オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
シドニーグルメ情報

編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR


マンリーローカルの抜け道に佇むニューヨークスタイル

25/06/2014


 
 
 
 
 
マンリーローカルの抜け道に佇むニューヨークスタイル
 
Donny's Bar & Restaurant
 
 
暖冬の影響からか、例年以上に賑わいを見せるマンリービーチの遊歩道、ザ・コルソーから、老舗のラーメン店ジパングのあるアーケードを抜けると、普段ローカルしか使用することのないレンガ造りの通りに図書館が現れる。その向かいにひっそりと佇むハイディングバーが、今ノーザンビーチで注目されている『Donny's Bar & Restaurant』だ。2013年11月にオープンした当店は、木漏れ日を感じさせるようなライティングが目を引くバーカウンターや、吹き抜けのロフトスタイルに螺旋階段が掛かる斬新なデザインがニューヨークテイストと称され、話題となっている。グランドフロアではカクテルとアジアン•タパスを、2階ではファインダイニングが楽しめるこだわりの作りになっている。

バーを切り盛りするのは、代々パブ経営の道を歩んで来たというマット•クリフトン氏。幼少の頃から世界中のパブを目で見て体で感じ、自らもIVYやクレモーンのMinsky's、ロサンゼルスやニューヨークといった国内外の感度のいいバーやレストランでの修行を積んだ後、このビーチサイドにユニークなリラックスプレイスを誕生させた。

マット氏のイメージをもとに温かさと心地よさを最大限に発揮し
た場を再現したのは、国内のインテリアデザインアワードなど数々のタイトルを総なめにしているアーキテクチャー・エスタブリッシュメント、Luchetti Krelle。Momofuku SeioboやAnanas Bar & Brasserie、Sake Restaurant、Hinky Dinks、Adoriano Zumboなどといった、それぞれのシーンを代表する名店を手がけてきたことでもシドニーでは名うての存在だ。ブリックウォールにむき出しの天井や銅製パイプ、ビンテージライトが照らすバーカウンターには、鉄道の枕木をリユースし、表面を銅板で仕上げる、といったこだわりが随所に見える。店内を彩るインテリアの数々は、マット氏の幼少時代の思い出と、ニューヨークで慣れ親しんだスモールバーのイメージを忠実に再現しているという。

  バーカウンターには洗練されたバーテンダーが腕を振るい、クラシックなカクテルからオリジナルなチックドリンクまで幅広く提供。オーストラリアやニュージーランド、フランスから厳選されたワインのセレクションのほか、ブティックビールのチョイスにもセンスが光る。そしてドリンクをより楽しめるように用意されたアジアン・タパス。エグゼクティブ•シェフのリッチー•ディア氏はピュアブラッドの日本人だが、彼も幼少からヨーロッパやアジア、アメリカなど世界各国を渡り歩き、5スターのインターナショナルホテルのバンクエットやレストラン、バー、ビストロなどで経験を積みシェフの道を究め、徐々にバーダイニングの世界に魅せられたという。バーカウンターでは海老や野菜の餃子、BBQポークバンなどのタパスが楽しめ、2階ではクラシカルなオージーバーガーやステーキ、そして鮮やかなプレゼンテーションが見逃せない、ローストしたスキャロップやスナッパーのフィレなど、新鮮な魚介類を使用したファインダイニングも楽しめる。デザートにはニューヨークスタイルのチーズケーキや餅も楽しめるから面白い。

 冬に入りなかなかビーチへと足が遠のくこの頃だが、時にはフェリーに体を揺らせながらノーザンビーチに足を運び、シティとは異なった、バーカルチャーとビーチカルチャーが融合する独自のシーンを体感してみてほしい。
 
 


 
  
 
 
:Blood Orange & Chili Margarita $17.00

テキーラベースにブラッドオレンジ、チリ、ライムで仕上げたマルガリータ。飲み終わりにピリッとチリが効いて女性に人気のチックカクテル。
:Sticky Date Espresso Martini $18.00

コーヒーの香りがたまらないエスプレッソマティーニ。バニラウォッカとブラウンシュガー、そしてアイリッシュウイスキーベースのベイリーズは、カカオの風味が心地よく、飲み口がクリーミーで危険な味わいを演出。


 
 
:Bonsai $18.00

プリマス・ジンをベースにきゅうりとりんごのエキスを混ぜ、よくライムを搾りシェイク。ミントで飾り付けをしたシンプルであっさりフレーバーのカクテル。盆栽という名は、飲めば納得。
:Blood Orange & Chili Margarita $17.00

テキーラベースにブラッドオレンジ、チリ、ライムで仕上げたマルガリータ。飲み終わりにピリッとチリが効いて女性に人気のチックカクテル。
 
 
 
 
:Today's Special Steak $5.00

ミディアムレアに仕上がった肉汁たっぷりのジューシーなステーキに、サクサクのポテト、ロケット&トマトで飾り付け。ハンドメイドのビートルートのピューレが食欲をそそる。日替わりメニューだから実現できる特別価格。
:Miso Glazed Golden Snapper Fillet $32.00

味噌で照りと風味をつけたゴールデンスナッパーのフィレは、ヘッドシェフ、リッチーさんのシグネチャーディッシュ。備え付けのフレンチビーンズやダッチキャロット、チェリートマトなどの新鮮な野菜と、キャラメライズされたレッドオニオンのマリネも本格的。身の詰まったスナッパーは皮がパリと香ばしく、身はふんわり柔らかく、バジル&ライムのピューレとの相性が非常によい。隠し味にふりかけを使用しているそうだ。
 

 

Donny's Bar & Restaurant

7 Market Lane, Manly NSW 2095
Tel:(02) 9977-1887
Open:火-金 4pm - 12am、
土 12pm - 12am 、日 12pm - 10pm
アクセス:サーキュラーキーのフェリー乗り場、No3からマンリーワーフ行きのフェリーに乗船。マンリーワーフを降りたら、ザ・コルソーをまっすぐ抜け、日系ラーメン店ジパングのあるアーケードを左手へと入る。アーケードを抜けると図書館が左手にありその向かい側。
 
 
 

 

 


関連記事

ハイドパークから徒歩5分という立地で、都会をしっかりと忘れさせてくれるハイディング・バーがある。イタリアン・レストランが連なることで、リトル・イタリーとのニックネームを持つスタンリー・ストリートで、昨年4月のオープンから1年を迎えたザ・ヘイジー・ローズは、タイム・アウト・シドニーが出版する『バーガイド2013』にてベスト・スモール・バーにも選ばれるほど、その評価は高い。バックスター・インやラブ・ティリー・デバインなどシドニーのバーブームの火付け役であるトップバーの名を揺るがすほど、いま注目を集めているとい

この記事を詳しく見る

キングスクロスの目印、コカコーラの看板からダーリングハースト・ロードに入るとすぐ右手にスタイリッシュなバーがある。白黒のフロアタイルにレンガの壁、ストールやキッチンの飾りなどにチェリーレッドを使用した店内のデザインコンセプトは、1950年頃のレトロなバーの再現。

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

商業ビルディングがひしめきあうシドニー・ビジネス街の夜の顔、言わずと知れた隠れ家バーの密集地帯である、ウィンヤードのヨークストリート沿いに、仕事を終えたオージーが集う憩いの場がある。 温かみのあるレコードの音色に誘われるよう入り口から地下へとつながる階段を下ると暗がりから『MOJO Record』が顔を覗かせる。ロック、ブルース、ジャズなど700の厳選されたコレクションを所有した老舗のレコードショップは、昨年の7月、ヨークストリートを挟んだ向かいからこの地下へと移り、音楽と酒という実に相性のいいコラボレ

この記事を詳しく見る

CATEGORY

編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR

CATEGORY

シドニーグルメ情報

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content gogyo top2
五行がサリーヒルズに登場!
Content interview kozee easter island
kozee インタビュー
Content inner banner 2018 02 present win
メアリと魔女の花 - 読者プレゼント当選者発表

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase