オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

娯楽記事

407見つかりました

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

16ヵ国がアジアの頂点を狙った第16回AFCアジアカップは、開催国のオーストラリアが激闘を制して初優勝を飾った。

この記事を詳しく見る

これは、大東亜戦争末期、日本軍マニラ海軍防衛隊の絶体絶命のピンチに、自ら責任をとり、部下の台湾人日本兵を救った海軍警察隊大隊の長物語であり、命を救ってくれた報恩感謝に燃えて、一九七六年から慰霊祭を続けてきた台湾人元日本兵とそれを引き継いだ日本人の物語でもある。

この記事を詳しく見る

2月1日にメルボルンのAAMIパークで行われたメルボルン・シティ戦に登場した日本人選手2人。田中裕介選手(3番)は初出場でフル起用、髙萩洋次郎選手(10番)は開始5分で初得点を決める快挙を成し遂げた。

この記事を詳しく見る

先天性聴覚障害を持つ永田麻衣さんが、ある出来事ををきっかけに一念発起してワーキングホリデーで来豪。

この記事を詳しく見る

「私、生まれも育ちも葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使いました根っからの江戸っ子。姓名の儀は車寅次郎。人呼んでフーテンの寅と発します。」新年特集は寅さんで、笑ってください。

この記事を詳しく見る

第三代将軍・徳川家光のもと、一国一城制を定め、武家諸法度を発し、江戸幕府の基盤を完成しつつあった矢先に起こった島原の乱は、江戸幕府を震撼させました。

この記事を詳しく見る

今も皇居の北桔橋門近くに残る天守台。そこに、一六五七年の明暦の大火で炎上した天守閣を、現存する「建地割図」(城の断面図)を基に、江戸城の天守閣を木造で再建しようという計画が進められている。 十万人以上の犠牲者を出した明暦の大火で江戸城が焼け落ちて、今年で約三百六十年。復興に待ったがかかった江戸城天守の再建はなるのか?

この記事を詳しく見る

熊本県にある熊本城の「武者返しの石垣」。一見、容易に登れそうですが、上に行くほど反り返るため現実には困難でしょう。その石垣は、加藤清正が近江国から連れてきた石工集団に造らせたとされます。 約六年かけた〝難攻不落の名城〟の完成から二百七十年を経た一八七七年の西南戦争。官軍が立てこもる熊本城を薩摩軍が三日にわたって総攻撃するも、一兵たりとも入ることができず、籠城戦は官軍の勝利で終わります。 今回ご紹介するのは、難攻不落のはずだったが、たった半日で落城。しかも、即、廃城となった静岡県三島市の箱根山の山中城を

この記事を詳しく見る

数世紀を超えて、今も日本人の心に勇気や教訓を与える城郭。今回から四回にわたり、日本の城をご紹介しようと思います。できる限り自分の写真でご紹介したいので、回数は限られます。

この記事を詳しく見る

人間の宇宙探査の歴史の中で、一九六九年の人類史上初の月面着陸は素晴らしい偉業だった。だが、その陰に隠れて、太陽の影響圏を脱し、昨年、史上初めて星間空間を旅する人工物となった宇宙探査機ボイジャー一号の活躍は、決して見落としてはならない。一九七七年に打ち上げられて以来三十六年。木星や土星を観測し、木星の衛星イオに地球外初の火山活動も発見した。ボイジャー一号は今、地球から光速でも十七時間以上というかなたを飛行中だ。宇宙のすべてを分かりたいという、私たち人間本能の知的欲求を駆り立ててくれたボイジャー一号を誕生させ

この記事を詳しく見る

日本では、新成人は新しい服を着て成人を祝います。蝉の幼虫は古い殻を脱いで、成虫になります。シドニー周辺の今年は、蝉の大豊作。「蝉の大発生は、シドニー周辺とブルーマウンテンでは二〇〇六年以来最大だ。おそらく二〇〇七二〇〇九年の発育状況が良かったせいだろう。春の十月は異常に暑かったので、蝉の全種類が地上に出てしまったようだ。通常クリスマス時期に鳴くダブル・ドラマーまでもそうだった」(オーストラリア博物館の博士、デイブ・ブリトン昆虫収集部長)。

この記事を詳しく見る

ヨーロッパからの第一船団がシドニー湾に入ってきた時、シドニー湾には十四島が浮かんでいた。年を経て、コカトゥー・アイランドに一番近いスペクタクル・アイランドはふたつがひとつになり、他に五島が本土と地続きなって吸収合併され、現在は七島である。

この記事を詳しく見る

悪名高い泰緬鉄道とは、太平洋戦争中に日本軍鉄道隊が一九四二年の秋から一年をかけて建設したタイとビルマ(現ミャンマー)を結ぶ全長四百十五キロの鉄道のことだ。

この記事を詳しく見る

2013年の1年間も、小生の記事を読んでくださり、厚くお礼を申し上げます。秋田県角館生まれの歌人遠藤桂風は、若山牧水に師事し、「山には山のいのちあるかも 抱かれて朝夕あるに心足る」と詠みました。山懐の自然で角館の人々は伝統を受け継ぎ、心を磨き、文化を育んできました。年末年始、日本の故郷に帰る方。故郷はあるけど、帰らない方。故郷はあるけど、もう迎えてくれる人もいなくなってしまった…という方もいらっしゃるに違いないです。この特集は、故郷に帰らずオーストラリアで2014年を迎える方々のための、さわやかな「笑いの

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

柔らかく伸びやかな高音とその声量。類まれなる独創性と歌唱力の持ち主は、Mr.Childrenの桜井和寿やスキマスイッチの大橋卓弥、一青窈、木村カエラなどから高い評価を受けている本物。Mr.Childrenを手がける音楽プロデューサー小林武史に「10年に1度の逸材」として発掘されたSalyuが、シドニーフェスティバル2015に登場する。来豪直前のSalyuにインタビュー!

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

来年1月9日に、AFCアジアカップオーストラリアのグループリーグがついに開催される。日本代表をはじめ、開催国であるオーストラリア代表、W杯でともに屈辱を味わった韓国やイランなど、16大会が参加する同大会の開幕戦は、メルボルンで行われるグループAのオーストラリア対クウェート戦だ。前回王者で最多4度の優勝を誇る日本。連覇を狙う日本代表にとっては、アギーレ監督を迎えての初の公式大会となるが、先日行われたオーストラリア代表との親善試合を見る限りでは期待が高まる。

この記事を詳しく見る

サッカー日本代表の親善試合を巨大スクリーンで応援しながら、日本が誇る伝統的文化のひとつ『笑い』をここシドニーでも伝えることを目的としたイベント『国際親善試合開催! 日本VSオーストラリア+よしもと芸人バンビーノが登場!』が11月18日にタウンホールの80 Proofにて行われた。当日は、300人を超える方が来場、オーストラリアに圧勝した日本代表サムライブルーの活躍に歓喜し、芸人日本代表であるバンビーノのネタが爆笑を生むイベントとなった。そんなバンビーノにオーストラリアの印象から今後の目標にいたるまでロング

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る
Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者
Content afclogo
AFCチャンピオンズリーグ2018開催!

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase