オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


シドニーが生んだタイの国民的歌姫

16/12/2009


シドニーが生んだタイの国民的歌姫

タイで絶大な人気を誇る国民的歌姫、パーミー。圧倒的な歌唱力とエキゾチックなルックス、そして独特の魅力をもつ笑顔がタイの若者の心を奪い、今や誰もが彼女の存在を知るようになった。タイを拠点にアジア各国で活動するインターナショナル・ディーバーが、多忙なスケジュールの合間を縫って来豪。中・高時代を過ごし、彼女のシンガーとしての道を切り開いた土地、シドニーでの初ライブを前に、これまでの道のりを語っていただいた。

「大好きな音楽のため努力は惜しまない」

シンガーとしての道を切り開いたシドニー

1981年8月7日。タイ人の母とベルギー人の父のもと、将来タイのトップシンガーとなるべく女の子、パーミーが産声とともに誕生した。物心がついた頃から歌を口ずさみ、幼くして歌うことに情熱を持つようになったパーミーは12歳で来豪。英語環境に触れてほしいという親の強い希望で、母が働くシドニーへと移住した。学校では美術を専攻し、展覧会や博物館、画廊を訪れることが日課となり、タイには無い新しい刺激を毎日のように受けた。

「オーストラリアのアートはタイのものとはまったく違い、驚かされました。私のアートに対する感受性が高まったと思いますし、この国で耳にした音楽は私がそれまでに知るリズムや歌い方に多大な影響を与え、今に生かされていると思います」

友達と毎日のようにカラオケやCDショップに通いつめ、あらゆるジャンルの音楽に入り浸る中、歌手の道へ進むことを決意。その日から1人での猛練習が始まった。夜が更けるまで歌い続ける中、パーミーは「(歌の)タレントだけが成功の鍵ではない」ということに気づかされ、さらなる努力を重ねる。

「とにかくたくさんの音楽を聴くように心がけました。ジャンルを問わず様々な音楽を聴くことは今では日課となっています。ある特定の音を出す練習を繰り返し、自分が心地よく発声できるテクニックを見つけ出すことに没頭していました。タイの音楽も、洋楽も聴きました。しかし当時は『クランベリーズ』(アイルランドのロックバンド)が大好きだったのでどちらかというと、ロックやオルターナティブ・ポップに偏っていたかもしれませんね」

自分の力を信じ努力を惜しまない

来豪して5年が経過する頃、家庭の事情でタイへ帰国することとなったパーミーは、自作自演のテープを手に、タイの最大手レコード会社「GMM Grammy PCL」に乗り込んだ。洋楽的エッセンスを取り入れたオリジナリティ溢れる音楽は好印象を与え、傘下レーベル「RPG」の所属が決定。ファーストアルバム『パーミー』の製作に打ち込んだ。

「初めは決して華やかな道ではありませんでした。生活していくため様々なバイトを掛け持ちし、苦闘する日々が続きました。また、それまでは単独で行動し、練習をしてきましたが、アルバム製作にあたり、チームとしての仕事スタイルや進め方にも慣れる必要がありました」

自分の力を信じることを母親から教わったパーミーがあきらめることは決してなく、歌手としての夢を実現させるため、全てをこの1枚のデビューアルバムに託した。 アルバム1曲目の「ヤートゥ・ロン・ダン・ダン(大声で歌いたい)」がパイロット曲としてラジオから流れ始めると同時に、思いもよらぬほどの問い合せが殺到。これまでタイにはなかったアコースティック・テイストあふれるポップなサウンドには、オーストラリアで得た洋楽感覚が入り混じり、またバンドをバックに淡々と歌を披露する彼女のステージは、アイドル性と歌謡ショー的な要素が重視されるタイではとても新鮮だった。裸足でステージを駆け巡り、体全体で歌を自由に表現する独特のパーミースタイルと、 70年代を彷彿させるボヘミアンでヒッピーな個性的なファッションセンスも人気の秘訣となった。今やタイのカリスマ的ファッションリーダーとして若者を引っ張る存在となり、2004年に日本デビューを果たした際には各メディアより「タイの浜崎あゆみ」と謳われた。

「正直、ここまで私の音楽が受け入れられるとは思ってもなく、圧倒されてしまいました。私は名声と富のためではなく、自分が愛する音楽を追求し、より多くの方と分かち合いたくこの業界に入りました。その音楽が受け入れられたのは光栄だと思います」

デビューアルバムで空前のヒットを記録し、瞬く間にタイ音楽界の頂点へと登りつめたパーミーだが、決して派手な生活を送るわけでもなく、公共の場では特に、自らの発言や行動に気をつけているという。

「大切な家族や友達を傷つけないため、そしてファンの良きお手本であるため、これは私に与えられた義務だと考えています。もちろんそうしたいという個人的な思い入れや経験もあります。近年メディアというものは多くの人々と社会のあらゆる面に大きな影響を与えています。ある意味諸刃の剣だと思います」

そんな彼女が本誌インタビューを受け入れてくれたことは喜ばしいと同時に、言葉ひとつ一つに気をくばりながら質問に答えるパーミーの視線は、ただの歌手ではなく、プロとしての論理をしっかりと踏まえた女性であることをうかがわせた。

世界を視野に活動する

冬ソナ関連のK-POP(韓国ポップ)や女子十二楽坊(中国の古楽器演奏女性音楽グループ)の大ヒットに続き、T-POP(タイポップ)の人気が急上昇している日本。女性ポップシンガー、タタヤンやブラオイ二ーをはじめ、タイ・ヒップホップグループ、マフなど、T-POPアーティストがぞくぞくとデビューしていく中、パーミーも2004年に日本デビュー。上陸ライブではアップテンポな曲から、ドラマティックでハードなロックナンバー、そして切ないスローナンバーまで幅広く披露し、さらには大好きである宇多田ヒカルの『SAKURAドロップス』やクランベリーズの『ゾンビー』、エヴァネッセンスの『ブリング・ミー・トゥ・ライフ』を熱唱。ジャンルや言語を問わないパーミーワールドに、観客は釘付けになると同時に彼女の計り知れない歌唱力を目の当たりした。訪れた多くのプレスも大絶賛、彼女の知名度と人気はもはや不動のものとなった。

「日本の方たちは、たとえタイ語が分からなくても私をとても温かく受け入れてくれました。その感謝の気持ちも込めて日本盤のリリースを決意しました」

タイでリリースされた2枚のアルバムから選りすぐったベストな選曲で製作された日本独自のアルバム、『パーミー』(ユニバーサルインターナショナル)。彼女の音楽をより一層理解してもらうために、ローマ字による歌詞カードと対訳も添えられた。

「将来は日本のプロデューサーとコラボレートし、日本人ファンのため、日本語の曲がリリースできたらと考えています。熱狂なファンも多く、ファンレターはもとより、昨年タイでリリースした3枚目のアルバム『ビューティフル・ライド』のリリース・コンサートには遥々日本から駆けつけてくれたファンの姿もありました。日本ではチャンスがある限り活動を続けたいと思っていますし、日本に限らず世界を視野に歌い続けたいですね」

3年ぶりとなるアルバム『ビューティフル・ライド』を引っさげて来豪したパーミー。シンガーとして開花したシドニーでの初ライブが待ちどおしいと言う。

「3枚目のアルバムをリリースしてからは、プロモツアーでタイの各地を駆け巡るハードなスケジュールが続きましたが、ツアーも無事終わり、4枚目のアルバム製作の合間を縫って海外ライブが実現することとなりました。シドニーでタイレストランを営む知人からの熱いお誘いを受け、今回のライブが決定したのですが、母も友達もいるこの土地で歌えることは私にとってボーナスです。愛する人たちと過ごすことは、私にとって電池を充電するようなもので、ハードなスケジュールに向けての準備期間でもあります」

年に一度は母親や友達に会うため来豪するパーミーだが、毎回欠かさず訪れるのがシドニーの‘ファッション・セントラル’と言われるニュータウンやパディントン。ヴィンテージ物が特に好みで、雑誌やストリート・ファッションからアイディアを得て自分のキャラクターに合った、そして着心地が良いものを選ぶという。普通の女の子のように「友達と出かけ、大好きである博物館や動物園を訪れたい」。しかし、ここまで頂点に登りつめると常に時間に追われてしまうのが現実。

「私がこれまで得た最大の教訓は、『どのキャリアを選んでも、同等に厳しく、常に不測の事態を予測しなければならない』ということです。デビューしたての私の経験と能力はとても限られたものでしたが、多くの方に支えられながら、幸運にもたくさんのチャンスもいただき、この業界で6年目を向かえることができました。これまで得た貴重な経験は、私が選んだ道、愛する音楽を続けることを可能にしてくれると思います。そして日本のファンの皆さん、いつも温かいサポートをありがとうございます。アルバム『ビューティフル・ライド』は私たちチームが精を出して努力した自信作ですので是非聴いてくださいね!」

(文中敬称略)

ロング・ヘア、ブレスレットに鼻ピアス。穏やかな美しさに満ちた25歳が歌手の道を決意した土地、シドニーでその成功を披露する。たとえタイ語が分からなくても、彼女が奏で出すメロディーと洗練された笑顔に吸い込まれることは間違いないだろう。

Palmy
First Live in Sydney (終了しました)
8月19日(日) 9PM~ The Metro Theatre 624 George St., Sydney 前売$49、当日$69 前売券購入先:Eden Education & Migration Centre Shop19 / 477 Pitt St., Haymarket Tel:02 9212 4891 info@eden-education.com

Palmy

1981年8月7日生まれ。タイ人とベルギー人のハーフ。12歳で来豪し、タイにはない新しい刺激を受けながら、愛すパーミーる音楽の道を進むことを決意。その後自作自演のテープとともにタイへ帰国し、最大手レコード会社「GMM Grammy PCL」に乗り込む。2002年12月にアルバム『』でデビュー。「ヤートゥ・ロン・ダン・ダン(大声で歌いたい)」が空前のヒットとなり一夜で大スターとなる。2003年7月にはセカンドアルバム『ステイ』を発表。2004年、日本デビュー。2度の来日公演を果たし、日本語盤アルバム『パーミー』もリリース。2006年、3枚目のアルバム『ビューティフル・ライド』をリリース。好きなアーティストはべス・オートン(英国)、ビック・ルンガ(ニュージランド)、クランベリーズ(アイルランド)


August 2007 RHYTHM8月1日号 掲載


関連記事

今回弊紙は、オーストラリアでの公開を記念して、西村義明プロデューサー、『借りぐらしのアリエッティ』や『思い出のマーニー』で知られる米林宏昌監督、そしてスタジオの国際部責任者を務めるジェフリー•ウェクスラーさんの名様のインタビューを行った。この物語に秘められた彼らの熱い思いをお届けしたい。

この記事を詳しく見る

旅行雑誌『TRUNK』でスタートした「SASARU PROJECT」の連載を皮切りに、Google AndroidのCM「一生分の写真」篇や、日本テレビ『採用!フリップNEWS』に出演を果たし、「世界一地球に刺さった男」として、ギネス世界記録申請予定のkozeeさん。昨年10月には「SASARU〜地球の刺さり方〜」の出版を終え、現在多忙を極めるkozeeさんにインタビュー!

この記事を詳しく見る

インスタグラムのフォロワーが27万5000人。FIG&VIPERのクリエイティブ・ディレクターであり、DJとしても世界各地で活動しているインフルエンサーの植野有砂さんは「ネオギャル」のパイオニア的存在だ。そんな有砂さんが8月30日にシドニーのジャパンファンデーションにて開催されたイベント『Tokyo FRUiTS』に招かれトークイベントを行った。今回弊紙では大盛況のうちに幕を閉じたトークイベントを終えたばかりの有砂さんにお話を伺った。

この記事を詳しく見る

2001年に日本テレビで放送されたリアリティ番組『マネーの虎』で〝冷徹の虎〟との異名を持っていた南原竜樹氏。彼が出資するレストランのひとつ『Tokyo Laundry(以下:東京ランドリー)』が、サーキュラキーに登場したことはすでにご存じであろうか。今回弊誌では新たなビジネス展開を見据えて来豪した南原氏にインタビューを敢行。波乱万丈な生きざまを振り返りながら、南原氏のビジネス感覚を学ぶ。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者
Content afclogo
AFCチャンピオンズリーグ2018開催!

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase