オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
グルメ情報

編集部御用達 打ち合わせで使うCafé


8ドルでボリュームたっぷりのサンドイッチ

24/12/2015


 

編集部御用達 打ち合わせで使うCAFE 60軒目

8ドルでボリュームたっぷりのサンドイッチ

 

 South Dowling Sandwiches

 

 

賑やかなオクスフォード・ストリートから入ったサウス・ダウリング・ストリートには、街路樹の合間に落ち着いたカフェやベーカリーなどが点在している。その一角にこじんまりとお店を構える『サウス・ダウリング・サンドイッチズ』。15年以上前からこの場所で、シンプルでフレッシュ、ヘルシーなホームメイドのサンドイッチとサラダのみで勝負している名店だ。「コスト・パフォーマンス(費用対効果)」という言葉を誰もが忘れゆくようなシドニーの飲食業界において、現役でそれを貫く価格設定とボリュームに、日々ランチタイムに長蛇の列が連なる。女性ふたりで食べてもちょうどいいほどのボリュームを誇るサンドイッチは8ドルから、サラダは、レタス、ロケット、ローマ・トマト、いんげん、きゅうり、赤キャベツ、ポテトサラダ、ナス、ズッキーニ、マッシュルーム、キャラメライズド・キャロット、レンティル、ピーマン、ビートルートといったオールスターがぎっしり詰まって11ドルで楽しめるというから驚かされる。

 

オーダーを受けてから瞬時に仕上げるスタイルで行列をさばくのは、非凡のスピードを誇る少数精鋭のサンドイッチメーカーたち。オーダーを書き留めず、その場ですべてのトッピングを暗記して仕上げていく。常連客ともなれば顔を見ただけで手が動き始めてしまう職人ぶりに圧巻だ。3年、5年と通い続けている筋金入りの常連客たちにお目当てを聞いてみると、口を揃えてチキン・シュニッツェル・サンドイッチとチリ・チキン・サラダと答えるので、訪れたさいには必ずこの2品を試してみてほしい。

 

サンドイッチと相性のよいコーヒーには、セント・ピーターで焙煎しているブティック・ロースター『ザ・リトル・マリオネット』のオーガニック・ブレンド・ビーンズを採用している。レギュラーサイズで3ドルとは久々に聞く値段設定だ。

 

イートインだとすべての商品が1ドルアップするので、テイクアウェイでオーダーして外席で食べたり、近くの公園で食べるのが常連たちの常識だそう。海外生活で不足しがちな野菜を、サウス・ダウリング・サンドイッチズでしっかり補給して、シドニーの猛暑に備えてみてはいかがだろうか。

 

 

 

Chicken Schnitzel Sandwich $8.00

ホームメイドのパンがホワイトもしくはブラウンから選べる。サクサク揚げたてのチキン・シュニッツェルと一緒にレタス、ロケットが挟まれている。ハーブマヨと揚げたチキンの相性が良い。

 

 

Latte Mocha R $3.00 L $3.50

ザ・リトル・マリオネットのオーガニック・ビーンズを使用したラテとモカ。戦場と表現しても過言ではない込み具合の中、しっかりラテアートを描いてくれるのはさすが。

 

 

 

 

左:Smoked Salmon Sandwich $10.00

シャキシャキのレタスにロケット、キュウリ、レンティル、そして香ばしいスモーク・サーモンをふんだんに使用。

 

右:Chilli Chicken Salads $12.00

女性の常連客に人気のピリ辛チキンのサラダ。バルサミコ・ビネガーとオリーブオイルでさっと絡めたサラダの上に乗った、ホクホクのキャラメライズド・キャロットの甘みと、チリの辛さとのコンビネーションが良い。

 

 


South Dowling Sandwiches


377 South Dowling St., Darlinghurst
Tel: (02) 9360 9355
http://southdowling.com.au

アクセス:シティからOxford Stへ入り、Taylor Squareの交差点をボンダイ方面へ進む。South Dowling Stを右折して、5分ほど直進したHannam Stとの角。酒屋BWSの向かい。

 


関連記事

2005年、ディーワイビーチにジュースバー『Girdlers』が登場して以来、ワリンガーモール、マンリーとノースエリアを中心に展開を続ける当店。

この記事を詳しく見る

古びたVBの看板が目印のコーナーカフェ『ジ・アルケミスト・エスプレッソ』は、キャメレイの住宅街にひっそりと佇む憩いの場。キャメレイのシドニー日本語土曜学校から徒歩圏内にある当店は、オーナー夫妻のジョニーさんとエマさんによって約1年前にオープンした、注目のニューカマーだ。

この記事を詳しく見る

いよいよ夏本番を迎えるシドニー。今回は先月号に引き続き、ビーチ周辺の人気カフェを紹介したい。ボンダイビーチのメインストリートから一本入ったカールイス・ストリートにあるサーフショップ兼カフェのワンストップショップ『Vida Surf Shop Cafe』には、ボンダイのローカル・サーファーや世界中から集まる観光客でごった返している。

この記事を詳しく見る

シドニーの夏と言えばボンダイやマンリーのビーチを思い浮かべがちだが、ときにはローカル・オージーに人気のビーチに足を運んでみてはいかがだろうか。今回訪れたビーチはマンリーのふたつ隣にあるカールカール・ビーチ。〝カーリー〟の通称で親しまれる同ビーチは、鳴き砂が体感できるほどに綺麗な砂浜が1・2キロ続き、子連れのファミリーからエキスパートサーファーまで幅広く集う。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

編集部御用達 打ち合わせで使うCafé

オープンエアでヘルシーフードを楽しむ Girdlers コーヒーの研究に情熱を注ぎ込む サーフショップ&カフェのワンストップショップ ノーザンビーチで楽しむヘルシーフード CHOYA × Black Star Pastryのコラボレーション 新作ケーキ『CHOYA Black Forest Cake』が登場! 素敵カフェ in Sydney 2017 アースキンビルで楽しむこだわりのピクルス 手作りにこだわった グランマのレシピを受け継いだカレーライスが人気 チェイスコジマ氏の仕掛ける スシバーガーショップがカジノに登場! 可愛いメイドが「おかえりなさいませ」 クローズド・ループから生まれるアート キッズフレンドリーなカフェ フュージョン料理で日本文化を発信 和とイタリアンのコラボレーション 都会の喧騒から離れた隠れ家キオスク モーターバイクを眺めながらカフェでラーメンを楽しむ スタンモア住人の憩いの場所 寒さで縮こまった体を温めてくれる セントラルパークのグルメ通りケンジントン・ストリートが熱い 歴史を感じる審美的空間 屋内庭園で楽しむブランチ サイクリストの憩いの場 ノルディックと和の融合 8ドルでボリュームたっぷりのサンドイッチ 噂のカツサンドを求めて TV業界人が集うカフェ アジアンテイストとこだわりのエスプレッソの融合 ハンターズヒルでナチュラルフードを楽しむ 温泉卵をふんだんに取り入れたアジアン&ウェスタンカフェ カフェ総集編 レインコーブで楽しむ、ファイネストコーヒー ロシア伝統の味をそのままに バリスタが集うサリーヒルズのカフェ サワードウ専門のカフェ・ベーカリー 「普段とは違うものを食べてほしい」 ノーザンビーチ・モナベールの憩いの場 一流シェフとバリスタが手がける美食 今話題のクロナッツを求めてニュータウンへ 常に上を目指すコーヒー専門店 アッパーノースショアの人気カフェ 焼きたてパンの香りに包まれて 手作りにこだわった隠れ家カフェ ひと口で幸せを呼ぶ シドニー湾を眺めながら過ごす癒しカフェ ウェストサバーブの静かな住宅街で楽しむリラックスランチ ソウルミュージックが響く裏路地 人気と実力を兼ね備える 噂のバイシクルカフェへようこそ! いまカフェ業界で話題の 手作りパスタが絶品!  至福の一杯 学生の行き交う街並みで静かなひと時を 喧騒を離れたカフェ シドニーNo.1の珈琲専門店 海風とともに感じる幸福のひととき 打ち合わせで使うCAFE 2012年 本物の抹茶の香りがシドニーで楽しめる 和みのひと時を過ごせるグリーブのカフェ 穏やかな空間で味わう 伝統と新しさの融合 40種類以上のチョコレートが、甘く優しい香りを漂わせる ボンダイで味わう本格フレンチクレープ ファッション業界者ご用達のカフェ  行列が絶えない噂のパン屋さん 水着のままで過ごすビーチフロントカフェ ヘルシーライフスタイルへの第一歩 心と体が潤うオーガニックカフェ こだわりぬいたコーヒー専門店 内緒にしておきたいビーチサイドカフェ ゆったりと過ごすマンリーの寛ぎ空間 心を優しくほぐすジャパニーズ・カフェ 代々受け継がれてきたイタリア ・ママの味 焼きたて挽きたてのビーンズで楽しむ極上の1杯 レモンがはじけるポップなカフェ セレブな街で楽しむフレンチ風カフェ 選び抜かれた素材が作る絶品サンドウィッチ クロアチア料理を楽しむ 時の刻みを感じさせないノスタルジック空間 1杯のコーヒーで贅沢を感じられる 気取ることなくカジュアルに楽しんでほしい 心地よい空間で、癒されてほしい

CATEGORY

グルメ情報

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content feature 2018 feb top
Water Park
Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase