オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります

08/12/2011


実際に子供のころ神戸で震災を経験した俳優、森山未來さんと佐藤江梨子さんが主演する、阪神・淡路大震災をテーマとした映画『その街のこども』が、11月の『Japanese Film Festival』でシドニーとメルボルンでも上映される。"震災を風化させるな"と劇的なタッチで描く震災特番が多い中、"どうすれば震災を経験した人々の心に寄り添うことができるのか"、悩み、考え抜いて生み出されたこの作品は、心を揺さぶられた視聴者からの大反響によって、NHKの特別ドラマから異例の映画化に至ったという背景を持つ。それほどまでに人々の心に深く染み渡る映像を丁寧に紡ぎ出したのが、「クライマーズ・ハイ」、「ハゲタカ」など数々のテレビドラマの演出家としても知られる井上剛監督だ。『Japanese Film Festival』では11月27日の作品上映と合わせてパネルディスカッションも予定されている彼に、作品にかける思いや現場での葛藤、今後の展望などを聞いた。

井上監督はもともとNHKテレビドラマにて数々の有名な作品の演出家として活躍されていますが、演出家という道に入ったきっかけや背景を教えてください。

NHKの就職面接で何をやりたいか聞かれて、つい「ドラマのようなもの」と言ったことを記憶しています。たぶん前夜にテレビで見たドラマがそのとき頭にあったからだと思います。映画青年でもないし、固い将来展望があったわけでもありません。なんとなく情報ジャーナリストより、自分のちまちました想像を描けるフィクションの世界の方が馴染みやすいと思ったからでしょうか。しかしその考えは実際のドラマ現場に放り込まれてこっぱ微塵に砕かれました。つまり、想像することは誰にでもできますが、想像を具現化する、ゼロから1を産み出すには自分の能力が圧倒的に足りないと思い知らされたわけです。しかしそこから初めて、演出家とは何かを自分の頭でコツコツですが考えるようになり、少しずつ実践できるようにもなりました。

『その街のこども』はNHKの阪神淡路大震災15年の特集ドラマとして放映され、その反響の強さからNHK制作ドラマとしては前代未聞の劇場公開となったと伺いました。特集企画にあたり、どのようなコンセプトを練られていたのでしょうか。

プロデューサー、脚本家とも神戸出身のふたりと最初から悩みながら話し合っていたことは、震災を経験した神戸の人々が見たくない、目を背けたくなるようなものは、やりたくないということでした。実際1月17日近辺でメディアは「震災を風化させてはならない」と特番を組みます。しかし実は、そのような趣旨のものを神戸の人たちは見たくない、と聞きました。どういうものなら人々の心に寄り添えるのか。同じように震災を経験したのに、人の数だけある気持ちの違い、そうした人と人との間にある心の距離を描くとき、どういうスタンスで臨むのか。言葉にするといささか危険で難しいけれど、「ドラマチックに震災を扱うより、ロマンチックに震災を表現したい」というコンセプトが我々の中に芽生えて、初めてスタートできたように思います。つまり、この映画のカタチ、"ボーイミーツガール"の着想を得てやっと「震災を表現する」という覚悟を決めることができました。

テレビ放映後、当時の反響は実際どのようなものでしたか。また、それに対してどのように感じられましたか。

やはり神戸とそれ以外の人々との反応は違いました。しかしどちらも濃密な声がたくさん届きました。ブログやHPに届くメッセージ・手紙に、自分たちの心を一生懸命に伝えようとする声がたくさんありました。こんなに丁寧な言葉を僕は知りません。それは純粋に嬉しい気持ちでしたし、作り手として、心底、「ほっ」としました。

劇場公開にあたり再編集をされたとのことですが、テレビ版と劇場版ではどのような違いがありますか?

まず、テレビ版では、放送日が1月17日だったこともあり、なるべく震災を経験した人々の目にしたくないものを描かないということで、直接的な震災の映像などを入れていません。しかし映画版はイントロダクションに、震災の記録映像が数カット、ほかに当時を思い起こさせる描写を入れています。16年が経ち、震災そのものを知らない世代が観ても普遍性を感じてもらえる作品を目指したので。ほかにもテレビでは入れなかったシーンを復活したりして、より深みを増したような表現ができたと思います。

『その街のこども』には、実際に子供の頃現地で震災を経験した、俳優・森山未來さんと佐藤江梨子さんが実年齢で出演していますね。キャスティングについての思いを聞かせてください。

ふたりのキャスティングは唯一無二です。ふたりのスケジュール調整などのために一年待ったほど恋焦がれたキャスティングです。あのとき震災を潜り抜けたふたりが、今は俳優として立派に活躍しているという事実。これは紛れもなく奇跡なのではないでしょうか? そんな思いで接していたので、自然とパーソナルな部分にも深く踏み込んだ撮影となり、より濃密な時間となりました。

映画の中のシーンはどれも、とても自然で、森山さんと佐藤さんがすべてお互いの実体験を語り合っているのではないかと感じるほどのリアリティを強く感じました。あの雰囲気はどのように生み出されたものなのでしょうか?

通常のドラマでいうところの「演じる」という形を、できるだけ遠ざけたい。そういう僕の思いをキャストふたりは敏感に感じ取っていました。実際に震災を経験し、16年たった彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります。演出としてもスタッフ含めた環境にも神経を注ぎました。具体的には、スタッフにはなるべく「現場で気配を消してくれ」、という無茶な注文を出してみたり。キャストには用意スタートも、カットの合図も出しませんでした。

テーマとして震災を取り扱うのは、現地の住民の方々にもさまざまな思いの方がいるなど、センシティブな部分もあるのではと感じますが、撮影中に難しさや葛藤を感じたことはありましたか?

全篇、実際に神戸の土地のうえで撮影を行っています。今はかたちを変えてしまった場所でも、そこにあったはずの物語があるはず。そっとしておいて欲しいという人々の思いがわかりながら、そこでカメラを回すことには悩みました。一旦始まってからも、このスタンスで大丈夫なのか、ちゃんと気持ちが映し出されているのかと不安でした。というのも、僕は、神戸の人間ではありません。キャストスタッフに神戸の人間が多い中、そこで生まれる溝のようなものも、容易に埋めることのできないものでした。そんなことから、果たして自分に撮る資格があるのか、と自問せざるを得ない状況はずっと続き、ぬぐいきれませんでした。

『その街のこども』という作品全体を通して、井上監督ご自身が込めた思いは、ずばりどのようなものだったのでしょうか?

「人と人との間にあるもの」に希望を見出したい。生き残った人々と、亡くなった方々との間にあるもの。被災者と、そしてそうでない人々の間にも。違う状況や立場でも、わかる感情や祈りや願いというものがあると思います。そこに光を当てたいと思い、作りました。たとえばラストシーン…。普段は互いに震災について口を閉ざす人々が、あんなに多く同じ場所に集い、誰かが誰かのことを思い祈る様に、「人間の尊さ」を感じずにはいられません。その純粋な姿を映し伝えたいというのが作品に込めた思いです。

3月11日の東日本大震災についても、災害復興のため配給収入の一部を寄付されていると伺いました。今後の震災の支援活動などで考えていることはありますか?

支援活動ではありませんが、現在、先々のテレビドラマの制作のため東北を訪れています。恥ずかしながら僕は、このたびの震災で初めて東北の人々を少し知りました。同じ日本にいて、こんなに知らなかったとは驚きです。そこにある地域性や人柄などです。今年の夏、仙台短編映画祭で40人の監督たちがそれぞれ3分11秒の短篇を持ちよる『明日』という企画があり、僕も福島で実際に住む人々を追ったドキュメントのショートフィルムを作りました。そうした人々との交流はかけがえないもので、今はこのような活動・経験が大事だと思っています。

今回、『Japanese Film Festival』内にて、『その街のこども』がオーストラリア各都市でも公開されることになりましたが、今のお気持ちを聞かせてください。

広くこの作品が多くの人々に見ていただけることを嬉しく思います。と同時に、何が伝わり、何が伝わらないか考えだすと、今から不安ではあります。 ?

『Japanese Film Festival』では、中越大地震に関するドキュメンタリー『1000年の山古志』を撮影した松根広隆氏とのパネルディスカッションが予定されていますが、意気込みなどお聞かせいただけますか

少しでも日本のこと、日本の中にいてもなかなか知りえないことなどを、お互いの作品を通して、お話できれば幸いに思います。

演出家として、監督して、これからチャレンジしてみたいことは何でしょうか?

ドキュメンタリー的な手法を用いる作品と、骨太なドラマ性に依った作品。またエンターテイメント性の高い作品など、…つまり、なんでもやりたいということでしょうか。あと、個人的には日本語以外の言語を扱う作品にもチャレンジしたい。

最後に、オーストラリアで暮らす日本の方々へ、井上監督からのメッセージをお願いします。

このたびの震災で、東北に故郷をお持ちの方々はさぞや、お心を痛めていらっしゃるかと思います。そうでなくとも遠くにある日本を思い、気が気でない方々が大勢いらっしゃると思います。メッセージなど僕が言うにはおこがましいのですが、自分自身としては、今は心を強く持ち、日々のあれこれ、小さなことも大事に生活したいと思っています。

井上 剛 (いのうえ つよし)
1968年、熊本県生まれ。テレビドラマの演出家として、「クライマーズ・ハイ」(05)、「ハゲタカ」(07)、連続テレビ小説「ちりとてちん」(07)、同「てっぱん」(2010)、など数々のNHK作品でその手腕を発揮。2009年に放映され、脚本と演出を手がけた阪神・淡路大震災の特集番組「未来は今」(09)は、ドラマとドキュメンタリーが幾重にも交差するこれまでにない手法が大きな話題を呼んだ。翌年の震災特集「その街の子ども」(10)がさらなる反響を呼んで劇場公開、初の監督映画作品となる。2011年夏、仙台短篇映画祭主催オムニバス映画『明日』に、国内40人の監督たちとともに参加。福島に住む人々を追った『あたらしい日常』という作品を監督した。


 

CHEERS 2011年12月号掲載


関連記事

今回弊紙は、オーストラリアでの公開を記念して、西村義明プロデューサー、『借りぐらしのアリエッティ』や『思い出のマーニー』で知られる米林宏昌監督、そしてスタジオの国際部責任者を務めるジェフリー•ウェクスラーさんの名様のインタビューを行った。この物語に秘められた彼らの熱い思いをお届けしたい。

この記事を詳しく見る

旅行雑誌『TRUNK』でスタートした「SASARU PROJECT」の連載を皮切りに、Google AndroidのCM「一生分の写真」篇や、日本テレビ『採用!フリップNEWS』に出演を果たし、「世界一地球に刺さった男」として、ギネス世界記録申請予定のkozeeさん。昨年10月には「SASARU〜地球の刺さり方〜」の出版を終え、現在多忙を極めるkozeeさんにインタビュー!

この記事を詳しく見る

インスタグラムのフォロワーが27万5000人。FIG&VIPERのクリエイティブ・ディレクターであり、DJとしても世界各地で活動しているインフルエンサーの植野有砂さんは「ネオギャル」のパイオニア的存在だ。そんな有砂さんが8月30日にシドニーのジャパンファンデーションにて開催されたイベント『Tokyo FRUiTS』に招かれトークイベントを行った。今回弊紙では大盛況のうちに幕を閉じたトークイベントを終えたばかりの有砂さんにお話を伺った。

この記事を詳しく見る

2001年に日本テレビで放送されたリアリティ番組『マネーの虎』で〝冷徹の虎〟との異名を持っていた南原竜樹氏。彼が出資するレストランのひとつ『Tokyo Laundry(以下:東京ランドリー)』が、サーキュラキーに登場したことはすでにご存じであろうか。今回弊誌では新たなビジネス展開を見据えて来豪した南原氏にインタビューを敢行。波乱万丈な生きざまを振り返りながら、南原氏のビジネス感覚を学ぶ。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者
Content afclogo
AFCチャンピオンズリーグ2018開催!

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase