オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
グルメ情報

Cheap Eats Great Taste


自家製パスタの旨みを堪能できる Porcorosso

23/12/2013



 

セントラルステーションからひと駅のグリーンスクエアは、レンガ造りの倉庫が立ち並ぶ静かな工場地帯。ここに地元だけでなく日本人にも評判のイタリアンレストランがある。ローカルのリピーターも多いパスタやピザが、日本人受けする秘密を探りに、食べ歩き隊が集った。


「Porcorosso」は、日本人シェフとイタリア出身のシェフ4人で立ち上げたイタリアンカフェ。本場イタリア人と日本人とのコラボレーションが奏でる繊細な味付けが、日本人の間でも知る人ぞ知る人気店となっているのは冒頭で述べたが、実は、チアーズ編集部の御用達でもある。「ここだけは秘密にしておきたい!」という編集長の願いもむなしく、今回取材の対象となった。店内には、お店の名前の由来、ジブリの『紅の豚』のセル画やオブジェが飾られていて、かしこまらないフレンドリーな雰囲気を演出。パスタには目がない我らがヤマグチ隊長とともに、「日本人好みのイタリアン」を食する喜びで、隊員たちのテンションは徐々に上がっていく。

 

早速登場した一品目は、H隊員お気に入りの『Spaghetti with Mentaiko(L $17 /D $21)』シドニーではなかなかお目にかかれない、イタリア人が本気で作る明太子パスタに隊員の視線が釘づけだ。皿を覆うほど振りかけれた海苔とともに自家製パスタを口に入れると、感嘆のため息が漏れるアルデンテの食感。ここシドニーではアルデンテを食べられる所は少ないということもあり、食感を確かめながらありがたく噛みしめる。プチプチ明太子のほんのり辛い味わいを残しつつ、それを中和するクリームのバランスの良さに驚嘆。さらに、シソと海苔のアクセントによって、噛めば噛むほど旨みが広がる。「シソの新鮮さと自家製パスタ、クリーム、すべてのバランスが完璧」とE隊員。早くも一品目のオススメが決まる。

 

一品目のレベルの高さに驚くのもつかの間、『Pizza with Prosciutto(L $20/D $22)』が登場。トマトベースにモツァレラチーズとチェリートマト、ロケットというシンプルな素材に、プロシュート(生ハム)がふんだんに乗ったピザ。「プロシュートを薄く切る技術と、塩加減が素晴らしい」と、隊長がプロシュートの本場パルマ仕込みの経験を熱く語る。生ハムは塩気が強いというイメージを持つ人もいるが、当店の生ハムは透き通るほど超薄切りの技術によって、塩気もふわっと軽やか。生ハム元来が持つ芳酵な香りを味わうことができる。「甘いチェリートマトを乗せることで、トマトペーストが最小限で済んでいる」というE隊員に、「そう、だからしっかりとした自家製の生地が味わえて、その上の具材が生きる」と同調したS隊員。クリスピーでありながら、もちもちしていてピザ生地の常識を打ち破るような質に、躊躇なくオススメに選出。

 

※値段表記: ランチ/ディナー


次に、『Carpaccio with Pickled Ginger and Soy-wasabi Dressing(L $16/D $18)』が登場。ガリが添えられ、わさび醤油で味付けしたサーモンは、カルパッチョというより「創作刺身」と言いたいほど。ナースMが、ショウガは乗り物酔いや吐き気止めにいいというプチ知識を教授すると、E隊員は、市販のいりごまを再度軽く炒ることで旨味が引き出されるという知識も披露。ガリを使うことで、ビネガーが抑えられ、酸味が控えめな味付になっていて、酢が苦手な人にも食べやすい。

『Caprese with Fresh Buffalo( L $22/D $24)』は、その名の通りバッファローチーズが添えられたカプレーゼ。貴重なチーズの白さにトマトの赤、そしてバジルとエキストラバージンオイルのグリーンが、イタリア国旗のようで視覚的に楽しめる一品だ。H隊員が「酸味も塩味も強くなくて、かぶりつきたい」と言うくらいの塩加減のよさを指摘する。トマトやチーズの甘みとバジルとの愛称がいい。バッファローチーズが輸入できない時もあるというから、来店時にまず確認してみてほしい。


※値段表記: ランチ/ディナー

「ホワイトピザって何だろうね」と言いながら注文した『White Pizza with Fresh Sausage( L $21/D $23)』は、ホワイトイトソースとチーズの風味の中にキノコの旨みが溶け込み、イタリア産のソーセージがふんだんに乗ったピザ。腸詰されていないソーセージなため、粗挽きの挽肉の食感を味わえ、またほんのりと香るハーブが味に奥行きを出し、全体的にマイルドな味の仕上がりになっている。J隊員が「濃い味付けが好きなオージーの客が多いレストランで、これだけ薄味のピザを提供できるのは驚き」と、繊細なピザの希少価値を再認識させてくれた。「トマトを乗せてしまうことによって、ピザの生地の旨みが活きないことがよくあるが、このピザでは、チーズと生地がマッチしている」とヤマグチ隊長も驚きを隠せず大絶賛し、本日3つ目のオススメが決まった。


麺好きの隊長が「もう一品いけるかな?」と空気をうかがいつつ、最後に選んだパスタは、フェトチーネよりも幅狭の平打ちパスタを使用した『Tagliatelle with Porcini(L $17/D $22)』。登場とともに隊員の嗅覚を刺激したのは、しいたけやえのき、ポルチーニに加え、トリュフソースがしみ込んだクリームの濃厚な香り。テーブル全体に広がる食欲を刺激する香りをかぐだけでも幸せなのだが、ひと口食べたらその贅沢な味に言葉が出ずテーブルはしばし無言。R隊員が「メニューにはないエノキのキュッキュという独特の食感とポルチーニの香りがいい」と口火を切る。なるほど、数種類のきのこを食べて育った日本人には、きのこのダシが効いたソースは馴染み深いのかもしれない。「パスタのアルデンテの上を行くキノコのアルデンテとも言える食感が、タリアテッレやクリームと絡み合って完璧!」と、ヤマグチ隊長の言葉にみんなが納得し、本日のイチオシが決定した。

最後に、イタリアンデザートと言えば、お決まりの『Tiramisu($12)』をオーダー。メインディッシュのように気前よく盛られている。マスカルポーネが香り、一緒に乗っているビスケットとの相性も抜群。量が多いのでひとりで食べるのには重いけれど、みんなでシェアするならば、$12でこの質と量はリーズナブルだ。


※値段表記: ランチ/ディナー


隊長いわく、レベルの高い麺を提供するのは、日本人かイタリア人のお店。この2つの国籍のシェフが創り出す味は、ここシドニーでは実に貴重である。日中はカフェとして、金曜、土曜はディナーも楽しめる『Porcoroso』。ぜひ当店のシンプルでいて飽きさせない深みのある味を追求した自家製パスタ、ピザを試してみてほしい。豪快なイメージがあるイタリアンフードに対するイメージを変えてくれること請け合いだ。


 

 


関連記事

「カジュアルな店内で本格派のできたてイタリアンをゆっくり楽しめる」というコンセプトのもと、2002年にドイツで産声を上げた『バピアーノ』。

この記事を詳しく見る

まるで2本撮りをしたかのように、前回に続きまたまたチャッツウッドに終結した食べ歩き隊一向。今回は2005年にアッシュフィールドで産声を上げたオーストラリア初の餃子専門店シャンハイ・ダンプリングがチャツウッドに登場した情報をキャッチし、日本からのスペシャルゲスト、ミスターを向かえ潜入を試みる。餃子専門店のクオリティはいかに!?

この記事を詳しく見る

アジア系の飲食店が急増しているチャッツウッドに、マレーシア国内でファイン・ダイニングのレストランを店舗展開しているシェフ・ラサ・サヤン・グループが半年前に上陸した。日本から戻ったばかりでもヤマグチ隊長のアンテナは常に感度良好。早速食べ歩き隊を引き連れてチャッツウッドへと乗り込むことに!

この記事を詳しく見る

ヤマグチ隊長不在の中、記念すべき200回を迎えてしまったチープイート…。今回は200回記念特別企画として、いままで訪れたレストランの中から印象に強い、安くて旨いベスト3レストランご紹介しよう。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheap Eats Great Taste

カジュアルに究極のできたてが楽しめる チャッツウッドに餃子専門店登場! マレーシアの繁盛店がシドニーに上陸! チープイート・グレートテイスト200回記念特別企画 編集部のリアル台所 ベトナム中部の母の味をマリックビルで楽しむ 成長を続けるチャッツウッドにフィリピン料理が登場 チープイートの原点回帰 本場セネガルの味をエンモアで タイ南方料理でヘルシーにお腹を満たそう! エキゾチックなスパイスの香りに包まれて 本場ナポリの情景をレーンコーブで インドネシア的おふくろの味がここに!PINANG BISTRO オリジナルメニューに誇りを持つ香港料理 OLD TOWN HONG KONG CUISINE 本家とはひと味違う新感覚をチャッツウッドで楽しめる Bassim 新感覚なエスニックの味を楽しめるアフガン料理 Bamiyan Afghan Cuisine 自家製パスタの旨みを堪能できる Porcorosso アーターモンで味わう家庭的台湾料理 Taipei Chef Restaurant 薪オーブンで焼き上げるピザに舌鼓 gigi pizzeria アジアンフード激戦区、チャッツウッドで注目! Golden Bo 15周年特別企画、初パブ飯!Glasgow Arms Hotel シティのとっておきの穴場で、東南アジアを感じる Holy Basil 一生通い続けたいイタリアントラットリア Made in Italy グラシャス! アミーゴ・セニョリータ!! Dos Senoritas International College of Management アッシュフィールドのニューカマーShanghai Memory トマトソースが絶品の地中海料理 MARSFIELD restauran 熱々サクサクの海鮮ちぢみが美味しい O Bal Tan "やみつきライス"が自慢のトルコ料理店! Erci さまざまな既成概念を覆す!Albee's Kitchen フラメンコギターの生演奏 El Bulli Spanish Tapas 韓国人街の最繁盛店はベトナム料理!? Saigon Bowl VIETNAMESE RESTAURANT 創造的な和モダン・タパスの世界 BIG STONE Modern Japanese Tapas 四川山椒を心行くまで楽しもう Red Chilli Sichuan Restaurant ボンダイビーチのマイリストランテ GELBISON PIZZERIA RISTORANTE ベリーダンスに誘われて The Cushion House 幻の麺“ミーカレット”に出会う Pinangsia Noodle House Indonesian Restaurant 幻のアンコウを求めて 名家 (ミュンガ) 食の交差点・クローズネストで楽しむヘルシー・ネパール料理  MUSTANG 肉食系はクージーに集まれ Brazilian stlye BBQ Churrasco@Sydney ついに2号店がチャッツウッドに登場! Mamak 幻のホワイトベイトのピザ"NANNATO"に迫る wood fire pizza Fratellis チャイナタウンで発見!進化し続けるモダン台湾料理 TAIWAN 激戦区に佇む穴場レストラン CHILLI CHA CHA 情熱の国で見つけた故郷の味 CAPITAN TORRES モダン・オーストラリアの魅力とは? Piemonte Cafe Restaurant 北方拉麺館 ボンダイで堪能するグリルの魅力 Hurricane's Grill & Bar TAGINE(タジン) エジプト伝統料理 ARISUN-中華と韓流が巡り合った場所 tipico-新イタリア人街・ファイブドックで見つけた名店 Na Zdrowie-ポーランド料理に感じる欧州の旅情 Papaya -モダン・タイで大切なひとときを Chinense Fast Food -激安区域アッシュフェ-ルドで本格上海料理 Cafe Kasturi -やさしさが沁みるマレーシア料理 2007年度 シドニー食べ歩き賞発表 Prasit's -チープな値段とタイの本格的な味 La Locanda -海の帰りに気軽に寄れるおしゃれイタリアン Chu Bay -シティの穴場ベトナム料理 Verde Miho -本場のポルトガル料理を食べるなら Forbes & Burton -スタイリッシュなモダン・オーストラリアン Dong Xanh -カブラマッタのベトナム料理店に挑戦 Galileo Restaurant -5つ星ホテルで贅沢なひと時を Mirac -韓国人がイチオシするうわさの韓国料理店 Moretti -イタリア人の常連客で賑わうイタリアン My Thuan Restaurant -カブラマッタの穴場的レストラン Grape Garden Peking Restaurant -本格的北京料理を堪能できる Kuali Malaysian Restaurant -シドニーで本場マレーシアンを求めるなら Hunter Connection -学生・ワーホリ必見! 激安・激うまフードコート Newtowns Cocina Morern Mexicana Cuisine -若者の間で人気のメキシコ料理店 RIPPA'S -本格ピザ・パスタ専門店 Lebanon and Beyond -母親から受け継いだレバノンの家庭料理 Last Train to Bombay -世界初のインド料理コンセプト Satang Thai -シドニーで本場タイの屋台の体験! La Disfida -ピザの歴史が味わえる ピット・ストリート地下フードコート -激安・激うまフードコート 第2弾! Kingsford Chinese Restaurant -食べてビックリ!! 払ってビックリ!! Tran's -洗練されたモダン・ベトナミーズ Elysium -素材を知り尽くす男が創るモダン・オーストラリアン Rosso Pomodoro -本場イタリアンの味をバルメインで Mamak -マレーシア料理 庶民の味が良心価格で The ttokssam Age -“韓国街”にあるコリアンバーベキュー Red Chilli -ウマ辛! 四川料理が今熱い Bundu Khan -ミステリアスな街Auburnでパキスタン料理 daGianni -家庭的なイタリアンをAnnandale楽しもう! APERITIF -キングスクロスで味わった本格ヨーロッパ料理 CAFFE ROMA -ポッツポイントで見つけた安らぎイタリアン DOMA -ビールで味わうチェコ料理の伝統 Madang -はずれ知らずの王道韓国レストラン DIN TAI FUNG -洗練された場で極上の小龍包 NAPOLI IN BOCCA -イタリアン・ビレッジで見つけた究極のピザ Chat thai -モダンな空間で味わう本場のタイ BUZZZBAR CAFE -休日にカフェでブランチを JINGOGAE -ふるさとの味を伝える韓国家庭料理 Taste of Shanghai -行列のできる上海料理店 in イーストウッド Hunter Connection Food Court -シティの中心地で最安値に挑む PHAMISH -エレガントに味わうベトナム料理 NEW SHANGHAI(新上海) -革命的中華がノースに進出 Bahay Kubo -Lidcombeで知ったフィリピン料理の魅力 SULTAN'S TABLE - Enmoreで味わうトルコ料理の奥深さ KAMMADHENU - ノースでスリランカの味を探る

CATEGORY

グルメ情報

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content feature 2018 feb top
Water Park
Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase