オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
グルメ情報

編集部御用達 打ち合わせで使うCafé


打ち合わせで使うCAFE 2012年

23/09/2013


 



 ベストバリスタが淹れる至福の一杯
Single Origin Roasters
 
 



 

9年前、ディオン・コーエン氏がサリーヒルズに開店した小さな珈琲屋は、いまやシドニーでもっとも勇名を馳せる店となった。 

毎年、シドニー最大手の新聞社モーニングヘラルドの『グッドカフェガイド』で、常に3カップ(3カップはガイド内で一番の評価)の評価を受けている『Single Origin Roasters』。オーガニックをイメージにこじんまりとした店内。フレンドリーな店員が、はじめて足を踏み入れた人を、通い慣れた常連客と変わらぬ対応で温かく迎え入れ、上質な珈琲を届けてくれる。すべてのサービスが一流、これがベストカフェと呼ばれるSingle Originの姿だ。

店ではさまざまな香りや味わいを楽しんでもらおうと月替わりで常時4種類の豆を使用し珈琲を淹れている。今月の豆は、マイルドな味わいが特徴のアフリカ・ブルンジ産、コスタリカ、エチオピア、インドの4種類。エスプレッソやサイフォンなど、コーヒーの淹れ方で豆を使い分けている。そして厳選した豆本来の味を限りなく抽出し、香り高い珈琲を淹れるのが当店自慢の4人のバリスタたち。そのうちのひとり、日本人ヘッドバリスタの佐々昌二氏は、先日モーニングヘラルド紙の『グッドカフェガイド』でベストバリスタに選ばれたほどの腕前。「どれだけ行列ができても気に入らない一杯ができたときは必ず作り直す」と佐々氏。そのこだわりが質の高い一杯を保ち続ける秘訣となっている。Single Originの厳選された豆は、他店からも評判が高い。シドニーはもちろんシドニー郊外のサバーブやメルボルンなどの他州、香港に至るまで国内外のカフェ、ベーカリーに豆を提供、その数は約100店舗に及ぶという。

世界中の豆を取り寄せ、素材に合わせた焙煎を施し、手練の技を持つバリスタが淹れるこだわりの珈琲。コクとまろみ、深い香り、そして微かな甘味をもつ至福の一杯を、ぜひご堪能あれ。

 



:Big Mumma's Meatloaf Sandwich $13.50


2センチ幅のサクッとしたトーストにジューシーなミートローフとバターのほのかな甘味がくせになるサンドウィッチ。付け合せのキャロットコールスローは、イタリアンバジル風味でサッパリ。

:Latte $4


まるでチョコレートのような甘みを感じる口当たりのやさしいラテ。

 

 

 

 

Siphon $5


ラテに比べるとほんの少しビターで酸味が感じられる。豆本来の味を楽しむならば、こちらの方がオススメ!

 

 
Single Origin Roasters


60 Reservoir St.
, Surry Hills

Mon- Fri 

Tel:(02)9211 0665

Web:www.singleoriginroasters.com.au

 

Side Show


58 Reservoir St.
, Surry Hills

Mon- Fri 

Tel:(02)9211 0665

Web:www.singleoriginroasters.com.au

アクセス:セントラル駅からElizabeth STを北上、Reservoir Stに入ってすぐの場所。徒歩5分ほど。バスはM20、343などでHay St下車。徒歩2分ほど。

 

 

 

手作りパスタが絶品! 工場エリアにある
Porcorosso
 
 
 
コンクリートの大きなカウンターには日替わりメニューが並ぶ 
 

個々のセンスが光るカフェやギャラリーができ始め、これから注目したいシティ南部の工場地帯。そんなエリアで一押しなのが、ジブリ好きならピンとくる名前のイタリアン「ポルコロッソ」だ。

イタリア出身の4人と日本人シェフが集まって昨年末にオープン。気の合う仲間たちで作り上げたフレンドリーな店だ。

訪れたらまず注文してほしいのが、自家製の本格パスタ。しっかりとコシのあるパスタはとにかく美味!レモンとバジルがさわやかな明太子パスタは、今までにない洗練されたスタイルでオージーにも評判がよい。さらに、栄養価が高く消化によいカムット粉を使ったパスタを選べるのも、ここならでは。サンドイッチやサラダ、スイーツは日替わりで、訪れるたびに新しい味に出会えるのもうれしいポイント。もちろんテイクアウェイもできるから、ラテとサンドイッチを持って目の前の公園で食べるのもいい。それぞれの料理のボリュームもちょうどよくヘルシーで、女性や親子連れにもお勧め。朝食からランチ、ディナーまで気軽に立ち寄れる、ぜひ覚えておきたい一軒だ。

 



:Go($17)


ホームメイドのパスタが自慢の明太子パスタGo($17)

:Tre($21)


薄くもちもちした生地にさっぱりしたトマートソースとモッツァレラがのったピザ 

 

 

 

Porcorosso

Shop 4-5, 

25/33 Allen St
.,

Waterloo NSW 2017

Tel:(02)9698 2983

Mon-Fri  (L.O. )

Thu-Sat 

Sun Closed

LicensedBYO(ひとり$3、種類問わず)

アクセス:セントラル駅からGreen Square駅で下車し、ウォータルーパーク方面へ徒歩10分ほど。バスは343でウォータルーパーク下車。徒歩約3分。

 

 

 

アレキサンドリアの倉庫が大変身! いまカフェ業界で話題の
Grounds

 

 

 

 

 

 

今年4月にオープンして間もなく、もっぱらの評判になっているアレキサンドリアの「グラウンズ」。週末ともなると長蛇の列ができ1時間待ちはザラというほどの盛況ぶりだ。もともと倉庫とパイ工場だった広い敷地は、インダストリアルな雰囲気を残しながらラスティックなカフェ空間に生まれ変わった。店内には工場さながらの大型コーヒー焙煎マシーンが並び、すべてグラウンズオリジナルのテイストに仕上げていく。入ってすぐのカウンターに並ぶパンや焼き菓子もすべて自家製。「いつでも最高のコーヒーと食事を提供していきたい」と語るのはオーナーのジャックさん。店の外にはグラウンズガーデンとして、料理に使うハーブや花が栽培され、片隅では鶏も飼われている。店産店消の、まるで〝小さな都会の農園〟とでもいえる、今までのカフェにない自由な発想で、できる限りのものをここで作り上げていく。近いうちにアルコールも用意し、夜の営業も始めるというから、こちらも楽しみだ。



 

:The Grounds Burger($18)

バンズが抜群においしく、ピクルスとマスタードが利いた大人のバーガー。
中央:Piccolo latte($3.50)

香ばしく上品な苦味がある
:Rolled Egg with Crispy Quinoa($16)

たっぷりのアスパラガスやトマトに半熟玉子がとろりとマッチする。

 

 


The Grounds

Building 7A, 2 Huntley Street

Alexandria NSW 2015

Tel:(02)9699 2225
Mon-Fri 7:00-16:00
Sat,Sun 8:00-15:00
http://www.groundsroasters.com/

アクセス:セントラル駅からSt Peters駅下車し、シドニーパークを越えHuntley St方面へ徒歩15分ほど。またはバスM20、309、310でBotany Rd(Collins St近く)下車。Collins Stをシドニーパーク方面へ徒歩10分ほど。駐車場あり。

 

 

 

芝と青空が囲む喧騒を離れたカフェ

Bean Drinking

 
 
 

 

 

多国籍なレストランが軒を連ねる街クロウズネストで、2004年に開店した「Bean Drinking」は、素朴な木のぬくもりが感じられるローカルご用達のカフェ。天井が高く窓も広い開放的な造りの当店には、木目調のテーブルや麻袋をリユースしたオブジェなど自然素材を活かした装飾を配し、間接照明の淡い明かりが店内を照らす。目の前には芝生の公園が広がり、青々と生い茂る芝の上で飲む珈琲は、私たちを至福のひと時へと誘う。

コロンビアやケニアなどから仕入れた豆は産地ごとに焙煎具合を計算し、店内の片隅に置く焙煎機で丁寧に煎られ、素材の味を最大限に活かした珈琲豆を生み出す。何度も試行錯誤を重ねた当店自慢のハウスブレンド『ブーツ』で淹れた珈琲は、どっしりとしたボディとスッキリした酸味、ほのかな甘みが調和したコクのある一杯で、鼻の中にいつまでも香ばしさを残す。そして、通い慣れたお客のオーダーを丁寧にこなすのは、その腕を認められたバリスタたち。1日で600杯の珈琲を淹れる彼らは、常に気温と湿度に気を配り、日々かわることのない味を笑顔とともに届けてくれる。珈琲を淹れるときは味が濁らないように、ミルク系、ブラック系の注文に応じて2台のエスプレッソマシーンを使用。そのこだわりがローカルの心を掴んでいる。

真向かいのコミュニティセンターでイベントが行われる木曜日は、子連れのママたちが当店へ足を運ぶ姿をよく見かける。彼女たちの話し声と子供たちの戯れる光景を目の前に飲む珈琲は、騒々しい日々を忘れさせ、のどかな気分にさせてくれるだろう。

 

 

 

Hand Bottled ($6.00)


これからの暑い季節に嬉しいオリジナルボトルのアイスコーヒー。コーヒー、チョコラテ、チャイをデフォルトに、豆の種類と砂糖、クリームの分量を変えた19種類を販売する。淹れたての味を詰め込んだボトルコーヒーは、苦味を抑えた飲みやすさが特徴。



:Chicken P.R.A.T ($11.60)


見た目にもボリューミーなChicken P.R.A.T ($11.60)は、ほどよくグリルされたチキンササミと肉エキスの詰まった生ハムが、旨みの二重構造を織り成すサンドウィッチ。コクのあるアボカドと、フレッシュなトマトが瑞々しさと酸味を加える。シンプルな中に豊かな旨みと香りをあわせ持つメニュー。

:Fattoush & Chickpea Salad ($10.90)


トマトやキューカンバーなどの瑞々しい野菜とチキンササミの旨みがマッチするFattoush & Chickpea Salad ($10.90)は、ミント、パセリ、セロリなどのハーブの香りに包まれた一品。カリッと香ばしいタコスチップスが、単調に成りがちなサラダにアクセントを加えている。

 



Bean Drinking

Shop1, 

13 Ernest Place
 Crows Nest NSW 2065

Open: Mon-Fri  Sat-Sun 

Tel: 02 9436 1678

Web:www.beandrinking.com.au

 

 

 


関連記事

2005年、ディーワイビーチにジュースバー『Girdlers』が登場して以来、ワリンガーモール、マンリーとノースエリアを中心に展開を続ける当店。

この記事を詳しく見る

古びたVBの看板が目印のコーナーカフェ『ジ・アルケミスト・エスプレッソ』は、キャメレイの住宅街にひっそりと佇む憩いの場。キャメレイのシドニー日本語土曜学校から徒歩圏内にある当店は、オーナー夫妻のジョニーさんとエマさんによって約1年前にオープンした、注目のニューカマーだ。

この記事を詳しく見る

いよいよ夏本番を迎えるシドニー。今回は先月号に引き続き、ビーチ周辺の人気カフェを紹介したい。ボンダイビーチのメインストリートから一本入ったカールイス・ストリートにあるサーフショップ兼カフェのワンストップショップ『Vida Surf Shop Cafe』には、ボンダイのローカル・サーファーや世界中から集まる観光客でごった返している。

この記事を詳しく見る

シドニーの夏と言えばボンダイやマンリーのビーチを思い浮かべがちだが、ときにはローカル・オージーに人気のビーチに足を運んでみてはいかがだろうか。今回訪れたビーチはマンリーのふたつ隣にあるカールカール・ビーチ。〝カーリー〟の通称で親しまれる同ビーチは、鳴き砂が体感できるほどに綺麗な砂浜が1・2キロ続き、子連れのファミリーからエキスパートサーファーまで幅広く集う。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

編集部御用達 打ち合わせで使うCafé

オープンエアでヘルシーフードを楽しむ Girdlers コーヒーの研究に情熱を注ぎ込む サーフショップ&カフェのワンストップショップ ノーザンビーチで楽しむヘルシーフード CHOYA × Black Star Pastryのコラボレーション 新作ケーキ『CHOYA Black Forest Cake』が登場! 素敵カフェ in Sydney 2017 アースキンビルで楽しむこだわりのピクルス 手作りにこだわった グランマのレシピを受け継いだカレーライスが人気 チェイスコジマ氏の仕掛ける スシバーガーショップがカジノに登場! 可愛いメイドが「おかえりなさいませ」 クローズド・ループから生まれるアート キッズフレンドリーなカフェ フュージョン料理で日本文化を発信 和とイタリアンのコラボレーション 都会の喧騒から離れた隠れ家キオスク モーターバイクを眺めながらカフェでラーメンを楽しむ スタンモア住人の憩いの場所 寒さで縮こまった体を温めてくれる セントラルパークのグルメ通りケンジントン・ストリートが熱い 歴史を感じる審美的空間 屋内庭園で楽しむブランチ サイクリストの憩いの場 ノルディックと和の融合 8ドルでボリュームたっぷりのサンドイッチ 噂のカツサンドを求めて TV業界人が集うカフェ アジアンテイストとこだわりのエスプレッソの融合 ハンターズヒルでナチュラルフードを楽しむ 温泉卵をふんだんに取り入れたアジアン&ウェスタンカフェ カフェ総集編 レインコーブで楽しむ、ファイネストコーヒー ロシア伝統の味をそのままに バリスタが集うサリーヒルズのカフェ サワードウ専門のカフェ・ベーカリー 「普段とは違うものを食べてほしい」 ノーザンビーチ・モナベールの憩いの場 一流シェフとバリスタが手がける美食 今話題のクロナッツを求めてニュータウンへ 常に上を目指すコーヒー専門店 アッパーノースショアの人気カフェ 焼きたてパンの香りに包まれて 手作りにこだわった隠れ家カフェ ひと口で幸せを呼ぶ シドニー湾を眺めながら過ごす癒しカフェ ウェストサバーブの静かな住宅街で楽しむリラックスランチ ソウルミュージックが響く裏路地 人気と実力を兼ね備える 噂のバイシクルカフェへようこそ! いまカフェ業界で話題の 手作りパスタが絶品!  至福の一杯 学生の行き交う街並みで静かなひと時を 喧騒を離れたカフェ シドニーNo.1の珈琲専門店 海風とともに感じる幸福のひととき 打ち合わせで使うCAFE 2012年 本物の抹茶の香りがシドニーで楽しめる 和みのひと時を過ごせるグリーブのカフェ 穏やかな空間で味わう 伝統と新しさの融合 40種類以上のチョコレートが、甘く優しい香りを漂わせる ボンダイで味わう本格フレンチクレープ ファッション業界者ご用達のカフェ  行列が絶えない噂のパン屋さん 水着のままで過ごすビーチフロントカフェ ヘルシーライフスタイルへの第一歩 心と体が潤うオーガニックカフェ こだわりぬいたコーヒー専門店 内緒にしておきたいビーチサイドカフェ ゆったりと過ごすマンリーの寛ぎ空間 心を優しくほぐすジャパニーズ・カフェ 代々受け継がれてきたイタリア ・ママの味 焼きたて挽きたてのビーンズで楽しむ極上の1杯 レモンがはじけるポップなカフェ セレブな街で楽しむフレンチ風カフェ 選び抜かれた素材が作る絶品サンドウィッチ クロアチア料理を楽しむ 時の刻みを感じさせないノスタルジック空間 1杯のコーヒーで贅沢を感じられる 気取ることなくカジュアルに楽しんでほしい 心地よい空間で、癒されてほしい

CATEGORY

グルメ情報

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者
Content afclogo
AFCチャンピオンズリーグ2018開催!

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase