アッパーノースショアの人気カフェ The Butcher's Block | 編集部御用達 打ち合わせで使うCafé

アッパーノースショアの人気カフェ The Butcher's Block | 編集部御用達 打ち合わせで使うCafé


編集部御用達 打ち合わせで使うCAFE45軒目





アッパーノースショアの人気カフェ

 

The Butcher's Block

 

近年、日本人のヤングファミリー人口が急上昇しているシドニーのアッパーノースショア。リーズナブルな賃貸で広々とした一戸建てに住めるほか、大自然に囲まれた環境、評判のよいパブリックスクールなど、子供たちがのびのびと育つには申し分がない人気エリアだ。そんなアッパーノースショアにひっそりと佇むサバーブ、ワルンガに、平日・週末問わず、長蛇の列を作ることでお馴染みの人気カフェ、『ザ・ブッチャーズ・ブロック』がある。
1942年から営業を続けて来た肉屋のクロージングを聞きつけた、父ジョージさんと、息子のアンソニーさんが、2012年11月、その場所と伝統、コンセプトを生かしつつ、カフェをオープン。壁には当時から使われていた計りやオイルランプ、フックなど、年代物のブッチャー器具がインテリアとしてディスプレイされているほか、トイレのドアノブには肉きり包丁を使用、グループ用のテーブルには、肉屋のチョッピングブロック、〝ブッチャーズ・ブロック〟をデザインに取り入れるなど、老舗ブッチャーのなごりが深い。
料理も同テーマにそい、和牛バーガーやミートパイ、スコッチフィレなど、クオリティの高いミートディッシュに力を入れている。また大きなボールにたっぷりと盛りつけられたサラダや、最近取り扱われるようになったシーフード料理、バラエティ豊かな洗練された自家製スイーツも大変な人気を博している。 
ランチは正午よりオーダーが開始されるものの、この時間帯にふらりと店に現れても十中八九満席、かつ長いウェイティングリストがお出迎えしてくれるだろう。すでに着席しているお客の大半は、時計の針が12時を指し、ウェイターがいっせいにオーダーをとるのを待ちつつ、コーヒーを楽しんでいるのだ。そして夕日が差し込むバックテラスにはハーブが自家栽培されており、その心地よさゆえについつい長居してしまう。

「こんなカフェがほしかった」。そうローカル人を言わしめている『ザ・ブッチャーズ・ブロック』。お店はワルンガ駅から徒歩2分ほどなので、普段アッパーノースショアの方向にお出かけしない方も、このオーストラリアならではの田舎町の雰囲気を楽しみつつ、当店に足を運んでいただきたい。

 


 




左:Dairy Free Berry & Mint Frappe $6.50


フレッシュなベリーのツブツブがいい喉ごしのフラッペ。キンキンに冷えてとても濃厚。ミントの香りがアクセントになっている。


右:Flat White S $3.50、L $4.00


ほんのりビターにローストされたAllpress espressoの豆を使用。程よい酸味とミルクの甘みのハーモニーがたまらない。

 

 

Prana Chai $6.50


世界中を旅して回ったメルボルン在住のビンセント氏とマリオ氏が、インドで出会ったマサラティーのレシピや製法を忠実に再現し、誕生したプラナチャイ。ヒンドゥーの自然療法、アーユルヴェーダに由来した、体にいいチャイティーを一度お試しあれ。




 

左:Eggs Benedict with Smoke Salmon $20.00


トロトロの半熟卵に、香ばしい焼き目の付いたアスパラとトマト、スモークサーモンがハッシュドポテトの上に盛られ、スノーピー・シュートで飾りつけた見た目にも美しいエッグズベネディクト。スモークサーモンに絡みつく黄身との愛称が非常によく、甘くてジューシーなトマトが素材の新鮮さを物語る。

 

:Western Australia Blue Swimmer Crab with Orecchiette Tossed in a Light Chili Cream Sause

$29.00


モチモチのオレキエッテ(パスタ)をパセリやチリ、ガーリック、オリーブオイルと、豊富なブルースイマークラブの肉、ライトチリクリームソースで包む。

 

 

Beer Butterd Soft Shell Crab Burger $21.00


さくさくの衣に覆われたソフトシェルの間には、ベーコンやベビーリーフがふんだんに使用され、ピリ辛のスパイスカクテルソースが病みつきに。薄いピンク色の芋を使用したスイートポテトは甘くてホクホク。

 

 



 

The Butcher's Block


 

15 Redleaf Avenue, Wahroonga 2076
TEL
: (02) 9487 8136
OPEN: 月-土  7am-5pm

アクセス
: セントラル駅から北方のホーンズビー駅に向かうノース・ショア・ライン(黄色)に乗り、ワルンガ駅で下車。徒歩2分。

 


 

 

 


ページトップへ