オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
シドニーグルメ情報

編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR


フェイクの扉の先に隠れたパラダイス

27/03/2014


 
 
 
 
 
フェイクの扉の先に隠れたパラダイス
 
The Soda Factory
 
 
ポップでカラフルなホットドッグ屋『ボビーズ・ボス・ドッグス』の店内右手にあるコークマシーン。オールドファッションな自動販売機に見立てたその隠れ扉を引くと、裏には50年代を思わせるようなクラッシックな空間が広がり、タイムスリップしたような錯覚を引き起こす。日替わりで訪れるアーティストが舞台で奏でる心地よいライブミュージックに体を任せながら、バーカウンターでドリンクメニューに目を通すと、こんな詩が書かれていることにまず気がつく。
 
"Alcohol may be man's worst enemy, but the bible says love your enemy” 「酒は男にとって最悪の敵かもしれないけど、バイブルは『それでもあなたの敵を愛しなさい』と言っているじゃないか」。
 


第二次世界大戦の時代から90年代までの間、長きに渡り歌手として活躍し、多くのアーティストに影響を与え続けたフランク・シナトラの言葉だ。時代の栄光と闇を生き抜いた彼が、現実のすべてを忘れ一息つくとき、もしくはラッキー・ルチアーノとの密会をするさいに、このような隠れ扉をくぐり抜け、カーテンで隙間なく覆いシャットアウトされた空間で、ろうそくのともし火だけを頼りにグラスを傾けていたのかもしれない。

トーン・ナイト・クラブの跡地に店を構えてから1年を迎えた『ザ・ソーダ・ファクトリー』。オープンと同時に感度のいいバーとのクチコミでローカルに広く浸透し、今日ではシドニーを代表するバーのひとつにまで上り詰めた。クラシック・カクテルからオリジナル・カクテル、厳選されたワインのほか、こだわりのタップビールも用意。豊富なドリンクに合わせるフードにも情熱を注ぐ。オニオンリングやフライドチキンなどのスターターから、ホットドッグはもちろん、ナチョス、バーガー、シーフード、アイスクリームまで幅広く取り揃えている。

また、日替わりで行うイベントにも目を見張るものがある。月曜日はムービーナイト、木曜日はカクテル12ドル&フード5ドルで楽しめるレギュラーイベントがあるほか、1ドルでチキンウィング1本、10ドルでバケツいっぱいに食べられる「チキンウェンズデー」や、1ドルでホットドッグを楽しめる「ダラードッグス」など不定期イベントも見逃せない。

店内は常に賑やかで、構えることなく気軽に入れるバーなので、初心者でも安心。たまにはローカルのナイトライフにも足を踏み入れて酔い知れるのも悪くない。
 
 
 
 

 
 
Roy Orbison $18

ブレットバーボンにアプリコットのブランデー、バニラ、ビターで仕上げたステア。飲みやすく酔いやすい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
:The Levenstein $18

ズブロッカのウォッカにアップルジュース、レモンジュース、シナモンをシェイク。シナモンフロスの香りがたまらない。
:The Dick Jennings $20

ヘンドリックスのジンにキュウリ、ミント、ルバーブシロップとフレッシュアップルジュースをマドルしたステア。
 

 
:The Soda Factory Cheese Burger $13

ジューシーなビーフにアメリカンチェダーチーズの風味がよく合うチーズバーガー。備え付けのオリジナルソースはチップスに付けてもGOOD。
:Dr Claw’s Lobster Roll $18

フレッシュロブスターをレモンジュースとマヨネーズであえたドック。ふりかけられたタラゴンがロブスターの旨みを引き立てる。
 

 

The Soda Factory

16 Wentworth Ave., Surry Hills
Tel:(02) 8096 9120
Open:月-水 17:00-0:00,
木 17:00-1:00 、金-土 
17:00-5:00日 19:00-3:00
 
 
 

 

 


関連記事

ハイドパークから徒歩5分という立地で、都会をしっかりと忘れさせてくれるハイディング・バーがある。イタリアン・レストランが連なることで、リトル・イタリーとのニックネームを持つスタンリー・ストリートで、昨年4月のオープンから1年を迎えたザ・ヘイジー・ローズは、タイム・アウト・シドニーが出版する『バーガイド2013』にてベスト・スモール・バーにも選ばれるほど、その評価は高い。バックスター・インやラブ・ティリー・デバインなどシドニーのバーブームの火付け役であるトップバーの名を揺るがすほど、いま注目を集めているとい

この記事を詳しく見る

キングスクロスの目印、コカコーラの看板からダーリングハースト・ロードに入るとすぐ右手にスタイリッシュなバーがある。白黒のフロアタイルにレンガの壁、ストールやキッチンの飾りなどにチェリーレッドを使用した店内のデザインコンセプトは、1950年頃のレトロなバーの再現。

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

商業ビルディングがひしめきあうシドニー・ビジネス街の夜の顔、言わずと知れた隠れ家バーの密集地帯である、ウィンヤードのヨークストリート沿いに、仕事を終えたオージーが集う憩いの場がある。 温かみのあるレコードの音色に誘われるよう入り口から地下へとつながる階段を下ると暗がりから『MOJO Record』が顔を覗かせる。ロック、ブルース、ジャズなど700の厳選されたコレクションを所有した老舗のレコードショップは、昨年の7月、ヨークストリートを挟んだ向かいからこの地下へと移り、音楽と酒という実に相性のいいコラボレ

この記事を詳しく見る

CATEGORY

編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR

CATEGORY

シドニーグルメ情報

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content gogyo top2
五行がサリーヒルズに登場!
Content interview kozee easter island
kozee インタビュー
Content inner banner 2018 02 present win
メアリと魔女の花 - 読者プレゼント当選者発表

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase