選び抜かれた素材が作る絶品サンドウィッチ Strewth !! | 編集部御用達 打ち合わせで使うCafé

選び抜かれた素材が作る絶品サンドウィッチ Strewth !! | 編集部御用達 打ち合わせで使うCafé

編集部御用達 打ち合わせで使うCafe Strewth !!

床一面に敷き詰められたフローリングと、木造りの家具に囲まれた店内は、ほっと一息つけるやすらぎの空間。2006年7月にオープンして以来、チアーズ編集部が幾度も足を運んできたStrewthを語るに外せないのが、誰をも唸らせる絶品サンドウィッチ。鮮度を保つのが難しいといわれるルッコラのみずみずしさが物語るように、選び抜かれた新鮮な素材のみ使用。もちろん、〝作り置き〟は一切しないので、その鮮度が十分に楽しめる。
サンドウィッチの具材はローストポーク、チョリーゾのグリル、ローストチキン&セロリなどユニークなものから、ツナやローストパンプキンなど、カフェの定番でありながらもひと工夫されたものまで、そのバラエティに富んだメニューの数々にいつも迷ってしまう。とはいえ、遅めのランチで訪れると2、3種類が売り切れであることもしばしば。オーブントレーごとディスプレーされた甘さ控えめのマフィンやブラウニー、バナナブレッドなど、自慢のスウィーツたちもホームメイド。父と娘という深い絆で結ばれたふたりが経営するStrewth。その味はもちろん、フレンドリーな接客やゆったりとした空間がきっとあなたを虜にするだろう。



Tuna, mayo, egg, tomato and rocket ($9) 口当たりが軽いホームメイドマヨネーズで和えられたツナと、ゆで卵、ルッコラ、トマトとが絶妙のコラボレーション。ヘルシーかつボリューム満点。パンは数種類から選べるが、ここは素朴な味わいが楽しめるマルチグレインがお勧め。

Greek Salad ($7) with roast beef ($3 extra) 果肉たっぷりのカラマタ・オリーブや口の中でやさしくくずれるフェタチーズがたっぷりのったグリークサラダ。さっぱりとしたフレンチドレッシングもホワイトワインビネガーとオレガノでブレンドしたこだわりの自家製。エキストラでローストビーフやポーク、ラムなどを乗せれば贅沢なランチに。

スチームミルクをキャンバスに見立てたラテアートが美しい。

運が良ければ出会える焼きたてほかほかのマフィン

Strewth !!

Shop 3/236 Pacific Hwy.
Crows Nest 2065
0420 891 033

OPEN
MON~FRI 7am~4pm (kitchen close 3:30pm)


このコンテンツ内で掲載されている記事は記事が誌面に掲載された日、現在の情報となります。詳細は変更となる可能性がございますので予めご了承ください。なお、Cheersでは記事に関するお問合せは受け付けておりません。詳細は、各機関にお問合せいただけますようお願いいたします。


ページトップへ