日本が世界に誇るクリエーター YOJI BIOMEHANIKA | Cheers インタビュー

日本が世界に誇るクリエーター YOJI BIOMEHANIKA | Cheers インタビュー

Cheers インタビュー

日本が世界に誇るクリエーター

yoji

日本が世界に誇るクリエーターDJ、YOJI BIOMEHANIKA。「Street Pa rade」や「Dance Valley」、「Godskitchen Global Gathering」を始めとするヨーロッパの巨大ダンス・フェスティバルにヘッドライナーとして招聘され続け、自身のレーベル「HELLHOUSE RECORDINGS」からはダンスミュージック界の歴史に残る数々のキラートラックをドロップ。「ゴッド・オブ・ダンスミュージック」として神格化する彼が、恒例のオーストラリア・ツアーのため来豪する。さらにはYOJI BIOMEHANIKAにより才能を発掘され、今や彼に続くクリエーターDJとして世界から注目を集めているREMO-CONも同じく12月、初のオーストラリア・ツアーのため来豪。日本のツートップといわれるべくDJの来豪ニュースにチアーズはじっとしていることはできなく、多忙を極める2人にインタビューを依頼した。2度とないようなこのチャンス、早速お届けしよう。

自分自身が刺激を受けないとマッタリしてしまうので、
常に新しいことを探している


YOJI BIOMEHANIKA
ヨージ・ビオメハニカ

オーストラリアではシドニーのTransmissionやメルボルンのPharmacyなど、様々なイベントのゲスト出演に加え、2006年にはメルボルンのDJ HellraiserとともにPharmacyのシリーズ・コンピレーション『Pharmacy Vol.4』をリリースされていますが、そもそもオーストラリアとの繋がりが深まったきっかけは何ですか?

もう解散してしまったけど、僕と非常に仲が良いイギリスのLAB-4(トランス、ハードハウスのライブアクト2人組)に進められて来豪したのが始まりやったな。何年前だったかは忘れてしまったけど、現地のプロモーター達が気に入ってくれて…。特にPharmacyやULTRAWORLDのPRを担当するブラッドとは親交が深まって、毎年会おう、何かしよう、っていう仲になったんや。彼が僕の音楽をリスペクトしてくれると同様に僕も彼をリスペクトする、本当にいいやつだ。彼との出会いからほぼ毎年訪れるようになったよ。

世界各国を駆け巡り、イベントに出演されているYojiさんが見る(感じる)オーストラリアのパーティ(クラブ)シーン、そしてパーティ・ピーポーはどのようなものですか?

いい意味でも悪い意味でもないけど、オーストラリアにはやっぱり時間のずれがあるんやな。遠いからしかたないんだけど。例えば去年人気だった音のハードスタイルが今人気だったり。 僕の中ではもう既に消化され、「飽きた」音だから、「あれ?」って選曲に戸惑っちゃうんだな。僕はクリエーターとして常に新しい音を追及したいけど、お客も無視はできない。まあシーンというものは各国によって全く性質が異なるものだから、比較しようがないと思うけど、お客はみんな同じやな~本当心から楽しんでくれる。でもオーストラリアのお客は特にポジティブ。僕も彼らから新たなパワーを受けるから、オーストラリアでプレーするのはいつも楽しみだよ。

今回で3度目となるTransmissionではどのような選曲、パフォーマンスが期待できますか?

“テック・ダンス”という言葉を最近かってに作って使っているんだけど、テクノ、ハードダンス、トランスが交じり合った新しいスタイルが今僕の中で新たな感覚として生まれている。長い間縦ノリのドンドンドンっていう音が人気だったけど、これからは少し横に揺れるバイブがはやると 思うよ。あと海外でプレーする時はその各地でみんなが知っている曲をリミックスすることもあるんやけど、今回はスケジュールが結構タイトなんで、実現できるか分からない。

たしかに凄いハードスケジュールですよね。Transmissonと同日の12月8日には、ビクトリア州のバララットで開催されるULTRAWORLDにも出演されるようですが、どう移動されますか?

どっちのギグが先かまだ分からないんやけど、プライベートジェットで移動するよ。

いつもこのようなハードスケジュールなんですか?

そうやな~。いつも滞在期間が短いから一夜に1つ、2つ、3つのギグをすることもよくあるよ。ヘリで移動することもしょっちゅう。長期滞在っていうのが嫌いだし、これだけ海外に出てると観光にもまったくといって興味がないんやな~(笑)。

今までで最もハードなスケジュールは?

あれは一昨年だったかな。3 DAYS・4 COUNTRY・6 GIG(3日間・4カ国・6ギグ)っていう記録を作ったよ。さすがにあの時は体力的限界を感じたな~。若いころはテンションも高く、眠気を感じることはなかったけど、最近では移動中に睡眠をとるよ(笑)。

海外ではどれくらいの頻度でプレーされるのですか?

4年前に子供が生まれてからは家族との時間を尊重するようになって、去年2人目が生まれてからは多くて月1回、それ以上は全て断念しているよ。それまでは2週間に一度は海外に飛んでたからマイルはかなり溜まったよ(笑)。

ULTRAWORLDには日本のDJ REMO-CONさんが初来豪されますが、彼が現在世界で活躍されるようになったのも、Yojiさんが彼の隠れた潜在能力を見出したからだと伺いました。REMO-CONさんの音楽を初めて耳にしたときのこと、そして彼との出会いについてを教えてください。

これまで僕は日本側のDJに決してポジティブではなかったんや。日本のDJはほとんどが音楽を作らず、ヨーロッパで人気の音をただたん紹介する「ジュークボックス的存在」だって昔から常にシーンを叩いてたんだ。そしたらある日REMO-CONから挑戦状的デモテープが送りつけられてきたのよ。彼の存在は知っていたけど、才能は知らなかった。聴いた瞬間ビビビって凄いものを感じてすぐに「HELLHOUSEでやってみないか」って声をかけたんだ。

日本を代表するクリエーターDJとして、日本からもっと多くのDJやクリエーターを発掘し、世界へ売り込むような任務などは感じますか?

最近は若干あるかな~。昔は「日本代表」の意識などはまったくなく、ただたん自分がどれくらい活躍できるかを挑戦して、結構無責任に行動してきたけど(笑)、最近はちょっと大人になったのかな。日本人にはほんと頑張ってほしいな。

今注目されている日本人クリエーターやDJは?

あとに続くヤツ出てこ~い!って感じやな。REMO-CON以外に才能と可能性を持ったヤツは現時点でいないな~。嘆かわしいよ。事実1日4曲くらいのデモテープが届くけど、ほとんどがヨーロッパから。日本人から送られてくるのは稀だよ。僕はDJとクリエーターとを分けるのはどうかと思うよ…。一種のプレイヤーとして裏づけるパワーは音楽製作そのものだと思っているから。

そもそもミュージック・クリエーション、そしてDJの道を選ぶようになったきっかけはなんでしょうか?

物心がついた頃から音楽は好きで、中学では既にギターを弾き、高1の頃にはラーフィン・ノーズっていうバンドでニューウェーブ、パンク、アバンギャルドが全部混ざった一風変わったアンダーグラウンド的レコードを出したんだ。ソロ活動もした。とにかく常に音楽と隣り合わせに生きてきたから、そういう流れだったと思う。気づいた頃にはダンスミュージックに辿り着いていた。だから自分をDJと思ったことはなく、ミュージシャンだって思っているんやな。今じゃ毎日が音楽製作で、合間を縫ってDJする生活だし…。

音楽製作においてインスピレーションはどこから得られますか?

頭の中に急に現れることもあれば、何週間もシンセサイザーやコンピュータをいじって、ず~っと探しているときもあるよ。

今までで最も製作に時間がかかった作品は?

『SIX HOURS』 (2007年3月リリース)。半年かかったよ。同じ曲に半年もかけると正直おかしくなっちゃうよ。リミックスの場合は締め切りがあるけど、オリジナルの場合はないよね。曲をたくさんリリースされる人にはみぎりや踏ん切りがあると思うけど、僕にはこだわりがあるから「決まった!」っていう瞬間が来ない限り終われないなぁ。

これまでに50を超えるオリジナル曲を製作されましたが、中で一番気に入っているもの、または思い入れがあるものは何ですか?

『NEVER END』(2003年リリース)。最初のテクノ&トランスの融合作だからね。かなり気に入っている。そうそう、『NEVER END』に入っている声だけど、これ昔からの友人で、オーストラリア人のディーナって言う人。だからオーストラリア人には分かりやすい発音かも(笑)。

今更なんですが、YOJI BIOMEHANIKAの名前の由来は?

ヨージ・ビオメハニカは元々ロシアの発音なんや。芸術ものが昔から好きやったんだけど、90年代の初期にロシアの構成主義に触発され、かっこいいロシアの文字で名前をつけたかったんだ。でも、誰も読めないのに加え、印刷所にロシアの文字がない…そんなことでローマ字に…。意味はバイオメカニック、生体力学なんやけど…。あ、でもええこと聞いてくれたわ。実は来年からビオメハニカはやめてヨージだけになろうと思ってたんや。そもそも読みずらいやろ。海外ではバイオメハニカってよく言われるし。もういらないわ~。ヨージのほうがシュッとしていてシンプルでいい。ただ、この呼びづらい名前を世界の人が覚えてくれるようになったのはそこまで自分が認められたんだな~って思ってる。また新たなステップにたどり着いたのかな。

先ほど出てきた“テック・ダンス”もそうだと思いますが、Yojiさんは常にダンスミュージックの先端を走り、波を創っていると思いますが、どうでしょうか?

そうやな~。自分自身が刺激を受けないとマッタリしてしまうので、常に新しいことを探しているなぁ。今後は90年代初期のテクノを作り直したいとも考えているけど、時間がなかなかない…。

Yojiさんにとって音楽とは何ですか?

(音楽)がなかったことが無いので、ないと生きていけない。「聴く」っていうよりも「創る」がやめられない。

最後に、オーストラリアで頑張っている日本人の方にメッセージをお願いいたします。

どこの国でもそうだけど、チャイナタウンのパワーって凄いやろ。日本人ってその国に馴染もうとするけど、中国の人たちは自分たちの環境を作るよね。僕はそういう場所を、日本人街を、居心地が良い場所を作ってほしいな~。

笑える事を心がけている。
カッコいい音を聴くと笑ってしまう


REMO-CON
レモコン

『G-SIGH』や『STREAMS』などの名曲を含め、数々の作品をコンスタントにドロップし、世界に名を馳せているREMO-CONさんですが、ダンスミュージックのクリエーターDJを始められたきっかけを教えてください?

たまたま借りたレコードがノンストップになってた事にびっくりして、さらに、リミックスという再構築作業にすごく興味を覚えたのがきっかけです

名前、DJ REMO-CONの由来は?      

はじめてDJ機材を買った時に、片方がCDプレイヤーで、それをリモコン操作してたから(笑)。

これまでどれくらいの作品・リミックスを手がけてきましたが? またその中で一番思い出深いものはありますか?

別の名前で作ったものも含めると、150以上はあるかもしれません。飽きっぽいので、特に思い出深いものはありません。

音楽を製作にするにあたって、どのようなことからインスピレーションを受けますか? また心がけていることは?

自分で笑える事を心がけてます。 私はカッコいい音を聴くと笑ってしまう癖があります。

製作にはどれくらいの時間を要しますか?      

3日で出来るのもあれば、半年以上かかるものもあります

普段からダンスミュージックを聴かれますか?    

普段は音楽をあまり聴きませんね

Yoji BiomehanikaさんとのインタビューでREMO-CONさんとの出会いは挑戦状的デモテープとうかがいましたが?

そうなんです。Yojiさんが「日本のダンスシーンはセレクターDJばっかりで、クリエイターがいないからダメや」って言ってる記事を読んで。それで刺激を受けて、っていうか今だから言うけど、正直カチンときたので、挑戦状を叩き付けました(笑)。「なにをー、ここにいるぞ!」ってね。それが、『G-SIGH』のデモテープです。

2005年にHELLHOUSE RECORDINSから『G-SIGH』や『STREAMS』を連続リリースされた後、REMO-CONさんの活動、そして生活にどのような変化がありましたか?

すごく変わりましたよ。DJプレーや作品に対するモチベーションとか色々。 私生活も真面目になったかな(笑) 。

今回が初めての来豪と聞きましたが、オーストラリア・ツアーをされることとなったきっかけは何ですか?

ありがたいことに、沢山のリクエストをいただきまして!

オーストラリアのクラブシーンをどのように描いていますか?    

なんでしょう? サウンド的にはハードな音に人気がある、という印象がありますが??

今回のツアーではどういった選曲・パフォーマンスが期待できますか?  

アグレッシブにやらせていただきます!

DJ REMO-CONさんにとって音楽とはなんですか?  

それを言葉で表現出来るのなら、私は音楽を創作していないと思います!

最後に、オーストラリアで頑張っている日本人の方たちにメッセージをお願いいたします。

12月に会える事を楽しみにしています。

※こちらの公演は
すでに終了しています



YOJI BIOMEHANIKA &
REMO-CON:
ULTRAWORLD Festival

日時:12月8日(土)
会場:Krystal Castle Ballarat, VICTORIA



YOJI BIOMEHANIKA:
Transmission

日時:2007年12月8日(土)
会場:Main Arena,
Sydney Olympic Park Sports Centre  Sydney Olympic Boulevard,
Sydney Olympic Park Homebush Bay



REMO-CON:
Sublime@Home Night Club

日時:2007年12月14日(金)
会場:Home Night Club
101/1 Wheat Rd,
Cockle Bay Wharf Darling Park


CHEERS 2007年12月号掲載


ページトップへ