アジアンフード激戦区、チャッツウッドで注目! Golden Bo | Cheap Eats Great Taste
×
  • 留学一年生
  • シドニーグルメ情報
  • イベントガイド
  • 生活・ショップ情報
  • 娯楽記事
  • クーポン
  • 18+
  •  



    10年ほど前までは、美味しいレストランが全然なかったんだよ」と言う、ヤマグチ隊長の言葉も信じがたいほどに、今ではすっかり変貌を遂げた街、チャッツウッド。数ある飲食店の中で、今回選んだのはベトナム料理。多くのアジア人の住む町でのアジアンフード、食べ歩き隊員たちをうならせる美味しい料理との出会いに期待大!

    美味しいものあるところに食べ歩き隊あり。今宵もいい匂いに誘われて、腹ペコ隊員たちが集合した。チャッツウッド駅から歩いて
    10分ほどの好アクセスに位置する『Golden Bo』。ガラス張りの明るい店内には至るところに緑が取り入れられている。壁や天井には葉っぱがデコレーションされており、Dr.Oいわく「オアシスみたい」な空間が広がる。気さくな店員さんに案内され、渡されたメニューを見ると…その数の多いこと! ひたすらお勧めを聞きまくってのオーダーとなった。




    :Lemon Grass Pork with Prawn Crackers($12.80:Vietnamese Pan Cake($12.80)



    本日
    1品目の前菜『Lemon Grass Pork with Prawn Crackers($12.80)』は南ベトナムのオリジナル料理。中華でおなじみのサクサクのエビ煎餅に、薄く平たいライスヌードルが重ねられており、その上にポークや人参などの具材が乗っている。決め手は魚のダシがしっかり効いた、凝縮したうま味のフィッシュソース。たっぷりかけていただくのが、ベトナミーズ流だ。「ベトナム料理はよく食べるけど、これは食べたことがない!」と、初参加のMr.N。「ライスヌードルがあることによって、ソースをかけても煎餅がベチャッとならないのがいい」と、グルメなR隊員の言葉に、隊員一同も一斉にうなずく。ここでしか食べられない、女性が好みそうなオシャレな一品に、「オススメ」という名のアイディア賞の称号が与えらえたのは言うまでもない。


    続いて出てきたのは『
    Vietnamese Pan Cake($12.80)』。一見、ふわふわな半月型のオムレツなのだが、口にしてみると玉子のパリパリサクサクの食感というギャップに驚く。オムレツの中にはモヤシ、エビ、人参などがたっぷり入っており、ライスパフはココナッツ風味でほんのりと甘みを添える。これまたフィッシュソースをかけていただく。ここで「そういえば、先日玉子焼きを作ったけどなかなか難しくて」と話があらぬ方向へ。Mr.Nとヤマグチ隊長は男の料理教室の生徒つながりである。完全に脱線コースと思われたが、「私、あまりモヤシは好きじゃないんですけど…」ポツリとつぶやかれたM隊員の一言で、原点回帰「いつもはわき役になりがちなモヤシが、主役級の働きしているというか、とにかくシャキシャキして美味しい」と続ける。「それに付け合せの野菜もいいよね、新鮮で輝いている!」と、脱線などなかったかのようにヤマグチ隊長も歩調を合わせ、あっという間に本日2つ目のオススメが決まった。



     

    :V.N Salt Pepper Soft Shell Crab with Dry Egg Noodles($16.80:Sliced Pork & Spring Roll with Rice Vermicelli($13.80)


    テンション高まる隊員たちの前に堂々たる登場を果たしたのは『
    V.N Salt Pepper Soft Shell Crab with Dry Egg Noodles($16.80)』。サクサクの衣にカニ肉もしっかり詰まった、食べ応えありのソフトシェルクラブのから揚げと、「麺の種類には意外とうるさい」と言うM隊員も満足の細ちぢれたまご麺によるつけ麺だ。甘みとコクのバランスのよい優しい味のつけだれのよく絡む麺は喉ごしもよく、つるつるといくらでも食べられる。「つけ麺っていうと、やっぱり『ラーメンつけ麺、僕イケメン!』」と、誰もが脳裏に浮かべつつも心にしまったワードを口にしたのは、天然のDr.O。そこに予想だにしない「え、何それ?」と天然を上回る、まさかのヤマグチ隊長のひと言。目が点になる一同に、「あ、これオフレコで!」と慌てて言う隊長だが、覆水盆に返らずである。

     

    麺食いのヤマグチ隊長も満足の一品の後に続くのは『Sliced Pork & Spring Roll with Rice Vermicelli($13.80)』。ポークを始めとし、パリパリした食感がクセになる春巻きや、人参、大根、モヤシ、ネギなど彩り豊かな野菜がたっぷりのった一皿。それらの下には温かいビーフンが身を潜めている。ほどよく塩気の効いたサッパリとした味わいで、フィッシュソースがよく合う。「これ、冷たいのは食べたことあるけれど、温かいのは初めて食べました」と言うのはMr.N。初参戦で、コメントに苦戦しながらも、「どう表現したら伝わるのか…とにかく同じ材料でも温かいのと冷たいのとではまったく違う料理って感じ。温かい方がオススメ」と力説。「ポークが柔らかくて味がしっかりしていて、コレだけで食べたいくらい」とさりげなくフォローを入れるR隊員。全員賛同の、オススメに決定。



    :Dry Stir Fried Cambodian Noodles($15.80) :Vietnamese Coconut Juice Stew Pork Rib in Campfire Clay Pot Served with Sour Mustard(L:$26.80)



    後半戦に突入しても、箸の勢いはとまらない食べ歩き隊。『Dry Stir Fried Cambodian Noodles($15.80)』は再び麺食いヤマグチ隊長の目が輝く一品である。ほんのり甘辛いしょうゆベースの味つけが全体を上手くまとめ、絶妙なぷりぷり加減のエビなどの具材の味も活かされている。聞きなれないカンボジアンヌードル、スタッフの方に伺うと、ポテトヌードルとのこと。「パッタイみたい」というR隊員に「見た目はチャプチェっぽい」とM隊員。「でもチャプチェほどのモチモチ感はないかなぁ」とヤマグチ隊長。審議の結果、パッタイとチャプチェの中間、両者のいいとこ取りでマロニーに近い食感の麺、ということでまとまった。

     
    Vietnamese Coconut Juice Stew Pork Rib in Campfire Clay Pot Served with Sour Mustard(L:$26.80)』の登場には歓声が上がる。熱々の鍋に早速手を出そうとしたところで「待った」がかかる。食べる順番も重要で、まずは付け合せの漬物から。人参や大根など、“なます”に近い、サクサクと歯ごたえのよい漬物である。それからようやく鍋に手を出す許可が。熱々ほくほくのポークリブは角煮を彷彿させ、箸でも切れるほどの柔らかさで、軟骨もコリコリと美味しく食べられる。ここで必須なのが、別注文のライス。醤油ベースのタレをしっかりかけていただくのがオススメだ。「このタレがご飯に合う。ココナッツで煮ているから、ほんのり甘みもあって美味しい」と言うR隊員に、ガッツリと食べられる感じでなんだか学生時代を思い出すよね、と盛り上がる一同。「うん、この何段階にも楽しめる感じ、ガツンと食べられる感じがいいね!」隊長権限にて本日のイチオシが決定した。




    :Beef with Rice Noodles in Soup($10.80:Chè Ba Màu($5.80)



    ラストオーダーとなったのが『
    Beef with Rice Noodles in Soup($10.80)』。ベトナム料理には見逃せない麺類が多く、コレはいわゆるフォーである。フォーが見えないくらいたっぷりとビーフがのっており、ハイテンションになった麺食いのヤマグチ隊長は箸がとまらない。また付け合せのモヤシなどの野菜を入れ、レモンをかけるとぐっと味に深みが出る。「このスープ、優しい味で絶対女性にうける」とDr.Oの言うテールスープは、コクはあるがさっぱりとしてきつすぎず、最後の一杯のチョイスには間違いない。

     

    「お腹いっぱい」と言いつつも、結局誘惑に勝てず隊員たちがオーダーした『Chè Ba Màu($5.80)』は、本日のトリを飾るデザート。太目のストローがついてくるので、パールティーの様相だがそうではない。ココナッツミルクジュースの中に、なんと、たっぷりのつぶあんが入っており、甘すぎない心地よい余韻を残す。これはあんこ好きにはたまらない。ドリンクの上には荒めに削られたクラッシュアイスが乗っており、後口をさっぱりさせてくれる。

     

    チャッツウッドで人気の同店。順調に箸を進める隊員たちの前にちょうどよいテンポで登場する料理に、サービスの良さがうかがえた。イートインはもちろん、テイクアウェイも可能。また、BYOはワインだけでなくビールもOKなのが嬉しい。ヤマグチ隊長も「チャッツウッドにいくつかあるベトナミーズの中で、サービス、値段、クオリティからみてここがNO.1」、と太鼓判を押す。そして、ちょっと驚くのが入店時。店の扉は“自動ドア”である。どんなものかは行ってみてのお楽しみ。



    Golden Bo
    Address : 72-76 Archer Street, Chatswood NSW 2067
    Tel : 02 9884 9688
    Open : 11:00-21:30 Open 7 days
    BYO :  可(ワイン、ビールも可)
    アクセス : チャッツウッド駅よりビクトリアアベニューをチャッツウッドチェイス方面へ歩いて約10分。

    • うまいラーメン
    • オリジナルグッズ作成します
    • スーツケース、ダンボールお預かりします。1日1ドル+GST~
    • お得なクーポン
    
    ページトップへ