海風とともに感じる幸福のひととき Black Pony Cafe | 編集部御用達 打ち合わせで使うCafé
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • 娯楽記事
  • 18+
  •  

    編集部御用達 打ち合わせで使うCAFE 31軒目

     

     

     

    海風とともに感じる幸福のひととき

    Black Pony Cafe



    シティから30分という都会を忘れるには程よい距離感で、ローカルがこよなく愛すクージービーチ。浜辺から垂直に上がっていくクージーベイロードには、数々のカフェやバーが立ち並び、ビーチ帰りの観光客やローカルで日々賑わいを見せている。そんな激戦区に1年前にオープンした『Black Pony Cafe』は、瞬く間に常連客を抱える人気店となった。ブルーマウンテンの田舎町ルーラで長年カフェを経営していたオーナーのケイトさんは、パートナーでシェフのニコールさんとともに気候がより過ごしやすいシドニーへと移り、当店をオープンしたという。ニコールさんは『ベルモンド』や『テツヤズ』など、シドニーで有数の高級料理店での経験を生かし、当店のメニューを考案したという。『Black Pony Cafe』の魅力は、コーヒーはもちろんのこと、そのファインダイニングから影響されたメニューにある。

    内装をウッドベースでまとめ、天井から長くぶら下がる点灯で照らされるバーカウンターには心温まる雰囲気が漂う。さらに、入り口からキッチンまで長く続く壁には、昔使用されていた路線の基盤が一面に貼られ、ラスティックなイメージが沸く。真夏のビーチとは異なるぬくもりのあるアースカラーが、逆に客を惹きつけるのだろう。来年からは、2階にタパス・バーを予定しており、マネージャーの知人アーティストによる壁画を準備中とのこと。これからの変化も楽しみでならない。

    「いつもの」とオーダーする誰が見ても微笑ましい光景は、そのたしかな味を保証する。マルズッコのエスプレッソマシーンで淹れる『Allpress』のコーヒーは、キレのいいコクがある。ブレックファーストからランチはもちろん、現在はディナーも営業をしているので、好みのタイミングでその豊富なメニューをぜひ一度試してみてほしい。海から吹かれてくる夏風が気持ちいいこの季節、ビーチでひと遊びした後には、『Black Pony Cafe』にお腹を空かせて来店してみてはいかがだろうか。

     



    :Mocha Frappe ($6.50)


    自家製チョコレートソースをグラスに注ぎ、氷たっぷりで作ったモカフラッペ。ひんやり、サクサクで夏場にぴったりのドリンク。

    :French Toast with Maple Syrup and Bacon ($15.50)


    外はサクサク、中はもっちりのブリオッシュをフレンチトースト風にし、本場カナダ産のメープルシロップをふんだんにかけた人気作。塩辛いカリカリのベーコンが甘いトーストにほどよいコントラストを加える。 

     

     

     

    :Pan Seared Garlic and Chilli Squid with Wild Rocket and Preserved Lemon ($19.50)


    さっと炙ったイカをニンニクとチリで炒め、ルッコラとレモンを添えた一品。イカは歯ごたえがあり、サイドのアイオリソースがクリーミーさを加える。

    :Piccolo Latte ($3.00)


    コーヒー豆の老舗『Allpress』で淹れるピッコロラテは、ほんのり苦味をキープした一杯。ミルクの量が少ないため、コーヒー本来の味を楽しめる。

     

     

     

     

    Black Pony Cafe

    52 Coogee Bay Rd., Coogee

    Wed-Sat 7am-10pm

    Sun-Mon 7am-4pm

    Tel: (02) 9664 9440

    Web: www.blackponycafe.com.au

    アクセス:セントラル駅のDevonshire St出口を出て、Elizabeth Stのバス乗り場でM50に乗車。Arden Stで下車、Coogee Bay Rdを徒歩2分。

     
    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ