オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
シドニーグルメ情報

編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR


お酒を楽しみながらレコード探し

02/10/2013


 
 
 
 
 
お酒を楽しみながらレコード探し
 
MOJO Record Bar
 
 
商業ビルディングがひしめきあうシドニー・ビジネス街の夜の顔、言わずと知れた隠れ家バーの密集地帯である、ウィンヤードのヨークストリート沿いに、仕事を終えたオージーが集う憩いの場がある。
温かみのあるレコードの音色に誘われるよう入り口から地下へとつながる階段を下ると暗がりから『MOJO Record』が顔を覗かせる。ロック、ブルース、ジャズなど700の厳選されたコレクションを所有した老舗のレコードショップは、昨年の7月、ヨークストリートを挟んだ向かいからこの地下へと移り、音楽と酒という実に相性のいいコラボレーションをこの新天地で実現したのだ。
そのレコードショップの脇を奥に抜けると、アンバー色に光るライティングと、マホガニー調の家具、ビンテージカーペットに赤いバックライトが温かくゆったりした雰囲気を演出するバー『MOJO Record Bar』へと到着する。店内で喫煙が許されるならば、思わずくゆらせたくなるような、ちょっぴりアンダーグランドとも言えるスポットだ。
フルーツなど新鮮な材料を使用した豊富なカクテルの数々に加え、オーストラリアンローカルのセレクションにこだわったワインやビールが充実しているのが特徴的。8時半前に来店した場合は、お酒を楽しみながらレコードを物色できるというから音楽好きにはたまらない。昨年は2000人以上の『タイムアウト』読者が選ぶ、ピープルズ・チョイス賞を受賞し、今では4時になると人が並びだすほどの人気隠れ家バーにまで上り詰めた。

温かくなってきたシドニーの夜、ウィンヤードでバーのハシゴを楽しんでみるのはいかがだろうか。
 
 
 
 ロンドンでの経験を経てバーテンダーとして働くダンさんが、お客の好みに合わせてその日のドリンクを提供してくれる。
 
 
 





Woodford old fashion

ウッドフォードリザーブバーボンをベースに、アンゴスチュラやチョコレートなどのビターズとオレンジのガー二ッシュで香り付けをしたオールドファッションなステア。ひと口目でオレンジの香りが口に広がり、バーボンをより飲みやすくさせてくれる。









:Mojo rising

パッションフルーツのピューレに、アップルジャックのブランデー、サンジェルマン・エルダーフラワー・リキュールを入れ、ビターズで仕上げたシェイクカクテル。フローラルな香りで飲みやすく、甘いジュース感覚がちょっと危険。
:Fizz me up

ケテルワン・シトロエンのウォッカ、サンジェルマン・エルダーフラワー・リキュールに、パッションフルーツのピューレやレモン、卵白などとともにシェイクし、ソーダで割ったFizz me up。甘さ控えめでさやかな柑橘系がこれからの暑い季節によくあう。

 


 

 

MOJO Record Bar

Basement level, 73 York Street, Sydney
Tel:02 9262 4999
 
Record Store
月~水10 - 17:30
木金10 - midnight  
土10-17:00
Bar
月~金16:00 - midnight
土 17:00 - midnight



 
 
 

 


関連記事

ハイドパークから徒歩5分という立地で、都会をしっかりと忘れさせてくれるハイディング・バーがある。イタリアン・レストランが連なることで、リトル・イタリーとのニックネームを持つスタンリー・ストリートで、昨年4月のオープンから1年を迎えたザ・ヘイジー・ローズは、タイム・アウト・シドニーが出版する『バーガイド2013』にてベスト・スモール・バーにも選ばれるほど、その評価は高い。バックスター・インやラブ・ティリー・デバインなどシドニーのバーブームの火付け役であるトップバーの名を揺るがすほど、いま注目を集めているとい

この記事を詳しく見る

キングスクロスの目印、コカコーラの看板からダーリングハースト・ロードに入るとすぐ右手にスタイリッシュなバーがある。白黒のフロアタイルにレンガの壁、ストールやキッチンの飾りなどにチェリーレッドを使用した店内のデザインコンセプトは、1950年頃のレトロなバーの再現。

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

商業ビルディングがひしめきあうシドニー・ビジネス街の夜の顔、言わずと知れた隠れ家バーの密集地帯である、ウィンヤードのヨークストリート沿いに、仕事を終えたオージーが集う憩いの場がある。 温かみのあるレコードの音色に誘われるよう入り口から地下へとつながる階段を下ると暗がりから『MOJO Record』が顔を覗かせる。ロック、ブルース、ジャズなど700の厳選されたコレクションを所有した老舗のレコードショップは、昨年の7月、ヨークストリートを挟んだ向かいからこの地下へと移り、音楽と酒という実に相性のいいコラボレ

この記事を詳しく見る

CATEGORY

編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR

CATEGORY

シドニーグルメ情報

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content gogyo top2
五行がサリーヒルズに登場!
Content interview kozee easter island
kozee インタビュー
Content inner banner 2018 02 present win
メアリと魔女の花 - 読者プレゼント当選者発表

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase