Taste of Shanghai -行列のできる上海料理店 in イーストウッド | Cheap Eats Great Taste
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • クーポン
  • 18+
  • Taste of Shanghai この度、食べ歩き隊が"安くて美味い"の合い言葉をもとに狙いを定めたのはイーストウッドにある上海式中華レストラン『Taste of Shanghai』。2008年12月にオープンしたばかりであるにも関わらず、すでに"行列のできるお店"として知られているという。大繁盛の理由は一体どこにあるのか? 巷の噂を検証するため、隊員たちは今日も行く!

    Taste of Shanghai

    シティから電車で30分ほど行ったところにイーストウッドはある。コリアンタウンとして認識されることの多いイーストウッドだが、実際は中国人の割合も非常に高く、駅の表玄関はチャイニーズエリアとなっている。イーストウッド駅から5分ほど歩くと、すぐにTaste of Shanghaiがその姿を現した。店頭には噂どおりに見事な行列ができている。新しく清潔な店内は感嘆させられるほどの広さで、テーブルがいくつも並ぶ。そんな中、目に飛び込んできたのは「ランチスペシャル $5.80」という文字。シドニーの物価では考えられない設定である。しかし我らが食べ歩き隊員を満足させるには"安い"だけではなく、同時に"美味い"ことが絶対条件となる。さてこのお店はその厳しい食べ歩き基準をクリアすることができるのであろうか?

    Shanghai Steamed Mini Pork Buns Crab Meat Flavor ($10.80)

    Shanghai Steamed Mini Pork Buns Crab Meat Flavor

    最初に運ばれてきたのは、Shanghai Steamed Mini Pork Buns Crab Meat Flavor ($10.80)。蟹のエキスをたっぷりと包み込んだ小龍包である。前菜として頂くのは贅沢な気もする一品だ。小ぶりながらプリッとしてキラキラと輝く美しい小龍包を一度に口へと放り込むと、プチッという音を立ててアツアツのスープが放出される。豚肉から溢れ出た濃厚な肉汁と蟹の身や味噌の艶麗な旨味が混ざり合い、複雑な美味を口の中で生み出す。いきなりの衝撃的な味にヤマグチ隊長夫人は、「素材の美味しさが全面に出てるわ!後味もとても良いし、中華レストランで使われることの多いMSGの風味が一切感じられない。いいお肉を使っているから頼る必要がないのね」とべた褒めだ。当店の点心はオーダーに応じて随時、手作りで製造されるため、常に最高の風味を味わうことができるようになっている。全員一致で早速、本日のオススメ第一号が誕生した。

    Fried Chives Pork Dumplings ($10.80)

    Fried Chives Pork Dumplings

    お次の点心は日本人も大好きな餃子。まずはカラッときつね色に焦げ目のついた焼き餃子、Fried Chives Pork Dumplings ($10.80)から。上海の人々が好む黒酢をかけて頂くと、サクッとした食感とともにお肉とニラの風味が口中に広がる。そして特筆すべきはそのジューシーさ。これには隊員から「スープが溢れてきて、まるで小龍包のようだ!」と歓喜の声が上がる。

    Boiled Cabbage Pork Dumplings ($8.80)

    Boiled Cabbage Pork Dumplings

    続けて水餃子、Boiled Cabbage Pork Dumplings ($8.80)もご賞味。本場の中国では餃子は焼きよりも茹でた水餃子が主流である。厚めの皮は瑞々しく、もちもちとしている。豚肉の旨味と一緒になったキャベツのシャキシャキとした食感がどこまでも心地よい。隊長夫人も前述したように、これらの料理に説得力と存在感を持たせているのは何と言っても"肉"自体の美味しさであろう。Taste of Shanghaiは元々、アッシュフィールドで経営されていた肉屋から始まり、レストランに発展したものだという。それ故に肉を知り尽くしたオーナーが現在も直営の肉屋から最高のものを取り入れ、レストランでの料理に使っているというわけだ。その上、それぞれ15個も盛り付けられてたったの10ドル前後という値段設定である。言うまでもなく、焼餃子と水餃子揃ってのオススメ認定となった。

    Szechwan Style Shredded Pork & Golden Buns ($18.80)

    Szechwan Style Shredded Pork & Golden Buns

    Szechwan Style Shredded Pork & Golden Buns ($18.80)は、炒め物を黄金の饅頭が四方から囲んだ一品。ここでも使われるのは当店自慢の豚肉で、それをタケノコやピーマンなどと一緒に炒めている。つまりは日本人にもよく知られている四川の代表料理のひとつであるチンジャオロースーなのだが、この料理のユニークなところはそのチンジャオロースーを添い付けられた饅頭のトッピングにして頬張ってしまうところ。饅頭の裏側には綺麗に穴が開き、中が空洞になっており、そこにチンジャオロースーをたっぷりと詰め込んで一緒に食してしまうというわけだ。饅頭の色、味はすべてが原材料の穀物などから自然に生まれたもの。フワっとしながらほのかに香る甘みは、肉や野菜との相性も抜群でやさしい旨味をじわぁっと広げる。これまた大人数でのシェアに適したリーズナブルで美味しいディッシュである。

    Deep Fried Whole Yellow Fish with Special Sweet & Sour Sauce ($22.80)

    Deep Fried Whole Yellow Fish with Special Sweet & Sour Sauce

    美味しいお肉をたっぷりと堪能したところで中華風の魚料理をオーダー。Deep Fried Whole Yellow Fish with Special Sweet & Sour Sauce ($22.80)は、中国人が好んで食べる海水魚である黄魚を丸ごと揚げた豪快な料理。ほんのりと酸味のある甘ダレで味付けされたエビもたっぷりと載せられていてなんとも豪華だ。日本人にはあまり馴染みのない黄魚だが、やわらかい白身はさっぱりとしてクセもなく、それでいて味はしっかりとしている。鯛やホッケに似た味わいと言えるだろうか。この料理がお気に入りだったのはM長老。「魚の味が豊かでソースに負けておらん。この調理法もよいのぉ。高温で一気に揚げることでタンパク質を壊すことをしていない。それが味を壊さないという結果になっておるわけじゃ。実に良い!」と博識ぶりを披露しながら大絶賛だ。来店の折には肉料理と一緒に、M長老が太鼓判を押す魚料理も是非味わって頂きたい。

    Noodles in Soup with Shredded Pork Spicy Preserved Veges ($8.00)

    Noodles in Soup with Shredded Pork Spicy Preserved Veges

    締めの品として隊員が選んだのは麺料理、Noodles in Soup with Shredded Pork Spicy Preserved Veges ($8.00)。半透明のクリアな鶏がらスープはすっきりとしながら鶏の味わいが全面に出た深いコクが印象的。そこに細切りの豚肉とザーサイから染み出ただしが溶け込んでおり、ツルツルの麺をすすり上げると至上の妙味を堪能することができる。ここでもM長老は、「値段は安いのに、味は実に豊かじゃ。安くて贅沢な味というのにはそうお目にかかれん」と絶賛。次いで「さっぱりしていて、今さらながらいくらでも入っちゃうよ!これはいいね!」と声を大にした隊長は、"口に含んだ瞬間にすべてが見えた"とばかりに人差し指を突き出し、即オススメ宣言をした。

    Pumpkin Pancakes ($8.00)

    Pumpkin Pancakes

    当店は基本的にメニューがとても多いのだが、デザートの種類も実に豊富。それもアイスクリームなどの安易なものではなく、自家製の揚げパンや水団子などあくまで中華風のオリジナル・スウィーツが取り揃えられている。オーナーの一押しにより隊長がチョイスしたのは、Pumpkin Pancakes ($8.00)。表面に胡麻が振られ、香ばしく揚げられた生地には、かぼちゃがたっぷりと練り込まれている。表面はサクサクで、内側はもちもちとして実に滑らか。中にはあんこがたっぷりと入っていて、かぼちゃの風味とともにまろやかな甘さを醸し出している。隊長を始め女性隊員から男性隊員まで、皆から大きな賞賛を受けたかぼちゃパンケーキは文句なしでオススメの甘味である。

    隊長から早くも年末の大賞候補にノミネートという評価を受けていたTaste of Shanghai。チープでグレートなテイストを存分に見せつけてくれた。レストランだけでなく、全般的に物価の安いイーストウッドという街だからこそ可能なこととも言えるだろう。肉や野菜、果物などはシドニー中心部に比べて20~40%も安くなっている。来店の際には、是非この街で買い物も楽しんでみてほしい。今年2月にはチャッツウッド、エッピング間に電車の新路線が通ったばかりで、アクセスもずっと楽になっている。しかもなんと今年の6月8日まではこの区間の運賃が無料というサービスが実施されている。これは行かない手はないというものだ。おっと、その前にTaste of Shanghaiでテーブルの予約を忘れずに。

    ソムリエK隊長のワイン談義

    BLACKETS Chardonnay
    Adelaide Hills 2007
    BLACKETS Chardonnay Adelaide Hills 2007
    肉に合わせるために白ワインからはシャルドネをピックしてみたよ。アデレードはコクのあるシャルドネの名産地なんだよね。小龍包や餃子によくマッチするはずだよ。
    Devils CounterPinot Noir
    Tasmania 2008
    Devils CounterPinot Noir Tasmania 2008
    やさしい味わいで女性向けの赤ワインだよね。辛口が好みの僕なんかには少しやさし過ぎる感もあるけど、ただ弱いわけじゃなくて、しっかりとしたきめ細やかさがあっていいね。
    AngusCabernet Sauvignon
    Southeastern Australia 2007
    AngusCabernet Sauvignon Southeastern Australia 2007
    力強いフルボディの赤ワインだね。これなら味の濃いXO醤なんかにも負けることはないだろうね。 重ければいいってことではないんだけど、このワインにはしなやかな力強さがあるね。
    k隊員はかく語りき

    今回は中華で、特に豚肉を使ったメニューが多かったから、それを踏まえて白ワインから濃い赤までをセレクトしたんだ。僕のオススメは何といっても最後に紹介したアンガスのカベルネ・ソーヴィニヨンだね!猛牛の如きパワフルな味で、オージービーフのステーキともよく合うだろうね。男ならこれを飲めって感じだよ。2番目に紹介したピノ・ノアールは女性隊員に大好評だった。華やかでエレガントで、まさに女心のようなワインだね。この2本は言うなれば、美女と野獣といったところだよ。結局は男女の関係もワインの魅力も同じだってことだよねぇ(唇を噛みしめながら)。

    Taste of Shanghai
    200 Rowe St, Eastwood 2122
    Tel:9804 0388
    11am- Till late (ラストオーダー 9:45pm)
    BYO $2 per person
    200 Rowe St, Eastwood 2122
    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • スーツケース、ダンボールお預かりします。1日1ドル+GST~
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ