オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
グルメ情報

編集部御用達 打ち合わせで使うCafé


ハンターズヒルでナチュラルフードを楽しむ

02/08/2015


 

編集部御用達 打ち合わせで使うCAFE 55軒目

ハンターズヒルでナチュラルフードを楽しむ

 

 Dachshund Coffee

 

 

レーン・コーブ・リバーとパラマタ・リバーの合流する場所に突き出た半島に位置するハンターズヒル。古き良き豪邸が並ぶ閑静な住宅街の一角に、ヒルの住人たちで賑わうカフェがある。昨年8月にオープンした『ダックスフンドカフェ』は、サリーヒルズやマリックビルなど、シドニーで第一線を走るカフェに負けないクオリティを誇る。

 

新築ビルのグランドフロアに出店したため、まっさらのキャンパスに自分たちの思い描くレイアウトを実現した当店。コーティングされたコンクリートの床、木目のアイランドカウンターキッチン、天井にはむき出しの黒いパイプが走り、シェードの大きなアンティークライトが優しくカウンターに明かりを落とす。入り口からキッチンまで伸びるエメラルド色のタイルの上の棚には、店名であるダックスフンドをモチーフにしたオリジナルアイテムが並んでいる。

 

早朝からゆっくりとコーヒーを楽しむ常連客のフィーリングを伺うのはアレックスさん、マットさんの双子のオーナー。そして彼らの隣で、3人目の共同オーナーであるバリスタのロブさんが、寒さで縮こまった体を温めるためのコーヒーを煎れている。当店で扱うコーヒー豆は、『Fat Poppy』社の、ブラジル産とエチオピア産のブレンドを使用。ミルクとよく合うようにデザインされたブレンドだ。そのほかブリュードコーヒーやコールドコーヒー、マサラチャイ、ほうじ茶なども人気ラインナップとなっている。

 

「ナチュラルな食材の美味しさをそのまま楽しんでほしい」と腕を振るうのはヘッドシェフのミシェルさん。一見すると気が強そうなお姉さんだが、特に年配層が多い地域だけに、お客の健康を考えたベジタブルベースの厳選食材で、優しいナチュラル趣向のディッシュを提供する。西はオレンジから取り寄せているオーガニックのタマゴ『Egganic』、南はピクトンからのピュアミルク、そしてアレクサンドリアにある『ブリックフィールド』(※2014年12月号掲載)からは、できたてのサワドゥと、それぞれこだわりの食材を使用。国外からは、いまカフェシーンで流行を見せている南米産のキヌアやビタミンが豊富な地中海産のケール、中東のクリームチーズのラブネなどをメニューに取り入れて、お客さんが「食べてみたいけど、調理の仕方が分からない」といった食材を積極的に扱う。

 

メルボルンやブリスベンからもダックスフンドのオーナーが訪れる当店には、この日もダックスフンドをはじめ、様々な犬種のペットを連れた常連客の姿があった。ときには可愛い愛犬を車に乗せて、ハンターズヒルでのんびりコーヒーを楽しんでみてはいかがだろうか。

 

 

 

 

左: Winter Warm Quinoa Porridge ($13.50)
栄養価の高いキヌアのフレークとお米を風味豊かなアーモンドミルクで炊いたポリッジは優しい風味で冷えた体を温めてくれる。干しぶどう、アップル、クランベリーのコンポートとともに。

 

右: Cappuccino ($4.00)
ハニーともチョコレートとも思わせるような甘みの中にフルーツを感じさせる香りを感じることができ、深みのあるフルボディとの調和で丸みのある味わいに。

 

 

 

Brewed Coffee ($5.00)
アメリカンスタイルのフィルターコーヒーは日本人にもなじみ深い。ライトでほんのり甘みを感じる、飲みやすい口当たり。

 

 

 

左: Hash Puppy ($20.00)
キノア、フェタハッシュとともに焼き上げたビートルート、ケールとキノアのソテー、ラブネがパンは見えないほど乗せられたボリューム満点でヘルシーなブレックファースト。週末は一日を通してオーダーできる。

 

右: Zucchini Fritters ($21.50)
ゴートフェタ、ディルとともに揚げられたズッキーニのフリッター。フェタの程よい塩気とズッキーニの歯ごたえが食欲をそそる。下にはスモークしたオーシャントラウトやローストしたピーマンが、そして上にはEgganicのポーチドエッグが乗っている。

 

 

 

Dachshund Coffee


64–66 Gladesville Rd., Hunters Hill
Tel:(02) 9879 4619
Web:
comesitstay.com.au
営業時間: 月~金 6:30am-4pm
土 7am-4pm
日 8am-3pm
アクセス:シティからVictoria RdをParramatta方面へと向かい、Parramatta Riverを越えると二股に差し掛かるので、Burns Bay Rd(向かって右方面)へ。すぐにHunters Hillへの出口が左手に出てくるので降りる。ひとつめの交差点の信号を左折しGladesville Rdへ入りすぐ右手。

 

 


関連記事

2005年、ディーワイビーチにジュースバー『Girdlers』が登場して以来、ワリンガーモール、マンリーとノースエリアを中心に展開を続ける当店。

この記事を詳しく見る

古びたVBの看板が目印のコーナーカフェ『ジ・アルケミスト・エスプレッソ』は、キャメレイの住宅街にひっそりと佇む憩いの場。キャメレイのシドニー日本語土曜学校から徒歩圏内にある当店は、オーナー夫妻のジョニーさんとエマさんによって約1年前にオープンした、注目のニューカマーだ。

この記事を詳しく見る

いよいよ夏本番を迎えるシドニー。今回は先月号に引き続き、ビーチ周辺の人気カフェを紹介したい。ボンダイビーチのメインストリートから一本入ったカールイス・ストリートにあるサーフショップ兼カフェのワンストップショップ『Vida Surf Shop Cafe』には、ボンダイのローカル・サーファーや世界中から集まる観光客でごった返している。

この記事を詳しく見る

シドニーの夏と言えばボンダイやマンリーのビーチを思い浮かべがちだが、ときにはローカル・オージーに人気のビーチに足を運んでみてはいかがだろうか。今回訪れたビーチはマンリーのふたつ隣にあるカールカール・ビーチ。〝カーリー〟の通称で親しまれる同ビーチは、鳴き砂が体感できるほどに綺麗な砂浜が1・2キロ続き、子連れのファミリーからエキスパートサーファーまで幅広く集う。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

編集部御用達 打ち合わせで使うCafé

オープンエアでヘルシーフードを楽しむ Girdlers コーヒーの研究に情熱を注ぎ込む サーフショップ&カフェのワンストップショップ ノーザンビーチで楽しむヘルシーフード CHOYA × Black Star Pastryのコラボレーション 新作ケーキ『CHOYA Black Forest Cake』が登場! 素敵カフェ in Sydney 2017 アースキンビルで楽しむこだわりのピクルス 手作りにこだわった グランマのレシピを受け継いだカレーライスが人気 チェイスコジマ氏の仕掛ける スシバーガーショップがカジノに登場! 可愛いメイドが「おかえりなさいませ」 クローズド・ループから生まれるアート キッズフレンドリーなカフェ フュージョン料理で日本文化を発信 和とイタリアンのコラボレーション 都会の喧騒から離れた隠れ家キオスク モーターバイクを眺めながらカフェでラーメンを楽しむ スタンモア住人の憩いの場所 寒さで縮こまった体を温めてくれる セントラルパークのグルメ通りケンジントン・ストリートが熱い 歴史を感じる審美的空間 屋内庭園で楽しむブランチ サイクリストの憩いの場 ノルディックと和の融合 8ドルでボリュームたっぷりのサンドイッチ 噂のカツサンドを求めて TV業界人が集うカフェ アジアンテイストとこだわりのエスプレッソの融合 ハンターズヒルでナチュラルフードを楽しむ 温泉卵をふんだんに取り入れたアジアン&ウェスタンカフェ カフェ総集編 レインコーブで楽しむ、ファイネストコーヒー ロシア伝統の味をそのままに バリスタが集うサリーヒルズのカフェ サワードウ専門のカフェ・ベーカリー 「普段とは違うものを食べてほしい」 ノーザンビーチ・モナベールの憩いの場 一流シェフとバリスタが手がける美食 今話題のクロナッツを求めてニュータウンへ 常に上を目指すコーヒー専門店 アッパーノースショアの人気カフェ 焼きたてパンの香りに包まれて 手作りにこだわった隠れ家カフェ ひと口で幸せを呼ぶ シドニー湾を眺めながら過ごす癒しカフェ ウェストサバーブの静かな住宅街で楽しむリラックスランチ ソウルミュージックが響く裏路地 人気と実力を兼ね備える 噂のバイシクルカフェへようこそ! いまカフェ業界で話題の 手作りパスタが絶品!  至福の一杯 学生の行き交う街並みで静かなひと時を 喧騒を離れたカフェ シドニーNo.1の珈琲専門店 海風とともに感じる幸福のひととき 打ち合わせで使うCAFE 2012年 本物の抹茶の香りがシドニーで楽しめる 和みのひと時を過ごせるグリーブのカフェ 穏やかな空間で味わう 伝統と新しさの融合 40種類以上のチョコレートが、甘く優しい香りを漂わせる ボンダイで味わう本格フレンチクレープ ファッション業界者ご用達のカフェ  行列が絶えない噂のパン屋さん 水着のままで過ごすビーチフロントカフェ ヘルシーライフスタイルへの第一歩 心と体が潤うオーガニックカフェ こだわりぬいたコーヒー専門店 内緒にしておきたいビーチサイドカフェ ゆったりと過ごすマンリーの寛ぎ空間 心を優しくほぐすジャパニーズ・カフェ 代々受け継がれてきたイタリア ・ママの味 焼きたて挽きたてのビーンズで楽しむ極上の1杯 レモンがはじけるポップなカフェ セレブな街で楽しむフレンチ風カフェ 選び抜かれた素材が作る絶品サンドウィッチ クロアチア料理を楽しむ 時の刻みを感じさせないノスタルジック空間 1杯のコーヒーで贅沢を感じられる 気取ることなくカジュアルに楽しんでほしい 心地よい空間で、癒されてほしい

CATEGORY

グルメ情報

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者
Content afclogo
AFCチャンピオンズリーグ2018開催!

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase