オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


シドニー生まれのメンズモデル

23/09/2013


 

 



繊細な透明感と、角度によって驚くほど表情を変えるその端正ともワイルドともとれる顔立ちや表情、どこかフェミニンともいえる独特のセクシーさ…。一言では解析できないさまざまな雰囲気を併せ持つ、しかし一言で形容するならば人間に"美しい"という感情を与える彼の姿には、女性・男性を問わず惹き付けられて見入ってしまう。シドニー生まれのメンズファッションモデルSenは、東京を拠点に『メンズノンノ』や『ポパイ』などの人気モデルとして活躍するほか、パリ、ニューヨーク、ミラノなど世界各地で行われるコレクションにも登場する一流モデル。そんな彼、Sen Mitsujiは、実は毎号のチアーズ表紙でもおなじみの宅配サービス『キューブ』の代表、三辻氏の息子。今回は、父・三辻氏の紹介により、東京で多忙な日々を送るSenがクリスマス休暇にオーストラリアへ一時帰国するとのことで、彼が2歳から育ったというシドニー近郊の自宅を訪ねて話を聞いた。

 

 

クリスマスホリデーはいかがお過ごしでしたか?

 

クリスマス当日の朝にこっちに着いて。休みは普通の公園で家族とごろごろのんびりしてました。(オーストラリアに)突然、行きたいと思って、一番安い切符で来て…(笑)。

 

もともと、モデルのお仕事を始めた経緯というのは?

 

シドニー大学に通っている間に、交換留学で海外に出られるチャンスがあって。それで東京に行って、ハチ公前でスタイリストのアシスタントにスカウトされたんです。その仕事で一緒になった女の子たちが、いま僕が入っている事務所の子たちで、それがきっかけで今の事務所に入りました。

 

当時から、ファッションには興味があったのでしょうか?

 

ファッションっていうのは、ただ外から着るものなんだけど、それで中身を変える力があるのが、すごく魅力的だなと。

 

今は東京、パリ、シドニー、ニューヨーク、ミラノなど世界各地を舞台に活躍されていますが、具体的には各都市でどんなお仕事をしているのでしょうか?

 

年に2回、それぞれの街にコレクションがあって。その時期にランウェイ(※ファッションショーでモデルが歩く花道のこと)を歩くために行くんですけど、どの街でも「キャスティング」といって、だいたい一週間かけてオーディションがあります。デザインされた服を着て、顔と体が服に合ってるかをデザイナーに見られる、という。それで服に合っていると、モデルとして使ってくれるんです。

 

それぞれのコレクションで、毎回ゼロからオーディションがあるのですか?

 

そうですね。もちろん、一回やったらそのデザイナーさんは自分のことを知っているので、やりやすいというのはありますが、オーディションは毎回あります。

 





今までの経験の中で、特に印象的だったお仕事は何ですか?

 

パリでやった去年の春夏コレクションかな。THOM BROWNEっていうニューヨークのブランドはいつも普通のランウェイじゃなくて、こだわったショーみたいな感じでやるんです。去年のテーマは「宇宙の旅」で、会場は大学の講義室、モデルは宇宙から戻った宇宙飛行士っていう設定でした。みんな中にそれぞれのスーツを着てるんですけど、外には真っ白な宇宙服を着て、丸いヘルメットもかぶって。44人の大人数が一斉にその格好で出て来て、一周したらプレスの前に並んで立って、同じタイミングで振り向いて。その後宇宙服をひとり一人脱ぎ、中のスーツが現れるという。本当は宇宙にある石とか、地球にはないものを持ち帰る予定だったんだけど、〝服を持って帰っちゃった〟というテーマで。リハーサルは4時間もかかったよ。

 

モデルというと一般的には華やかなイメージがあると思うのですが、そのイメージとは違う裏話などはありますか?

 

もちろん…(笑)。みんなそれぞれ性格は違うものだし、あと、バックステージでは結構待ち時間が多いんです。特に日本では、ショーの7時間前とか(笑)。外国人のモデルが寝坊で来ない場合もあるから、余裕を持ちたいみたいで。リハして、メイクもヘアもやって、それでも5時間くらい待ちます。その間にみんなイライラしてきたり(笑)。

 

モデルをやっていて楽しいと感じるときはいつですか?

 

例えば撮影のときに最後にいいものができる、というのは最高の気分になるんですけど。でも、撮影でもショーでも、メインは人との関係だから、その撮影現場、ロケに行った場所、全部含めて楽しい。あと撮影のときは、100フレームくらい撮ってひとつだけ最高だったらOK、という感じだけど、ショーの場合は一度きりのライブだから、その緊張感は楽しい。歩いてるだけですけどね(笑)。

 

 

 

 

 

ご両親にオーストラリアと日本というふたつの母国をお持ちのSenさんに双方の国のイメージを伺いたいのですが…まずオーストラリアの好きなところは?

 

のんびりしてて…、あと発音が好きですね、オーストラリア英語の。アメリカとイギリスとは違う。海外に行っているときにオーストラリアの発音を聞くと、すぐ仲良くなれる。それは、(オーストラリアを)離れるまでは、全然気にしなかったこと。たぶん深いところにホームシックの気分があるんだと思う。聞くと、安心する。あとはオーストラリアの自然とか。

 

オーストラリアの自然の中でも、特にお気に入りの場所はありますか?

 

(家から近い)ブロンテ・ビーチ。ブロンテからボンダイまでの散歩コースは、ずっと崖の前を通るんですけど、すごくいいです。生まれたのもこの家のすぐ近くで、この家にも2歳の頃から住んでいて、ずっとここで育ってきたので大好きな場所。

 

では、日本の好きなところは?

 

僕は東京しか知らないんだけど。東京の…エネルギー。勢い。ニューヨークもそうなんだけど、人が「何かをやるために集まる場所」というか。日本各地からすごくやる気のある人たちが集まってきて、田舎から出てきた人たちががんばっていて…僕もそうなんですけど(笑)。そのバイブレーションがすごいポジティブで。〝思いついたら何でもできる〟感じ。

 

(リビングに飾ってある写真を見て)素敵な写真ですね。Senさんが撮ったんですか?


はい。(アメリカの)ケンタッキーです。

 

Senさんのブログやホームページには美しい写真がたくさんアップされていますよね。昔から写真を撮ることが好きだったのですか?

 

いや、日本に行ってからですね、それが趣味になったのは。2年ちょっとくらいです。


風景や人物など被写体は幅広いですが、何か自分のテーマや、シャッターを切るときの共通点のようなものはあるのでしょうか?

 

いや、…パターンは作らない方がいいというか、パターンがない写真家のほうが素敵だと思う、やっぱり。自分が知ってる世界をばんばん撮るんじゃなくて、なるべくいつも「新しい写真」を撮ろうとしてる。角度とか、色使いとか。そうした方が、面白いんじゃないかなと。


アメリカの旅の写真もアップされていましたね?

 

ニューヨークではコレクションが2月と9月にあるんです。で、9月の頭くらいからニューヨークにいなきゃいけないと知っていて、810日くらいにロサンゼルスに行って、車買って、彼女とアメリカを横断したんです。

 

特に忘れられない場所はありますか?

 

横断の中では、セドナ。アリゾナ州にセドナって街があって…そこは、天国でした。(写真を見せながら)これは自然の川なんですよ。岩が削られて。地元の人しかいなくて、みんな自由に泳いでる。僕も泳いだよ。

 

今後、旅してみたい場所はありますか?

 

16歳のとき、高校の友達とインドからチベットに行ったんです。そのときに2週間くらい、カンチェンジュンガという、世界3番目の山の近くを歩いて。「朝5時くらいに起きると、雲がなくてエベレストが見えますよ」とガイドさんに言われ、ある日、朝5時に起きたんです。僕は昔から、日本に旅行しに行くとおじいちゃんとよく山登りに行っていて、その思い出の中では、だいたいこういう角度なんですよ、山って(手で目線の角度を示しながら)。でもそのときは、エベレストから30キロくらい離れてたけど、角度がこう、違ってた(ぐっと急な傾斜を手で示しながら)。それを見て、〝やばい!〟と思った(笑)。調べたらエベレストのベースキャンプから1時間のトレッキングコースがあって、案内してくれる人もいる。それはいつかやってみたい。

 

読者にはSenさんと同世代の20代の方も多く、悩んだり、自分探しをしている人も多いと思いますが、すでに世界を舞台に活躍しているSenさんからアドバイスを頂けますか?

 

僕も十分悩んでますよ(笑)。…悩みは、だれでもするし、悩むってことは大事だと思う。だから、自分が悩んでるってことに焦らないで、楽しめばいいと思うんですよね。自分が悩んでるってことは間違ってない、みんな悩んでるんだから。ほんとに好きなもの、やってて楽しいことを探すのってすごく大変だと思う。でもそれを見つけて、やっていける状況にしたら、幸せになれると思うんだよね。よく父親に言われることなんですけど、「わくわくすることに、まっすぐに向かいなさい」と。で、それはすごく楽しいと思う。…あ、あと日本に帰るときはキューブ使ってください()

 

どの質問も、じっくりと自分の中で考えてから、ひとつ一つ丁寧に答えてくれたSenさん。日本語も話すが、英語の方をより得意とする彼だからこそ、発せられる言葉はゆっくりと癒されるような、独特の美しいオーラに満ちていた。世界を軽々と飛び越えながら、独自の世界観を持った彼の今後を楽しみにしたい。



 


Sen Mitsuji


19871126日生まれ。シドニー出身、オーストラリアと日本のハーフ。シドニー大学在学中、20歳で東京へ交換留学、東京でスカウトされモデルの道へ。現在は東京のみならず、パリ、シドニー、ニューヨーク、ミラノなど世界各地で年2回のコレクションを背負う一流ファッションモデルとして活躍。趣味として、自身で撮影した美しい写真の数々を、以下のブログやHPで公開している。

ブログ Hi, I'M SEN』 : 

www.meetsen.blogspot.com

WEB: www.thisissen.com

 


関連記事

今回弊紙は、オーストラリアでの公開を記念して、西村義明プロデューサー、『借りぐらしのアリエッティ』や『思い出のマーニー』で知られる米林宏昌監督、そしてスタジオの国際部責任者を務めるジェフリー•ウェクスラーさんの名様のインタビューを行った。この物語に秘められた彼らの熱い思いをお届けしたい。

この記事を詳しく見る

旅行雑誌『TRUNK』でスタートした「SASARU PROJECT」の連載を皮切りに、Google AndroidのCM「一生分の写真」篇や、日本テレビ『採用!フリップNEWS』に出演を果たし、「世界一地球に刺さった男」として、ギネス世界記録申請予定のkozeeさん。昨年10月には「SASARU〜地球の刺さり方〜」の出版を終え、現在多忙を極めるkozeeさんにインタビュー!

この記事を詳しく見る

インスタグラムのフォロワーが27万5000人。FIG&VIPERのクリエイティブ・ディレクターであり、DJとしても世界各地で活動しているインフルエンサーの植野有砂さんは「ネオギャル」のパイオニア的存在だ。そんな有砂さんが8月30日にシドニーのジャパンファンデーションにて開催されたイベント『Tokyo FRUiTS』に招かれトークイベントを行った。今回弊紙では大盛況のうちに幕を閉じたトークイベントを終えたばかりの有砂さんにお話を伺った。

この記事を詳しく見る

2001年に日本テレビで放送されたリアリティ番組『マネーの虎』で〝冷徹の虎〟との異名を持っていた南原竜樹氏。彼が出資するレストランのひとつ『Tokyo Laundry(以下:東京ランドリー)』が、サーキュラキーに登場したことはすでにご存じであろうか。今回弊誌では新たなビジネス展開を見据えて来豪した南原氏にインタビューを敢行。波乱万丈な生きざまを振り返りながら、南原氏のビジネス感覚を学ぶ。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者
Content afclogo
AFCチャンピオンズリーグ2018開催!

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase