肉食系はクージーに集まれ Brazilian stlye BBQ Churrasco@Sydney | Cheap Eats Great Taste

照明を落とし、スローテンポのラテンミュージックが流れている店内には、香ばしい炭火の香りがすでに漂っている。最近「ズンバ」に大ハマリしているチアーズフードライターにとっても、とても居心地の良いシュラスカリアだ。クージービーチのすぐ近くという立地から、このあたりはスローライフを楽しむローカルピープルで日々賑わいを見せており、まだ7時だと言うのに辺りを見渡せば、すでに肉食系ローカルでほぼ満席に近いではないか。
シュラスコは基本的に時間制限のない食べ放題で、炭火でじっくりと焼き、岩塩で味付けされ、串刺しされたブロックの牛肉、豚肉、鳥肉などの肉類の他に、ズッキーニ、パイナップルなどの丸焼きを、ウェイトレスがテーブルに届け、目の前で自分の欲しい分だけ切り分けてくれるといったシステム。基本的に必要以上の肉がきたら飲茶の様に断ればいいのだが、そういった手間を省くためにあらかじめ用意された、表裏に緑色・赤色で塗ったカードで意思表示をする。緑色を上にすると「肉を持ってきて欲しい」という意思表示(サイン)になり、逆に赤色を上にすると「今はいらないよ」という具合に。しかし、忙しくなると赤でも緑でも関係なくガンガン持ってくるが、それはご愛嬌。ラテンのリズムに身をゆだね、南米の美女にサーブされてしまえば、まったく怒る気も失せてしまうものである。さてそれではこの辺で気になる料理の説明に入ろう。

Scotch Fillet

柔らかく綺麗なピンク色に仕上げられた牛肉。風味がとても強く、厚切りで噛み応えも抜群。噛むほどにその濃厚な肉汁がしたたり、旨みが口の中に広がる。一品目からこのワイルドな食べっぷりに少々緊張している面持ちの隊員たち。今宵のお肉祭りはまだ序曲に過ぎない。

 

Pork Chorizo

刻んだ豚肉に塩やニンニク、パプリカなどの香辛料を加えて腸に詰め、干して仕上げたソーセージのこと。一般のソーセージとの違いは、肉を挽かずに刻む点にある。スパイスが豚肉のジューシーな旨味を見事に引き出しており、ついついビールが欲しくなってしまう一品。チョリゾーという割には、辛すぎずとても食べやすいと隊員の声。それもそのはず、このチョリゾーはその昔、日本にメキシコの料理として紹介されたためである。メキシコのチョリゾーは唐辛子が入っており実に辛かったために、日本では未だに「チョリゾーとは辛いソーセージである」という誤認をしている方が少なくない。しかしブラジルのチョリゾーをはじめ、発祥地であるスペインのチョリゾーも実は辛くないのだ。何はともあれこの香ばしいチョリゾーに満場一致で今夜一発目のオススメをささげた。

Cheese Bread

「ブラジルでは実に一般的な庶民の食べ物として愛されているのよ」と説明する愛嬌たっぷりのブラジリアンウェイトレスにみとれる隊長を尻目に、早速チーズブレッドを口に運ぶ。モッツァレラチーズをふんだんに使用し、ふんわりホクホクに焼き上げられている。表面はパリッとサクサク、中がもっちりとしていて食感が豊かでほっとする一品。特に女性隊員たちからも「美味しいからいくらでも食べられちゃう!」と評価が高く、これもオススメ入りを果たした。

Chicken Hearts

日本の焼き鳥屋のどこか懐かしい味わいに似ている。脂肪分が少なくたんぱくな味わいで、さっぱりとしていて飽きがこず、臭みがないので食べやすい。プリッとした心地よい歯応えが印象的な一品。思わずビールが飲みたくなるぞ。

Pineapple

シナモンの隠し味が、甘みをいっそう引き出している。実はこのパイナップルの酵素には、肉の消化を助ける効果があるため、とても理にかなった食い合わせと言えるだろう。肉が続いたときは、ぜひ食休めに注文してみてほしい。この爽やかな食感に「これは間違いなくオススメ!」とヤマグチ隊長も大絶賛。体にヘルシーでデリシャスなら言うことなし!

Pork Belly

豚の甘みを内側に見事に閉じ込め、口に含むと豚の油が程よく広がり、旨みを出している。余計なことはせずシンプルに、それでいて素材を最大限に活かしている。

Parmesan Zucchini

しっとりとしながら不思議なまでにやわらかく、そしてみずみずしい。初めての食感と言っても過言ではないこの歯触りに、隊員たちは素直に驚きを表す。「控えめなチーズの味がズッキーニの素材の味を引き出しているねえ」とヤマグチ隊長も今夜はどこか饒舌。

Brazilian Chicken

炭火でじっくりとグリルされ火の通りが実に絶妙。カリカリに仕上げた表面のこげが実に香ばしく食欲をそそり、噛みちぎるととてもジューシーで柔らかい一品。すでにかなりの品数を食した隊員たちであったが、ブラジリアンチキンの美味しさに思わず「もうひとつ♪もうひとつ♪」とおかわりコールが連発し、満場一致で今夜のイチオシの座 に輝いた。

Brazilian Style Creme Caramel($9.20)

実に繊細な味わいで、今まで血の滴るお肉祭りをしていた後だけにホッとする甘さがたまらない。戦いを終えた隊員たちにとってこのスイーツは至福のひと時をもたらした。 ※スイーツは別料金なので要注意。

血の滴る肉の数々と南米の美女たちの笑顔を堪能でき、特に男性隊員にとっては満足度が高かった「Churrasco」。前半で飛ばしすぎると、後から出てくる美味を食べ損ねる恐れがあるので、おかわりはその日の品々を一通り楽しんでからにした方が無難だろう。またシティにも系列店があるので、クージーがちょっと遠いと言う方にはシティ店もオススメだ。今やシュラスコは日本を始め、世界中でブームになりつつある料理。ビーチで十分に遊び、お腹を空かした頃にふらっと訪れるのが似合う当店に、皆さんも足を運んでみてはいかがだろうか。そして食べ過ぎてしまった時はズンバでエネルギーを燃焼燃焼♪

ソムリエK隊長のワイン談義

NOVA SCHIN/$8.00
熱い季節にはスターターとして最適なブラジリアンビアーを楽しんでみてはいかがでしょうか。爽快感のある喉越しがたまらないライトなピルスナーは日本人向きの味わい。
CRUTINI Wines "TRUMPETER" Chardonnay 2006 Chile/$46.00
ライトなボディでコーキーな仕上がりのシャドネー。チキンやパイナップル、ズッキーニなどに良く合いますね。飲みやすく女性にもオススメです。
Finca Flichman "MISTERIO" Shiraz 2009 Argentina/$35.00
オーストラリアンワインに近いクオリティで、酸味や粗味がにくい仕上がりに。スモークフィレ、ラムなどお肉料理にベストマッチ。
 
Brazilian stlye BBQ Churrasco@Sydney
S60-70 William St., Woolloomooloo
Tel:(02)9360 6070
Open: Mon-Sun Dinner 6pm~ $35per Person
Mon-Fri Lunch 12pm~ $29per Person
シティーの近くに シドニー店もあります
 

 


ページトップへ