オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
シドニーグルメ情報

Cheap Eats Great Taste


Rosso Pomodoro -本場イタリアンの味をバルメインで

27/11/2009


shop name

Shop 水辺の美しい街、バルメインの住宅街にあるイタリア料理店Rosso Pomodoro。赤いトマトと名のつくここは、店名の通りビビッドな赤が鮮やかな店内と、スタッフのほとんどがイタリア人という賑やかな雰囲気で活気に満ちていた。スタッフのやたらと強いイタリア訛りの英語のおかげで、まるでイタリアに来たかのような気にさせてくれる。Good Food Guide(2008年13/20)でも星を獲得しているということで嫌がおうにもその期待は高まるが、さていかに。

ピザは15種類以上あり、さらにその日のおすすめはメニューとは別に店内ボードに書き出してあるので忘れずにチェックしよう。とは言えどれも美味しそうなのが困りもの。スタッフに聞いてみても当然のように「どれもオススメ」と言うし…。そうこうしている内にいい感じでお腹もすいてきた。
food food

Prochoute($25)

本日のおすすめということでオーダー。何が普通のプロシュートと違うかというと、イタリアから輸入した本場の味だから。その分値段も少々高めの設定だが、もちろんそんなことを気にするヤマグチ隊長ではない。テーブルに堂々と登場したProchouteトは、ピザ生地の上にまんべんなく上品なピンクの生ハムが敷き詰められており、その美しさに一同のテンションもアップ。早速頬ばると、絶妙な塩加減の生ハムの風味がガツンとやって来た後、口いっぱいにそのうまみが広がり思わず顔がほころぶ。どうやらヤマグチ隊長の舌もその本場の味にやられたようで「塩加減がいいね!」「よくこんなに薄く切れるよね!」と興奮気味だ。そこへ「僕が以前イタリアへ行った時ねー」と切り込む隊長。隊長の話によると、イタリア、パルマの高級食材店で奮発して絶品プロシュートを購入したが、しっかり封をしてあったにも関わらず空港でひっかかり、結果目の前でゴミ箱行きをくらった切ない過去もあったらしい。2年前までは輸入不可だったこのプロシュートも今でこそここオーストラリアで本場の味を買い求めることができるが、ライカートやファイブドッグの食材店でしか本場の味は買えないので注意。さて一同が「美味しい!」を連発したこのパルマの近くで生産されたプロシュートは文句なしのオススメ入り。

 

Patate e Salsiccia(A$20)

今回この店が選ばれた際、事前リサーチの段階で隊長が絶対チェック!リストに入れていたのがA pizza bianca(白いピザ)の中のPatate e Salsiccia(A$20)だ。「Good Food Guide」のお墨付きをもらっているこのピザは、店の自慢であるトマトソースをあえて使わず、ホワイトソースとモッツァレラチーズが肝。特にモッツァレラチーズは口に入れた瞬間に「あ、このチーズ新鮮!」と分かるくらいそのみずみずしさに驚く。またこの白いピザにパンチを与えているのがきざまれたポークソーセージとローズマリー。下手すると味が間延びしてしまいがちなホワイトソースベースピザに、これまた絶妙な塩気とどことなく洒落た風味を添えている。隊長にとってはポテトがのったピザが初体験だったようだが「ホワイトソースとポテトって合うんだね!」「見た目もエレガントだよね!」と徐々に饒舌さを増していったので、このピザもオススメリスト入りが決定した。

food food

Lasagne fatte in Casa($16.50)

「ん?この店はピザしかないのか?」…もちろんそんなことはない。ピザ以外にもおすすめしたいイタリアンはズラリとあるのでご心配なく。ラザニアの登場だ。皿にこんもりと取り分けられたこちらのラザニアは、自家製のボロネーゼとベシャメルソースが幾重にも重なり、特に味の濃い美味なチーズが一同を唸らせる。最初は「もしかしたら胡椒がいるかも」と言っていた隊長だったが、2クチ、3クチと進むにつれチーズの味が主張してきたのか「けっこういいね!」と満足気。現時点でオススメを連発し過ぎているのを気にしていたが、最後には「やっぱりこれもオススメね!」の一言。やはり極上チーズの味が忘れられなかったか…。

Rosso Pomodoro($17)

どのレストランに行った際も必ずオーダーしておきたいのが、店名がついたメニューだろう。その店の名を背負ってよし!とされたメニューにはシェフの自信がうかがえるからだ。こちらはは自慢のトマトソースが贅沢にかかった上に薄味のリコッタチーズ、チェリートマト、ハーブがちりばめられた目にも鮮やかなピザ。味自体はシンプルだが、シンプルだからこそ素材ひとつ一つがものを言う。中でも特筆すべきはトッピングのチェリートマトだろう。確かに口に含んだ時の味はトマトだが、そのジューシーさは確実に普通のトマトとは違う。「このトマトなに!?」「これトマト?美味しいー!」と、一同が驚くこの

food food food

Capricciosa($18)

大きめにカットされたマッシュルームの香しい匂いがすぐさま鼻腔をクーンと刺激してくる。見た目にもトマトベースの朱赤と純白のモッツァレラのコントラストが美しい。最初のプロシュートで既にやられている一同、間髪入れず次のピザを食らいつく。店の名前になるほどトマトの味には自信アリというだけあって、その繊細な酸味はトッピングされているアンティチョーク、オリーブ、モッツァレラチーズといったちょっと"尖った"味達をまとめあげている。土台となる生地も計算されていて、まわりのクリスピー感とトマトソースをふくんだしっとり感は絶妙。隊長もニンマリ満足気である。

Penne Rosso Pomodoro(A$16,50)

そろそろ一同のお腹も八分目を迎えてきた頃、自称メン喰いを名乗る隊長がオーダーしたのがこちら。リコッタと剃りおろしたパルメザンのダブルチーズのプンとくるふくよかな香りが何とも言えないが、何よりも一同を驚かせたのがその食感。「ほぉー、これしっかりアルデンテだねー。オーダーの時何も言ってないのに!」「オージー達なら間違いなくこれ"Uncooked"って言うよね!」という本場イタリア仕込みのアルデンテっぷりは、このレストランへの信頼感をグッと高めてくれた。「日本にはさ、蕎麦の文化があるじゃない。"コシ"とか"のどごし"とかさ。だからこそこのアルデンテがワカるんだよね!」…隊長の熱弁はとどまるところを知らない。

Calzone Alla Nutella(A$17,50)

以前このレストランにイタリア人と一緒に来たというK隊員が興奮ぎみに口を開いた。「前ここに来た時にデザートピザを食べたんですよ」デ、デザートピザ? しかもデカい…。確かにメニューにCalzone Alla Nutella(A$17,50)とある。オーダーしてみると一同が予想した形状とは違う半円型の、ピザを折り畳んだものがやってきた。恐る恐るナイフを入れ切り分けると、中からは溢れ出るあつあつチョコレートが! 使われているのはNutellaというチョコレートクリームで、オーストラリアではパンに塗って食べられている庶民の味。それは相当に甘くこってりとリッチな味わいで、きっとコーヒーとはベストマッチだと思われるが、何せ"こってリッチ"テイストなので6人以上の際に注文することをおすすめしたい。

そして今回新加入のワイン専門家、K隊員がフードメニューを決定した後にボトルショップまで自ら走って買い求めたワインが、イタリアンの味を引き立てる。K隊員は語る。「ワインは食事の味を殺してはいけないんだよ、あくまで引き立て役」と。今回は全部で5本のワインが並んだが、白(軽め)→白(重ため)→赤(軽め)→赤(重ため)→赤(重ため)という計算された順番で、一同からもサスガ!の声があがっていた。

Teo churches

最初に登場したこの白ワインは華やかで口当たりは軽め。そのさわやかさはプロシュートの塩気と喧嘩することなく、まるで三歩下がって歩く昭和チックな女性のように上品で控えめだ。決して味が薄いのではなく、軽やかなテイスト。

Coonawarra Chardonnay 2006

Coonawrraは土地の名前。2006年もので年代こそ若干新しめだが、味はしっかりめ。最初に口に含んだ時に余計な主張がなく、2秒後ぐらいにすぐさま芳醇な味がじわっと広がってくる。口数が少ないデキル男といった感じ。K隊員曰く「口に含んだ時ワインが開いた感じがするでしょ!」そう、ワインは"ひらく"のだ。

Mount Macleod 2004 Pinot Noir

グラスに注ぐと赤が少し透き通っているため薄味かと思わせるが、香りが華やかで口に含むと「味が濃い!」と一同驚く。例えるなら…一見おとなしそうだが夜はセクシーな女子。乾燥しすぎてないビクトリア州やニュージーランドでは上質なピノノアが育つのだとか。この赤ワインもビクトリア州もの。

Rawson's Retreat 2006

ヤマグチ隊長が持参したこの赤ワインは、見た目もガッツリ赤くこれぞ赤!という貫禄さえ漂う。最後にかすかな甘みが残るので女性に好まれるかも。いい匂いがするべっぴん39歳女性。「香りがムラサキだよね」というK隊員、なるほど言われてみれば確かに濃く強い香りは紫色を感じさせる。

Barwang 2002

Y隊員がジャジャーンと後だししたワインに「あ!これ買おうと思ったんですよ!」と目が輝くK隊員。甘さはほとんど無く質の良さが口に広がる感覚は陶酔感をおぼえるほど。味が強いイタリアンとのマッチングも見事で、そのしっかりした味は渋い演技がハリウッドも唸らす渡辺謙といったところか。

Coonawarra Chardonnay 2006


Mount Macleod 2004 Pinot Noir

シンプルなメニューほどその真価が問われるというが、店名がついたピザRosso Pomodoroに代表されるように、チーズ、トマトソース、生地など素材ひとつ一つに対して一切手を抜いていないのが分かった。舌の肥えたシドニー食べ歩き隊をもって「好奇心を満足させてくれる店」と言わしめたのだから、バルメインまで足を運んでみる価値はアリ。そして店を出る間際、なんと日本人スタッフがいることが判明。仁藤さんは店で唯一のノンイタリア人スタッフで、陽気なイタリア人スタッフ達に混じって頑張っている。イタリア訛りの英語が聞き取れなかったら彼の助けを借りよう(笑)。 map
Shop data


関連記事

今年になってニュートラルベイに進出してきたインド・スリランカ料理店が大変な人気を呼んでいるという。そんな噂を聞きつけたヤマグチ隊長は早速、調査を開始。食べ歩き隊員を引き連れ、現地へと向かった。凡百のカレー屋とはひと味もふた味も違うという話題のお店の全貌が今、明らかになる。

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

世界一有名な小龍包店と言っても過言ではないDIN TAI FUNG(ディンタイフォン)。台湾に本店を持つこの店がオーストラリアにも進出し、シドニーに支店をオープンしたのは今年5月。まだ半年ではあるが、その評判は方々で聞き及ぶところである。そのような話題を鋭い食のアンテナを持つ食べ歩き隊が放っておくわけもない。食べ歩き隊が満を持して噂のレストランで食らい、語りつくす。

この記事を詳しく見る

ヤマグチ隊長が普段からひいきにしており、シティで最も行列のできる韓国レストランだと太鼓判を押すお店、Madang。実際、その評判は頻繁に耳にするところである。ピット・ストリートから裏路地風の通りを抜けて行くとネオンと長蛇の列が現れ、店内からはものすごい熱気が溢れ出ていた。何を食べてもはずれがないと言われる中、あえて直球ど真ん中のあの品この品を思う存分堪能することにした。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheap Eats Great Taste

KAMMADHENU - ノースでスリランカの味を探る ベトナム中部の母の味をマリックビルで楽しむ DIN TAI FUNG -洗練された場で極上の小龍包 Madang -はずれ知らずの王道韓国レストラン SULTAN'S TABLE - Enmoreで味わうトルコ料理の奥深さ Bahay Kubo -Lidcombeで知ったフィリピン料理の魅力 NEW SHANGHAI(新上海) -革命的中華がノースに進出 PHAMISH -エレガントに味わうベトナム料理 Hunter Connection Food Court -シティの中心地で最安値に挑む Taste of Shanghai -行列のできる上海料理店 in イーストウッド JINGOGAE -ふるさとの味を伝える韓国家庭料理 BUZZZBAR CAFE -休日にカフェでブランチを Chat thai -モダンな空間で味わう本場のタイ NAPOLI IN BOCCA -イタリアン・ビレッジで見つけた究極のピザ DOMA -ビールで味わうチェコ料理の伝統 CAFFE ROMA -ポッツポイントで見つけた安らぎイタリアン APERITIF -キングスクロスで味わった本格ヨーロッパ料理 daGianni -家庭的なイタリアンをAnnandale楽しもう! Bundu Khan -ミステリアスな街Auburnでパキスタン料理 Red Chilli -ウマ辛! 四川料理が今熱い The ttokssam Age -“韓国街”にあるコリアンバーベキュー Mamak -マレーシア料理 庶民の味が良心価格で Rosso Pomodoro -本場イタリアンの味をバルメインで Elysium -素材を知り尽くす男が創るモダン・オーストラリアン Tran's -洗練されたモダン・ベトナミーズ Kingsford Chinese Restaurant -食べてビックリ!! 払ってビックリ!! ピット・ストリート地下フードコート -激安・激うまフードコート 第2弾! La Disfida -ピザの歴史が味わえる Satang Thai -シドニーで本場タイの屋台の体験! Last Train to Bombay -世界初のインド料理コンセプト Lebanon and Beyond -母親から受け継いだレバノンの家庭料理 RIPPA'S -本格ピザ・パスタ専門店 Newtowns Cocina Morern Mexicana Cuisine -若者の間で人気のメキシコ料理店 Hunter Connection -学生・ワーホリ必見! 激安・激うまフードコート Kuali Malaysian Restaurant -シドニーで本場マレーシアンを求めるなら Grape Garden Peking Restaurant -本格的北京料理を堪能できる My Thuan Restaurant -カブラマッタの穴場的レストラン Moretti -イタリア人の常連客で賑わうイタリアン Mirac -韓国人がイチオシするうわさの韓国料理店 Galileo Restaurant -5つ星ホテルで贅沢なひと時を Dong Xanh -カブラマッタのベトナム料理店に挑戦 Forbes & Burton -スタイリッシュなモダン・オーストラリアン Verde Miho -本場のポルトガル料理を食べるなら Chu Bay -シティの穴場ベトナム料理 La Locanda -海の帰りに気軽に寄れるおしゃれイタリアン Prasit's -チープな値段とタイの本格的な味 2007年度 シドニー食べ歩き賞発表 Cafe Kasturi -やさしさが沁みるマレーシア料理 Chinense Fast Food -激安区域アッシュフェ-ルドで本格上海料理 Papaya -モダン・タイで大切なひとときを Na Zdrowie-ポーランド料理に感じる欧州の旅情 tipico-新イタリア人街・ファイブドックで見つけた名店 ARISUN-中華と韓流が巡り合った場所 TAGINE(タジン) エジプト伝統料理 ボンダイで堪能するグリルの魅力 Hurricane's Grill & Bar 北方拉麺館 モダン・オーストラリアの魅力とは? Piemonte Cafe Restaurant 情熱の国で見つけた故郷の味 CAPITAN TORRES 激戦区に佇む穴場レストラン CHILLI CHA CHA チャイナタウンで発見!進化し続けるモダン台湾料理 TAIWAN 幻のホワイトベイトのピザ"NANNATO"に迫る wood fire pizza Fratellis ついに2号店がチャッツウッドに登場! Mamak 肉食系はクージーに集まれ Brazilian stlye BBQ Churrasco@Sydney 食の交差点・クローズネストで楽しむヘルシー・ネパール料理  MUSTANG 幻のアンコウを求めて 名家 (ミュンガ) 幻の麺“ミーカレット”に出会う Pinangsia Noodle House Indonesian Restaurant ベリーダンスに誘われて The Cushion House ボンダイビーチのマイリストランテ GELBISON PIZZERIA RISTORANTE 四川山椒を心行くまで楽しもう Red Chilli Sichuan Restaurant 創造的な和モダン・タパスの世界 BIG STONE Modern Japanese Tapas 韓国人街の最繁盛店はベトナム料理!? Saigon Bowl VIETNAMESE RESTAURANT さまざまな既成概念を覆す!Albee's Kitchen アジアンフード激戦区、チャッツウッドで注目! Golden Bo フラメンコギターの生演奏 El Bulli Spanish Tapas 熱々サクサクの海鮮ちぢみが美味しい O Bal Tan "やみつきライス"が自慢のトルコ料理店! Erci トマトソースが絶品の地中海料理 MARSFIELD restauran アッシュフィールドのニューカマーShanghai Memory International College of Management グラシャス! アミーゴ・セニョリータ!! Dos Senoritas 一生通い続けたいイタリアントラットリア Made in Italy シティのとっておきの穴場で、東南アジアを感じる Holy Basil 15周年特別企画、初パブ飯!Glasgow Arms Hotel 薪オーブンで焼き上げるピザに舌鼓 gigi pizzeria アーターモンで味わう家庭的台湾料理 Taipei Chef Restaurant 自家製パスタの旨みを堪能できる Porcorosso 新感覚なエスニックの味を楽しめるアフガン料理 Bamiyan Afghan Cuisine 本家とはひと味違う新感覚をチャッツウッドで楽しめる Bassim オリジナルメニューに誇りを持つ香港料理 OLD TOWN HONG KONG CUISINE インドネシア的おふくろの味がここに!PINANG BISTRO 本場ナポリの情景をレーンコーブで エキゾチックなスパイスの香りに包まれて タイ南方料理でヘルシーにお腹を満たそう! 本場セネガルの味をエンモアで チープイートの原点回帰 成長を続けるチャッツウッドにフィリピン料理が登場 編集部のリアル台所 チープイート・グレートテイスト200回記念特別企画 マレーシアの繁盛店がシドニーに上陸! チャッツウッドに餃子専門店登場! カジュアルに究極のできたてが楽しめる

CATEGORY

シドニーグルメ情報

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content gogyo top2
五行がサリーヒルズに登場!
Content interview kozee easter island
kozee インタビュー
Content inner banner 2018 02 present win
メアリと魔女の花 - 読者プレゼント当選者発表

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase