WSW Youssouf Hersi選手 インタビュー | ワンダラーズを追え!
 

Youssouf Hersi ユスフ・ヘルシ MF#17

 



エチオピア生まれ、オランダ育ちの30歳。180cm13歳でオランダサッカーリーグの名門チーム、アヤックスに入団。キャリアの大半をオランダで過ごす。スピードのある攻撃的なウィンガーで、持久力には絶対の自信を持つ。エキサイティングなパフォーマンスは、ファンから大人気。小野選手との連携プレイも見所だ。現在シングルで、パートナーを探しているとか?

 

この度ワンダラーズとの契約を1年延長されましたが、このクラブに残りたいという意思は初めから強かったのでしょうか?

 

実は初めはヨーロッパに戻りたいという思いが強く、このチームを去ろうと思っていたんだ。でもコーチやチームメイトから電話をもらったり、(来豪中であった)母親や兄弟と相談するなかで、今まで5年間あらゆるチームを点々としてきた自分が、多くのファンがサポートしてくれ、心からハッピーでいられる素晴らしい環境でサッカーができることに感謝するようになった。ハッピーでいられるんだから、なぜここを去るのかってね。人生で一度は自分の心に素直にならなくちゃと思うようになった。

 




ここ数試合、ユスフ選手の笑顔がとても印象的です。ワンダラーズでのサッカーは楽しいですか?

 

僕はサッカーをしているときはいつもハッピーだし、ポジティブなんだ。世の中にはサッカー選手になりたいと夢みる人が多くいると思う。そんな中、神様からサッカーの才能をいただいた僕は、誇りに思うし、感謝もしている。だから楽しんでやらなきゃいけない。今を楽しみたい。僕がポジティブであれば、それはチームにもファンにも連鎖し、そしてそのポジティブなエネルギーが僕にしっかりと跳ね返って来る。サポーターの応援を聞いていると、たとえ疲れが出てきても、まだ頑張れる、得点をもっと入れたいと、あと一歩頑張る勇気が沸いてくるんだ。

 

2月14日現在、5得点を上げられていますが、今シーズンの目標得点などありますか?

 

昔はたしかに(ゴール数の目標が)あった。でも今は勝つことだけを考えるようになったよ。「僕」ではなく、大切なのは「チーム」。だから毎試合、すべてを捧げて楽しみながら頑張っている。もう数字は関係ない。

 

ここ数試合、小野選手との連携プレイが目立ちます。

 

シン(小野選手)はオランダのフェイエノールト時代から知っているんだ。当時20代だった彼は神と言っても過言でないテクニカルな選手で、フェイエノールトの選手たちからよく話しを聞いていた。だから彼とは言葉にしなくても思いが通じることがよくあるんだ。シンはよくマークされているから、難しいこともあるけど、お互い助け合ってチームに貢献しようという気持ちが強いよ。彼もステイ(契約延長)するといいな。

 
ユスフ選手の活躍が目立つようになり、街中などで気づかれることは増えましたか?

 

来たばかりの頃はまったくだったけど、最近はよく写真やサインを求められるようになってきた。でも僕は僕だし、変わることはない。普通でありたいんだ。ファンからメッセジーをもらったら、もちろん返す。サポートしてくれるんだから、感謝しないとね。

 





オフの日はどう過ごされますか?

 

リラックしたり、映画やビーチへ行ったり、外食したり…。サッカーだけのために来豪したのではなく、パーソナルライフのためにもやって来た。さまざまな人種が暮らし、あらゆる言語が飛び交うこの国をもっと知りたい。オランダに戻ったとき、サッカー以外のことを話せるようになりたいから。

 
お気に入りの外食先などありますか?

 
日本食やイタリアンが好きかな。でもスプリンターだから、90-95分間走り続けるためにも、普段から食生活には気を使っているよ。食べたいものすべてを食べていたら、パフォーマンスに影響が出るからね(笑)。

 

最後に今季の目標を教えてください。

 

健康であり、毎試合を楽しむ。リーグで行けるところまで行きたい。あとはハッピーであること。今の僕のキーワードは「ハッピー」なんだ。



 

 

ページトップへ