オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
シドニーグルメ情報

編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR


喧騒から遮断された異空間

28/02/2014


 
 
 
 
 
喧騒から遮断された異空間

 

Uncle Ming’s

 

 
 
 

 

ウィンヤード駅にほど近いヨーク・ストリートのビジネス街の一画に趣を異にしたバーがある。地下へ続く階段を降りていくと、店の名でもあるアンクルミンの肖像画が、お香の煙に巻かれながらゆらゆらと現れる。ダークレッドを基調とした隠微な雰囲気の店内は、中国風のデコレーションで統一。赤とゴールドのランタン、仏像の顔をモチーフにしたランプ、アンティークなジュークボックスなどを照らすキャンドルライトが、遊郭を思わせる幻想的な演出に一役買っている。オリエンタルな雰囲気に囲まれ、外の喧騒を忘れさせるには十分な異空間が広がっているのだ。店内は、いくつかのエリアに分かれ、それぞれのエリアから別のエリアが見えないようあえて死角を多く設定。壁にかかっている写真は、1920年代に捕まった中国人の犯罪者がオーストラリア警察に撮られたもので、同時代にアンクルミンが麻薬組織と繋がった汚職警察官として活躍していた時代背景を表している。明朝をイメージしたという敢えてチープな屋台風の造りとジャズの音色とのコラボレーションが意外と心地よく、数ヵ月おきにインテリアや家具の配置を変え、客を飽きさせないきめ細やかな心遣いがなされている。
バーカウンター内に目をやると一際目立つのが日本のウィスキーの数々。そして梅酒や焼酎、電気ブランやイイチコまでずらりと並ぶ。そのほか台湾や韓国、中国、マレーシア、スリランカなど各国の良質なリキュールも用意。美味しい酒を提供することに関しての貪欲さが伺える。バーでボストンシェイカーを振るフリンさんによると、日本の焼酎はジンやラムに比べ風味が強くないため、どのリキュールとも相性がいいそうだ。丸くくりぬかれた壁の向こうから、蒸した蒸気と共に小籠包の匂いが漂う。ここのバーの特徴でもある小籠包は7種類の具からなり、味も本格的。お酒のお供として楽しめる。この場所に30分も身を置いて、お酒とつまみを楽しめば、きっとオーストラリアにいることも忘れてしまうほど現実逃避できるだろう。訪れるものに中毒性を与えるアンクルミンの魅力は、数あるバーの中でも希少価値が高いに違いない。

 
 
 

 
 
: Dennis Rodman $16

 
梅酒にスコッチモルトウィスキーを注いで、そこにチリを加えるとドライな梅酒ができあがる。こぶし大にカービングされた丸氷が嬉しい。梅酒は甘くて苦手という人にお勧め。

: East West $17

 
ウィスキーにベルモットのスパイシーな香りがクセになるドライでスモーキーなステアカクテル。ウィスキーは日本でもファンの多い山崎。そこに、アングストラ・ビタースによって加わった苦み、チェリーブランデーで濃厚さが補強され、じっくり飲みたい人向け。
 
 


Yum Yum $16

 
パッションフルーツに焼酎のイイチコを加え、マダガスカルバニラでさっぱりした香りをつけ、卵白で表面をコーティング。カクテルといえば甘みを連想するが、Yum Yumは甘さを最小限に抑えて仕上げている。バーテンダーのフリンさん考案のカクテル。
 
 
 
 

Uncle Ming’s

 
55 York St., Sydney 
Tel:(02)9299 8961
営業時間:
Mon - Fri  12:00pm – 12:00am
Sat  5:00pm – 12:00am
アクセス:ウィンヤードパークそば。ウィンヤード・ストリートとヨーク・ストリートのコーナーの前のビル地下。
 
 
 

 


関連記事

ハイドパークから徒歩5分という立地で、都会をしっかりと忘れさせてくれるハイディング・バーがある。イタリアン・レストランが連なることで、リトル・イタリーとのニックネームを持つスタンリー・ストリートで、昨年4月のオープンから1年を迎えたザ・ヘイジー・ローズは、タイム・アウト・シドニーが出版する『バーガイド2013』にてベスト・スモール・バーにも選ばれるほど、その評価は高い。バックスター・インやラブ・ティリー・デバインなどシドニーのバーブームの火付け役であるトップバーの名を揺るがすほど、いま注目を集めているとい

この記事を詳しく見る

キングスクロスの目印、コカコーラの看板からダーリングハースト・ロードに入るとすぐ右手にスタイリッシュなバーがある。白黒のフロアタイルにレンガの壁、ストールやキッチンの飾りなどにチェリーレッドを使用した店内のデザインコンセプトは、1950年頃のレトロなバーの再現。

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

商業ビルディングがひしめきあうシドニー・ビジネス街の夜の顔、言わずと知れた隠れ家バーの密集地帯である、ウィンヤードのヨークストリート沿いに、仕事を終えたオージーが集う憩いの場がある。 温かみのあるレコードの音色に誘われるよう入り口から地下へとつながる階段を下ると暗がりから『MOJO Record』が顔を覗かせる。ロック、ブルース、ジャズなど700の厳選されたコレクションを所有した老舗のレコードショップは、昨年の7月、ヨークストリートを挟んだ向かいからこの地下へと移り、音楽と酒という実に相性のいいコラボレ

この記事を詳しく見る

CATEGORY

編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR

CATEGORY

シドニーグルメ情報

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

1234
卓袱台(ちゃぶだい)をひっくり返す言葉 
1235
ブルックベールの隠れ家イタリアン
1236
シドニーでの 年越しプランは もう決まってる?

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase