ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー エバン&べラ | Cheers インタビュー

Cheers インタビュー

Everything Happens for a Reason.

シドニー市内から車で約15分、ダブルベイは有名ブランドやレストランが建ち並ぶ高級住宅街。このゴージャスな地区に『PINK SALT』というレストランが3月オープンした。 知っている人もいるかもしれないが、『PINK SALT』はチャンネル7で去年放送されたテレビ番組『My Restaurant Rules』で決勝戦まで残ったレストランだ。『My Restaurant Rules』とは5組のカップルが限られた時間と予算で、与えられた物件にレストランをオープンし、視聴者の投票によって勝ち進んでいくという番組。最終的にレストランをキープできるのは勝ち抜いた1組のカップル、大ヒットした番組だ。『PINK SALT』は決勝戦で惜しくも敗れ、番組の最終回とともに姿を消したレストランであったが、その店のかわいさと美男美女のカップル、エバンとべラは今でも多くの人々の中で深く印象に残っているはずだ。

『My Restaurant Rules』から約1年、『PINK SALT』を再びオープンするというのは番組直後から計画していたことですか?

「いいえ、番組が終わった後は次のことを考える余裕はなく、とにかくリカバリーで精一杯でした」
番組中はいつ落とされるか分からないという不安やストレスの他に常にカメラが回っているという緊張感もあり、それがいっきに無くなると、積み重なっていた疲労が波のように押し寄せてきたらしい。
「番組後は結構落ち込みました。『 PINK SALT 』は大事に大事に育ててきた子供のようだったから・・・」とべラ、 1年前を思い出しているのか、うっすら涙を浮かべていた。
「でも、ある程度落ち着いた時期に、やっぱり『 PINK SALT 』を復活させたいという気持ちが湧いてきて、ふたりで決断しました」とエバン。

レストランを経営するというのは前からおふたりの夢だったのですか?

「実は番組への出演が決まる前は一切そんなことを考えたことはありませんでした。外食はふたりの趣味でよくしていましたが、実際にお店を構える側になるとは思ってもいませんでした」 「私たち日本食が大好きなの!」と語るべラ。
日本食レストラン「九州」と「すみの家」をよく訪れるふたりだが、ダブルベイのあたりにはあまり日本食がなくとっても困っている様子だった。
「『My Restaurant Rules』という大きなきっかけをいただき、人生が一転しました」と本題に戻り笑うふたり。

番組ではManlyにお店を構えていましたが、なぜダブルベイにオープンすることにしたのですか?

「ダブルベイは昔からハイセンスで高級な街として有名ですが、その反面古くなってきていました。すてきなレストランやカフェはたくさんありますが、新しい店がオープンすることはなく、マンネリ化していたこの町にモダンでセクシーな『PINK SALT』は絶好のOpportunity、機会だと思ったからです」
オープンしてから早1ヶ月、店は2週間先までフルブッキングという人気ぶり、インタビュー中も予約の電話が殺到していた。

この1ヶ月は、以前テレビでオープンしたときと比べるとどうですか?

「Nothing like it、比べものにならないよ」と口を合わせるふたり。 「番組のときはレストランがオープンしたと同時に、落とされるかもしれないとう不安が大きくなり、ストレスでおかしくなりそうだった」とエバン。
「あの過酷な経験でそうとうタフになったみたいで、今回はストレスというものをさほど感じなかったわ」とべラ。

番組当時の『PINK SALT』を求めて訪れる客はやはり多いですか?

「それが驚くことに、この地域の方々は私たちのことや、テレビ番組のことを知らず、訪れてきてくれているのです」
「私達にとっては喜ばしいことよ。テレビに出ていたからではなく、ひとつのレストランとして認められた気がするわ」と語るべラ。
「あの番組は貴重な経験だったよ、でもきっと僕達は負ける運命だった、Everything happens for a reason!」
「あのとき負けたから今がある」と語るふたり。

『PINK SALT DOUBLE BAY』は前回の店とどんなところが違いますか?

「そうだね、基本的にコンセプトは同じだけど、Manlyにあった『PINK SALT』をゆっくり、時間をかけて進化させたのが『PINK SALT DOUBLE BAY』かな・・・」
「あそこに注目してほしいいわ!」と店のFeature Wallを指差すべラ。
丸いディスクを一枚一枚丁寧にスプレーペイントし、タイルのようにして貼った壁はふたりのお気に入り。キュートでハイセンスな店内は白と淡いピンクで統一されていて、女の子だったら必ず悲鳴をあげるほど可愛らしいお店だ。

テレビで拝見していたときからとても仲がいいのが印象的なのですが、プライベートとビジネスをどうやって両立しているのですか?

「今はプライベートもビジネスもゴッチャだな・・・本当はきちんと区切るべきだよね」とべラの方を見て笑うエバン。
「でも心に決めているのは、夜寝る前はその日どんな喧嘩があっても必ず仲直りをすること。快く休めるし、それに翌日がフレッシュにスタートできるわ。私たちがカリカリすると店の従業員にそれが移ってしまうでしょ」

おふたりはまだ24歳という、びっくりするほどの若さですが、今後のプランとかはありますか?

「もちろん!」と声をそろえるふたり。
「『PINK SALT』というブランドでまた新たなことを計画中です」
ビジネスというのは常に次のことを考えてないといけないと教えてくれたふたり、
「今がんばれば将来子供ができたとき、仕事やお金のことを気にせずに暮らせるでしょ」

24歳とは思えないしっかりした、若き実業家のエバンとべラ。これからの活躍を期待しています!

PINK SALT DOUBLE BAY

53 Cross Street, Double Bay NSW 2028
(02) 9328-1664
www.pinksalt.com.au
営業時間:火曜日~日曜日
ランチ/11:30am~ 3pm
ディナー/6pm ~10:30pm
バー/火~木 ~1am 金~日 ~3am


ページトップへ