オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
グルメ情報

Cheap Eats Great Taste


エキゾチックなスパイスの香りに包まれて

27/05/2014



 

アーティスティックな町ニュータウンに隣接するエンモアはエスニックな雰囲気が漂う店が並ぶ、今注目を集めているサバーブ。『Faheem Fast Food』は、忠実にイスラムフードを再現した大人気のパキスタン&インディアンレストランだ。パキスタン料理とはなんぞや…と、スパイスの香りに導かれるかのように今夜も食べ歩き隊が集結した。



『Faheem Fast Food』は、1993年創業以来、地元に密着して、質がよくリーズナブルな料理を提供し続けた結果、いつしか常連客の日常の食に欠かせない店となった。選りすぐりのエキゾチックなスパイスの香りは、誰しもの味覚を刺激して、まるで中毒のように虜にしてしまう。ベジタリアンにも嬉しいメニューのバラエティも自慢だ。今回は店主のアリさん推薦のメニューが食べ歩き隊に挑む! さて、どんなスパイス料理にKOされるのか…!?

まず、最初に出て来たのが、Sheek Kebab($10.00)。ビーフミンチに、ジンジャーとガーリック、コリアンダーの香りが効いたスパイシーなケバブだ。肉の密度が高く、しっかりとした歯ごたえがあるが、絶妙な厚みが食べやすい。A隊員の「竹輪みたいな感じ。ピリ辛だから、ビールに合いそう」に、R隊員が「中が空洞だから、重くなくていいよね。」と返して一同納得。

パキスタン風ケバブを堪能中、既にテーブルの上で存在感抜群に待ち構えていたのが、Tandoori Chicken (Half $9.50 Full $18.00)だ。鮮やかなオレンジ色のタンドリーチキンは、外はカリカリで、中はジューシーと、絶妙な焼き加減。ターメリックとヨーグルトの香ばしく甘い香りに包まれているが、食べるとかなりのホット&スパイシー。O隊員は、「ハッキリした味ね〜色で言うと原色〜」と、分かりやすく表現。店主も胸を張る、自慢の味に、今回1品目のオススメが決定した。

 

 

スパイシーな肉料理が続くなか登場したのが、Lamb Biryani($12.00)だ。バスマティライスと、臭みのないシンプルに焼かれたラム肉のコンビネーションプレート。ガーリックとジンジャーにトマトとヨーグルトの甘さがプラスした、まさにパキスタンスタイル。ラム肉以上の存在感を出しているライスは、バスマティの中でも最も優れた品種であるスーパーバスマティを使用している。パラパラした食感に優しいスパイスの香りがなんとも食べやすい。「痩せたい人は、身体に吸収しにくいバスマティライスが1番いいのよ〜」とO隊員の豆知識で、女性隊員はヒートアップ。ナースM隊員は「ご飯だけでパクパク食べちゃう」と大のお気に入り。隊長も「パキスタンの辛い料理の中にこの味がくるとすごくホッとするね」と笑顔がこぼれ、2品目のオススメ入りを果たした。

パキスタン料理のイメージを覆されたところで、ベジタリアンカレーのAloo Baigan($10.00)がお出ましに。茄子、ジャガイモにトマトが溶けるように合わさった、濃厚でスパイシーだけど、決して辛くない、ぜひライスと合わせて食べてほしい一品だ。R隊員「女性は特に茄子が好き。とろとろの茄子にホッコリ」とご満悦。O隊員も「日本人は好きだと思う〜。もしパキスタンに住むことになったら、これなら毎日食べられる」と、嫁ぐ妄想を膨らませた。「これもホッとするね。六本木のカレー屋さんで出されてもおかしくない。日本人に好まれるよね」と隊長のコメントで、立て続けに3品目のオススメが選ばれた。


 

ここで食べ歩き隊の前に緊張感の高まるメニュー、Brain Masala($12.00)が遂にやってきた。その名の通り、子羊の脳みそのカレーだ。パキスタンでは非常にポピュラーなメニューだそうで、日本人には食べ慣れていないが、脳みそは、チーズのようにまろやか。カレースパイスによく合い、トマトの甘みと、ジンジャーとコリアンダーの香りにマッチしている。O隊員の「白子に似ている〜」に、一同賛同。R隊員は「言われなければ、わからないよね。チーズみたい」とまんざらでもない様子。「脳みそは純度の高いプロテイン。チーズのような、お豆腐のような淡白な味だね。ヨーロッパや中近東では普通に食べられている食材なんだよ」と、隊長から脳みそについての豆知識が出たところで、次のメニューへと進んだ。

Nihari($12.00)はパキスタンの伝統的なビーフカレー。スパイシーで、コクととろみがあるカレールーに、煮込まれた大きめの牛肉が柔らかく、その旨みエキスが溶け込んでいる。これぞ、ビーフカレーといったパキスタンの定番メニューだ。シンプルだがカレースパイスの香りが豊かで、さらに独特なとろみが、ナンにもライスにもよく絡む。O隊員「このネバネバはどこからだろう…。なんだかもずくみたい…」と、不思議そうにパクパク。「きっとでんぷんでしょう。しかし、ご飯に合うね〜」と隊長を筆頭に、ライスをおかわりする食べ歩き隊であった。

 

 

そして、ビーフのカテゴリーから、もうひとつ、トラディショナルなHaleem’ King of Currie($12.00)をチョイス。4種類のレンズ豆とビーフを材料に、濃厚なペースト状のカレーに仕上げている。ルーにも、トッピングにもふんだんにジンジャーが使われていて、爽快に香りが鼻から抜けるジンジャーカレーだ。「インド料理、パキスタン料理といえば、ジンジャーを使うって思っていたけど、これはまさに、ジンジャー料理で香りもすっごくいい」と、A隊員。ナースM隊員は「カレーって感じがしない新しい料理。ちなみにジンジャーは酔い止めにもいいのよ」と、本日1番の笑顔に。「普通、こんなジンジャーの使い方しないよね〜。香りもよくて、健康カレーって感じ。ここでしか食べられない!」と、隊長のコメントに食べ歩き隊一同絶賛で、今月のイチオシに輝いた。

 

 

最後のメニューに定番のChick Peas($10.00)が登場。柔らかく、甘いひよこ豆に、トマトとコリアンダーの香りが漂うカレーは文句なしにいける。隊員は「チックピーがちっちゃいサツマイモのように甘い〜」高評価。隊長も「本当に柔らかい…。チックピーって、なかなか柔らかくならないのに。甘くて粒が大きいね〜」と、笑顔で締めくくった。

初めは辛いという先入観があったが、実際はそうでもなく、ひとつ一つの料理に安定感があり、食べ歩き隊も納得の貫禄を見せつけられた。エスニックな香りのスパイスはどこか日本人にも馴染みやすく食が進む。店頭のマンゴーラッシーも濃厚でファンが多いという。Fast Foodとレストラン名につけたのは、信仰に忠実にアルコールを持ち込まれたくないからだという店主の純粋な気持ちだそう。大満足にお腹をみたしてくれる、『Faheem Fast Food』で、いつもと違った、味覚を刺激してみてはいかがだろうか。

 


 

 


関連記事

「カジュアルな店内で本格派のできたてイタリアンをゆっくり楽しめる」というコンセプトのもと、2002年にドイツで産声を上げた『バピアーノ』。

この記事を詳しく見る

まるで2本撮りをしたかのように、前回に続きまたまたチャッツウッドに終結した食べ歩き隊一向。今回は2005年にアッシュフィールドで産声を上げたオーストラリア初の餃子専門店シャンハイ・ダンプリングがチャツウッドに登場した情報をキャッチし、日本からのスペシャルゲスト、ミスターを向かえ潜入を試みる。餃子専門店のクオリティはいかに!?

この記事を詳しく見る

アジア系の飲食店が急増しているチャッツウッドに、マレーシア国内でファイン・ダイニングのレストランを店舗展開しているシェフ・ラサ・サヤン・グループが半年前に上陸した。日本から戻ったばかりでもヤマグチ隊長のアンテナは常に感度良好。早速食べ歩き隊を引き連れてチャッツウッドへと乗り込むことに!

この記事を詳しく見る

ヤマグチ隊長不在の中、記念すべき200回を迎えてしまったチープイート…。今回は200回記念特別企画として、いままで訪れたレストランの中から印象に強い、安くて旨いベスト3レストランご紹介しよう。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheap Eats Great Taste

カジュアルに究極のできたてが楽しめる チャッツウッドに餃子専門店登場! マレーシアの繁盛店がシドニーに上陸! チープイート・グレートテイスト200回記念特別企画 編集部のリアル台所 ベトナム中部の母の味をマリックビルで楽しむ 成長を続けるチャッツウッドにフィリピン料理が登場 チープイートの原点回帰 本場セネガルの味をエンモアで タイ南方料理でヘルシーにお腹を満たそう! エキゾチックなスパイスの香りに包まれて 本場ナポリの情景をレーンコーブで インドネシア的おふくろの味がここに!PINANG BISTRO オリジナルメニューに誇りを持つ香港料理 OLD TOWN HONG KONG CUISINE 本家とはひと味違う新感覚をチャッツウッドで楽しめる Bassim 新感覚なエスニックの味を楽しめるアフガン料理 Bamiyan Afghan Cuisine 自家製パスタの旨みを堪能できる Porcorosso アーターモンで味わう家庭的台湾料理 Taipei Chef Restaurant 薪オーブンで焼き上げるピザに舌鼓 gigi pizzeria アジアンフード激戦区、チャッツウッドで注目! Golden Bo 15周年特別企画、初パブ飯!Glasgow Arms Hotel シティのとっておきの穴場で、東南アジアを感じる Holy Basil 一生通い続けたいイタリアントラットリア Made in Italy グラシャス! アミーゴ・セニョリータ!! Dos Senoritas International College of Management アッシュフィールドのニューカマーShanghai Memory トマトソースが絶品の地中海料理 MARSFIELD restauran 熱々サクサクの海鮮ちぢみが美味しい O Bal Tan "やみつきライス"が自慢のトルコ料理店! Erci さまざまな既成概念を覆す!Albee's Kitchen フラメンコギターの生演奏 El Bulli Spanish Tapas 韓国人街の最繁盛店はベトナム料理!? Saigon Bowl VIETNAMESE RESTAURANT 創造的な和モダン・タパスの世界 BIG STONE Modern Japanese Tapas 四川山椒を心行くまで楽しもう Red Chilli Sichuan Restaurant ボンダイビーチのマイリストランテ GELBISON PIZZERIA RISTORANTE ベリーダンスに誘われて The Cushion House 幻の麺“ミーカレット”に出会う Pinangsia Noodle House Indonesian Restaurant 幻のアンコウを求めて 名家 (ミュンガ) 食の交差点・クローズネストで楽しむヘルシー・ネパール料理  MUSTANG 肉食系はクージーに集まれ Brazilian stlye BBQ Churrasco@Sydney ついに2号店がチャッツウッドに登場! Mamak 幻のホワイトベイトのピザ"NANNATO"に迫る wood fire pizza Fratellis チャイナタウンで発見!進化し続けるモダン台湾料理 TAIWAN 激戦区に佇む穴場レストラン CHILLI CHA CHA 情熱の国で見つけた故郷の味 CAPITAN TORRES モダン・オーストラリアの魅力とは? Piemonte Cafe Restaurant 北方拉麺館 ボンダイで堪能するグリルの魅力 Hurricane's Grill & Bar TAGINE(タジン) エジプト伝統料理 ARISUN-中華と韓流が巡り合った場所 tipico-新イタリア人街・ファイブドックで見つけた名店 Na Zdrowie-ポーランド料理に感じる欧州の旅情 Papaya -モダン・タイで大切なひとときを Chinense Fast Food -激安区域アッシュフェ-ルドで本格上海料理 Cafe Kasturi -やさしさが沁みるマレーシア料理 2007年度 シドニー食べ歩き賞発表 Prasit's -チープな値段とタイの本格的な味 La Locanda -海の帰りに気軽に寄れるおしゃれイタリアン Chu Bay -シティの穴場ベトナム料理 Verde Miho -本場のポルトガル料理を食べるなら Forbes & Burton -スタイリッシュなモダン・オーストラリアン Dong Xanh -カブラマッタのベトナム料理店に挑戦 Galileo Restaurant -5つ星ホテルで贅沢なひと時を Mirac -韓国人がイチオシするうわさの韓国料理店 Moretti -イタリア人の常連客で賑わうイタリアン My Thuan Restaurant -カブラマッタの穴場的レストラン Grape Garden Peking Restaurant -本格的北京料理を堪能できる Kuali Malaysian Restaurant -シドニーで本場マレーシアンを求めるなら Hunter Connection -学生・ワーホリ必見! 激安・激うまフードコート Newtowns Cocina Morern Mexicana Cuisine -若者の間で人気のメキシコ料理店 RIPPA'S -本格ピザ・パスタ専門店 Lebanon and Beyond -母親から受け継いだレバノンの家庭料理 Last Train to Bombay -世界初のインド料理コンセプト Satang Thai -シドニーで本場タイの屋台の体験! La Disfida -ピザの歴史が味わえる ピット・ストリート地下フードコート -激安・激うまフードコート 第2弾! Kingsford Chinese Restaurant -食べてビックリ!! 払ってビックリ!! Tran's -洗練されたモダン・ベトナミーズ Elysium -素材を知り尽くす男が創るモダン・オーストラリアン Rosso Pomodoro -本場イタリアンの味をバルメインで Mamak -マレーシア料理 庶民の味が良心価格で The ttokssam Age -“韓国街”にあるコリアンバーベキュー Red Chilli -ウマ辛! 四川料理が今熱い Bundu Khan -ミステリアスな街Auburnでパキスタン料理 daGianni -家庭的なイタリアンをAnnandale楽しもう! APERITIF -キングスクロスで味わった本格ヨーロッパ料理 CAFFE ROMA -ポッツポイントで見つけた安らぎイタリアン DOMA -ビールで味わうチェコ料理の伝統 Madang -はずれ知らずの王道韓国レストラン DIN TAI FUNG -洗練された場で極上の小龍包 NAPOLI IN BOCCA -イタリアン・ビレッジで見つけた究極のピザ Chat thai -モダンな空間で味わう本場のタイ BUZZZBAR CAFE -休日にカフェでブランチを JINGOGAE -ふるさとの味を伝える韓国家庭料理 Taste of Shanghai -行列のできる上海料理店 in イーストウッド Hunter Connection Food Court -シティの中心地で最安値に挑む PHAMISH -エレガントに味わうベトナム料理 NEW SHANGHAI(新上海) -革命的中華がノースに進出 Bahay Kubo -Lidcombeで知ったフィリピン料理の魅力 SULTAN'S TABLE - Enmoreで味わうトルコ料理の奥深さ KAMMADHENU - ノースでスリランカの味を探る

CATEGORY

グルメ情報

Side 1
Side 2

RANKING

今週の人気記事トップ3

Content interview mary ant the witchs flower top
西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長
Content %e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%9c%88%e5%8f%b7%e5%bd%93%e9%81%b8%e8%80%85%e7%99%ba%e8%a1%a8s
2018年1月号読者プレゼント当選者
Content afclogo
AFCチャンピオンズリーグ2018開催!

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase