8ドルでボリュームたっぷりのサンドイッチ South Dowling Sandwiches | 編集部御用達 打ち合わせで使うCafé

8ドルでボリュームたっぷりのサンドイッチ South Dowling Sandwiches | 編集部御用達 打ち合わせで使うCafé

 

編集部御用達 打ち合わせで使うCAFE 60軒目

8ドルでボリュームたっぷりのサンドイッチ

 

 South Dowling Sandwiches

 

 

賑やかなオクスフォード・ストリートから入ったサウス・ダウリング・ストリートには、街路樹の合間に落ち着いたカフェやベーカリーなどが点在している。その一角にこじんまりとお店を構える『サウス・ダウリング・サンドイッチズ』。15年以上前からこの場所で、シンプルでフレッシュ、ヘルシーなホームメイドのサンドイッチとサラダのみで勝負している名店だ。「コスト・パフォーマンス(費用対効果)」という言葉を誰もが忘れゆくようなシドニーの飲食業界において、現役でそれを貫く価格設定とボリュームに、日々ランチタイムに長蛇の列が連なる。女性ふたりで食べてもちょうどいいほどのボリュームを誇るサンドイッチは8ドルから、サラダは、レタス、ロケット、ローマ・トマト、いんげん、きゅうり、赤キャベツ、ポテトサラダ、ナス、ズッキーニ、マッシュルーム、キャラメライズド・キャロット、レンティル、ピーマン、ビートルートといったオールスターがぎっしり詰まって11ドルで楽しめるというから驚かされる。

 

オーダーを受けてから瞬時に仕上げるスタイルで行列をさばくのは、非凡のスピードを誇る少数精鋭のサンドイッチメーカーたち。オーダーを書き留めず、その場ですべてのトッピングを暗記して仕上げていく。常連客ともなれば顔を見ただけで手が動き始めてしまう職人ぶりに圧巻だ。3年、5年と通い続けている筋金入りの常連客たちにお目当てを聞いてみると、口を揃えてチキン・シュニッツェル・サンドイッチとチリ・チキン・サラダと答えるので、訪れたさいには必ずこの2品を試してみてほしい。

 

サンドイッチと相性のよいコーヒーには、セント・ピーターで焙煎しているブティック・ロースター『ザ・リトル・マリオネット』のオーガニック・ブレンド・ビーンズを採用している。レギュラーサイズで3ドルとは久々に聞く値段設定だ。

 

イートインだとすべての商品が1ドルアップするので、テイクアウェイでオーダーして外席で食べたり、近くの公園で食べるのが常連たちの常識だそう。海外生活で不足しがちな野菜を、サウス・ダウリング・サンドイッチズでしっかり補給して、シドニーの猛暑に備えてみてはいかがだろうか。

 

 

 

Chicken Schnitzel Sandwich $8.00

ホームメイドのパンがホワイトもしくはブラウンから選べる。サクサク揚げたてのチキン・シュニッツェルと一緒にレタス、ロケットが挟まれている。ハーブマヨと揚げたチキンの相性が良い。

 

 

Latte Mocha R $3.00 L $3.50

ザ・リトル・マリオネットのオーガニック・ビーンズを使用したラテとモカ。戦場と表現しても過言ではない込み具合の中、しっかりラテアートを描いてくれるのはさすが。

 

 

 

 

左:Smoked Salmon Sandwich $10.00

シャキシャキのレタスにロケット、キュウリ、レンティル、そして香ばしいスモーク・サーモンをふんだんに使用。

 

右:Chilli Chicken Salads $12.00

女性の常連客に人気のピリ辛チキンのサラダ。バルサミコ・ビネガーとオリーブオイルでさっと絡めたサラダの上に乗った、ホクホクのキャラメライズド・キャロットの甘みと、チリの辛さとのコンビネーションが良い。

 

 


South Dowling Sandwiches


377 South Dowling St., Darlinghurst
Tel: (02) 9360 9355
http://southdowling.com.au

アクセス:シティからOxford Stへ入り、Taylor Squareの交差点をボンダイ方面へ進む。South Dowling Stを右折して、5分ほど直進したHannam Stとの角。酒屋BWSの向かい。

 


ページトップへ