オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


日本人初!オープンウォーター五輪代表

12/09/2013


 

 

 

北京五輪で初めて競技として採用された、オープンウォータースイミング。プールで行なう競泳とは違い、海や湖、川など、予測できない自然環境で繰り広げられる戦いだ。ロンドン五輪で、日本初となったオープンウォータースイマー・貴田裕美選手。幣紙コラムニストで、水泳コーチとして活躍する鬼頭亮介さんの元、休暇を機にやって来たところをキャッチ。日本人として初めて立ったオリンピック舞台、そしてこの過酷な競技に対する貴田選手の思いなどを伺った。

 

 

 

左から:カーライルクラブのヘッドコーチ・ジャスティン・ルースウェルさん、貴田裕美選手、アシスタントコーチの鬼頭亮介さん

 

 
 

ロンドン五輪では、日本人選手として初めてオープンウォーターに参戦され、最終予選では25人中13位という素晴らしい成績を残されました。レースのことは憶えていらっしゃいますか?

 

以前からライバル意識をしている、ウクライナのオルガ・ベレスニェワ選手も同じレースに参加していたのですが、オリンピック出場当日、「彼女には絶対負けたくない」と思っていました。オルガ選手と私の泳力は本当に似ていて、レベルもほぼ同じくらいです。オープンウォーターはコースが決まっていないため、周りの選手の出方によって、自分の泳ぎも調節しないといけないのですが、この大会では他の選手との接触が体力の消耗に影響を与えました。しかし、いざラストスパートに入ると、オルガ選手がすぐそばにいることに気づきました。必死に泳いだんですけど、彼女に越されてしまい、悔しい思いをしたのを憶えています。7位を取得したオルガ選手でしたが、オリンピックを通して思ったのは、世界はラストスパートがものすごく強いということ。でも、それが楽しくてやり甲斐があるものとなりました。

 

 

幼い頃から水泳選手として活躍し、オリンピックを含め、さまざまな大会に参戦されていますが、レース前はやはり緊張されるのでしょうか?

 

かなり緊張する方ですね(笑)。選手によっては、レース前に音楽を聴いてモチベーションを上げるなど、儀式みたいなことをする人もいますが、私にはそういったものはありません。ただ、レース前はできるだけ笑うように心がけています。試合にコールされてスタート地点に向かうとき、無理やりでもニコニコしようとします。たぶんこれが私にとってレースに入る準備のひとつですね。なんとなく気持ちが和らぐんです。

 

 

「自然」という、常に環境が変動するオープンウォーターで戦う貴田さんは、体力はもちろん、精神的にもとても強いと受け取られますが、それでもくじけたり、諦めようと思ったことはありますか?

 

練習が過酷なときや疲労が溜まっているときなどは、正直「きついな~」と思いますね(笑)。でもそのかわりに、試合でよい結果を出せたり、自己ベストを更新したりすると、それがすごく楽しくて「またこういうレースがしたい」と思えてきます。そして「また頑張ろう」、「もっと強くなりたい」、「どんどん世界で戦えるようになろう」と次のステップが見えてきます。オリンピックも、元々出場することだけが目標だったのですが、実際に参加してみて、入賞へと繋がらなかったときに、「やっぱり入賞したかったな」と考えるようになりました。やっぱり目標があることは大事ですね。それを達成するために練習を日々続けるわけで、向かう方向性がないと、なんかダラダラしちゃって…。

 




 

そもそもオープンウォーターにご興味を持たれたきっかけを教えてください。

 

1992年のバルセロナ・オリンピックで、岩崎恭子さんが平泳ぎで金メダルを獲得したことでしょうか。当時小学1年生であった私は、そのレースを見て漠然と「いつかオリンピックに出たい」と思ったのを憶えています。2010年、アメリカで「パンパシフィック」という競泳の選手権があり、自由形の日本代表として参加していた私に、担当コーチが「オープンウォーターの出場は競泳の強化にも繋がる」と勧めて、試しにやってみたのがきっかけでした。

 

 

プールから、オープンウォーターへと移られたわけですが、どういったところに魅力を感じられたのでしょうか?

 

まず、自然の中で泳げること。そして、競泳が強いから勝てる種目じゃないというところです。オープンウォーターは総合力が問われます。何が起きても、どんな状況でも冷静に判断して対応できる能力。そういったことを全部含めて魅力的だと感じます。25キロもある世界選手権は完泳に56時間もかかり、忍耐力も必要とされます。練習でも淡々と泳ぐ私には向いているかな、と思いました。

 

 

日本でのオープンウォーターの歴史はまだ短く、そのため海外、とくにオープンウォーターが盛んな国、オーストラリアに目を向けたと伺いました。

 

日本はまだオープンウォーターに出場したオリンピック選手がいなかったですし、世界選手権にも10年間参加していなかったんです。それで、海外の経験を積んだ情報もわからない状態で、2010年に私が参加することになりました。国内のベテランからうかがえる話も少なかったため、そういったときに、私は自分で調べたり、積極的に情報集めをする必要がありました。そんなとき、2012年のロンドン五輪に向けてオーストラリアで合宿に参加したいと思い、私のコーチを通して水泳コーチの亮さんと知り合いました。それからも、来豪するたびに練習中の海外の選手を観察したり、彼のサポートを始め、海外のコーチに話を聞いてみることができました。オーストラリアとの関係を続けてきたのは大事でしたね。

 

 

今回は、ロンドン五輪以降初となる休暇で来豪されましたが、どんなことをされましたか?そして、普段はこういったオフの日、どう過ごされるのでしょうか?

 

今回は久々のオフでしたので、亮さんのスイミングスクールで水泳仲間とゆっくり時間を過ごしたり、フィッシュマーケットに行くなどと観光も少々行いました。休みの日は、できるだけ友達と会い、いっぱいしゃべることが大事ですね。でも、結局水泳のことは頭のどこかに残っています。あまり調子に乗ったら、水泳に影響するから気をつけないとな…といった思いが頭の中でまわっています。

 

 

これからの目標や、そのためにどういった準備をされているか、お教えください。

 

来年、スペインで世界選手権があります。実は来豪する直前に日本での予選試合があり、そこで優勝ができたので、その選手権には内定をいただいています。最大の目標は、スペインの世界選手権で入賞を果たすことです。去年出場したさいは、良い試合ができず、悔しい思いをしました。「2年後は必ず良い戦いがしたい」、とそのときからずっと考えるようになりました。私の弱点は10キロコースの、最終3キロ地点から始まるロングスパートでスピードダウンしてしまうこと。その辺を改善できたら優勝もできると思っています。オープンウォーターの選手はやはりタイムだけでなく、泳力も重要ですね。オリンピックでメダルを獲得する選手と一緒に並べるように、力を入れています。

 

 

最後に、オーストラリアで海外生活にチャレンジしている日本人にメッセージをお願いします。

 

海外で頑張っている皆さんは本当にすごいと思っています。環境も違いますし、言葉の面なども大変じゃないですか。私の場合は、最後の最後まで諦めないこと。今までオリンピックに4回挑戦してきました。もちろん途中で諦めることも考えました。でも、ずっと諦めない結果、今年の五輪に出場することができたので、皆さんもいつも前へ、前へと、諦めずに頑張ってほしいです。

常に目標へと向い走り、諦めずに頑張れば、その努力は必ず報われる。そう笑顔で教えてくれた貴田裕美さん。今後の活躍から目が離せない。

 




プロフィール:貴田裕美


1985630日、埼玉県で生まれ、その後群馬県で育つ。大学卒業まで群馬藤岡スイミングスクールに籍を置いた。自由形長距離を専門とし、2010年からコーチの勧めでオープンウォータースイミングに参戦。その年、日本代表を決めるオープンウォーター10キロの「ジャパンオープン」で初優勝。2012年、ロンドンオリンピックにてオープンウォータースイミング種目に日本人として初出場を果たした。

 

 


関連記事

今回弊紙は、オーストラリアでの公開を記念して、西村義明プロデューサー、『借りぐらしのアリエッティ』や『思い出のマーニー』で知られる米林宏昌監督、そしてスタジオの国際部責任者を務めるジェフリー•ウェクスラーさんの名様のインタビューを行った。この物語に秘められた彼らの熱い思いをお届けしたい。

この記事を詳しく見る

旅行雑誌『TRUNK』でスタートした「SASARU PROJECT」の連載を皮切りに、Google AndroidのCM「一生分の写真」篇や、日本テレビ『採用!フリップNEWS』に出演を果たし、「世界一地球に刺さった男」として、ギネス世界記録申請予定のkozeeさん。昨年10月には「SASARU〜地球の刺さり方〜」の出版を終え、現在多忙を極めるkozeeさんにインタビュー!

この記事を詳しく見る

インスタグラムのフォロワーが27万5000人。FIG&VIPERのクリエイティブ・ディレクターであり、DJとしても世界各地で活動しているインフルエンサーの植野有砂さんは「ネオギャル」のパイオニア的存在だ。そんな有砂さんが8月30日にシドニーのジャパンファンデーションにて開催されたイベント『Tokyo FRUiTS』に招かれトークイベントを行った。今回弊紙では大盛況のうちに幕を閉じたトークイベントを終えたばかりの有砂さんにお話を伺った。

この記事を詳しく見る

2001年に日本テレビで放送されたリアリティ番組『マネーの虎』で〝冷徹の虎〟との異名を持っていた南原竜樹氏。彼が出資するレストランのひとつ『Tokyo Laundry(以下:東京ランドリー)』が、サーキュラキーに登場したことはすでにご存じであろうか。今回弊誌では新たなビジネス展開を見据えて来豪した南原氏にインタビューを敢行。波乱万丈な生きざまを振り返りながら、南原氏のビジネス感覚を学ぶ。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者
Content afclogo
AFCチャンピオンズリーグ2018開催!

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase