしていたんですけど、そこでもう普通の会社という仕組みに違和感を覚えちゃってるんで。だからもうこのバンドに人生全て乗っけちゃったなって思っています。チカコには全面的な信頼をおいていますし。本当にその気になれば何だってできるって信じていますから。
    チカコ:同年代の人たちが結婚して、家を建ててという真っ当な人生を歩んでいるのを見ると「幸せってこういうものかな」って複雑な気持ちになることもあります。そういう意味では不安がまったくないと言ったら嘘になりますね。でもそれもスタジオで演奏したり、ステージに立ったりすると吹っ飛んじゃうんです。私にとっては何よりも大事なものがそこにあるのかなって。それに何をやっていても不安っていうのはなくならないものだと思いますし。だったら一度だけの人生だし、自分の好きな道を行こうって思っています。

    蠍ちかこ(Vo,G)。湊恒太(Ba)。蟻田大輔(Dr)

    平成15年に、2丁目のゲイバーで働いていたニューハーフちかこを中心に結成される。パンク・スカ・ロカビリー・ジャズ・歌謡曲など多様な音楽性をミックスした独自の世界観を持つ。2007年に最初の豪ツアーを行い、3大ゲイフェスティバルのひとつ、フィースト・フェスティバルにてヘッドライナーを務めるなど反響を呼び、ラジオなどのメディアでも取り上げられる。好評だったツアーを受けて、2008年に再来豪、11月13日~30日の日程で2度目の豪ツアー「いこちの珍道中」を成功させた。オフィシャルウェブサイト www.ikochi.com





    シングル『いこち五編入(ごへんいり)』
    一、さるのばんまえあだうち
    一、定吉二人キリ
    一、六時に、新宿で。
    一、気違いの王様
    一、夕焼けの詩
    発売日:2006年5月7日
    レーベル:Outbreak Record


    シングル『造花狂咲』
    一、別珍の夜 
    一、街灯に足音が浮く 
    一、朝食。 
    発売日:2008年5月17日
    レーベル: Outbreak Record


    CHEERS 2009年2月号掲載

    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • スーツケース、ダンボールお預かりします。1日1ドル+GST~
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ