シドニーNo.1の珈琲専門店 Coffee Alchemy | 編集部御用達 打ち合わせで使うCafé
 

 編集部御用達 打ち合わせで使うCAFE 30


 

 

知識と情熱で煎れるシドニーNo.1の珈琲専門店

Coffee Alchemy



ニュータウンを通りぬけバスを降りると、優雅な公園が広がる。向かいにはリフォーム中のパブ。工事中だったり、閉業した工場もあるこの街。殺風景な感じがする一方、開拓真っ只中のエキサイティングな匂いも漂う。不動産業がいまもっとも推薦するマリックビルは、ライブハウスやアートスペースといった穴場が多い。そこに5年前にオープンしたカフェ『コーヒー・アルケミー』では、本格的な珈琲を体験できる。シドニーモーニングヘラルド紙による「グッドカフェガイド」で「ベストコーヒー賞」を受賞した大人気店。シドニーの珈琲好き、珈琲業界のあらゆる人物が迷いもなくお勧めするほどだ。

珈琲を趣味で焙煎していた祖母を思い出すオーナー・ヘーゼルさん。幼い頃から珈琲を愛し、今でもその熱意は変わらない。出店したときから貫いているのは、食べ物やスイーツを一切置かないこと。「ビールを呑んで満足できるように、珈琲は物足りなさがない」と強い想いを語る。

純粋にエスプレッソの奥深さを味わえるショートやロング・ブラック、ほんのりしたミルクベースのラテやカプチーノ、本店では種類に応じて淹れる豆を選んでくれる。ミルクの相性がいいブレンド「ガリレオ」は、コクがしっかりしていて、苦さが控え目。収穫の季節ごとにスタッフが試飲をし、豆の組み合わせを極めている。ブラックは、原産地から送られてくるサンプルをスタッフ一同が刺激的な味を求めたりと、厳選したものを日替わりで用意している。

当店の目玉といえるのが、日本人に合うプアオーバー。ゆっくり、慎重に淹れたフィルターコーヒーは、豆本来の旨さを味わえて、ホッとする温かさ。これから暑くなるシドニーにはピッタリのコールドドリップや斬新なスパークラーもお勧めだ。

公園やプールも近くにあることで、子連れもよく訪れ、気軽に立ち寄れる本店。シドニーNo.1を誇る当店はぜひとも経験してもらいたい。

 



 

:Cold Drip ($5.00)


ハリオ株式会社やヤマコーヒーが代表する話題の水出し珈琲。オンザロックのように氷がコツコツとグラスの中で当たり、まるでリキュールを飲んでいるような味わい。

:Pourover ($3.50)


まるでワインの試飲会のように、さまざまな味・香り・舌触りを連想させるフィルター珈琲。エスプレッソではないブラックを好む日本人にはお勧め。

 



 

:Sparkler ($6.00)


珈琲に炭酸を吹き込んだ一味変わったドリンク。トールグラスでサーブされ、見た目だけでなく、すっきりしたエールそのもの。これから暑くなる季節にピッタリ。

:Piccolo Latte ($3.50)


ラテと比べてミルクの量を減らし、エスプレッソを強調するこの一杯。ミルクの優しい味と独特の酸味がうまく調和している。

 

 

Coffee Alchemy

24 Addison Road, Marrickville NSW 2204

Open: Mon-Fri 7am-2pm Sat 8am-3pm

Tel: 02 9516 1997

Web: www.coffeealchemy.com

シティからバスで25分。ビクトリアロード沿いにあるビクトリアパークで下車。横断歩道を渡り、アディソンロードに沿って徒歩5分もかからない角にある。

 

 


ページトップへ