全身全霊でパーティをロックするDJ集団 アスタラビスタwith中田クルミ | Cheers インタビュー

全身全霊でパーティをロックするDJ集団 アスタラビスタwith中田クルミ | Cheers インタビュー

Cheers インタビュー

 

 

 

「音楽が好きだから」この言葉がまるで彼らの合言葉のようだった。それぞれ駆け抜けた時代を超えて集結した「アスタラビスタ」は、adios a.k.a YUTAKA(Full Of Harmony)、GooF (SOFFet)、DJ ISO (MELLOW YELLOW)、AKALITTLE(KICK THE CAN CREW)、MASSATTACK (SPONTANIA)、JEFF兄 a.k.a Ryo-Z (RIP SLYME)からなる5MC+1DJ。それぞれの個性がファンタスティックに融合された異色ヒップホップグループから、今日4人のメンバーと、同事務所『アソビシステム』の超期待の星、DJ・モデルとして大活躍中で『HARAJUKU KAWAii!! TV』にも出演する中田クルミ(CLM)が、ジャパニーズイベントのゲストとしてシドニーに上陸した! イベント明けのインタビューでさらに素顔をクローズアップ!

 

 

昨日のDJイベント『ジャパソウル』いかがでしたか?

 

MASSATTACK(以下M): 今回、Ryo-Zの代わりにクルミちゃんに来てもらったんだけど、イベントが始まる前から、海外のクルミちゃんファンが待っていたり、これは今夜もすごいイベントになるな…て思ってたら、まさにすごく盛り上がって楽しいイベントになりました。
中田クルミ(以下中): 本当に! 出待ちファンがいてくれたことに驚きました! 初オーストラリアだったんですけど、『HARAJUKU KAWAii!! TV』というYou Tube番組を日本以外の国でも見ていただいてたことに感激したし嬉しかった。この番組、だれが見てくれてるんだろう…ってぶっちゃけ思ってたんですけど(笑)。シドニーで「見てます」って言う人に出会って、本当に嬉しかったです。
ADIOS A.K.A YUTAKA(以下Y): 俺はめちゃめちゃ酔っぱらって強制送還になるかと思った瞬間もあったけど楽しかったね~。
M: モンスターユタカを見たよね。
M: リっ君(AKALITTLE)人気もすごかった!
AKA LITTLE(以下L): 自分のツアータオルを持って来てる人とかもいてびっくりした。アスタラが来豪するかどうかも知らないのに、持ってきてくれていたってことだから、本当に感動したね。
DJ ISO(以下I): ところで、Ryo-Zの代わりって言ったけど、GooFもいるから(笑)。一番来たがってたデカい奴がいるからね。
全員:  そうだった(笑)。

 

左:中田クルミ 右:MASSATTACK

 

日本とシドニーでのイベントの違いはありましたか?

 

M: 日本のクラブよりも、もっと単純に「楽しもう!」っていうお客さんが多くいるように感じるよね。単純に楽しみたいって人の雰囲気とかが違う。
中: お客さんが受け身じゃない感じがいい! 純粋に楽しみに来てくれる人が多いからこっちもすごく楽しかった!
M: もう、住みたいよね。
全員:  チアーズさん! ビザお願いしますっ!


 

クルミさんが読者モデルとしてキャリアをスタートされた後、DJデビューをしたきっかけを教えてください。

 

中: パイオニアでのイベントに呼ばれて、そこでDJのプレイを教えてもらったことが始まりです。音楽が好きなんですけど、もともとはクラブミュージックとか全然聴かなかったんですよね。ロックとかビジュアル系が好きで、中学生の時はビジュアル系グループ『雅』のファンクラブに入って追っかけしてました!
全員: へえ~(驚)!
中: だから、DJは本当にたまたま頂いた仕事がきっかけなんです。

  

 

実際にDJを始めてみていかがですか?

 

中: 自分が好きな音楽をかけてそれを楽しんでくれるお客さんがいる、こんな嬉しくて楽しいことってないなって思います。

 


現役芸大生のクルミさんは、モデル、DJと活躍されている傍ら、学校では女優さんを勉強していると聞きました。

 

中: はい。もともと、小さい頃からクラシックバレエを習ってて。けど、自分がバレエで生きていくのは無理だなって思ったときに、ひょんなことから、ミュージカルに出るきっかけがあって。そしたらそれが楽しくて、もっと役者を勉強して女優になりたいって思いました。バレエをやってなかったら絶対に今ニートです(笑)。



クルミさんは漫画が好きと聞きましたが、今一番オススメの漫画や本があれば教えてください。

 

中: はい、漫画好きです! 今気になってるのが、『テラフォーマーズ』!
L: ゴキブリのやつだ。
中: そう! 火星に地球人が移住しようっていう話で、酸素をつくるためにゴキブリを火星に大量にまいて、何年後かに見に行ったら、ゴキブリが超進化してて、ゴキブリVS人類っていう話です。2013年の漫画大賞もノミネートされてるはずです。
I: すごいストーリーだよね。
中: あとは、『ジョジョの奇妙な冒険』が大好きなんですけど、この前、英語版を誕生日にもらって全巻持ってます。

 

 

落ち込んだとき、ストレスがたまったときなどの、ストレス解消法などあれば教えてください。

 

中: 酒を飲む?
全員:  それは俺らみたいなオヤジの言うことだよ。
中: クラブとかも行きますよ。お酒飲んで騒いで~。
全員:  俺らとかわんね~な~(笑)。
M: 僕はラブストーリーとか夢が見れるような映画見て、涙して…あぁ、明日も頑張ろう~みたいな。
全員:(笑)。
I: 僕はアスタラが元気の源というか、色々な発散の場になってますね。
全員:  いいこというね~! 間違いない!

 

DJ ISO

 

アスタラビスタのメンバーはそれぞれご活躍されてるグループがありますが、アスタラビスタと意識的に相違を持っている部分はありますか?

 

全員:  全然違う…(笑)。
L: 自分の事務所の人に、「アスタラが楽しいのはわかるけどさぁ~」って言われて苦笑い(笑)。
I: 仕事じゃできないような、いや、仕事なんだけど、本当にやりたいことをやっているっていうか、アソビシステムさんにご迷惑をかけつつ、感謝しつつ、やりたいことする!みたいな。
中: そもそも皆さんどんなきっかけで集まったんですか?
Y: 俺がやってる居酒屋にみんな集まってて、気がついたらできてた(笑)。みんなそれぞれ別で飲みに来てくれてて、カウンターに最後まで残って酒を飲んでた酒豪が結果的にメンバーだね。

 

 

リトルさんは後から加入したんですよね?

 

L: はい。僕ももともと飲み仲間で、楽しそうだな~って思ってて、「最近、ちょっと自由になったんだよね」って話したら、あ、じゃあ次のイベントにって(笑)。話し進むのが早い早い。
全員:  (ニヤリ)

 

 

小さい頃の夢はありましたか?

 

中: セーラームーン。
全員:  っぽい!
中: みなさん消防車とか?
全員:  消防車って車かよ(笑)。
I: けどとりあえず、カメハメハは練習したよね。押し入れに向かって。
全員:  わかる(笑)!
中: ポケモンが流行ってたから、自分は「選ばれし者」になるかもって構えはありました(笑)。
M: 俺は忍者。
Y: 忍者は練習したらなれるって思ってたよね。
L: うん。近所の砂場で砂切る練習してた。
全員: (笑)

 

 

そんな幼少時代を経て、今音楽を職業にされてるきっかけとかはありますか?

 

M: 僕はアメリカにいた頃から音楽が大好きで、とにかく曲作ってたな。
Y: 俺も音楽がずっと好きで、もともとはロックバンド組んでたりしてた。
L: 学生のときから音楽が好きでずっとやってて、気がついたらそれで飯くって、職業になってた感じ。
I: みんなそう、音楽が好きで気がついたら…だね。
Y: 本当に好きだから、食えても食えなくても、やめられないよね。
全員: その通り!


 

今までで一番辛かったことはなんですか?

 

Y: あ、それ聞いちゃう(笑)?
L: 結構色々経験してるから聞いたら泣いちゃうよ~(笑)。
M: 俺はね…男子高のときに共学の女の子と付き合ってて、彼女の浮気現場を目撃したんだよね。横浜のいつもの駅の隣のプラットフォームで。そしたら彼女が今まで見たことない笑顔で、男と手をつないでる姿を見てさ…すぐ、隠れましたね。
全員: 隠れたんだ(笑)。
M: そう、見つかっちゃうって、隠れた(笑)。その後も話を聞きたくて公園に呼んだんだけど、3時間待ったけど来てくれなくて…。彼女にプレゼントするはずのネックレスをオカンにあげたらオカンが喜んでさ、風呂場でシャワー浴びながらドラマ並みに号泣よ。それで、アメリカ行くの決意しましたから!
全員: よかったじゃん(笑)!
M: そう。だから「今はセンキュー!」ってね。
全員: (爆笑)。
M: 一生ひきずるよ。未だに心の傷で。だから僕は女性不信なんです! これ、チアーズにしっかり書いといてくださいね。「チアーズはMASSATTACKを応援します!」ってつけて。
I: すごいの出ちゃったな。
L: 次のラブソングは「今はセンキュー」だね。
全員: いいね~(笑)!

 


左:AKA LITTLE 右:ADIOS A.K.A YUTAKA

 

今、一番の欲望はなんですか?

 

M: アスタラ欲かな。何日か会わないと寂しい…。
I: そうそう。みんな元気かな?ってなるよね。
Y: 無駄にLINEでスタンプ打っちゃったり(笑)。
M: そうそう。信頼してる仲間だから会いたい!
Y: クルミちゃんは?
中: 仕事がほしい (笑)!
全員: あるじゃん! 忙しいじゃん!
中: いやいや、家でモンハンしてますから…もっとほしい(切実)。


 

お洒落だと評判の皆さんが今ハマっているファッションや気になっているスタイルなどあれば教えてください。

 

M: アスタラはみんな個性はバラバラだけど、イベントとかになると、ちゃんとまとまるよね。
I: しかし、マサはお洒落だよね~。なかなか着こなせないよ、その奇抜なセーターにマスタッシュのネックレス。
全員: 着れない、着れない。
中: 今、日本でもオーストラリアブランドがすごく流行ってて、気がついたら着てることが多いです。Ksubiや、sass&bide、SHAKA、Something else、one tea spoonとか他も、本当にいっぱい入ってきてて、私自身も好きだし、日本で確実に流行ってます。
アスタラビスタ全員: どうしよ…全然知らない(笑)。


 

今後の活動、予定について教えてください。

 

中: またオーストラリアに呼んでください!
L: 来年にアスタラでリリースが決まってるから…。
M: その前に、もう一度シドニーに、1月くらいに一度呼んでもらいたいね。夏ね、夏の間に来たい(笑)。次はフルメンバーでね。
全員: そう! Ryo-Zも入れてフルメンバーで来たいね!
L: 次回はぜひライブがやりたい!
全員: それ!!
I: あと、またGooF忘れてるから。
全員: そうだった(笑)。

 

 

 


アスタラビスタ


 

ファッション業界や音楽業界、芸能界に携わる、いわゆる業界人が多く住んでいる街、東京は三宿。そんなオシャレな街“三宿”で、長年業界人に愛され支持されている老舗クラブがある。その名は三宿web。スペースこそ大きくないが、そこには濃い内容のパーティと、もの凄い濃いお客さんが集まる。そしてその老舗クラブで生まれた濃いパーティが、アスタラビスタ。三宿のバーに夜な夜な集うおもしろいメンバーで構成されたグループで、メンバーは、adios a.k.a YUTAKA (from Full Of Harmony)、GooF (from SOFFet)、DJ ISO (from MELLOW YELLOW)、AKALITTLE (from KICK THE CAN CREW)、MASSATTACK (from SPONTANIA)、JEFF兄 a.k.a Ryo-Z (from RIP SLYME)の5MC+1DJ。それぞれが違うグループで活動を行いつつ、個々の個性をそのままに活かしているところがアスタラビスタの最大の魅力。昼夜問わず、場所を選ばず、常に全身全霊でパーティをロックする、パーティのプロフェッショナル集団。

 

 

中田クルミ(CLM)


 

 

 

 

1991年生まれ。現在日本大学藝術学部に通いながら青文字系雑誌の「Zipper」やハイファッション誌「Numero」などでモデルの活動を行う。Googleモバイル「探そう。運命の出会い?」のCMや、AEON2013イオンのゆかた「和★レボリューション」のCMにも出演するほか、☆Taku Takahashi(m-flo)が提唱するダンスミュージック専門の音楽ストリーミングサービス「block.fm」の「THE NIGHTSAVED MY LIFE」でレギュラーMCを務めている。モデルや女優、MC以外にDJ活動も行いイベントにも出演。

 

 


ページトップへ