時の刻みを感じさせないノスタルジック空間 Candy's Coffee House | 編集部御用達 打ち合わせで使うCafé

編集部御用達 打ち合わせで使うCafe Candy's Coffee House

年月を経たアンティークピアノ、古びた本棚に並ぶ書籍、時代の流れに乗り遅れてしまったボードゲームたち。レトロな照明が演出するノスタルジックな空間は、田舎のおばあちゃん宅に足を踏み入れたよう。まさに〝アッとホーム〟というフレーズがふさわしいキャンディーズ・コーヒー・ハウスは、地元マンリーの人々の〝セカンドホーム〟として長年愛されてきた評判のカフェ。読書をひとりで楽しむ人やチェスを楽しむ老夫婦、しんみりと語り合うカップルなど、それぞれが時の刻みを気にすることなく寛いでいた。あまりの心地よさにコーヒーを2杯、3杯と、半日居座る人も少なくないという。評判のコーヒーはオーガニック豆を使用。まろやかでクセがなく、〝オーガニック〟という響きからか、どこか通常のコーヒーよりも優しさが感じられる。豊富なメニューの中で圧倒の人気を誇るのが、ボリューム満載のビッグ・ブレックファーストとスープ・オブ・ザ・デー。またケーキやビスケットなどのデザート類はもちろん、ホットチョコレートやチャイティーまでもが自家製と、手を抜くことなく作り上げられたディッシュはどれも魅力的だ。何も気にすることなくひとりの時間を楽しめるキャンディーズ、気づけば隣には新たな出会いが待っているかもしれない。



Big Breakfast ($12) 低脂肪のベーコンやホールミール・ブレッド(全粒パン)など、ヘルシー志向にうれしい、ボリューム満点のオールデー・ブレックファースト。卵はスクランブルエッグやポーチドエッグなど、好みのものがリクエストできる。

Soup of the day (Cup $5, Bowl $6.50) パンプキンとスウィート・ポテトの甘みが互いに邪魔することなく十分に引き出され、コクが深い。一見重たい印象だが意外にもたつかず、ターメリックがアクセントを加え、食欲をそそる。日替わりスープの種類はコーンチャウダーやトマト、チキンヌードルなど幅広い。毎日違う味を楽しむのも悪くない。


Chai Tea($3.50 per pot) 5種類の茶葉を独自に甘く煮出したインド式ミルクティー。最近はチャイにスチームミルクを加えた、いわゆるラテ風の‘チャイラテ’を耳にするが、Candy’sのようにミルクを茶葉と一緒に煮出しするのが本場の飲み方。


店を飾る絵画を気にいれば購入も可能。ローカルアーティストの作品が月替わりで楽しめる。


さりげなくケーキやクッキーが置かれたピアノも、ときには常連客やゲストミュージシャン、そしてオーナーに弾かれスポットライトを浴びる。


Candy's Coffee House

29 Belgrave Street, Manly 2095
TEL: 9977 0816

OPEN 6 DAYS
MON-WED 7:30am~late
THU-SAT 7:30am~5pm
(Kitchen Close at 4pm)

このコンテンツ内で掲載されている記事は記事が誌面に掲載された日、現在の情報となります。詳細は変更となる可能性がございますので予めご了承ください。なお、Cheersでは記事に関するお問合せは受け付けておりません。詳細は、各機関にお問合せいただけますようお願いいたします。


ページトップへ