「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 内田けんじ | Cheers インタビュー

Cheers インタビュー

 

 

 

1114日よりスタートする第16回日本映画祭のイチ押し映画のひとつ『鍵泥棒のメソッド』がシドニーとメルボルンの2箇所で上映される。今回弊紙では、12月1日にメルボルンで舞台挨拶を予定している内田監督に作品への思いなどをうかがってみた。

 

 

高校卒業後、映画を本格的に学ぶためサンフランシスコに留学されていますが、その理由と、海外で得られたことについて教えていただけますか?

 

日本がまだバブル期で留学が流行っていて、「留学する」という選択肢が比較的身近にあった時代背景がありました。アメリカに住んでみたいというミーハーな気持ちもあったと思います。そして、日本から離れることによって、日本とか日本人のことについて改めて考える機会を与えられました。これは私の映画づくりに影響をもたらしたと思います。

 

 

映画監督の道を目指そうと考えたきっかけとは?

 

小学校の6年生くらいだと思います。ジャッキー・チェンの映画とか『ロッキー』、スピルバーグの影響だと思います。特にジャッキー・チェンの映画のエンドロールに必ずあった、NGシーン集を見たときは、「映画って人が作っているんだ」と当たり前のことを再認識して、「映画を作る人になる」ということがより具体的な夢になった記憶があります。


エンターテイメント性の強い作品を創ると評判の内田けんじさんですが、ストーリーの設定作りやキャラクター構成のこだわりはどういったものでしょう?

 

まず面白そうな設定を探します。次に面白い展開を考えて、それに合うキャラクターを作ります。ですが、だいたい途中で挫折します。あきらめずに考えて、考え続けて、もっと考え続けると、時折いいアイデアが頭の中に飛び込んできます。キャラクター構成は、自分が魅力を感じる人物にすることです。しかし、脚本を書いている段階では、具体的な役者名を頭に浮かべたりはしません。もちろんキャラクターのイメージは決まっていますが、実際にキャスティングを決める時には、自分のイメージ以上の何かをキャラクターに与えてくれる人を探します。

 

 

今回日本映画際にて上映される映画、『鍵泥棒のメソッド』の製作中に心がけたことはありますか?

 

お風呂屋さんですべてのIDを失うというアイデアは、私が20代のころに桜井のようなアパートに住んでいて、お風呂屋さんに通っていたとき、「ここですべてを失っても、自分は困らないな」と思ってメモっておいたところから来ています。メインキャストの3人には、アンバランスなバランスを求めました。それぞれのキャラクターがそれぞれの目的と事情を持って動いている物語ですので、なるべく相手のお芝居に合わせずに、それぞれのリズムで演じてほしいということを伝えました。観客の予想通りに展開して期待に応えるところと、予想を裏切るところのバランスを工夫しようと考えていました。

 

 

作品の見所を紹介していただけますか?

 

キャストの見所としては、コンドウを演じる香川さんにはおかしみと哀しみのバランスを求め、広末さんはコメディエンヌとしての空気感を演じていただきました。堺さんと香川さんと並ぶときに、その個性が際立つと考えました。私の映画の中では2回目の出演になる堺さんは、本当にどんなポジションでも器用にこなす、技術とスター性の両方を持っている俳優なので、心配はいりませんでした。

 

 

作品完成後の心境と、今後の目標について教えてください

 

今回は作るのが面白かったので、とてもさびしかったです。一度製作が終了しても、映画は作り続けたいですね。目標は常に次回作へと向かっています。

 

 

プロフィール:内田けんじ


1972年神奈川県生まれ。1992年サンフランシスコ州立大学芸術学科映画科に入学。劇場デビュー作となる『運命じゃない人』は、国内外数々のアワードを受賞した。2008年『アフタースクール』では、全国大ヒットロングランを記録。4年ぶり待望の新作となる本作は前作に続き、堺雅人を主演に迎え、トップクラスのエンターテインメント作品となっている。
 
 

 

鍵泥棒のメソッド

監督/脚本:内田けんじ  キャスト:堺雅人 香川照之 広末涼子 

www.kagidoro.com


銭湯に入ってきた羽振りのよさそうな男が転倒し、その場に居合わせた貧乏役者の桜井が様子を見ていると、男は頭を強打した影響で記憶を失っていた。桜井はちょっとした出来心から、男のロッカーの鍵と自分の鍵をすり替える。案の定、自分を桜井だと思い込む男。しかし男の正体は誰も顔を見たことのない伝説の殺し屋・コンドウで、コンドウに成り代わった桜井のもとに、大金が絡む危険な仕事の依頼が舞い込むことになる。一方記憶を失い、自分を桜井だと思い込んでいるコンドウは、まじめに努力して役者として成功することを目指してしまう。

 

 

16回 ジャパニーズ・フィルム・フェスティバル   シドニー会場

日時:1114日(水)~25日(日)

場所:Event Cinema  505-525 George St., Sydney

 


ページトップへ