グリーン・スクエアに本格日本食店が登場! Sanpo Japanese Restaurant | 今月のレストラン紹介!

  

シティ周辺で現在人口の最も集まる新興住宅街グリーン・スクエアに、本格日本食レストラン、『Sanpo Japanese Restaurant』がグランドオープンを果たした。「散歩ついでに寄ってほしい」というコンセプトどおり、暖簾をくぐると和紙照明に包まれた優しく暖かいムード漂う店構えに吸い込まれる。広い店内にあえて30席とゆったりのスペースも嬉しい。

お店を切り盛りするのは、シドニーで居酒屋のパイオニアである富士屋や居酒屋・霞などでの経験を経て、ロックスのユキズ・ジャパニーズ・レストランで6年間、料理長を務めたノリオーナーシェフ、奥様のはなさん、そして元プロ野球選手の経歴を持ち、夫婦のシェアメイトであるジンさんの3人。アットホームな雰囲気は、ひとつ屋根の下で暮らす3人の人間関係から生まれてくるものなのだろう。

気になる料理は「無駄を省いてシンプルに、値段も高すぎることなくリーズナブル」を心掛けているとノリオーナーシェフ。その経歴を見れば一目瞭然だが、クオリティの高い純粋な日本食を食べられることで、すでに噂が広まり、リピーターを呼んでいる。魚に関してもノリオーナーシェフのコネクションから、毎朝フィッシュマーケットで旬なネタを仕入れているので間違いがない。変り種としては和牛しゃぶしゃぶラーメンだろう。15時間ほどじっくり煮込んだ濃厚豚骨スープで、和牛のしゃぶしゃぶと麺を楽しむこのメニューのファンは既に多い。料理を彩る陶器にもちゃんとこだわりを見せているのが嬉しい。また、現在リカーライセンスを申請中とのことで、今後は日本酒や焼酎なども用意。ますます賑わいを見せること請け合いだ。

シティからアクセスしやすく、ノースからもサザンクロス・ドライブを使えば、簡単に訪れることができる。さらにはフリーパーキングが周りに多いので駐車も安心で嬉しい。今後開発が進む新天地で花咲く当店に、ぜひ一度足を運んでみてはいかがだろうか。


 

 

Assorted Sashimi Large ($35)


毎朝ノリオーナーシェフがフィッシュマーケットで仕入れてくる新鮮なお刺身はどれもプリプリの食感。船盛からあふれ出るようなボリュームで35ドルはかなりお値打ち価格。

 

 

 

 

Wagyu Beef Shabu Shabu Ramen Noodle ($24)


(左)15時間煮込んだ濃厚とんこつスープに、霜降り和牛や麺、煮卵を入れて楽しむしゃぶしゃぶ風ラーメン。和牛は茹ですぎずミディアムレアで楽しんでみてほしい。

 

Seared Salmon Sushi ($16)


(右)香ばしく炙られたサーモンの風味とシャリとの相性が良い、オージーに人気の炙り寿司。

 

 

 

 

King Fish Carpaccio($18)


(左)藍色の器に鮮やかに彩るキングフィッシュのカルパッチョ。ワサビドレッシングの酸味が利いた一品。

 

Assorted Sushi Large ($36)


(右)梅の飾りでプレゼンテーションもよい握りのセット。ネタはどれをとっても新鮮のひとこと。口の中で崩れるシャリの歯ごたえが心地よい。

 

 

 

 

Egg Plant with Miso Sauce Half ($10)


(左)ハーフサイズ、ホールサイズと選べるなす田楽。つややかな玉味噌は甘過ぎずくどくないので、あっさりと食べることができる。

 

Agedashi Tofu ($12)


(中央)ふんわりと揚げた豆腐に、ダシの風味がよく染みたあんがかかった揚げ出し豆腐。大根おろしとねぎが味を引き締める。

 

Matcha Tiramisu($8)


(右)ライトなマスカルポーネチーズを使用した抹茶ティラミスはムースがフワフワ。ブランデーの風味をほのかに感じるスイーツ。

 

 

 

 

Sanpo Japanese Restaurant

Shop 304, 5-9 Rothschild Avenue, Rosebery NSW
Tel: (02) 8541 5867
Web: http://sanpo-restaurant.com
BYO (リカーライセンスを申請中)
営業時間
ランチ 火-金: 11:30 - 14:30
ディナー 火-日: 17:30 - 21:00
アクセス:セントラルステーションからエアポートラインの電車でグリーン・スクエア駅まで行き下車。ボタニーロードを南下してエプサムロードを右折し、ロスチャイルド・アベニューとの交差点。

 

ページトップへ