オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる

17/08/2011


てんつくまん来豪イベントが8月14日に開催されます。詳細はこちらをご覧下さい

1987年に吉本総合芸能学院に入学。同期の山崎邦正氏と「GSX(ガスペケ)」を結成しデビューを果し、その後東京進出と共に「TEAM-0」を結成されていますが、そもそも吉本に行こうと思ったきっかけはなんだったのですか?

高校の三者面談の時に進路について聞かれたとき、卒業した後のことを何も決めてなかったので、その三者面談を早く終わらせたいだけの思いで、「吉本に行く」と嘘をついたことがきっかけで、吉本に行くことになりました。

その後、ダウンタウンの番組を中心にテレビで活躍され、順調に芸人としての階段を上られているように見えましたが、1994年に映画製作という夢を見つけ、吉本興業を退社されています。映画の世界に飛び込んだきっかけは何だったのでしょうか。

映画の現場で働いている人がかっこよかったことが大きくて。この世の中を変えたかったらです。笑いだけでは世の中は変えられないと思ったのです。

映画製作に向け、資金を作るために始めたグッズ販売でトラブルになり、多額の借金を抱えたと伺いましたが…?

制作費6000万円を集めるために映画のキャラクターグッズを台湾で作ろうとしましたが、7万個作ったら6万個の不良品がやってきて、結局800万円の借金を抱えることになりました

800万円の借金はすごいですね…。その後スタッフの不幸なども重なり、何もかもうまくいかなかったその時期に、諦めようと考えたことはありましたか? またもう一度頑張ろうと思わせたのはどういう気持ちからですか?

毎日のように死にたいと思っていましたが、死ぬ勇気がなかったですね。諦めなかった理由は、きっとたくさんの人を巻き込んでいたからだと思います。

42・195キロのフルマラソンを、1ヵ月間毎日走り続ける苦行を成し遂げたと聞いていますが…。

映画の制作の出資者を募るために、毎日走りながら「出資者になってください」というチラシを撒いていました。足が2倍に腫れた時にはもう無理かなと思いました。

その頃に、今のてんつくマン像を創造していましたか?

とにかく映画を作って、公開初日に大感動の舞台挨拶をすることをイメージしていました。その後のことなんて正直どうだって良かったんです。とにかく映画を完成させて、大感動の舞台挨拶までしかイメージしていませんでした。

その後、借金返済と映画資金を稼ぐため、路上詩人として「あなたを見てインスピレーションで言葉を書きます」と、渋谷ハチ公前でパフォーマンスをしていたと聞いています。この発想はどのようにして生まれたのでしょう?

突然言葉が降ってきてそれを書いていたら、仲間が「この言葉をいつか本にして、売って借金を返して、6000万円を集めて映画を作ろう」って言ったのがきっかけで始めました。

ハチ公前ではどんなドラマが繰り広げられていましたか?

ある日、路上で書いていたら、でっかい声で「がんばれ、がんばれ」って僕を励ましながら邪魔する人がいました。あとは、戦争を体験したじいちゃんが渋谷の町を見ながら、「こんな町やこんな国を作るために、私たちの仲間は死んでいったんじゃない。兄ちゃん頑張ってな」って言われたことがとても印象に残っています。

よく公演などで言われている、ハチ公前で出会った恩人「パンチさん」とは 、一体どういう方だったのでしょう?

路上に人だかりができている時に「なんだこりゃ? 字じゃねえじゃないか?」と文句を言いながら、最後には「字は太く細くかけばうまく見えるんだよ!」ってアドバイスをくれた方です。

てんつくマンさんの人生において、大事な場面で多々感じられているインスピレーションですが、これはどのように降って来るのでしょうか。また誰にでも感じられることなのですか?

人間の脳はすごくて、自分で自分に問いかけると、脳は必死に過去のデータや、今ある情報の中から答えを探すんですね。そしてパソコンでいう検索機能みたいな感じで検索にひっかかった時、ひらめきとしてやって来ているんじゃないかと思っています。

路上詩人の努力が実を結び、本を出版し個展を開き、ついに借金も返済。さらには映画制作費も作ることができました。そして7年間追いかけていた夢の映画『107+1~天国はつくるもの~』 を製作していますが、この作品はどのような思いで作られたものなのでしょうか。

人間の可能性は無限だから、死んでから天国に行くんじゃなくて、今みんなで動いて天国をつくろうというメッセージを伝えるために製作しました。

この映画は参加型ドキュメンタリーとして製作されています。具体的にどのような方が参加して作られたのでしょうか。

世の中を少しでもハッピーにしたいと思っている、ボランティアもほとんどやったことのない人たちですね。監督もカメラマンも編集マンもみんな、ほとんど素人の集まりでした。

この作品は観客動員8万人を超え大成功を収めています。その後、NGO「MAKE THE HEAVEN」を設立し、カンボジアでの海外支援をされたと伺っていますが、活動内容はどのようなものでしたか? また、中国で植林するプロジェクトも行われているようですが?

カンボジアでは、スラム街での井戸掘りやトイレ作り、民族舞踊の踊り場作り、そしてひたすら子供と遊ぶといったことですね。植林ですが、今世界中で雨が降らなくなっていて、このままでは水不足になり、水の奪い合いの戦争が起こると言われています。それは嫌だといろいろ調べたら、木を植えると雨が降ることを知り、植林を始めました。現在はブラジル、南アフリカ、カンボジア、日本で植林をしています。 てんつくマンさんの慈悲活動に対する、根底に流れている思いを聞かせてください。 自分が慈悲活動をしているなんてこれっぽっちも思っていません。自分がやりたいことをやっているだけですよ。

なるほど、やりたいことの結果が人々を救うことになるんですね。植林などの環境保全についてブログや公演などで、多々「環境ゲーム」というライトな表現をされていますが、これはどのような意味合いを持っているのでしょうか。

楽しくないプロジェクトは続かないので、「本気で遊んでたら結果、地球が蘇ってた」ということをしたいんです。今まで環境保護のことが思うように広がらなかったのは、きっと環境団体がまじめで、正義感だけでやっていたからだと思います。

今回シドニーで『107+1~天国はつくるもの~パートⅡ』を公演されると聞きました。第2作目はスムーズにいきました?

2作目は自然にできました。自分たちがやっていることをカメラで追いかけていたら、目の前で末期癌の人がめっちゃ元気になったり、奇跡がどんどん起こっていったので、それをそのまま映画にしたんです。だから編集作業もめっちゃ楽しかったですね。

シドニーで早く観たいです。てんつくマンさんの今後の展開など、具体的に聞かせてください。

東北復興を含めてまずしっかり日本を元気にすること。今、日本は利権やしがらみの世界で生きてきた人たちがやってきたことがバレ始め、ついに日本はしがらみから脱出できる本当のチャンスを迎えているんです。このチャンスを逃したら、また日本は植民地のままです。これからはエネルギー自給率を上げること、食料自給率を上げること、世界に依存している部分を止めていくことが大事です。日本の原発の原料のウランの多くがオーストラリアから来ていますよね。だから、今回、オーストラリアに行くことは大きな意味があります。オーストラリアでウランを掘らせないように動いている方や、ウラン発掘によって健康を害してる人がいたら是非紹介してほしいです。

なるほど。では読者の皆さま、誰か紹介できる人がいれば、チアーズまでご連絡ください(連絡先…info@cheers.com.au)。今、東北の被災地で頑張っている方たちにどのようなメッセージを伝えたいですか?

「とにかく、寄り添っていこう」ということを伝えたいですね。

今シドニーで頑張っている若者もいます。今絶望の淵にいる方や、 これから頑張ろうとしている方にアドバイスなどあればお願いします。

ポジティブな答えしか返ってこない問いを自分に問いかければ、答えは自然と出てきます。例えば、ほんまに苦しい時にはこの問い掛けです。「今しか学べないことはなんや?」。この問い掛けによって、未来 を開くアイデアがやって来るようになります。後はやるのみです。絶対に大丈夫、だってひとりで生きてるんじゃない。ひとりで持てない荷物は2人で持てばいい。2人で持てないならば、もう分かってるでしょ。みんなに声をかけてゆこう。繋がりは力だし、希望やから。

弊紙コラムニスト 高橋なんぐさんからの応援メッセージ

以前、新潟に来ていただく際「遠いから嫌だよ!」とおっしゃっていた、てんつくマンさんがシドニーに来られると聞いてビックリ。ただでさえ飛行機が嫌いだという人なのに…。シドニー在住の感度の高い皆さんにこそ見ていただきたい。悩んでいる暇があったらとりあえず出かけてみましょう。 (ナマラエンターテイメント 高橋なんぐ)

 

 

てんつくまん来豪イベントが8月14日に開催されます。詳細はこちらをご覧下さい

 

てんつくマン 軌保博光
NPO法人「MAKE THE HEAVEN」代表。吉本興業・お笑いコンビTEAM‐0(ゼロ)(相方:山崎邦正)としてダウンタウンの番組を中心に活躍。94年映画製作という夢を見つけ、吉本興業を退社。98年映画の資金6000万円を集めるため、原宿表参道の路上に座り、筆と墨を使い、あなたを見てインスピレーションで言葉を書き始める。その言葉が多くの元気を増やすこととなり、書籍を次々に出版。 03年、7年間追いかけた夢、ドキュメンタリー映画『107+1~天国はつくるもの~』が完成。自主上映という形でありながら、観客動員8万人を突破。今なおロングラン上映中。現在は、理事長を務めるNPO法人「MAKE THE HEAVEN」による海外支援、講演、執筆活動など、世の中を面白くする活動を展開中。


 

CHEERS 2011年8月号掲載


関連記事

今回弊紙は、オーストラリアでの公開を記念して、西村義明プロデューサー、『借りぐらしのアリエッティ』や『思い出のマーニー』で知られる米林宏昌監督、そしてスタジオの国際部責任者を務めるジェフリー•ウェクスラーさんの名様のインタビューを行った。この物語に秘められた彼らの熱い思いをお届けしたい。

この記事を詳しく見る

旅行雑誌『TRUNK』でスタートした「SASARU PROJECT」の連載を皮切りに、Google AndroidのCM「一生分の写真」篇や、日本テレビ『採用!フリップNEWS』に出演を果たし、「世界一地球に刺さった男」として、ギネス世界記録申請予定のkozeeさん。昨年10月には「SASARU〜地球の刺さり方〜」の出版を終え、現在多忙を極めるkozeeさんにインタビュー!

この記事を詳しく見る

インスタグラムのフォロワーが27万5000人。FIG&VIPERのクリエイティブ・ディレクターであり、DJとしても世界各地で活動しているインフルエンサーの植野有砂さんは「ネオギャル」のパイオニア的存在だ。そんな有砂さんが8月30日にシドニーのジャパンファンデーションにて開催されたイベント『Tokyo FRUiTS』に招かれトークイベントを行った。今回弊紙では大盛況のうちに幕を閉じたトークイベントを終えたばかりの有砂さんにお話を伺った。

この記事を詳しく見る

2001年に日本テレビで放送されたリアリティ番組『マネーの虎』で〝冷徹の虎〟との異名を持っていた南原竜樹氏。彼が出資するレストランのひとつ『Tokyo Laundry(以下:東京ランドリー)』が、サーキュラキーに登場したことはすでにご存じであろうか。今回弊誌では新たなビジネス展開を見据えて来豪した南原氏にインタビューを敢行。波乱万丈な生きざまを振り返りながら、南原氏のビジネス感覚を学ぶ。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者
Content afclogo
AFCチャンピオンズリーグ2018開催!

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase